スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    SAYURI

    2006-11-26 11:33 / Category: ニッポン帰国 to 旅行
    こないだアモーレが日本に遊びに来たときに、
    ひとつ、はずせない行きたい場所があった。

    torii1


    ここはお稲荷さんの総本山 伏見稲荷大社。
    アモーレは「SAYURI」を見て、この「赤いゲート」にひかれた。
    SAYURI [DVD]SAYURI [DVD]
    (2006/07/05)
    チャン・ツィイー、渡辺謙 他

    商品詳細を見る
    この映画のラスト近くの回想シーンで主人公「SAYURI」が赤いゲートを走るシーンがある。
    たぶんここかな?

    torii2


    これが見たかったようだ。

    この日はアモーレと、両親を連れてゆき1日プチガイドをした。
    私も含めて、みんなこの赤いゲートを堪能した。

    ちなみに、このゲートは「千本鳥居」というけれど、
    実際は、千本どころではない。
    そして、ここの山一面に鳥居がさされているらしい。
    だから、まじめに全部の鳥居をくぐると半日以上はかかるようで、
    のんびり行けば1日中ハイキングができたりする。
    季節がいいときにはオススメです。

    さらにちなみにこの鳥居は、奉納金?で大きさが決まるらしい。
    全ての鳥居に1枚目の写真のような会社名が書かれている。

    たくさん納めれば大きくて目立つ場所に鳥居がおかれるのかと思われる。(ここは想像だけど)



    さて、この映画。
    世間ではなにかと酷評を目にしますが、私は見てよかったと思っている。
    芸者のことも、お水あげのことも、おケイコ風景も、長屋の様子も
    なんとなくぼんやりだけど(つまり、ボケてはいるが)「らしさ」は出ていたと思われる。

    それにそもそも、原作がアメリカ人(本はいいらしい)。
    「アメリカ人から見た芸者ストーリ」という、物語である。
    歴史的事実書ではない。
    原作を読んでないけれど、彼が初めて知る世界はセンセーショナルだっただろう。
    それを本にしたわけである。そしてそれを映画にするわけである。
    アメリカ映画である。ハリウッド映画である。
    脚色は脚色を呼ぶ。

    。。。。そう思うと、映画としては十分の娯楽である。
    そうは言ってはいるがこの映画に肩入れしているわけではない。


    ただ、出演している桃井かおり。
    圧倒的な存在感があった。役柄がこわいし、いやらしさ満開Y(>_<、)Y
    あの桃井ワールドは外国人相手でも大健在だった。
    かっこいい。


    なにより、こういう映画を見れば思うことがある。

    「ラストサムライ」や、「SAYURI」のように
    「外国人が見やすく、日本のことを取り上げた映画」 を見た外国人の
    「日本のなぜ?」に、
    きちんと事実を答えられる知識を自分につけることが必要だし、
    それに答えているときに、
    「あー、英語が喋れてよかったなぁー、もっといろんなこと勉強しなきゃ」
    とつくづく思う。

    そうだ、そういう話が楽しくて、もっとしたいから英語を勉強しようと思ったんだ。


    。。。まてよ。。。。イタリア語でアモーレに答えられる日がちゃんとくるんやろうか。。。

    いや。。。アモーレに日本語で答てる日の方が早かったりして
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    chiriyan  1. わたしも

    「サユリ」見た!ブーンドと!!

    たしかに言うとおり「エンターテインメント」としてはけっこうよくできていたね。

    でも・・・・でも・・・でも・・・。やっぱり思った。「外人が見た日本だー」って。

    あのさー、確かにああいう世界はドロドロしているかもしれない。たしかにイヂワルをされまくる世界かもしれない。たしかに本性むき出しの世界かもしれない。

    だけど、日本は、あぁいう風ではないよね。種類が違う。意地悪も、すさみも、ドロドロも、ああいう風ではなく、種類が違う。表現が違う。なんていうのかなー、もっと意地悪とかでも奥ゆかしい何かがあるもんだよね。

    それが、コン・リーとか韓国人の女優では出せないんだ!!はっきりいって、西太后とか、紫禁城とか、そんなの思い出しちゃうようなイメージ!

