スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    雪の降る前の日に

    2010-11-26 08:16 / Category: イタリア生活☆見聞録
    ミラノはぐんぐん寒くなってきている。
    書きかけの旅行記の話は9末から10月初旬の話だから、あれから約2ヶ月がたとうとしている。

    この2ヶ月で何が変わったというわけではないが、
    最近は仕事に行くのが苦痛で仕方がない。
    年末に向けて12月に入ると週6日出勤のシフトになるし、とにかく忙しいらしい。
    今でも忙しい日は十分忙しいので、それの何倍も忙しいと聞かされるとぞっとする。

    それに2月には契約が切れるので身の振り方を考え出さないといけないこともにわかにめんどくさい。
    次もまた同じような仕事がしたいかと聞かれると??が頭に飛ぶ。

    さらに、産休明けの人が戻ってきたとして(通常なら私はそこまで)、
    お店に人が必要なら契約が変わる(伸びる)可能性があるから、
    もしかしたらこのままここに残るかも。

    と思ってもいたが、かなりそれは難しい。
    というか、自分で難しくする選択をした。


    理由は、副店長とそりがあわないこと。理由を簡潔に書くとただそれだけ。

    9月初旬に店長がクビになり、副店長が店でNo1になった。

    その副店長は誰もが認める「最低人間」で、私もふつーに被害をこうむっている。

    一番被害をこうむったのは、9月末~10日間の家族旅行のための休暇。
    この休暇の申請を6月からしていたのに許可が出たのが9月の3週目だった。
    私はもう、仕事を辞める覚悟をしていた。

    たかが休暇で。かもしれない。
    だけど、私にしてはされど休暇。

    入社の2面接と3時面接の時に
    「申し訳ないが、この期間は計画しているので休みが欲しい。
     ミラノはファッションウィーク(といってファッション関係のイベントとかが増える)の時期なのも
    知っているので、もし出勤できないことが迷惑なら残念だけど諦めます」

    と時期を告げて採用になった。
    面接官は時期をメモをとっていたし、それで採用になったので私としては休暇がもらえるだろうと思っていた。
    研修明けに店長に休暇のことを言ったら「9月下旬なら問題ないわ」と答えた。

    そして研修明けに休暇申請を出すと、
    店長が1ヶ月ほど休みで申請書にサインできず、次の月は2週間ほど副店長が休みで
    副店長の帰りをまつように言われた。
    副店長が帰ると、事務所に呼ばれて「休みを変えてくれ」と言われた。

    なんで?と聞くと、副店長が9月半ばに結婚することに決めた(子供が数ヶ月前に生まれた)から
    副店長がファッションウィークの時期に居ないのはすごく大変なのに、あなたまで居なかったら
    頭数が足りなくなる。
    と言われた。

    私としては日本ではありえない話だと思う。
    副店長と言っても、りっぱに店長の名前が入ってる役職、自分の店だと思ってもいいのでは?

    それが仕事が一番大切な時期に結婚式を挙げる。さらにその前後3週間は休むという。
    それなりの、私より数倍以上の給料をもらっているだろうに、
    その責任感のなさに素でおどろいた。

    「休みは変えません」

    そう私は答えたものの、結局9月に入ってもシフトの行方は分からず、
    旅行予定の10日ほど前になって、

    「休んでいいいから」

    とお達しが出た。はっきり言ってほっとした。という穏やかな気分ではなかった。
    自分が出発する前日にそんなシフトを張り出して出発するこの男に
    嫌気がさした。

    それでも休暇は楽しく過ごせた。


    休暇明けからか。
    そりがあわない人だったけれど、あたりがきつくなった。

    仕事のことで質問すれば、聞かないふりや、無視したり、お前はそんなこともできないのか。と人の前で言ったりするのは茶飯事になって、
    そのうちあることないことを言い出すようになった。
    「それはありえない。うそです。そんなことありません」と言い返すと怒鳴られる始末。
    彼と話すのが苦痛になってきた。

    苦痛のなか、書類を投げられたこと、わざわざ英語の資料を印刷してやったと恩着せられたこと(どうせイタリア語だと理解できないんだろう。という含みがある言い回しをされたこと)そして数回、腕を捕まれて濡れ衣を着せられたこと。そしてそのいずれの場合もたいした反論ができなかったこと(その場ですぐに反論できればいいのだけれどやんわりとしたイタリア語でしか反論できない。その結果言いまくられて終わる)。

