スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    オフカイ~わざわざありがとう。

    2009-09-08 00:40 / Category: ブログ
    ブログに遊びに来てくれているAKOさんとのオフカイをした。
    これがなんとも恐縮なオフカイだった。パリに住んでいる彼女から、

    「仕事の為にミラノに2日訪れる予定だから、ご都合がつけばお会いできませんか」

    と謙虚にお誘いを受けた。うれしく即OKでメールをかえしたら、

    「パリでの仕事が長引いています。でも明日ミラノまで行きますので~」

    とメールが来た。
    彼女はミラノに着くと、渡しておいた私の電話番号に連絡をくれた。
    そうして落ち合ったら、彼女は荷物を抱えていた。
    ホテルにチェックインしたのかと聞くと、今日は泊まらないという。

    なんと、

    ●パリ発朝発、15時頃ミラノ到着のTGVにてミラノに来た
    ●同日11時半頃のミラノ発パリ行きの寝台列車で帰る
    ●ミラノ滞在時間8時間弱
    ●休暇をつかってわざわざ日帰りでミラノまで会いに来てくれた

    というお1人弾丸ツアーなことが判明。
    もう、びっくりするやら、恐縮やら、何か私が芸でも出来たらお見せできるのに。。。と申し訳なく思ったり(笑

    とにかくオドロイタ。

    では、寝台出発まで時間あるんですね!ってことで、
    夜まで彼女とミラノ徘徊にくりだした。

    とってもキュートな人で、あんなに小柄な人なのにどこにそんなパワーあるんだろう。
    そもそも弾丸ツアーをすることもすごいし、
    日本より治安の悪いヨーロッパの寝台列車に乗ることもすごい(仕事でよく乗るらしい。さらにすごいなー(笑)。


    彼女と町を散歩しながらいろんな話をしていて、
    彼女が何度も放つ言葉 「ミラノいいな~、住みたいな~」なんて聞いていると
    いつもは何でもない街の風景が、イタリアの青い空と、乾いた空気、大声でおおらかに話す人たちが
    急にいいものに思えてきたりしたから不思議。亜子さんマジックだな(笑

    そうして、ポジティブな反応を聞いてるうちに、
    ミラノでオシャレなエリア、ブレラ地区に立ち寄ったら、金曜日だというのに結婚式をしていた。
    美しい花嫁や花婿、とびきりのオシャレをした友人たちを見ていて2人でため息が出た。
    結婚式を見れるっていうのはやっぱりラッキーだな。
    私たちも幸せのおすそ分けをもらったから。
    「おめでとう!」と言葉を投げると 「ありがとう!」と新郎新婦は答えてくれた。

    あの景色に2人で教会の前にしゃがみこんで、また感動。


    AKOさんは、ブログを読んでくれていて、
    彼女自身、イタリア人との国際恋愛をしているという共通点もあり、恋愛の話題になった。
    驚くくらい熟読してくれていて、たくさんのエピソードを覚えていて(笑、
    私のブログの内容と自分とを重ねて見てくれてるみたいで、
    一緒に切なくなったり、笑ったりしてくれてるのだと言ってくれた。

    彼女はパリを引き上げて帰国することになり
    今後はそうそう、彼に会えることがないのが不安だと言った。
    それに、遠距離恋愛になるとしても、
    今、離れても一時的なもので、必ず一緒になる。という確約があるわけでもないことが不安だと言った。

    私も同じだった。
    そもそも、「イタリア人の彼氏がいます」という響きは、
    「イギリス人の彼氏」や「スウェーデン人の彼氏」というのとは周りの反応が違う。

    「イタリア人の彼氏がいる = 遊ばれてるのではないか」 という疑問は付きまとう。
    (イタリア人、みんながジローラモさんじゃナインダケドサ。。)

    友人や親など、親身になって自分のことを考えてくれてる人ほど「やめときー」と反対する可能性が大きいと思う。
    それは、自分のことを思ってくれてからこそなので、むげに怒るわけにもいかない。

    そういう、周りの中で、

    自分や相手がどれだけ本気でも、一緒にならなければ「言わんこっちゃないのに。。」と
    ちょっと哀れみ的に、またはダメ子的に見られそうな危機感。


    そんな外堀のこともあるし、
    内堀、つまり私たちカップルの関係への不安もある。


    自分は一緒に居ることに前向きで、細かい情報などを調べてるのに、
    相手(男性)は「一緒に居たいね~」とは言うものの、
    いつから、何をどうしたらいいと考えてるのか、
    こちらが相手の国に行くのはいい、
    だけど、ただ暮らして楽しい時間を過ごしたい彼女なのか、将来ずっと一緒に居たいと感じた相手なのか、

