スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    エゴからご縁

    2012-02-29 03:25 / Category: イタリア生活☆見聞録
    今はミラノファッションウィークの最中。
    ミラノの街には内外から展示する企業と、バイヤーたち、それにモデルも多く華やぐ時期でもあって、
    街にでるといつも以上に外国人は多い。

    この週末、友人の紹介でファッションウィークのお手伝いに出かけていた。

    実は今回のお手伝い、
    ○以前にその方から紹介していただいた時、気持ちよくお仕事が出来たこと
    今年の目標があったから
    という理由から二つ返事で引き受けた。

    「今年の目標」というのは、

    収入ゼロからの脱出

    という話すのが恥ずかしいくらい小さな目標を今年はかかげている(笑

    いちを去年も収入という意味ではゼロではなかったけれど(3末までのお給料&退職時の清算分)、
    コモに来てからは専業主婦業で使うばかり、
    去年11月日本に帰国したときはここからお小遣いを持っていったので
    みごとに口座がカラッポになってしまった。

    でもそれは、日本行きのチケットを買った時から想定していたし、アモーレ銀行から生活費等は出るので
    さほど気にしてなかったけれど、日本に帰った時に年金支払いの手続きをしてきたことで意識が変わった。

    まず、年金というものは海外に居住を置くとその期間は年金支払いは義務でなく任意扱いになる。

    それで、私は払わない選択をして、年金にまわす余計なお金をセーブして、
    今まで生活費として過ごしてきたわけだけれど
    ここに住んでる日本人の友人と年金の話をしているうちに
    年金を払わなければ私の将来の見通しがかなり暗いことに気づいて、
    払えるならば払わなければ!余計なお金だなんて思うべきじゃなかった!と180度思い直して
    今回の帰国で支払いの手続きをしてきた。

    (私の場合、日本で10年弱働いていたのでその時かけていた年金があって、
    イタリアでは年金額はゼロ(結果的に ※数年前から日本イタリア間での年金協定は出来てます)、
    今からかけても最低年数に間に合うか。。。と考えると

    空白の払いそびれた期間を空けても日本の年金に加年しなおし、続きを支払うと最低年数はクリアできるだろうと判断した為)



    つまり、あれですな。 年をとるごとに老後が心配になってくるってやつですな。



    年金話に力がはったけれど話を戻して。



    そんなワケがあり、

    2012年は収入ゼロでのんびりしていてはだめ。
    たとえ年金分の収入がないとしても、
    いただけるお仕事のお話は受けて収入ゼロじゃないクセをつけなきゃ



    と、勝ってもいないがさらに兜の緒をしめまくる といった具合で(笑、

    とにかくゼロからの脱出。
    でも
    1回でもお仕事をいただいたら目標はクリアというふうに考えて満足すること。


    というとてもゆるい目標をたてていた。


    そんな時にこのお話がきたものだから、上半期に目標達成 イエーイ!とばかりにOKしたのである。



    今回もやはり楽しくお仕事させていただいたお仕事に感謝しています。

    さらにすごいことに

    このお仕事の最中、知り合い(イタリア人)の知り合いが日本人だった為、連絡先の交換。
    知り合いも含めてみんなでご飯に行きましょうって約束が出来た。
    知り合いを通じて知り合いが増えたこと感謝。


    それからこんな出会いも。
    「あら?あのお店にいらっしゃった方ですよね?」とふいに声をかけてくれてたのは、
    以前働いていたお店にちょくちょく来てくれてた方で、お互い顔だけで名前もちゃんと知らなかったけれど、
    今回は改めて連絡先交換。 暖かくなったら会う約束をして。
    顔見知りだっただけに、ちゃんと知り合いになれたことに感謝。


    さらにこんな出会いも。
    この方も日本の方で、少し商品について話をしたあと別れたのですが、
    私の居る場所まで戻ってこられて「あなた、今何してらっしゃるの?」と言われるので
    「専業主婦ですよ」と答えると
    「働くことに興味ないかしら?」とお仕事に誘っていただいて! ありがたいです。

    勤務地がミラノだとおっしゃるので、

    「あ~そうなんですね、私コモに住んでるんで~
      (毎日通勤は遠いですね~、みたいな。ワタシはいったい何様(笑?)」


    って答えると

    「ええ~~!!私もコモよ!」と言っておっしゃった住所が、なんとうちから徒歩5分!!

