スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    滞在許可証 ペルメッソ ディ ソジョルノ

    2007-07-16 20:28 / Category: イタリア留学~VISAの取得
    イタリアで同じ場所に8日間(?)以上とどまる場合
    イタリア警察に滞在許可申請をしなければならない。
    と、いうわけで、
    イタリアへの旅行パックツアーは
    1都市ごとの滞在期間を7日以内に設定した
    「ローマ、フィレンツェを巡る10日間」など
    2,3個の都市を組み合わせたツアーになっている。
    と、旅行雑誌で読んだことがある。

    イタリアに3ヶ月以上滞在する場合(なんらかのVISAが必ず必要)は
    イタリア到着後8日以内に警察署に行き滞在許可証の申請をしなければならない。

    というわけで私も1月に到着後すぐ滞在許可証の申請をした。
    そうして待つこと2ヶ月。警察に出頭要請日がきた。
    顔写真、両手の指1本づつの指紋、両手のひら、「指紋」ならぬ「手紋」をとった。

    さらに待つこと1ヶ月。
    滞在許可証が出来上がったので受け取りに行く出頭日が来た。

    アモーレが、
    「滞在許可証が無事に受け取れたら、今日はちっさなお祝いで和食レストランにお寿司を食べに行こう」
    と言ってくれた。

    2人とも頭の中は寿司一色で警察署へ出向いた。

    警察さんは言った。
    「ごめ~ん!!今GW前やから、ばたばたしてて。。。
     まだ滞在証届いてないね~ん!!」


    あ~、そんな理由で断わられるなんて。。。ここはイタリア


    2人ともがっかりしながら、でも、このGWはイタリアから出ることないから問題ないか。と気をとりなおして「残念会」としてお寿司を食べに行った。うまかったなぁ。


    それから、別の出頭日に出頭した。

    そして、「めっちゃごめん!!!まだないわ~」と言われた。

    こんなことが3回続いた。

    先週、4回目の出頭日。
    アモーレは前もって電話で確認した。

    「出来上がってないなら、時間が無駄だから彼女は取りにいかない。」

    と言った。警察さんは、個人情報なので電話では答えられないと言った。
    まっ。それは当然だと思う。

    アモーレは食い下がった。

    「今月海外に行く予定がある。滞在許可証が出来ていないなら、
     イタリア再入国の際に問題にならないための書類を1筆書いてくれ」

    警察さんは、それは残念だけどできないよ。滞在許可証を待ってる間は基本的には海外に出れないっていうの知ってるでしょ?今、海外に行こうとしてることが問題だよ。

    と行った。警察さんの言い分も分かる。が
    アモーレは言った。

    「平均3ヶ月あったら滞在許可証は出来るんでしょ?
     今回は制度が変わったから余計時間がかかってるのは分かるよ。
     だけどね、、、もう7ヶ月も待ってるんだよ。4回も出頭したし。海外に行くのも半年待ったんだよ。
     7ヶ月かかって、まだ滞在許可証が発行終了していないシステムのほうがかなり重要な問題だと思うんだけど、、、半年の留学だったらもう彼女、国に帰ってるんよ。。」

    警察さんは言った。

    「う~ん。分かった。彼女の名前は?」


    と先ほどのポリシーを180度裏返した
    納得してくれたのか。
    ここでこんなやりとりが出来てしまう柔軟さがイタリアだなぁと。
    日本だったら絶対ないだろうなぁ。。


    電話で確認したところ、滞在許可証permesso di soggiornoが到着しているとのこと。
    明日行くから、彼女に必ず渡してくれとアモーレが言って電話を切った。



    当日。出頭時間に行くと入国担当の警察さんが2人警察署の前で待っていた。
    そして私を見るなり

    「那比 ナビア(・∀・)?」 
    「那比 ナビア(・ω・)/!!」



    と笑顔で、少しうれしそうな声で私のフルネームを口にし、私を指差し本人確認。
    そして入国担当室の扉を開けてくれた。
    机の上に置いていた私用の書類を手早に再チェックし、
    お互いサインし、笑顔でカードを渡してくれた。


    あれ?いつも以上のこの手際のよさは???