    その点、桃井かおりは、たしかによかったね。演出は外人なんだろうけど、それでも、せめてキャストだけは全員日本人にしてほしかった。

    そう思ったよ、わたしは。

    あ、あの千本鳥居、西洋人に大人気だよね。わたしも好き。たしかにエキゾチックだわ、あれは。




    2006/11/26 14:22 * URL [ 編集] | TOP↑

    Sette  2. すんごい数

    でも、全部くぐりたい気がする・・・・・・・。あの赤は圧巻、だね。やっぱ多きさも場所もお金がらみか。仕方ないよねそれも。お寺も神社も、周りの囲いの石とか、一つ一つ名前入ってるもんね。
    SAYURIもラストサムライも観てないんだ~。観てみたいとは思うんだけどね。’視点が違う’と思ってみれば楽しめるんだね~。観てる日本を知らない人に全てを鵜呑みにしちゃう、それは違うよ~と思うけど。
    2006/11/26 23:47 * URL [ 編集] | TOP↑

    Junbug  3. 千本鳥居

    私と彼の大好きな場所です!

    私が京都にいる間に3回行って、
    こないだ京都に行った時も行きました。

    神社に入る前に「スズメ」の丸焼きが売ってるんですよねー。
    何度みても、「うわっ」って思います。

    SAYURIはまだ見てないんですが、
    友人(日系アメリカ人)がエキストラで出てるんですよ!
    いつかみたいなー。
    2006/11/27 00:24 * URL [ 編集] | TOP↑

    ankh  4. 見たい

    映画なんですけどまだ見てないです(;^_^A
    外人から見た日本になってるのは、ちょっと勘弁~っていう感じだけど(笑)
    2006/11/27 01:07 * URL [ 編集] | TOP↑

    海子  5. キツネさん♪

    ここ私も大好きです。
    京都!って感じがします。外国の人がみたら、どういうふうに感じるのでしょうo(^▽^)o

    サユリも私は好きです。映像がすごく綺麗だったし、どういう形であれ外国人が日本に興味を持ってくれているのは嬉しいです。
    本は読んだ人によると、あれから続きがあるそうですね。
    2006/11/27 14:08 * URL [ 編集] | TOP↑

    ナビア  6. コメントどうも☆

    chiriyan さん
    そうか、やっぱり突っ込みながらみはりましたね(笑
    そうそう、あの女同士の意地悪なとこって、ブートンさん何て言ってました?
    うちはね、アモーレと一緒に見てはいないのですが、
    SAYURIの話の時に、
    「綺麗な映画やったけど、あの女のどろどろはえぐいよな~、まっ、かなりの演出はあるやろうけど、女同士やからそうかもしれんな」ってみょーに納得していたのが、
    「えっ?イタリアの女はあんな感じのどろどろ?」って思ってちょっとひいた(笑


    Sette さん
    是非あの鳥居を駆け抜けてください(SAYURIで駆け抜けてたから(笑 )でも、外国人の人も多かったし、家族つれもいていい感じの神社でした!あとね、私挑戦しなかったんですが、
    重軽石っていうのがあってね、願いをしてその石を上げてみて軽いと感じたら願いがかなうし、重かったら願いがかなわないんですって。むかしズームインとかでやってたような気がする。
    SAYURIもラストサムライも観て~観て~。それは違うも多いけど(笑


    Junbug さん
    すっごい好きなんですね~。めちゃめちゃ信者じゃないですか!!!!(笑
    そうそう、すずめ売ってましたね、うずらも売ってたような気が??
    Junbug さんは重軽石は試されたことあります?
    (Setteさんへのお返事にちょこっと書かせてもらいました!)
    私すっかり頭からふっとんでて挑戦せずです。
    だけど、友達が出てたら特別な映画ですね~!


    ankh さん
    予想通り、カンベン~って思うとこ多いと思います(笑 それを楽しんで見てください(笑


    海子 さん
    私が行った日もとても外国人の人が多かったですよ!やっぱり日本ぽくて行った甲斐がある場所なんでしょうね♪
    あの映画、ほんとに映像が綺麗でしたね。
    映画みて、日本に行きたいって思ってくれる人が増えるのはすごくいいですよね♪
    2006/11/27 20:41 * URL [ 編集] | TOP↑

    aishitewantyou  7. 無題

    日本の歴史とかのこと外国の人に聞かれると
    めっちゃ困る私です。
    あぁ ちゃんと学校で勉強しとけばよかった。
    2006/11/28 07:43 * URL [ 編集] | TOP↑

    ナビア  8. コメントどうも☆

    桃毛さん
    うちも!!!それに外国人の感覚でモノを聞くから予想外の切り口多いなぁと感じます(笑
    だけど、桃毛さん、長く住んでたら逆に日本のこと忘れかけません?(笑
    2006/11/28 22:08 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。