スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    2度目のイタリア嫌い

    2014-05-13 00:01 / Category: イタリア生活☆見聞録
    P5031512.jpg
    コモ湖畔のお気に入りのバールからの夕焼け。


    随分以前、イタリアと日本を文字通り「架け橋」な仕事としている方と
    お酒も回って本音トークをしていた時のこと、その人は言った。

    「ほんとに?ナビアちゃんまだイタリアのこと嫌いな時期がきてないの?凄いわ~。
    でもナビアちゃんはさ、まだイタリアに関わって10年経ってないでしょ?
    あと少ししたら来るよ、イタリアに関わりたくない、イタリアが大嫌いだって思う日が」

    その人は15年の関わりの中で3回目の「イタリア嫌い」の時期だった。
    今回が一番大きいという。

    でも、それ初めて聞いた話ではなくて、こちらに長く住んでいる人、
    場合によっては1年や2年という期間でも
    そういう症状が出て全くイタリアを、イタリア人を受け付けられなくなってしまうことがある。


    私は、一度イタリア人を信じられない時期があったけど、イタリアを大嫌いまでは思えなかった。
    でも、その時のことを数えるなら、今は人生で2度目のイタリア嫌いの時期に私は入ってしまっている。


    嫌いになる理由なんて普段から小さい理由はふんだんに落ちているし、
    大きな理由はいくつもある。

    上のおばさんの騒音とか、二重の請求書とか、アポイント通りに行かないこととか、
    言った言ってないで揉めることとか、そんなことは今まで普通にあったことだし
    ブログに書くとネタにはなるが、自分には何の新鮮味もない話で、日々そうやってまわっている。


    本当のところを言えば、いくつかの何かのタイミングが重なっただけの話で、
    ひとつひとつの出来事は普段からある日常の「嫌ごと」。何も特別なことが起きたわけではない。


    この「イタリア嫌い」期間というのは、ただ過ぎ去るのを待つしかない。

    イタリア人がするように、「さあね」とか首をかしげながら、何も対処せずに待つ。
    考えたり対処法を探すとますますイタリアアレルギーになってしまう。

    だって、結局周りはいつもと何も変わらず進んでいるのだから。


    目の前にある事実に対しての受け取り方、
    つまり自分の受け取り方になんらかのスイッチが入ってしまって、
    いつもと同じ光景が「嫌な」光景に変わってしまっているのだろう。
    と思っている。


    まぁ、こういう時もあるだろう。。。


    他の国に住んでいる人もこういうことがあるのだろうか、
    それともこの強い拒絶反応はイタリアに住む人特有の「イタリア病」なのだろうか。。



    PS:ちいさなことですがブログのカテゴリ登録で悩んでいます。
       幾度と話していますが、私のブログってイタリア情報カテゴリに居る割りに
       イタリアらしいことを書けてないですよね、
       そして「イタリア情報」らしいことは皆無ですし。。すみません。。
       私自身イタリアカテゴリに登録しておけば他のイタリア情報ブログを見やすいというためにこのジャンルを選んでいます。。
       でもそろそろ本当にジャンル変えなくては。。。と反省しています。

       ブログ更新してない間、連絡を下さった皆様。ありがとうございます。
       私は元気、元気。また細々と再会しますのでお暇を見つけてきてください♪
      

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★
    関連記事
    スポンサーサイト


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。