スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    ランチにクマを食べました。

    2014-03-04 06:12 / Category: 食べる☆チョッと和
    P3020229.jpg

    ネット散策をしていて「お昼ねクマさんのオムライス」の作り方を見つけてしまって、
    目がハートになり、心を奪われ、次の日早速作ってみました。


    か、かわい~~!!
    か、可愛すぎる!!


    P3020226.jpg 

    寝顔のアップも可愛すぎる!!

    日本の人って生活の中で、こういう可愛いものを作り出すのって得意ですね。
    普通に食べたら単なるオムライス、アイディア一つでこんなにワクワクするなんて♪
    和食の盛り付けは美しいけれど伝統だけじゃなくて、デコ弁とかキャラ弁とかそういう風にも器用さが進化しているって
    日本の現代人はすごいな~


    これ、リラックマというキャラクターなんですって。


    このリラックマを作るために通常の倍ぐらいの時間をかけてオムライスをこさえたので、
    アモーレが「ご飯まだ~?」って覗きにたびたび来るたびに、
    焦ってしまって全くリラックスしてない私から出来たリラックマですけどネ(笑



    P3020231.jpg 

    ぽかぽか陽気のある日。
    春の香り、すがすがしい香りのする暖かい芝生の上に横になって
    いい夢を見ている、そんなくまさんを想像してオムライスの下に芝生をひいてみました。


    リラックマオムライスの作り方のビデオURLです。
    とっても簡単♪ 
    http://www.youtube.com/watch?v=TBBxEUFDuig
    http://www.youtube.com/watch?v=OqlllgigAbw


    PS:先日の話の続きもさておき、また食べ物の話が続いて自分でも少し違和感がありますが、、
       まだ続くかな。。。


    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★
    スポンサーサイト

    サーターアンダギー☆イタリアで沖縄の味

    2014-03-01 21:09 / Category: 食べる☆チョッと和
     
    食べ物、しかも揚げ物の話が続きますが。


    2月の末、今更ながらも2014年の新年会があったので
    そこへの手土産にサーターアンダギーを持っていこうと決めて練習合わせて3日間で3回挑戦してみました♪

    カスタニョーレのようにレシピは簡単で一見コツが要らないように見えますが、こちらも火加減がコツ。
    しかもカスタニョーレよりやや低い温度の160度で揚げるのがよいらしい。

    ですが、

    3回目のサーターアンダギーは注意深く160度を保つようにしてあげたけれど、
    オイルを変えたのがダメだったのか(いつもはピーナッツオイル、この日は大豆オイル)
    結果は1回目、2回目のほうがよく、3回目はオイル臭さが残るサーターアンダギー。
    残念ながら泣く泣く破棄しました(涙


    シンプルなものこそ、揚げ油一つとっても大事だなと勉強になりました。


    P2240118.jpg 
    とってもかわいく出来上がって、喜んでもらえました。満足です♪


    レシピはこちらを拝借しました→Cpicon


    現地(日本じゃなくても)材料は揃うので
    ここからは沖縄は遠いけれど、ちょっと近く感じたな~。

    サーターアンダギーと一緒にあるものも持って行きました。
    そっちも喜んでもらえました♪

    つづく~

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    たこ焼きプレートの扱い方~楽しく美味しいたこ焼きライフ

    2014-02-24 09:55 / Category: 食べる☆チョッと和
    私はイタリアでも大阪出身らしくたこ焼きをよく食べること、
    それをブログで何度か書いていること、
    それからたこ焼きパーティ、大阪弁で「たこパ」にたびたび人を招くことで
    結構なたこ焼き洗脳を行っていて