    その状況を変えたくて、ネットを見てこれはパワハラだと確信して、
    彼と直接話しはできないと判断して会社の本部の人事の人に電話をした。
    そしてこの数ヶ月何があったかを伝えた。人事の人は丁寧に話を聞いてくれて、
    それはいけない。と言って今から彼と話をすると言って電話を切った。

    翌日。

    朝のミーティングの時から彼の態度が軟化していた。
    たぶん人事から話がきたのだろう。
    しばらくして昨日電話で話した人事の人が店に来た。
    そして人事を挟んで3人で話し合おうということになった。

    話し合いはどうってことなく、彼はものすごい役者魂を出していい人になっていた。

    「Navia!何か困ったことがあったら直接言ってくれればよかったのに。
     嫌な思いさせて悪かったね。でもそんな気はさらさらなかったんだよ。
    たぶん、僕の言い方が直接的すぎてびっくりさせちゃったかな」

    みたいな(笑
    彼は小一時間そんな調子だった。


    結局あれからはあからさまな嫌がらせはなくなった。


    周りからしばらくは小さなヒーロー扱いされた。
    あれから2週間くらいは人とすれ違うたびに私の話をみんなが直接聞きたがった。

    まさか、こんなおとなしいNaviaがそんな行動に出るなんて。
    彼は明らかに人を見て態度を変える人だから、
    最近のターゲットはNaviaだったのかもしれないね。
    Naviaを小突いても、つねっても何も言わない。とたかをくくっていたけれど、
    人事に報告されてすごく驚いたと思うよ。
    Naviaのしたことはほかの同僚にも恩恵があることだったんだよ。
    ほら、ここのとこみんなに対して親切ぶってるでしょ。
    ああ言われたからしばらくはおとなしくするよ。
    よくやった!!


    私は、ほかの同僚と同じように「とっさに言い返してやる」ということが私にはできなかった。
    それは私がイタリア語が普通に話せる人でなかったからだと思う。
    もし、日本語でいやみを言われたらいやみですぐに返せただろう。
    私はそれなりに言い返す人だし(かなり言い返す人かもしれない)、そうしたい人だけれど、
    イタリア語はまだまだで、なんというか普通の言い回しでいっぱいいっぱいで、
    けんのある言い方なんかはできない。
    それに言い返した時に目を細められて「何て言ってるの?」と言われると
    反射的に「私のイタリア語が伝わってないんだ。ちゃんとしゃべれてないからだ」と
    自分を責める傾向にある。
    もう4年も。

    そういう小さい自分を責める癖が、4年も経つと性格の一部になってしまってるのか。
    日本に居るときより3割、4割弱気な私がイタリアモードになっている気がする。

    だったら、イタリア語を勉強して強化したらいい!と努力モードにもなりきれない、
    そういう自分に対してまた自分を責める要素が沸く。


    たぶん、わざわざここに居る意味は絶対にあるはずだけど。
    なんだかここ数年自信と自身を少々見失っている気がする。


    長くなったが、そんな上記な理由から2月以降の更新はないな。と。
    それに新しい人が来たけれど1年更新の契約社員契約で来たので、
    かなり会社としてもコスト削減に本腰を入れてるのも分かるので
    そういう理由からも正社員雇用はないな。と。

    もし雇用を伸ばすと言われたらどうしよう。
    とりあえず仕事を続けるか?
    それより、私はこの仕事が好きなのか?
    好きな仕事をしている人は多くないかもしれないが、
    自身や自信をそぐ仕事をするとそのうち病むな。と思った。

    だからやっぱり2月には辞めたい。
    でもそのあと何をしよう。。。


    そんな葛藤に悩む日々。

    明日のミラノは雪の予報。
    本格的な冬になった。



    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★
    関連記事
    スポンサーサイト

    スネガ~ライゼー~フィンデルン~ツェルマット(ツェルマット3)

    2010-11-15 00:28 / Category: ヨーロッパ ni 旅行
    ツェルマット1 と ツェルマット2 からの続きです。


    「ツェルマット」というのはアルプス山脈のふもとの山の1つで
    マッターホルンが見える町でスイスに行く日本人観光客にとっても有名な町である。
    そんな町まで、ミラノから車で日帰りで行った。