    そもそも私たちはどういう風になると感じているのか。

    そのあたりの確約が欲しい(それが本当に難しいんだけど(涙 )。
    うちは、早いうちから具体的に話が進んだけれど、
    結婚についてや、パートナーとして一緒に居続けられるような言葉については一切断言を避けられ、

    「オレを信じて。」と言われるだけだった。

    自分の選んだ人だから、世界で一番信じてはいるものの、
    話が込むと断言を避け続ける相手に、

    信じてはいるけれど不安感。

    という感情が芽生えて、無意味な喧嘩したり。

    そんなことカップル同士なら国籍問わずあるもあるものだろうけれど、
    国際カップルの場合、どちらかが呼び寄せると

    「あなたと一緒に居るために行くのよ(来たのよ)」という大前提があるだけに
    断言があることはは大きい安心感だと思う。


    AKOさんと話をしていて、キュートな彼女がこんなに真剣な目で語ってるのが、
    あの時の、不安な気持ちや切ない気持ちと一緒なんだと思ったら、
    私もちょっと切なくなった。
    そして、彼女が笑顔で遠距離恋愛を乗り越えて、素敵なカップルになって欲しいなって思った。
    AKOさん、
    頑張ってね。亜子さんの笑顔とバイタリティなら遠距離な時期もすぐ過ぎると思います!!


    AKOさんは、うちのおかんのファンだと言ってくれました。
    悲しいかな(うれしいかな)、そう言ってくれる人が結構いるので、またおかんネタUPしますね。
    うちのおかんについては過去ブログにあるので、結婚式関連から探してみてください。
    ヘーキでやらしーことしちゃうおかんです(笑



    確約のない渡伊は、まぁいままで散々理由を書いてきているように、
    それなりに覚悟も入ったし、神経ずぶとく構えてきた。かもしれない。

    まぁ、あの時は「イタリア♪ アモーレと一緒♪ 生ハム♪ ピッッツア♪ チーズ♪」

    っていう気持ちの方が大きかったから、そうでもなかったか(笑
    愛の力と食い意地でイタリアに渡ったってことだな、私は。。。(笑


    「パリは素敵なところです。でもイタリアいいな~、好きだな~ 人がいい、気候がいい!
     いいな~、ナビアさんミラノに住めて!」
    と繰り返すAKOさんと話をしていて、

    「パリのような憧れな街の人がそんなに繰り返し感動する街なんだから、
     もっと私もミラノ生活たのしまなきゃ。
     イタリア人、ハラワタが煮えくり返ることも多いけど、確かに憎めない人多いんだよな~」

    と思ったら、もっとポジティブに暮らすことを考えてみた。
    AKOさん、ありがとう。

    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-italia
    あるイタリアの海で。
    海の綺麗さに写真を撮っていたら、私のカメラにずっと入ってくる黒い2人。
    「どかないかな~」と思っていたら、
    「撮れ、撮ってくれ」と何ポーズも撮らされた(笑

    そんなジョークや親近感はイタリアならでは。

    とびっきりの青い海に青い空、とびっきりのジョーク。

    そんなことされたら、幸せな笑顔になっちゃうしかないでしょ。This is Italia!

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★
    関連記事
    スポンサーサイト

    ある日のカラブリアのビーチ de ZEN

    2009-09-04 21:11 / Category: 夫の実家はカラブリア
    広い地中海の中で、カラブリアは2つの海に面していて
    ブーツの甲側にあたるのがティレニア海、
    そして反対側、私たちがいつも行くのがイオニア海。
    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-ionio10
    アモーレの実家はイオニア海からすぐなので、
    朝起きて海、お昼を食べて昼寝をしてから海。といった海三昧なことが出来る。

    ある日のイオニア海の様子。
    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-ionio1
    人もまばらでまったりとした時間、白いヨットが過ぎてゆく。
    このあたりは砂利浜。海はどこまでも透き通って綺麗。
    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-ionio2
    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-ionio4
    ビーチに椅子を持ち込んで読書やら昼寝やら。
    パラソルの骨に服をかけるのがどうやらコチラ流