    実は、彼らはお昼休みに入るつもりだったらしい。
    私が出たあと、彼らは入国担当室の扉に鍵をかけた。
    そして電気を消して、半分閉めていたシャッターを閉めた。

    前日アモーレが、「ナビアに必ず滞在許可証を渡して」と約束していたのを彼らは守るために待っていてくれていたようだ。


    機関が期日を守らないっていうところも(いやいやほんとに、もう7ヶ月目です。)
    イタリア人の決まりにこだわらないあったかい反応も見れた気がしてちょっとおかしかった。

    ようやく滞在許可証いただきました


    イタリア留学VISA取得関連のお話は
    メニューの 「イタリア留学~VISAの取得」にまとめています
    (クリックでカテゴリへ)

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★
    スポンサーサイト

    イタリア着いたら何をする?

    2007-01-14 23:01 / Category: イタリア留学~VISAの取得
    さて、こちらに到着して1週間弱。
    外国人の私がここで住むためには、アモーレと私は大きなお仕事があった。

    アモーレは警察署に
    「うちの家に外国人のナビアが住んでいます」
    という書類を私がイタリア到着後3日以内に提出しないといけない。
    そこでハンコを押してもらった書類の一部を、アモーレが大家さんに送らないといけない。
    私たちは必要書類をそろえて警察へ行った。
    書類に不備はなくなんなくハンコをもらえた。
    (ちなみにこの作業は外国人だからとか関係なく、イタリア人でもだれかが引っ越したらやるらしい。)


    さて、私はというと
    イタリア到着後8日以内に滞在許可書の申請をしなければならない。
    といってもアモーレが作成してくれた。(文字通りおんぶにだっこ)
    こちらも不備なく仮滞在書をすんなりもらえた。

    つい先月まで、この滞在許可証取得というのがものすごくおっくうな作業だったらしい。
    少々大げさにいうと朝4時ごろから列を作って待ちわびなければいけなかったらしい。
    先月からルールが大きく変わった。
    必要書類を指定郵便局でチェックしてもらい提出し、
    警察からお声がかかるのを待って、正式な書類を取りにいくといったものに変わった。

    だから並ぶ時間は上手くいけばなくなった。
    (時間帯や郵便局の場所にもよるけれど、
     私の場合、土曜日朝9時まえの郵便局には列がなく、
     待ち時間0分で書類をうけとってもらいました。)

    だけど手数料と称して登録するために必要な金額がめっちゃあがったらしい。
    文字通り一長一短。。。


    さて、この書類。
    かなり専門用語なんかも理解するのに必要らしく、
    アモーレもwebサイトを見ながら夜遅くまで書いてくれた。

    となりであったかいお茶を入れるくらいしか私には出来なかった。
    それでもアモーレはがんばって調べてくれている。
    だから、応援の意味を込めて、歌を歌ってみた。
    アモーレはこちらを2度ほどみて、ふっと笑った。
    あまり喜んでいないらしい。

    しょうがないので、アモーレのために1人にしてあげようと思った。
    アモーレのために(・∀・)先に寝ることにした。

    次の日の朝、書類は完成していた。

    なんと、すばらしい彼女なんだろう。


    明日から学校はじまります!!

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    ワシントン条約と三線2

    2007-01-12 21:45 / Category: イタリア留学~VISAの取得
    少し前の話からの続きです。
    ワシントン条約と三線(クリックで別の話)

    簡単に言うと。。
    私は琉球三線をイタリアに持って行こうと思っていた。
    だけど、三線の皮はヘビ皮。ワシントン条約で無許可での国の移動は禁じられている。。。

    といったお話のつづきです。

    さて、前回、通産産業省の方から出国に使う税関に問い合わせて~と教えてもらったので
    電話してみた。

    「ワシントン条約に引っかかるものの、個人持ち出しと帰国時の手続きについて」

    と聞くと教えてくれました。

    指定された書類をインターネットからダウンロードしてプリントし作成します。
    同じものを2部作成します。
    特徴等を書き込みます。
    特徴を写した写真も2枚用意します。

    この2部づつ作成するのは、出国用と帰国用のためとのことでした。

    これで、以上です。
    出国当日、空港の税関に行って書類を提出し、所定の手続きが済めば持ち出しOKです。

    以外と簡単でしょ?
    これは日本に出国、帰国する際の書類です。
    ですが、この書類でだいたいの国への入国はOkらしいです。
    なぜなら、ある程度協定みたいのがあって、この書類も英語でも記載されています。
    だからOKらしいです。