    朝7時すぎミラノを出発して、ツェルマットに着いたのは12時半ごろ。
    (ツェルマットはガソリン車が禁止なので、近くの村から電車で入ることになる。
     その電車を待つ時間、到着する時間も込みでこれくらいかかった)


    片道4時間弱かかったのと、運転するのはアモーレ1人だけだったし、往復運転は悪く感じた。
    多分今回の様な強行スケジュールはもうないな。と思った。。。


    ツェルマットに着いてかる~くメインストリートを歩いて、
    店先の屋台に出ていた白いソーセージを記念に食べて、みんなでハイジの気分になったら
    早速マッターホルンを拝めるハイキングコースに向かった。

    この村のハイキングコースがいくつもあって、
    ネットで見れば見るほど、どれも行きたくなった。

    だけど
    コースは大変じゃないかしら?
    「初級」って書いていても、それは山が好きな人にとっての「初級」じゃないかしら?
    私たち午後に到着しそうだけれどマッターホルンやモンブランは見えるのかしら?
    (午後から雲がかかる場合が多いらしい)

    と分からないことだらけで、
    この村でのハイキングコース選びが、実はこの旅で一番気合を入れて調べたことだった。

    いろんなサイトを見て


    スネガ展望台~ライゼー湖~フィンデルン村~ツェルマット


    というコースに決めた。(お約束のコースの1つです)
    ポイントは2つ。
    ●初心者で2時間のコースで、途中休憩できるレストランを通過する。
    (疲れたときにゆっくり休める)
    ●マッターホルンを眺めながら下っていくコースなので、目の前に常にマッターホルンがある。

    ちょっとハイキングの最後は疲れたけれど、
    このハイキングはこれから先の人生も「特上の贅沢」だったと言える1つだと思う。

    ただいまイタリアdeミラネーゼ
    スネガ展望台から約2時間のハイキングがスタート

    ただいまイタリアdeミラネーゼ
    展望台から左下側に(ちいさいため池のような)ライゼー湖が見える。
    その湖から「逆さマッターホルン」を見れることができた。

    ただいまイタリアdeミラネーゼただいまイタリアdeミラネーゼ
    湖をすぎてからのハイキングコース。
    マッターホルンを見ながら歩く。
    ただいまイタリアdeミラネーゼ
    しばらくするとフィンデルン村が見えてくる。
    天気が良く、暖かい日だったので防寒しすぎた私たちはダウンジャケットを抱えながら
    歩いていたから、この村にあるカフェで一服に期待していた。

    ただいまイタリアdeミラネーゼただいまイタリアdeミラネーゼ
    この村あたりにくると羊がはむはむしながら歩いていた。
    アルプスの山と山小屋と羊たち。
    ハイジの世界だ~!と一同感動♪
    人見知りするわけでもない羊の写真をじっくりとりたいのに、
    はむはむしている割に歩くのが早い。
    だから羊の写真の大半が羊の顔ではなく、おしりになってしまった(´0ノ`*)

    ただいまイタリアdeミラネーゼただいまイタリアdeミラネーゼ
    まだ高山植物も咲いていて最高!!
    あやめかな?花の名前を検索中。。。

    ただいまイタリアdeミラネーゼ
    ここがお目当てのカフェ。[CHEZ VRONY]
    ただいまイタリアdeミラネーゼただいまイタリアdeミラネーゼ
    とってもオシャレなカフェでマッターホルンを眺めながら
    長居するカフェみたい。
    冬にスキーの時期に来ても最高だなぁ~
    おかんは、日焼けしたくないので、太陽を背にして、
    つまりマッターホルンを背にして座る。
    なるほど。美白は1日にしてならず。

    しかし。この眺めを蹴るとはもったいない。

    ヨーロッパ生活が進むにつれて、
    すっかり美白道から遠ざかってる私はそう思った。

    ただいまイタリアdeミラネーゼ
    のんびりお茶をして体力も回復したら、ねずみ返しの小屋を眺めながら
    ツェルマットの町へ降りる道を下る。

    ただいまイタリアdeミラネーゼただいまイタリアdeミラネーゼ
    今思うと、結構楽勝なのはここまで。
    ここからは、日の当たる道を下っていくと、そのうち林になってくる。ひたすら歩く。