    実はブロ友を含む日本人友達、すでに5人もが!!
    たこ焼きプレートをイタリアに(あ、おフランスのあなたも)持ち帰っています(笑


    たこ焼きはいろいろアレンジも出来ますし、鉄のプレートは一度買えば一生ものです。
    材料は欲を言わなければ現地のもので調達できますし紅しょうがは手作り→クリック
    たこパをすると招待したことのあるイタリア人はみーーーんな大好きになります。
    たこ焼きというのは、大阪人のホスピタリティーと味へのこだわりが産んだ食べ物ではないでしょうか。
    こんな、楽しくて美味しい食べ物、そう多くはないでしょう?← そして、今もたこ焼き洗脳中(笑


    実は先日、知人に貸したたこ焼きプレートが、「あ。。。(涙 」という状態になって帰ってきたこと、
    (説明しなかった私も悪いです)
    それと前後してプレートを購入した友人から、たこ焼きが上手く焼けなかったという話を聞いて、
    プレートのお手入れが間違っている
    と確信しました。


    道具はとても大事です。


    たこ焼きプレートを持っているけど上手く焼けない人は
    是非この方法を試してみてください。


    まず、大前提としてこの話は鉄のたこ焼きプレートのみです。テフロンは関係ありません。

    + 鉄のたこ焼きプレートは、鉄のフライパンのように扱ってください。
     (鉄の道具はほかの調理器具とお手入れ方法が違う。
      鉄のフライパン等のキーワードでどう違うのかさくっと検索してみてください)

    + 洗うのはプレートが熱いうちに水だけで洗う。洗剤は使わない。
     (鉄は洗剤を嫌います。熱いうちに洗うとちゃんと汚れはとれます)

    + 洗った後は再び火にかける、水分を全部飛ばし、その後少し多めの油を引きなじませる。

      煙がもくもくとたつぐらいまで熱する。
      (洗った後は必ず油を引くこと。油を引かないのは洗顔後のお肌を放置するようなもの。)

    + 冷めるまで放置

      毎日使うものではないので、そのままビニール袋(スーパーの袋等毎度代える)に入れて保管する。
      (油がついている状態で!!)

    + 次回使うときは、古い油を布やティッシュで軽くふき取り、新しい油をひいいて熱する


    + 煙が少したつぐらいまで熱してから使う。
     (ちゃんと熱するとこびり着きにくい)


    多分、この方法でたこ焼きがグンと上達するはず。
    油を引いて保管するなんて汚いと思う方も居るかもしれませんが、鉄に関してはそうるすことで
    長持ちし、鉄のプレートは育ちます。


    ちょうど、今回洗剤で洗って油がひかれていない状態だったプレートが帰ってきたのを見て、
    (繰り返しますが、借りた人が悪いわけではなく言わなかった私が悪いです)
    ちょうどいい実験だと思い、写真を撮ってみました。
    今回は
    3回転(3回分)たこ焼きを作りました。プレートの油ののり方でどれぐらい変わるものなのか。


    P2160034.jpg 
    まず1回目。プレートに油を引きなおして、カンカンに熱してからタネを入れました。
    こびりつき、熱のとおりにムラがあるため、たこ焼きはしぼんでしまいます。
    また焼くために加熱時間だけが長くなり、こげた色のたこ焼きになりました。
    たこ焼きスナックといった感じでしょうか、味はたこ焼きです、美味しいです(笑

    P2160038.jpg 
    同日2回目。油がまわっていたので、今回はいつものうちのたこ焼きの姿に戻りつつあります。
    外はカリッ中はトロッとと焼けています。 ウマイ♪
    それでも大小のたこ焼きがあり、たこ焼きの大きさが一定していません。
    これも油のなじみによって、各穴ごとの温度加減が変わっているからです。

    たこ焼きプレートの使用年数が若い場合(=このプレートの場合は油がしみこんで育っている)
    もしかしたらこの回ぐらいまでは1回目のようなたこ焼きになるかもしれません。


    P2160043.jpg 
    3回目。ふっくらとして、鉄ならでは、外がカリッと中はトロッと焼けています。 美味~♪
    皆様、プレートの正しいお手入れで、楽しく美味しいたこ焼きライフを!!