    ファッションウィークがひと段落したら絶対に会いましょう!と連絡先を交換。



    そんなわけで、
    「前に気持ちよくお仕事させてもらった(だからきっと今回も楽しいお仕事に違いないと思った)」
    「収入ゼロ脱出達成のため」

    という、とても強欲な理由でお仕事を請けさせてもらったのに、
    こんなにありがたいご縁もいただいて、感謝感激です。

    一緒にお仕事させてもらった方たちも久しぶりに会うくらい素敵なやさしいイタリア人で、
    仕事内容もずっとフォローくださって、このことも感謝感激です。


    こんなにいいことばかりおきたので

    明日、こけて膝すりむいちゃうかも?


    とちょっと私ビビッていたりします。


    ***

    前回のブログにもたくさん温かい言葉ありがとうございます。やっぱり感謝感激、嬉しいです。
    せっかくこのブログ見つけてくれて、遊びにきてもらってるのだから
    もっとイタリア感がある話しが書ける目線をもって日々過ごしたいなとも思いました。願望です(笑

    これからもイタリアとはなんら関係のないウチワ話を読んでいただくことも多いと思いますが。。


    イタリアでは別れ際にはこう掛けあったりもします。

    ボナジョルナータ!Buona giornata!
    今日もよい1日を。

    バールでも、お店でも、お友達とお茶したあとも、ばったり会った後も。
    別れ際に言う言葉。
    単なる言葉も、言葉の意味を考えて心を込めればそれは言霊。
    お互いの素敵な1日を願ったやさしい言葉。

    だから、ブログに遊びにきてくれたあなたにも

    Grazie! Buona giornata!

    Navia

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★
    関連記事
    スポンサーサイト

    このブログ、すごい!

    2012-02-24 03:05 / Category: ミラノ de オサンポ
    先日ミラノ関連ですごいブログを見つけました。

    ミラノ探訪 - 隠された扉をひらく -

    ブログを書くyuma-milanoさんのコメントには

    「ミラノの文化・芸術を中心にイタリアの隠れた魅力を探りつつ知的好奇心を刺激する」

    と書かれていますが、全くその通りミラノにある物に対してスポットをあて
    詳しく説明されていて、ガイドブックより詳しく、興味をそそる文章で、
    このブログを見るとただ単に通っていた場所が急に重みを増してきます。
    そして、知らずにぼけーっと過ぎていたことが悔やまれます。
    おかげで、次回同じ場所を通る時はもっと知識と思い入れを持って通れるだろうと思います。

    ミラノは観光資源がさほどない土地ですが、
    こうやって説明してもらうと、歴史や風土は色濃くあるんですね。



    ミラノ探訪さんのようなブログを見てしまうと正直落ち込みます。


    私も、こんなブログが書きたい!
    (って1回でもそんな濃い内容も書いたことないくせに言ってみる)

    なのに私のブログは日々の出来事日記。
    こういうブログって五万とあるし(もちろん他のブログを批判しているわけではなく)、
    ミラノ探訪さんのような、読んで歓心、本みたいにためになるブログってそうないし、
    テーマも文章も面白いし、
    こういう切り口で住んでいたらなんでもタダの建物も赴きが出て楽しいだろと思います。
    私が「キタナイな、このビル」とか思って鼻で笑っていたビルも
    実は立派な意味のあるビルだったといつか、ミラノ探訪さんに発見されることでしょう。


    そう思うと、

    ほんと物事を狭い角度でしか捉えられない私。さびしーわ。



    私のブログのようなてんやわんやな毎日のブログなら、他にもいくらでも楽しいのあるし
    このブログに旅行の人が読んでもためになる内容があるわけではないし、
    まず、「海外にいる」と言っておきながら、海外感がない!