    ただいまイタリアdeミラネーゼ
    歩く。
    ただいまイタリアdeミラネーゼ
    歩く。
    たまに見えるマッターホルンに励まされる。

    ただいまイタリアdeミラネーゼ
    林を歩いてる間からツェルマットの町は見えていた。
    みんな疲れてきた。ちょっと無口で歩く。
    かなり林を歩いたら、線路をまたぐ。
    線路をまたぐころこのハイキングコースは終わる。
    ただいまイタリアdeミラネーゼ
    線路をまたいで、わーい。町中に到着!
    と思って歩いていたけれど、ここから町の中心地までは結局20分ほどかかった。

    林のハイキングが終わって足が疲れていたのと、
    町に出た安心感で、どっと気持ちが緩んだため
    この中心地まで行く20分は遠く感じた。

    結局そんなこんなで山の頂上から町の中心地に戻るまで4時間弱かかった。
    道を間違ったり、ランチをしたり、お茶してまったりしていたので、
    ハイキングで歩いた時間はやっぱり2時間くらいか。

    今度は泊まりで来よう!!

    みんなで誓ってツェルマットを後にした。
    参考にさせてもらったサイト
    Yassanの徒然日記
    スイスアルプス・ハイキングの旅(6日目)
    Zermatt.jp
    スイス観光局より

    MORGEN ROTE
    POCO POCO. + Mar

    -------------------------

    2010年 親とイタリア旅行日程

    初めての両親同士が会える旅(旅行記プロローグ)
    旅行を終了して(旅行記プロローグ)
    ♪旅行1日目 大阪からローマ経由、乗り継ぎでミラノ到着(ミラノ滞在)
    ♪旅行2日目 ミラノ観光(ミラノ滞在)
    ♪旅行3日目 ヴェネツィア観光,(ミラノ滞在)
    ♪旅行4日目 ミラノでOFFの日(朝市とかお土産買出しと体力温存の日、ミラノ滞在)
    ♪旅行5日目 あ~ツェルマット!!
              世界のツェルマットで喧嘩
              ツェルマット~スネガ(ハイキングルート) (ミラノ滞在)

    ♪旅行6日目 カラブリアへ(カラブリア滞在)
    ♪旅行7日目 カラブリアからローマへ(ローマ滞在)
    ♪旅行8日目 ローマ観光(ローマ滞在)
    ♪旅行9日目 ローマ観光(ローマ滞在)
    ♪旅行10日目 最終日 ローマから帰路へ
    ♪旅行11日目 アリタリアの午前便にて大阪に到着。お疲れ様でした。

    ---------------------------

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★
    関連記事

    スイス・ツェルマットへ2

    2010-11-06 06:33 / Category: ヨーロッパ ni 旅行
    スイス・ツェルマットへ1 からの続き


    みなさんの相方さんは例えば道に迷ったとき率先して誰かに道を聞いてくれる人ですか?


    アルプスの雄大さに感動しながらも、喧嘩をした「原因」はここにある。


    アモーレの性格は
    例えば道に迷ったとき、
    例えばそれが不確かなとき、
    例えば多分間違ってそうだから確認しないといけないとき etc...
    「なるべく人に聞きたくない人」で、なんとか自分でしようとする、と言えば聞こえがいいが、
    駄目ならそれでしょうがない。といった考え方の人。

    私は全く逆の性分なので、誰かに聞きたい。
    聞いたほうが、ストレスもないし、解決も早い。
    だけれどわざわざイタリアに住んで、
    ここはイタリア語(ツェルマットはドイツ語圏だけど英語は通じる)圏なんだから
    アモーレから人に聞いてほしい。と思う。


    そりゃ、私だって今は何かを尋ねるくらいのイタリア語は分かりますよ。


    でもね、なんというかネイティブが聞いたほうがよくない?

    なんというか大げさに言うと、


    「すみません、湖まではこの道でいいですか?」って流暢なネイティブな人が言うのと

    「すっミマせん。アノ、み~み~、みずみ までは この道あるか?」みたいな、
    「すごくイタリア語がんばってるけどやっぱりナマリあるね~」って人が聞くのでは
    聞かれたほうも聞きづらいですよね?