    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-ionio3
    私たちのパラソルも、コチラ流で

    海辺で暇なので、アモーレと2人で
    「イオニア海 de ZEN」
    という題目で砂に作品を作った。
    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-ionio7
    作品No1 ナビア作 「石庭」
    奥の高い石から、水が流れていく様子を表現しました
     
    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-ionio8
    作品No2 アモーレ作 「Zen」
    「Zen」の表現、波紋をイタリア流にイオニア海の砂で表現しました


    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-ionio5
    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-ionio6
    「Zen」の庭と水着(半裸体)でおやつをぼりぼり食べる人たち(笑
    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-ionio9
    こんなものをつくって、お互いの作品を褒めあったり
    お昼ねしたり、ジェラート食べたり、そして泳いだり。
    海は楽しいなぁ~

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★
    関連記事

    Mangia! Mangia!

    2009-09-03 12:03 / Category: 夫の実家はカラブリア
    一般的に日本人的に、私は細い方ではない。
    女性同士で体系話になったとして、私が誰かを細いと指摘したら、その誰かが私に

    「ナビアは、それでええやん(・∀・)」

    という答えが返ってくる。

    私が標準サイズの場合、日本女性の挨拶としては、

    「ナビアちゃんも細いじゃない(´0ノ`*)」

    と答えるのがほぼ正しいので、
    そういう返答が返ってこないということは明らかに。。。ね。

    さらに、「ちょっとぽっちゃり~」くらいがちょうどいいと思っている日本男性から

    「でかっ!」とか「たくましなったな」とか言われる。

    「ナビアぐらいがちょうどいい体系だよ」と言ってくれるのはイタリア男性のみになってしまった。
    ということは、「ちょっとぽっちゃり」な枠もゆるくはみ出してるかな~。。。(。・ω・)ノ゙



    そんな私が、カラブリアに行くと-

    ナビア、細すぎよ。おなかも出てないし。。。
     こないだ来た時より明らかに痩せたわ。 ちゃんと食べてるの?」とマンマが言うので、


    「食べてる。たくさん食べてる。こないだより太ってます」と反論すると


    うそだね~ こんなにやつれて。。。顔も蒼いし。。。
    こんなに痩せてどうするの?

    ちゃんと食べないからよ。たくさんじゃなくていいけど、ちゃんと食べることよ」



    と言うやりとりが、1日1回はおこる。


    本当にふつーに、いや、それ以上に食べてるんだけど。
    誰も私に小食ね。なんてつぶやいたことないのに。

    毎日こんなやりとりを、時にはノンナやマンマの友達交えてしていると、

    もしかして、、いじめられてる?とか
    結婚したら、ころころした体系にならないとヤキモチ妬かれるのかしら?とか

    かる~く、沸く、猜疑心。


    「太れ、ナビア。ブタになってしまえ」


    などと、マンマが考えているのだろうか。
    マンマも細くはないので、みんなで同じ体系になろうとしているのかしら。

    とにかく、やつれてるとか、頬がコケテルとか、アリエマセン。。。


    極めつけはテーブルで。
    カラブリアの食卓では大盛り一丁が1人前。
    そしてマンマの美味しい大盛り一丁を平らげると、


    「お代わりは?」と口で言いながら、
    お代わりをすでに相手のお皿に盛り付けるのがカラブリア流
    だから、

    「そんなに、食べれないよ~」と言うと


    「マンジャ!マンジャ!(食べて!食べて!)」


    と答えるのもカラブリア流でありイタリア流でもある。
    マンジャ!マンジャ!と言うマンマの絵はイタリアの食卓には欠かせない。
    そうして美味しい食べ物をたくさん薦められて、イタリア人になっていく。


    食べ物をいっぱい薦めてくれる国だから、
    この国では食べ物に卑しく食べまくるほど、いい子だとか言われる。
    だから私はとってもいい子と扱われ、かわいがられている。
    今では、「ちょっとぽっちゃり」を通り越して「ちょいデブ」の橋を渡りかけている。


    イタリアの美食を毎日食べながら
    加齢より肥満の方が器量を壊すと実感してきているイタリア在住3年目。


    次回の帰省時は「Mangia!ナビア!マンジャ!」の声に負けて食べ過ぎないように。
    器量をこれ以上壊さないように。決意堅く乗り込もう。

    今回の1週間強の帰省にて +1.5Kg だった。。。
    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-mangia
    あぁ~、この美味さが憎い。。。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★
    関連記事