    国際結婚した人の「外国に暮らしています」的なブログって、読んでいて
    わ~、外国だな~とか感じるけど、
    私のは結構それがないし。← だから写真を多様して外国チックさを出してるというか。。。(笑

    なんというか、ほんとに自分とアモーレ、友達、家族。みたいな
    普通の日常すぎて


    しょぼいブログだなー。


    かと言ってブログを閉めちゃって新しいブログを始めるとか?
    せっかくあるのに勿体ないよなー。



    でもなー。。。
    しょぼいブログと思ったらどんどんしょぼく思えてきたわー。


    なんて多少自暴自棄っぽく思っていたら


    margueriteさんというこのブログを最近発見してくださった方から、
    「ブログを楽しみにしています」というメッセージを今日頂いて



    自暴自棄から完全復活。 ただいま絶好調! 私、軽いな、簡単だな(笑



    このブログを読んでくれてる方なら知っていると思いますが、

    「ブログ止めることはないけれど、ちょっと考えたよ」的な話を書くことはあっても

    ブログを辞めることはないので

    今回もやっぱりこれからもよろしく。


    ***

    観光資源の少ないミラノを訪れるなら是非ミラノ探訪さん、読まれるとよろしいかと思います。
    私もいつも通ってる場所で何箇所が行って見たい場所があるので行ったら私のブログにもUPさせてもらいます!


    私もミラノ探訪さんに憧れて、コモ探訪ってブログ名変えようかな!!


    で、ブログの内容は、
    「アモーレがコーヒーに砂糖入れすぎ」とか
    駅で見かけたおっさんが~」とか、

    あれ?内容はコマスカ!から何も変わってないよ!? 


    やっぱ、書く人間が変わらないと替えられないか、内容は。 えへ。


    改めてこれからもNaviaのブログよろしくお願いします。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★
    関連記事

    そんなに嫌?

    2012-02-23 03:35 / Category: イタリアーノな彼
    つい2週間ちょっと前は、50年ぶりなどと言われる寒波が来てコモの町もマイナス12度、これは
    うちのベランダに置いている温度計のお昼頃の温度だから、発表されていた温度はもっと低いだろう、
    そんな大寒波が来ると週間天気予報で知ったアモーレは

    寒波が週末くるよ。

    と、1週間のうちに、2,3回私に言った。


    そんなに積もった雪もすっかり溶けた週末明けのこの月曜。
    週間天気予報を見たアモーレは

    今週末は19度まで気温が上がるらしい汗


    と、あれから3日目の今日は水曜日。でももう20回くらいこの言葉を吐いている。


    分厚い布団を変えなければとか(羽毛布団だから暑いと言っている)、
    シーツを変えなければとか(フランネルのシーツだから暑いと言っている)
    セールで買ったブーツはもう履けないなとか(足首までのブーツだから暑いと言っている)
    あ、ウールの靴下はもう履けないなとかも言ってたな。。。


    彼が汗かきだから、暑くなる季節を前に身構える気持ちは分かるけれど、


    春はもうすぐそこなんだし、いちを四季のある国だし、温かくなっていただかないと。
    50年に一度の寒波より、気温19度を警戒するって。


    男の人ってそんなものなのかしら?


    「そんなに毎日19度、19度って言われても。。。アモーレ、しつこい

    。もう気温上がってええやろ?」



    と脳裏によぎるのはやっぱり私が女脳だから?

    コマスカ!
    コモ湖の水際には白鳥も遊んでるんだよ。
    白鳥って近くで見ると凶暴だよ。こっちに警戒しなくては。
    でも、また会いたいよ。春になったらまた会いに行くよ!