    アモーレはネイティブなんだから聞いてくれたらいいじゃない?
    (日本に行くときは全て私が聞く役。でも彼の性格も日本語のことを考えたらそれでいいと思ってる。)


    でもこの私が聞いて回る習慣って私がミラノに初めて着いた日からそうだったし、
    いい加減それになれろよ。って話でもあるけれど、

    旅行に行くたびに、入り口どこかしら、閉館時間はいつかしら、隣の人が食べてるあの料理は何かしら、
    朝ごはんの時間予約より変えてもらえないかしら、道に迷ってるわね。どこに行けばいいかしら?
    といった小さいけど気になること、


    「ねぇ、聞いてみて」


    と言うけれど却下されて、それでもどんどんさらに道に迷ったりするのでシビレを切らして聞くのは結局私で、
    私が質問し、私の質問に答えてくれているイタリア人とのやりとりで
    私が理解していないと分かるとアモーレは近くにやってきて、
    イタリア語でイタリア人とやり取する。


    そして彼は答えを知ってご機嫌。





    だっからさ~~

    だったらさ~~

    はじめっからイタリア人同士、イタリア語で聞いてくれたらいいのに。。。




    というのが私の切なる思いであり、微妙に不機嫌になるところでもある。




    今回もやはり、このテの話で
    「思ってた道と違う。」と感じて、聞いてみて。と言ってはみたものの、
    すずやかにスルーされて、その後すれ違う人が出てくることがなく、
    そのまま20分くらい間違った道(結果的に)を前進。
    そのうちだんだん私が腹が立ってきて、

    「だからさっき聞いてくれたらよかったのに!!」

    「だったらお前が聞け。ここは英語が通じる!」

    「英語だったらあんたも話せるでしょ!!なんでいっつもそうなの?」

    「なんで今過去の話を持ち出すんだ」

    「過去の話をしてるんじゃあ~りません。今も!って言ってるんです!!」

    「怒ってもムダ。オレは絶対に聞かない。」

    絶対だと??なにを~~!!きーーーーー!!」

    「なんだと~~!!」






    と声のボリュームも大きくなって雄大なアルプスにこだましそうな頃





    おとうちゃんとおかんから



    「2人とも、もうおしまい!!」



    と両成敗された。



    そして、「おなかが空いてるから腹がたつんよ。お昼にしよう。」



    と言って大人の?気遣いをしてくれて、見つけたベンチにランチの用意を広げた。
    ただいまイタリアdeミラネーゼ
    アモーレと私の怒りながらのランチ風景

    日焼けを恐れてマフラーで頭と顔を覆い
    口だけを出してランチをほおばっている赤い人はおかんです(笑

    後で仲直りはしたものの、
    私は今でもやっぱりまだ悪くない、悪いのはあいつだ。と思っている。
    多分、あいつも、悪いのはあいつだと思っていると思うけど。

    -------------------------

    2010年 親とイタリア旅行日程

    初めての両親同士が会える旅(旅行記プロローグ)
    旅行を終了して(旅行記プロローグ)
    ♪旅行1日目 大阪からローマ経由、乗り継ぎでミラノ到着(ミラノ滞在)
    ♪旅行2日目 ミラノ観光(ミラノ滞在)
    ♪旅行3日目 ヴェネツィア観光,(ミラノ滞在)
    ♪旅行4日目 ミラノでOFFの日(朝市とかお土産買出しと体力温存の日、ミラノ滞在)
    ♪旅行5日目 あ~ツェルマット!!
              世界のツェルマットで喧嘩
              ツェルマット~スネガ(ハイキングルート) (ミラノ滞在)

    ♪旅行6日目 カラブリアへ(カラブリア滞在)
    ♪旅行7日目 カラブリアからローマへ(ローマ滞在)
    ♪旅行8日目 ローマ観光(ローマ滞在)
    ♪旅行9日目 ローマ観光(ローマ滞在)
    ♪旅行10日目 最終日 ローマから帰路へ
    ♪旅行11日目 アリタリアの午前便にて大阪に到着。お疲れ様でした。

    ---------------------------

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★
    関連記事

    スイス・ツェルマットへ1

    2010-11-05 08:45 / Category: ヨーロッパ ni 旅行
    今日は、はっきり言ってしまえば自慢ブログです。すまんのぉ~
    ツェルマットは本当に美しかった。

    ただいまイタリアdeミラネーゼただいまイタリアdeミラネーゼ
    ツェルマットの中心地。屋根の向こうに白いマッタホルンの顔が

    ただいまイタリアdeミラネーゼ

    $ただいまイタリアdeミラネーゼ

    ただいまイタリアdeミラネーゼ

    ただいまイタリアdeミラネーゼ

    ただいまイタリアdeミラネーゼ

    ただいまイタリアdeミラネーゼ

    ただいまイタリアdeミラネーゼ

    ただいまイタリアdeミラネーゼ

    ただいまイタリアdeミラネーゼ

    すごいでしょ~~!!
    こんなに、こんなに澄み渡った空気で見たマッターホルン。
    いろんなサイトを見てツェルマットの予習をしていたけれど、山の天気だし、こんなに晴れたことは
    (着いたの午後だったし。午前は綺麗に見えても午後から天気が変わることも多いようで)
    かなりの幸運だったと言ってもいいかも!