    イタリア横断1200Km

    2009-09-01 01:05 / Category: 夫の実家はカラブリア
    ただいま~。実はカラブリアから帰ってきました~。

    今年は日本に帰国したのでバカンスの日程的にも金銭的にもカラブリアに帰る予定はなかったのだけれど、
    アモーレ弟からうれしい知らせが届いたのは8月も半ばになってから。

    「9月から仕事で3ヶ月間ジュネーブに行くことになった。
     今回は車をカラブリアからジュネーブまで持っていくことになった。
     もし2人がカラブリアに8月末ごろに来れるなら、一緒に少し夏を過ごせるし、
     車に一緒にミラノまで行けるし、僕も運転を交代しながら行けるのでうれしい」

    さらに

    「12月のクリスマス頃カラブリアに戻るから、ジュネーブからの帰りに2人を乗せて
     カラブリアに帰れるよ」

    と言われ、ありがたい申し出をありがたく受け取って帰省して、
    夏の海を楽しんでそして3人でイタリア横断して帰ってきた。
    その距離なんと1200km!!
    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-1200km

    単純に東京→大阪を往復した距離と同じ。長い。

    私たちは渋滞を避けるために夜中の2時に出て、午後5時半ごろ家に着いたので、
    単純計算で15時間、途中ボローニャの叔父と待ち合わせてランチをしたので
    走行時間だけで言えば、13時間弱。
    途中フィレンツェあたりで予想していた渋滞に軽く巻き込まれて
    (フィレンツェではいつも渋滞が起こるポイント)
    13時間だから、ほぼ予定どおりすんなりと帰ってこれたと言っていいみたい。

    13時間の旅を写真で記録しておこう♪と思っていたのに、
    10時間ほど爆睡、2時間ほど読書、1時間ほどぼーーーっと思考停止といった具合で
    あっと言う間についてしまった!と思った私。
    さすがにアモーレとアモーレ弟は疲れてたけどヽ(゜▽、゜)ノ


    ところで

    イタリアの高速道路は夏のヴァカンスの時期ということも重なり、
    カラブリア辺りからすでに外国の車が多かった。
    ドイツ、スイス、フランス。そんな国際色豊かな車のナンバープレートを見ながら北へ北へ
    上がってきた。
    サービスエリアでも必ず外国語が聞こえてきていた。

    ヨーロッパは本当に地続きだな。

    と久しぶりに実感。

    ヨーロッパ人というのは
    「日本へは飛行機で12時間よ」と言うと、一様に苦い顔をして「遠いね~、遠すぎるよ~」と言うくせに、

    以外と、車で長時間移動することには抵抗がないらしい。
    車で行ける距離という安心感からくるのか、ナンなのか。

    アモーレのスイス在住の従兄弟や叔父も毎年車でカラブリアに戻ってくるし、
    ミラノから車でカラブリアやプーリアやシチリアに帰る人も珍しくない。
    友人もつい先週スペインからローマまで車を持ってきていた。その距離2500Km。

    確かによほどの都市部に行かなければ車がないとかえって不便で、
    休暇を過ごすに過ごせない。

    そういった事情もあるけれど、それを抜いても車で長距離移動することに対して
    日本より受け入れやすいと感じる。


    確かにガソリン代はイタリアの方が多少高いけれど、

    駐車場スペースの確保に気を使わなかったり
    (よほどの観光的中心部以外は基本的には路上駐車OK、無料)
    イタリアの見所が広がる田舎部では交通機関が乏しかったりするので
    ヨーロッパ人が車で移動することのメリットは大きい。

    さらに、
    夜中の高速道路では眠気ざましのエスプレッソは無料だったり
    今回1200kmの距離を走行、イタリア半島を横断しても高速料金は46ユーロ(6000円強)。
    ETC1000円には劣るけれど、2年間だけという期限付きでもない。
    イタリアでの高速道路事情は悪くない。

    ただし、イタリア高速道路の運転事情(クリックでイタリア人的な運転話)は悪い(笑



    そして、
    車で帰省の場合変え難いメリットがある。
    家で作るトマトソース、ソーセージ、オリーブオイル、地元の食べ物。


    飛行機や電車では持てきれない量のマンマの味を詰め込むのは車が一番便利だから
    車でのイタリア横断の旅にはメリットがある。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★
    関連記事


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。