    たとえばアメリカへ。なんかはOKです。

    イタリアについては直接領事館に聞いてくださいとのことでしたので、
    聞いてみることにしました。
    大阪の領事館に電話したら、夕方の2時間しか質問に答えられないと言われたので
    時間を待って電話をしなおし。
    びびりながら(大阪の領事館の人、ほんとこわいのよん♪)なんとか用件を伝えると
    イタリア観光局に電話してくれ。とのこと。

    観光局には、クリスマスとお正月をなんとか待ちきって、電話がつながりました。
    「ワシントン条約でひっかかるものに関してはCITESの証書がいるとイタリア側の税関のページに書いてますねー」
    と訳しながら教えてくれました。
    詳しいことは彼女にも分からないから直接CITESのWebサイトを見てくださいと教えてもらった。

    イタリア語と英語だった。
    それからあとは、アモーレにイタリアのCITESに確認してもらうことにした。


    アモーレがつかんだ答えはこうだった。イタリアに持っていくなら、
    ①CITESの日本支部へ書類の依頼を作成する。
    ②「三線はビルマニシキヘビで出来ています」と記載してもらった書類をイタリアのCITESへFAXする。
    ③イタリアのCITESが持ち込み許可のナンバーをくれる。
    ④その許可を記載し、イタリアCITESへお金を振り込む(確か5000円弱)
    ⑤そこで初めて持ち込みOKの証明書みたいなんがもらえる
    ⑥それを持ってイタリアに来てね。

    ということだった。
    出国までにはもうそんなに時間がない。
    だから、今回は、おかんに、私の三線もならしてや~(ならさないと三線の寿命は短くなる)と強くお願いして
    日本に留守番してもらうことにした。

    落ち込む私に、アモーレはイタリアで三線が購入できるネットを見つけてきてくれた。
    ヘビ皮ではなく人口皮の三味線。
    だけど、イタリアでも買えることにびっくり。
    アモーレは喜び。
    まだ購入の予定はないけれど、早いうちに購入しようと思う。

    三線のCDも持ってきたしね~
    ばっちり練習できるねん。

    大阪税関の○ノさん。名前全部言っちゃいたいくらいめっちゃいい人でした。
    (なお、○ノさんいわく、相手国等で情報を教えてくれた電話口の担当者の方の名前は必ず聞くようにしてください。
     トラブル回避のためです。とも教えてくれました。)
    こんなに親切に教えてもらえるなんて感激でした。
    お礼を込めて。。。

    --------------------------------------------------------------------------------------------------
    「ワシントン条約に引っかかる物品の持ち出し許可証の取得方法」

    ※これはあくまでも私の場合でしたので、
     必要な方はそれぞれの出国する空港税関に問い合わせてください。
     ご参考までにどうぞ。
     上記ブログでお話した書類とは
     「輸出入託送品申告書」という書類名です。

     取得方法
     税関のホームページより
     ↓
     一番右の欄の「資料等」の欄に
     ↓
     税関様式及び記載要領をクリック
     ↓
     Cの関税法関係をクリック
     ↓
     輸出・輸入託送品(携帯品・別送品)申告書(C-5340)をクリック
     PDFもしくはWordでダウンロードします。
     これを2枚印刷し、記載、写真をつけて税関へ提出です。
    --------------------------------------------------------------------------------------------------

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    イタリアへ出発します!

    2007-01-09 11:13 / Category: イタリア留学~VISAの取得
    今日、関空からイタリアへ出発します。

    ブログにコメントをいただいたり、
    周りの友達から激励メールをもらってるのに返事を返せずすみません。
    向こうについたら必ずお返事と近況報告しますので
    あとしばらく返事を怠る失礼なヤツでいさせてください。

    イタリアに着くことをアモーレは心待ちにしてくれてます。
    私ももちろん早く会いたい。
    だけど、正月が空けてから気持ちはイタリア行きにどんどん消極的になってきました。