    私は生涯雨女だと思っていたけれど(お父ちゃん自称晴れ男)
    この日、このマッターホルンが見れたことに感動(晴れとうちゃんに感謝)。

    あの山の存在している時間の長さに比べたら、
    人なんてちっぽけなもので、その人が持つ悩みや愚痴なんてすべてがばかばかしくて。
    雄大な自然が全部吸い取ってくれる。そんな気がした。
    普段は海派だけど、山の力というか、山を愛する人の気持ちが少し分かった。
    海派が波の音に癒されたいように、山派はきっと山に甘えたいんだ。

    そんな思いでハイキング。



    しながら、



    アモーレとしょうもないことで、アルプスで声を張り上げて大喧嘩したけど。→ やっぱ私ちっさいか?(笑



    おとうちゃんとおかんが


    「こらこら!2人ともおしまい!」


    と喧嘩両成敗された。


    そんな話は次の話で。
    -------------------------

    2010年 親とイタリア旅行日程

    初めての両親同士が会える旅(旅行記プロローグ)
    旅行を終了して(旅行記プロローグ)
    ♪旅行1日目 大阪からローマ経由、乗り継ぎでミラノ到着(ミラノ滞在)
    ♪旅行2日目 ミラノ観光(ミラノ滞在)
    ♪旅行3日目 ヴェネツィア観光,(ミラノ滞在)
    ♪旅行4日目 ミラノでOFFの日(朝市とかお土産買出しと体力温存の日、ミラノ滞在)
    ♪旅行5日目 あ~ツェルマット!!
              世界のツェルマットで喧嘩
              ツェルマット~スネガ(ハイキングルート) (ミラノ滞在)

    ♪旅行6日目 カラブリアへ(カラブリア滞在)
    ♪旅行7日目 カラブリアからローマへ(ローマ滞在)
    ♪旅行8日目 ローマ観光(ローマ滞在)
    ♪旅行9日目 ローマ観光(ローマ滞在)
    ♪旅行10日目 最終日 ローマから帰路へ
    ♪旅行11日目 アリタリアの午前便にて大阪に到着。お疲れ様でした。

    ---------------------------

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★
    関連記事

    ヴェネツィアのアクアアルタ

    ミラノからヴェネツィアまでは電車で3時間弱。
    なのでミラノに来てからヴェネツィアへは人が来るたびに何度か足を運んでいる。

    それでもヴェネツィアはやっぱりヴェネツィア。
    唯一無二の町だから、何度でも行きたい。

    おかんは、「ローマに行けなくてもヴェネツィアには行きたい」という意気込みで来たから、
    楽しみにしていた。

    当日はミラノは雨。天気予報ではヴェネツィアも夕方ごろに大雨。

    そんなわけでミラノで購入してヴェネツィアに入った。

    午前11時ごろ到着、午後7時頃に現地出発という日帰りスケジュールで行ったので、
    ちょっとタイトなスケジュールだったかもしれない。

    現地到着してから、なかなか前に進めなかった。
    感動して、写真。写真をとって、ポーズをとってまた写真。
    といった具合で本当に進まない。
    やっぱりヴェネツィアはそれだけ写真を撮りたくなる町なんだよね~。

    ランチを食べて、のんびりと歩いて
    サンマルコ広場に行くまでは幸いにも雨も降らなかったし
    いつものヴェネツィアのように見えた。


    サンマルコ広場に近づくと、行列に並んでる人がちらほら出てきて、
    床下駄が出てきた。そしてそれをそのまま歩くと


    サンマルコ広場にアクアアルタ出現!!
    ただいまイタリアdeミラネーゼただいまイタリアdeミラネーゼ

    ただいまイタリアdeミラネーゼ
    広場が水に漬かってる!!
    ただいまイタリアdeミラネーゼ
    あ~くつろいでる。

    ただいまイタリアdeミラネーゼ
    ほんとに広場に水が一面にたまるんだ
    ただいまイタリアdeミラネーゼ
    ほんとにこうやって上げ底するんだ~
    ただいまイタリアdeミラネーゼ
    商店は閉めてるところも空いてるところも。