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★
    関連記事

    生き方

    2012-02-22 01:17 / Category: コモ de オサンポ
    週末はコモの町もカーニバルのイベントをやっていた。

    コマスカ!

    コマスカ!コマスカ!

    この時期はイタリア中カーニバルが続いて(地域によってカーニバル本番の日が微妙に違うため)
    このあたりから春らしさが一気に増す。

    つい最近までコモの山には白い雪が残っていたのに、カーニバルの週前にはすっかり雪は溶けていた。
    日も長くなってきたし、若干気温も上がってきた気がする。
    今週にはなんとコモは19度まで気温が上がる予測も出ている。

    春が来る。



    こんなお祭りの日には、ダンサーが居たり、バンドが居たり、写真の赤鬼のような芸をする人や
    俳優が居たりする。

    どの人もみんな楽しそう。

    ダンサーは老若男女の集まりの「クラブ」という感じで、ビシッとそろった踊りはしないが笑顔がいい。
    グループバンドで演奏する人は、上手だけれど「選曲がちょっと。。。」というグループも結構ある。
    ある歌手に見入ってしまったほど「アウト!」な歌声の時もあった。

    それでもみんなやってる側も見ている側も笑顔がいい。
    楽しんでいる。

    パントマイム等の芸人はすこぶるウケがいい。
    イタリアでは子供も大人も大げさに反応がいい。
    満場笑顔になる。

    そういえばイタリアに来て歌手や俳優、モデルにたくさん会った。

    と言っても別に有名人ではない。

    「歌手や俳優、モデルもやっていると名乗る人」 にたくさん会ったということ。

    その人たちは別に仕事を持っていて、休日なんかにその時間をあてている。
    だから「趣味」と言っていいのだろうけれど
    とにかく彼らにはそれをやっていることへの自信があって。

    イタリアは口コミ社会で、小さい町のコミュニティーも強いので
    町のお祭り、ちょっとした式典等にもいろんな形で出演を依頼されることも多いと思う。


    芸術はなにも大きい舞台、見る側がおめかししてかしこまって見るものだけじゃなく、
    町の小さな、普段着の人たちと汗の飛ぶ、ヤジの聞こえる、お互いの空気が共有出来る
    そんな場所で見せる舞台も芸術なんだと実感する。


    お祭りの時など町に溢れる芸術家たちを見ていると、
    自分の好きなことで、こうして人に笑顔や驚きを与えて、それが自分の自信になって。
    そしてまた自分の芸を高めて。


    あ~すごくいい生き方。
    そして、イタリアではそういう人が本当に多いな。
    自分を良く知って、好きなものを知り、それを突き詰めて。
    たくさんの人たちがそれを自分のテーマにして趣味にする。
    そこから「僕は俳優」「私は歌手」と言ってのけちゃう。

    好きなことを知っている人の自信と笑顔は輝いている。


    そうやって自分に向き合って自分を磨くことって私出来てないから。


    今からでも遅くない。生涯の趣味何か見つけよう。
    カーニバルの人ごみの中でそんなことを考えた。


    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★
    関連記事

    どら焼き

    2012-02-17 01:16 / Category: イタリア生活☆見聞録

    コマスカ!

    手作りのどら焼き、いただきました。
    普通のより一回りほど小さいサイズで、とってもかわいくて。

    食べるのがもったいないくてまず写真を撮ってみました。

    ふわふわな皮なのが分かるでしょ?
    食べてもふわふわで、美味しゅうごいざいました(・∀・)

    なんでもアンコを作って余ったからどら焼きも作ったとか。
    普段は和菓子が恋しいとは思いませんが、こういう一品を見せられると
    ゴクリとのどがなります(笑

    ブログを見てくださってる国内組みのみなさん、すみません。
    こんな美味しいどら焼き国内でもなかなか手に入らないと思います(^人^)