    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    ビールでお漬物

    2014-02-12 20:57 / Category: 食べる☆チョッと和
    DSCF4864.jpg

    余ったビールときゅうりがあったの日の「ビールでお漬物」

    これ、普通のレシピでも簡単ですが(ビールときゅうり(野菜)と砂糖と塩)
    私はビールときゅうり(野菜)だけ。
    それを袋に入れて1~3日放置するだけ。

    簡単レシピからさらに手抜きな、いつもどおり男前すぎるレシピですが(笑
    食べる時にちょっと塩かお醤油をかけるほうが好きだし、
    ビールの甘さ、アルコール加減も鼻から感じられてなかなかグットなものなのです♪

    これを最初に思いついた人は偉いな~といつも思います。
    余ったものを使い切る、モッタイナイの精神で美味しいもの、そして伝統の味を作れるなんて。
    ここで簡単にお漬物の味を味わえるというのはありがたいことです。


    お酒繋がりで言えば。


    我が家ではお料理にキルシュ(さくらんぼのお酒)を使っています。

    P2121661.jpg 

    その理由がまたガサツかも?

    もともとはチーズフォンドュをするために買った。
    ある日、料理酒用の白ワインがなかった。
    少しキルシュを入れてみた。
    なかなか美味しく仕上がった。(魚料理には香りが残ってしまうけれど、肉料理にはマル)

    だったら料理酒買わなくていいか。って。


    それに白ワインの料理酒
    ワインがない日にとちょっと飲んでみては「美味しくないね。」なんて文句をつけたりして
    「だったら飲むな。」という料理酒からの声が聞こえてきそうなことを何度も繰り返していて面目たたず(笑

    キルシュは40%のアルコール度があるので食事中などに手軽には飲めません。
    そんなワケでうちでは結構活躍してくれているスピリッツなのです。


    さすがにキルシュでお漬物を作るっていうのはまだ試していませんけどね。


    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    お寿司を作りました(お詫びの。。)

    2014-01-30 19:36 / Category: 食べる☆チョッと和
    そういう訳で(クリックで過去記事)、昨日の晩御飯はお寿司を作ることになった。
    いつも「今日はお寿司にします」と伝えると、アモーレはちょっとテンション高めに帰ってくる。

    巻き寿司の具にサーモン入れてね♪ と珍しく具に注文が出た。
    アモーレ病み上がりだし、今回は、弱り目にたたりめ、私がトドメを刺したものだから
    もちろん、言うこと聞いてあげなくっちゃ♪


    P1291515.jpg 

    今日はお詫び&撮影用にいつもより上品にお寿司を盛っていマス。
    海苔巻き2つほど開いちゃってるけど、ご愛嬌。
    (しいたけが手に入ったから塩焼き! 私の中ではしいたけが今日のスペシャル!!)


    アモーレはやっぱり今日もうれしそうにお寿司を頬張っている。
    今回のお寿司の具は
    ○アボガド
    ○アボガドと(ツナ + 醤油 + ゴマ + ごま油)
    ○ブルーチーズとルッコラ
    (意外とどれも美味しいですよ。具に困ったらやってみてクダサイ。)

    それを、ひとつずつ食べながら具を当てることを楽しんでいる。
    美味しい、美味しいと半分ぐらい食べた頃こう言った。


    「。。。ということは今日はサーモンないんだね?」



    あ。。。




    え???




    忘れちゃった!!




    注文を聞いておいて、そこだけ忘れてる自分にちょっとショック。。。老化?(涙
    お詫び寿司だったからちゃんとしてあげたかったな。。

    それでも、お腹裂ける~って言うぐらいお腹をお寿司でいっぱいにして満足そうだったから
    ま、いいかな(笑


    PS : 普段はサーモン入れるのに。。今日に限って。。。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★


    | ホーム | 次のページ>>
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。