    ただいまイタリアdeミラネーゼ
    こんな人たちも結構いたりして。

    ただいまイタリアdeミラネーゼただいまイタリアdeミラネーゼ
    私はというと、天気予報からして長靴で出かけていたので、
    アクアアルタの高床を渡る人たちを別の角度から見たりできた。
    でも長靴でも、水の中を歩くって体力が居るものなのね、
    歩くの疲れて結構長くはもちませんでした。

    私のリアルなお友達はきっと
    「ナビア、長靴もヒョウガラだよ」
    ってつっこみいれてるんだろうな~。えへへ。←ヒョウガラ女


    少ししたら雨も強くなってきたので、
    しばらくお茶屋さんに撤退。
    このお茶屋さんが高いところで4人で30ユーロほど払った。。。


    それでも気を取り直して
    アクアアルタのヴェネツィアが見れるなんてすごいことじゃない?
    今度来たときにサンマルコ広場を歩けばいいじゃない。
    今回は遠めで見るだけでいいよね~。
    なんて話でもりあがった。

    1,2時間して強い雨もやみ、
    広場に戻ってみると
    潮もひいて、サンマルコ広場に下りることができた。
    ただいまイタリアdeミラネーゼ

    ほんとラッキーだわ~。


    おとうちゃんがおかんにサンマルコ広場の説明とうんちくを語っている。
    「聞いてるふり」があからさまな「ふり」なのに説明しつづけるおとうちゃんも不思議だ。
    おかんの「ふり」の出来が悪すぎたからか、
    途中からアモーレに語っていた。
    話を聞いているアモーレ。
    私の夫はえらい!と思いながら、そんな2人をほっておいて
    おかんとサンマルコ記念撮影にたいへんだったニコニコ


    次回は宿泊してゆっくり夜のヴェネツィア散歩と塔に上って一望したいなぁ~。
    なんて思いを胸にヴェネツィアを発った。


    -------------------------

    2010年 親とイタリア旅行日程

    初めての両親同士が会える旅(旅行記プロローグ)
    旅行を終了して(旅行記プロローグ)
    ♪旅行1日目 大阪からローマ経由、乗り継ぎでミラノ到着(ミラノ滞在)
    ♪旅行2日目 ミラノ観光(ミラノ滞在)
    ♪旅行3日目 ヴェネツィア観光,(ミラノ滞在)
    ♪旅行4日目 ミラノでOFFの日(朝市とかお土産買出しと体力温存の日、ミラノ滞在)
    ♪旅行5日目 あ~ツェルマット!!
              世界のツェルマットで喧嘩
              ツェルマット~スネガ(ハイキングルート) (ミラノ滞在)

    ♪旅行6日目 カラブリアへ(カラブリア滞在)
    ♪旅行7日目 カラブリアからローマへ(ローマ滞在)
    ♪旅行8日目 ローマ観光(ローマ滞在)
    ♪旅行9日目 ローマ観光(ローマ滞在)
    ♪旅行10日目 最終日 ローマから帰路へ
    ♪旅行11日目 アリタリアの午前便にて大阪に到着。お疲れ様でした。

    ---------------------------

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★
    関連記事

    初めてのイタリア旅行・ミラノ観光

    2010-11-01 23:03 / Category: イタリア生活☆見聞録
    両親と過ごすイタリア1日目は我が家からの出発。
    やっぱり予想通り、どれだけ疲れていても午前中を布団で過ごすことは出来ず(時差ぼけで)
    8時すぎには目を覚ました両親。
    そしてやっぱり、日本式に朝食をしっかり食べて(イタリアの朝食はもっと軽い←こんな感じ)、
    出発することにした。

    我が家での寝心地は良かったらしく、快眠だったと言っていた。
    ミラノを去るまで、両親は良く眠ったし、30回以上
    「家が静かだし、すごく寝やすい布団だし、庭もこんなに立派でいい家ね~」
    と言っていたので、ほんとに気にいってくれたんだと分かった。