    ブログを見てくださってる海外組みのみなさん、すみません。
    写真を見て「ど、どら焼き!!」って思い出させてしまったと思います。

    私、罪な女です。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★
    関連記事

    スイスのアウトレット・フォックスタウンFOXTOWNへの行き方

    2012-02-16 01:15 / Category: コモ de オサンポ
    FOXTOWNというのはミラノ近郊にある複合型アウトレットで
    グッチ、プラダ、フェラガモといった高級ブランドが入っているので、
    ミラネーゼだけでなく、ミラノを訪れる観光客にも人気がある。

    ツアーやバスを利用する方法もあるが私はいつもメンドゥリーシオ駅から歩いてる。 徒歩15分ほど。

    たぶんバスに乗るよりスマートで早いのではないかと思う。
    FOXTOWNに行きたい人の参考になればと思い先日写真を撮りながらいつもの道を歩いてみた。
    50M~100Mごとに景色の写真を撮ったので、写真の光景を覚えていけば迷うことは絶対にないです!!(笑

    コマスカ!コマスカ!
    ※1 メンドゥリーシオMENDRISIOの駅で降りたら、
    電車の進行方向の先頭出口から出る(下る)(出口が2つある)。 地下道になるので左折し直進
    コマスカ!
    階段を上がる

    コマスカ!
    地下道を上がったところ。
    ( メンドゥリーシオ駅MENDRISIOの裏出口に出ている)

    コマスカ!
    上記の写真の位置から、左を見たところ。そのまま左へ直進

    コマスカ!コマスカ!
    上記の位置より、100Mほど歩いたところ、さらに50Mほど歩いたところ
    コマスカ!コマスカ!
    さらに50Mづつ歩いたところ。
    フェンスが見えて、その奥にマンションが見える。

    コマスカ!
    そのマンションを目印に左折。

    コマスカ!コマスカ!
    フェンス沿いに直進。左手に「riri」という工場が出てくる。まだ直進。

    コマスカ!
    「riri」前からの写真。突き当たりの建物の前で右折する

    コマスカ!コマスカ!
    突き当たりの建物とは「CORONADO」ホテル。
    この前の横断歩道で右へ。

    コマスカ!
    右へわたってすぐの景色。そのまま直進。
    コマスカ!
    目の前の肌色の建物。あれが FOXTOWN。 もう少し!

    コマスカ!
    ガソリンスタンドの間を抜け終わるくらいにある

    コマスカ!
    横断歩道を左に渡り

    コマスカ!
    目の前の白い建物に向かいさらに横断歩道を渡り、

    コマスカ!
     
    右折。道なりに歩く(と、歩道が左へ向かっている)
    コマスカ!コマスカ!
    FOXTOWNが目の前に。 いってらっしゃい。

    ※これはメンドゥリーシオ駅MENDRISIOからの行き方です。
    ミラノ~メンドゥリーシオ間は、
     ミラノ・チェントラーレCentrale駅もしくはミラノ・ポルタ・ガリバルディPta.Garivardi駅より電車で
     コモ・サンジョバンニComo S. Givanni駅(イタリア)もしくは、キアッソChiasso駅(スイス)で乗り換え。
     ミラノからは1時間20分弱、コモからは15分ほど。
     詳しくはガイドブック等を参照ください。

    ※時刻表はこちらをご覧ください。
    TRANITALIA(イタリア鉄道)
    TILO(スイス鉄道)

    ※帰りは来た道を戻ればいいのですが、FOXTOWNには出口がたくさんあるので迷います。
      迷ったらFOXTOWN内にあるGUESSのお店を探してください。
      そしてその横の出口から出て、進行方向を右へ。
      写真通りの来た道に戻ります。


    その他
    ※国境を越えるので必ずパスポートを持参ください。
    ※FOXTOWN内にはレストラン、カフェがあります。ユーロもスイスフランも使えます。
      ただしお釣りはスイスフラン。
    ※買い物も全てユーロでOKです。
    ※TAXFREE等についてはガイドブック等を参照ください。
    ※危険なエリアではないですが、「外国だ」程度には気をつけてください。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★
    関連記事

    私が国際結婚をした理由

    2012-02-08 01:00 / Category: ブログ
    コマスカ!

