スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    沖縄的商い

    2006-09-23 00:21 / Category: ニッポン帰国 to 旅行
    おばあに会いに と
    沖縄ライフ と
    かめー、かめー も
    沖縄に、おばあのお祝いに行ったときの話なので、
    お暇があるときに読んでもらえたらうれしいです。

    今日は、沖縄らしいなぁと思った話を聞いて。


    今回沖縄に行ったのはおばあのお祝いのため。
    おばあに、綺麗な着物を着せて家族みんなで写真を撮る計画があった。
    そのために、大阪から那覇到着後、
    おばあに顔を出しにいき、休む間もなくおばあに着せる着物を買いにいった。

    着物と言っても撮影用だったり、踊り用だったりする着物。
    化繊や木綿でできている着物。

    沖縄にも芭蕉布(ばしょうふ)など高級な素材もあるけれど、
    お祝いなどで身につけるものは、
    色鮮やかな化繊の着物を指すことがほとんどと思われる。

    お店も、色鮮やか。
    kimono1


    こんな感じですでに着物が作られて売られている。
    kimono2


    ここでおばあの着物を買った。
    着物屋のおばさんは、うちのおばの御贔屓のお店で、
    着くやいなや、

    「あれー、待ってたさぁー」

    と、ゆんたく(井戸端話)が始まった。



    話ながらでも、着物屋のおばさんは、ちゃくちゃくと
    お祝い用の着物を集めてきた。


    うちらお客さんに、
    色も聞かない。
    柄も聞かない。

    着物屋さんは、手元にどんどん着物や帯を集めていく。


    みんなゆんたく。


    私は気になって、
    「これって、色とか、柄とかって。。。?」


    と着物屋さんに聞いてみた。


    「着物着けたらこうなるんだよー。上等さぁー」
     ※ちなみに、着るというのは、「つける」といいます。

    と、他の人の写真を見せてくれた。


    確かに綺麗やけど、柄とかって選ばれへんのやろか。。。?
    と思ったけど、もう聞けなかった。


    着物屋さんが赤い布に金色の鶴が織られている羽織を持ってきた。

    おばと、おかんが、
    「これは、風車(かじまやー)用じゃないかねー?」
     ※カジマヤーとは、お祝いのひとつです。
       数えで99歳のお祝いです。
       97歳という説もありますが、おかんとおばが、
       99歳といいはるので、島によって違うのかも知れません。
       おかんの一家は久米島出身です。
       詳しいこと知ってらっしゃる方教えてください。



    と聞くと、

    着物屋さんは、
    「カジマヤーにも着けたらいいんだよ。
     だけど今は、とーかち(米寿)から着ける人も
     いるんだよ。
     90過ぎたら、早くないさー」


    なるほど。お祝いはおばあが着けれる限り、
    何回でもしたらいいさぁ。
    私はそう思った。


    着物屋さんはつづける。
    「それによぉーー、
     この着物は上等なわけさ。おばあが長生きしたから
     着けれるわけさー。











     おばあが、あの世に行くときは、
     おばあの棺にかけてあげたらいいんだよ。
     
     一緒に火葬してあげてもいいんだよ。












    。。。。。









    あんな、、、、今回は、おばあのお祝い。。。。




    なぁー、みんな、どう思うよ???
    と、メンバーに爆笑(・∀・)して問いかけの目をなげた。


    その時お店を訪ねたメンバーは、
    おばさん(那覇在住)
    ねーねー(おばさんの子ども。現在横浜在住)
    おかん(現在大阪在住)
    それに私。である。

    私以外の3人に関しては沖縄在住何十年もの経験がある。


    さすが、うちなんちゅー(沖縄の人)。




    みんなの返事は、

    「あーそうね? あーそうね。」
     めっちゃふつーに。むしろ関心していた。



    首を縦に納得しながら振りつづけ、
    ゆんたくもつづけた。


    着物屋さんと、おばは同じ島出身で、
    着物屋さんは幼い頃、うちのおばあに
    世話になったこともあったらしい。

    着物の値段をオマケしてくれて、
    さらに、おばあに 「お茶代」 として
    少し包んでくれた。


    市場がもってる暖かさを感じた。
    物を売り買いするときは、
    動くのは物だけじゃない。
    人の心が、会話が行き来するんだなぁ。
    市場っていいなぁー。



    PS:ちなみにこの着物屋さんって、ゴリエさんの
      実家のほん近所なんですよ。
      沖縄行ったら寄ってみて。
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    りこ  1. いいお話ですわ。。。

    暖かいお話ですねっ。。。
    おばあさまの着物着けた姿、見てみたいですわっ。。。(‐^▽^‐)

    それと、、、
    >「あーそうね? あーそうね。」
    > めっちゃふつーに。むしろ関心していた。
    に、笑っちゃいました。
    ちなみに、私(大阪在住)は、、、
    「いやいや、今回はおばあのお祝いなんでね\(`へ’)」
    と、突っ込む?かな。。。
    2006/09/23 08:24 * URL [ 編集] | TOP↑

    Miyuki  2. コメントどうも☆

    りこさん
    コメントありがとー。おばあの写真も見てもらい!!はよ書くわ。絶対みてね、絶対よ~(笑
    2006/09/26 12:30 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。