    昨夜からおかんが、「白いご飯が食べたい」と言っている。
    まだ日本を出て24時間たってないのに。早すぎる。
    おとうちゃんは、無類のパスタ好きなのでそんなおかんを尻目に
    「今日のお昼はパスタが食べたいなぁ」と言っている。

    実は両親には言ってないが、
    今日のお昼はパスタ、夜は味噌汁(和食が恋しくなるのをおさえるため)と献立をすでに決めていた。
    娘歴が長いからそれくらいはお見通しだった。すごい、私。



    みごとな秋晴れで、イタリアの青い空を印象づけるようなうろこ雲。
    素敵なミラノ観光の初日になった
    ただいまイタリアdeミラネーゼ
    ミラノの中心地Duomo広場

    ただいまイタリアdeミラネーゼ
    Duomoの上に上ると遠くの山にかぶる雲がきれいに見えた

    ただいまイタリアdeミラネーゼ
    こんな天気な日には上る甲斐がある!

    ただいまイタリアdeミラネーゼ
    世界中からの観光客。
    おとうちゃんは
    「すごい多くの国から観光客が来てるなぁ~。
    こんなの見たら、京都はまだまだだなぁ~。」と言っていた。


    Duomoの説明をおかんにした。
    説明と言っても、ガイドブックより薄っぺらいことだけれど。

    おかんは今回の旅行では毎日メモをとって
    「イタリアを学ぶ」のだと言って、
    私たちが言うことを走り書きしだした。



    ふむふむ。おかん、えらいなぁ~。と思いながら、
    走り書き中のメモを見たら、

    Duomo(ドゥオモ) が ドウモ(間違ってはいないけど。。。)
    Duomo教会(ドゥオモ教会) が ドウモ協会


    って、


    お前は外国人か?並な漢字間違いに本人は気づいてなく(笑ただいまイタリアdeミラネーゼ


    おかしかったので、黙ってメモを取り上げて私がアモーレに
    「教会」と「協会」は違うのよ~ 日本人で間違う人はマレだけどね~。

    と説明していると、ようやく気づいたようで
    おかん赤面。
    ただいまイタリアdeミラネーゼ
    「きゃ~~メモ返して~」と慌てるおかん。


    多分、これでこれから「協会」と「教会」を間違えることはない。と思う(笑

     


    それからギャレリア、スカラ座、スフォルツェスコ城とお約束の観光コースを歩いて、
    それからナヴィリオ運河エリアに移動した。
    この日は月に一度の骨董市が運河沿いに開催される日だったので、私は大好き。
    楽しみにしていた。
    両親も骨董品を見るのが好き。

    ただいまイタリアdeミラネーゼただいまイタリアdeミラネーゼ

    イタリアの骨董品を見て、それにも「文化の違い」「歴史の違い」を見て
    2人はとても楽しんでいた。

    そしておかんは古着のブースでカーディガンを買った。
    「こんなデザイン日本で探すのは難しいわ~」ととてもご満悦だった。
    すごく似合っていたので洋服とのいい出会いがあって私もうれしい。

    明日はヴェネツィアなので今晩は味噌汁を飲んで、早く帰って寝ることにした。

    -------------------------

    2010年 親とイタリア旅行日程

    初めての両親同士が会える旅(旅行記プロローグ)
    旅行を終了して(旅行記プロローグ)
    ♪旅行1日目 大阪からローマ経由、乗り継ぎでミラノ到着(ミラノ滞在)
    ♪旅行2日目 ミラノ観光(ミラノ滞在)
    ♪旅行3日目 ヴェネツィア観光,(ミラノ滞在)
    ♪旅行4日目 ミラノでOFFの日(朝市とかお土産買出しと体力温存の日、ミラノ滞在)
    ♪旅行5日目 あ~ツェルマット!!
              世界のツェルマットで喧嘩
              ツェルマット~スネガ(ハイキングルート) (ミラノ滞在)

    ♪旅行6日目 カラブリアへ(カラブリア滞在)
    ♪旅行7日目 カラブリアからローマへ(ローマ滞在)
    ♪旅行8日目 ローマ観光(ローマ滞在)
    ♪旅行9日目 ローマ観光(ローマ滞在)
    ♪旅行10日目 最終日 ローマから帰路へ
    ♪旅行11日目 アリタリアの午前便にて大阪に到着。お疲れ様でした。

    ---------------------------

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★
    関連記事


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。