    後付け理論で物を言うと、私には国際結婚(婚姻なしでもパートナーが外国人の意味含む)をした理由がある。

    それはたぶん、私の欠落した部分を補ってくれるものが「外国人のパートナー」にはあったから。

    具体的に言うと2点。
    1.共通語が英語だったこと
    2.アモーレが外国で育った人だったということ
    だと思っている。


    今まで(日本での)パートナーとして2人で居れば当たり前に起こる意見の食い違いには、
    私がしつこく意見するものだから、しまいには喧嘩になった。どの人と居てもそうだった。

    つまらない喧嘩の多くには、
    別に自分には意見のない時、それから彼と大差ない意見の時話だってあったけれど、
    「なぜ?どうしてそうなるの?」と相手の意見を細かく求めているうちに
    お互いにいらだち、言葉遣いが荒くなり、それがきっかけで喧嘩になったと思う。


    とにかく私は恋愛関係において、自分の意見を言わないと気にすまない、めんどくさいタイプだと思う。


    お互い惹かれて彼氏彼女になって、こうした言い合いで喧嘩が増える。お互いしんどくなる。
    別れることになるのは当たり前だったのだろう。




    アモーレが彼氏となって、あばたもえくぼの時期が過ぎると、次第に意見の食い違いが出てきた。
    そして、喧嘩になることも増えてきた。
    が、
    明らかに今までと違うことがあった。

    それは、アモーレとの共通語はその時は英語だったということ。
    日本語ならすぐに出てくる揶揄もすぐに頭に浮かんでこない。

    例えば「死ね!」と言いたくても 「死ね!」の直訳が浮かばない(←ほんとひどい女だわ。。。)
    「Fu●● you!!」というのもちょっと違うし、「Die!」。。。。ではないな。。。

    と言った感じで頭の中で一度吐き捨てる言葉を考える必要があった。

    例えば「ボンクラ!」は? 「ボケッとすんな?」は? 嫌味を含めた「。。。で?」の表現は?

    と全ての吐き捨て系の言葉に???が上ってくることになったので、
    その度辞書を調べながら、一番言いたい表現を探す。
    辞書の例文を見てもピンとこない(そりゃ、そうね)

    吐き捨て言葉を言うタイミングを逃す

    言うのがめんどうになる

    言うのを諦める


    この作業の間少し頭が冷静になり相手の話を聞く余裕が出来たこと。

    くだらない話だが、とっさに罵声が思いつかないというのは私にとってはすごいことで
    不必要な一言を言えずじまいなおかげで、火種が沈下した。



    それから「アモーレが外国で育った人」だったというのは、
    彼氏をリスペクトする距離感を知った。

    それまで(日本での彼氏と)意見が食い違う度にそれこそ「どちらが正しいか」「どちらが王道か」を
    競うように、意見を出しては喧嘩していた頃


    「愛する=理解する=同調する」ということが


    正しいと思っていたフシがある。
    そして2人の間では私の意見を2人のルールを採用したがっていた私は、今思えば偏っている。
    彼氏をリスペクトする距離感を掴んでいなかった私。



    そんな私と意見がぶつかるとアモーレは、

    「僕はその意見に納得できないけれど、それがナビアの意見だと理解したよ。」

    と言っていた。今でもそう言うが、

    私にとって「納得する=理解する=同調する」
    カップルという関係の中で全てイコールでないと、それこそ納得がいかなかった。


    それをアモーレは

    「納得する、 理解する、 振舞う」ということを紐付けないし、
    私と、アモーレの意見も紐付けしない。


    「それは違う環境で育った人同士、文化の違いでもあるし、
     なにより個性だから意見が違うのは当たり前。
     僕たちは2人で居るのだから、2人で2人の答えを探そう。」