    家族とご飯を食べるたびに一緒に食べる回数をカウントダウンしてしまう。

    携帯電話を解約してさびしくなる。

    そして、友達に会うたびに「さびしいわ~」と言ってくれてた。
    私もどんどんさびしくなってきた。


    アモーレと出会ったのはアイルランド。
    私はアイルランドに行きたかった。住んでみたかった。
    自分で願って行った。有り金を計算していける範囲ぎりぎりまでの期間を留学手続きした。
    だから帰ってくる期間も決まっていた。
    あくまでも人生のベースはここ大阪。留学を楽しんで帰ってきた。

    だけど今回は、アモーレと一緒に居たいという目的でイタリアに行く。
    もともと、イタリアに住んでみたい!と熱望していたわけではなかった。

    イタリア語をずっと何年も勉強していたわけでもない。
    生活できるのだろうか?
    人生のベースはイタリアになるのだろうか?

    だったら、さびしい気持ちがワクワクより今は勝ってしまっている。。。


    今朝、アモーレとチャットした。
    アモーレは笑顔でいっぱいで待ちきれない(自分で言うのもなんやけど)様子だった。
    そして、私の顔を見て今の気持ちを察した様子だった。

    そして
    帰りたくなったらいつでも帰ろう。
    イタリアがあかんかったら、いつでも日本に移ろう。

    と、根気よく言ってくれた。

    こうも言った。
    アイルランドに行ったときの気分でこればいいやん。
    ちょっと長めのバカンスやと思ってさ。



    アモーレは私のことをよく分かってくれている。
    彼を信じて、イタリアでの生活を楽しもう。


    不安も、さびしさも全部かかえて行ってきます。
    だけど、私の場合、向こうに到着したとたんにその気持ちが全てが期待に変わるのも知ってる。
    だから、飛行機が飛ぶまではこの気持ちと向き合おう。


    ナビアは元気です。向こうに着いてもめっちゃ元気です。


    イタリアからのブログも引き続きよろしくお願いします!
    楽しいこともトラブルも盛りだくさんになるはず!
    いっぱい遊びにきて、なぐさめたってなー。


    行ってきまぁーす!

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    ワシントン条約と三線

    2007-01-05 23:14 / Category: イタリア留学~VISAの取得
    私は三線をイタリアに持って行こうと思っている。(クリックで別の話)

    これが、ちょっとたいへん。
    三線(サンシン)というのは胴体がニシキヘビの皮でできている。

    これは世界的にワシントン条約(動植物保護の方)で、国をまたぐ移動は禁止されている。
    だから国外に持って行こうと思うものなら特別な許可がいる。

    税関に電話してみた。
    ここではきちんと答えられないと4つの異なる電話番号を駆け巡った。
    (皆様丁寧に答えてくださいました)

    4つめの電話番号で出てくれた人が、
    経済産業省へ問い合わせるのがいいと教えられる。
    そこのHPをじっくり読んでくれんと話にならんよ~とのことだった。

    許可を取るには
    ニシキヘビの皮の輸入業者の証書
    ニシキヘビ加工業者の証書
    ニシキヘビ三線販売元の証書
    それらがそろった時点で、別の証書の発行を経済産業省へ提出する。。。

    といったすごい道のりがいるやないか。。。という話をしてくれた。

    そろそろ気が遠くなってきたとき、「使用目的はなに?」と聞かれた。
    下手でも趣味。持って行きたい。と答えた。

    そしたら次の答えはこうだった。
    個人使用の場合は特例制度があって、輸出入託送品っていう申告書を書いたらいけるはず。
    出国時に使用する空港の税関を調べて電話して、
    「ワシントン条約品の持ち出しに関して聞きたい」
    と言えば話が早いよ。

    と教えてくれた。

    大阪税関に電話してみることとした。

    つづく~

    ※結論を書くとこんな感じだけど、ここまでくるのに時間をかなり費やした。
      なぜなら仕事中に電話に抜けれる余裕がなかった。
      お昼休みは仕事でつぶれたり、留学するにあたり~いろいろ資料等をそろえていたから。
      それに、各電話番号ごとにつまったから。
      (答えられそうな人が電話に他の出ていたり、担当者がいなかったり、休みだったり。。。)

      たかが電話。されど電話。
      電話をかける時間とすぐに取り次いでもらえるラッキーな運と待ちわびる忍耐がいる。
      ナビアも大人になりました

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★


    | ホーム | 次のページ>>
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。