    そう言われる度に、「言葉の意味」を理解するようになった。
    とにかく彼が喧嘩になる前、言い合いの時点でよく私に言うものだから
    カップルだからって同じ意見でないといけない理由はない。
    と思うようになってきた。


    ひょっとしたら今までそうやって私に言った彼氏も居たかもしれないが、
    「同じ大阪やのにそんなに違うわけないやろ!おりゃ~」とか
    「年上やからって年上面するな?おりゃ~!」
    と言った具合に(ほんとひどい女ですね。。。)聞く耳を持たなかったのかもしれない。。


    青グレーの目の彼氏に「ヒトソレゾレ」とか言われると、「おっしゃるとおり」って思えたり(笑
    文化も風習も明らかに違うから、「リスペクト」しなければお互いに気分がよくないな。と思えたのか。

    とにかくアモーレにはその言葉に説得力があった。
    それともやっぱり私にとって、アモーレだったからか。
    鶏か卵か。どちらが先だったのか。。。


    とにかく


    パートナーをリスペクトする大切さ、相手をリスペクトすることによる自分へのストレスの軽減、
    それが出来なかった自分にきちんと向き合わせてくれたのはアモーレだったし
    それが、すっと自分の胸にしみて素直に「変えなければ」と思えたのはアモーレだった。


    ということ。


    くだらないことを言うようだが、大前提として恋愛になるうえで、
    アモーレが「外国人だったから好きになった」というわけではない。


    ただ、
    1.彼との共通語で英語を使うということ
       (=考える間を自分に与えた)


    2.アモーレが外国で育った人だったということ
      (=相手をリスペクトしないと自分すらも否定することになると思うようになった)
      



    自分の考え方が変わって、その結果、お互いを一生のパートナーと決めた
    原因の小さな1つに「彼が外国人だったから」という理由もあるかもしれないと思ったりもする。


    それでもパートナーを決めた理由の原因の99,999%は
    彼がアモーレだったから。
    それが原因。


    今でも喧嘩をすることもあるけれど、もっと喧嘩していい内容の喧嘩だと思う。
    くだらない意見の潰しあいはしていない。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★
    関連記事

    2012' 2' 03 Como 今日も雪。

    2012-02-03 01:36 / Category: コモ de オサンポ
    コマスカ!
    雪はまだ続いていて、昨日も今日も。
    明日も、そして明後日の予想最低気温は-12℃。
    どんな週末になるんだろう。

    夏の暑いとき、もみの木は葉っぱをいっぱい作って日傘になってくれる。
    春と秋は鳥が憩い、周りの木々が冬の身支度をして葉を落としていく中でも自分の色を変えない。
    こんな雪の降る日は雪をやさしくうけとめている。

    ここからは、山に生えた冬眠をしている木々と、もみの木たちが見えるから。
    そのコントラストがよく見えて。

    濃い緑の葉に白い雪化粧が美しく。
    もみの木って、すごいですね。


    PS : ここ数日はカメラが手放せません!(笑

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★
    関連記事

    2012' 1' 31 Como 雪。

    2012-02-01 02:28 / Category: コモ de オサンポ
    今朝から雪が降っていたから。
    この景色を友達に見せたくて。午前中、カメラを持ってお散歩。

    コマスカ!
    コモの駅
    コマスカ!
    デパートの屋上にあるカフェから写真を撮りたくてカプチーノをオーダーコーヒー
    コマスカ!
    コマスカ!
    コマスカ!
    コマスカ!

    銀世界のコモ。 明日晴れたら晴れた雪景色を撮りに散歩行きたいなぁ。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★
    関連記事


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。