スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    再会

    2007-01-22 03:48 / Category: ブログ
    昨日、2年ぶりの友達にあった。
    彼女は現在ヴェネチアの近くのパドヴァという街に住んでいる。

    さて、先日も友達に会ったとブログに書いた。
    ブログに遊びに来てくれている方で
    実は「ナビアイタリア人ちゃうの?だってイタリア人の友達ばっかりやん。」
    などと、思うスルドイ方もいるかもしれない。
    いや~ばれっちゃったかな??
    (えっ?おらんて??)


    では、なぜ、イタリア人の友達がいるのか。
    それは、アイルランドで知り合った友達。
    学校の友達、同じマンションに住んでたご近所さん、一緒に暮らしたフラットメイト。
    彼らの多くはたまたま、イタリア人だった。

    アイルランドにて、
    一緒の時期の同じ街に、同じように「経験」を求めて住んでいたという共通点をもつということで
    お互いとても大きな共有感をもっている。

    彼女とも久しぶりに語った。

    彼女も、その前会った彼女も、アモーレも、
    そのまた別のイタリア人の多くが南イタリアの出身だった。
    これは、大きな偶然でそうなった訳ではない。

    イタリアでは、北イタリアと南イタリアでは経済状況の格差が激しい。
    失業率も南は高い。
    アイルランドへ経験を求めて勉強し、住んでみた人の多くは
    「人生の経験を豊かにしたい。」という私が選んだ留学の意味よりもう少し重い、
    「人生を変えたい」という意味で来ていた。

    南では、若い人が、何かしたいが、何をしたらいいか分からない。
    自分が何が出来るかよく分かっていない。
    だから、何かが出来るかもしれない自分を探しに、人生を変えに、
    英語の国へ行った。
    そして、何かを見つけて自分の国へと戻ってきた。

    私たちと同じ時期にあの場所にいた何人かは、
    まだ、あそこに住んでいる。
    そして仕事の内容もちょっとずつえらくなり、本当にそこの住人になっている。

    つまり、夢と経験を求めて行った場所だったのに、
    今はそこに本当に住んでいる。
    彼らの何人かは、そこがほんとの世界になってるのよね。

    などと、話していた。
    このての話は、アイルランドにいたころにも何度も聞いたけど、
    (イタリアの経済状況とか、南イタリアの平均的な若者のこととか、、、)
    今、ここで久しぶりに聞くと少し不思議な気がした。

    アモーレも、この友達も、別の友達もみんな、
    人生を変える強い気持ちでアイルランドに行ったんだ。
    そして、今イタリアで生活してるんだ。
    彼らはたくましい。

    私も、たくましくなりたい。
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    aishitewantyou  1. 無題

    色々な過程を経て 今こうしてナビアちゃんがイタリアにいることが十分たくましいと私は思います、はい。誰にでも出来ることではないからね。しかし みんなとは何語で話すの?
    2007/01/22 07:47 * URL [ 編集] | TOP↑

    Kazuちゃん  2. わたしにとったら

    彼氏の住むイタリアへ行かれたり、信念をもってアイルランドへ留学へ行ったナビアさんが、とてもたくましく見えます。
    凄い事だと思います。
    わたしも絶対、一花咲かせてみせます!!
    2007/01/22 11:44 * URL [ 編集] | TOP↑

    violetta  3. ナビアさんも

    すごいですよ!
    aishitewantyouさんやKazuちゃんもおっしゃっているように、
    一人遠い外国で勉強していらっしゃったナビアさんも
    たくましく、立派だと思います!
    私は憧れはあっても行く勇気がありませんでした。
    今となっては年齢が…Σ(゚д゚;)

    南イタリアのお友達が多いんですねっ♪
    私もレッジョには3回ほど行きましたよ~o(^▽^)o
    2007/01/22 13:13 * URL [ 編集] | TOP↑

    violetta  4. ↑はううΣ(゚д゚;)

    ごめんなさい。
    誤ってKazuちゃんさんのコト呼び捨てにしてしまいました。
    ゴメンナサイですm(u_u)m
    2007/01/22 13:16 * URL [ 編集] | TOP↑

    Sette  5. さらにたくましくなるさ

    アイルランドに留学したり、彼の元へ行ったり、結構思い切り行ってるでないの。しかも生き抜いて帰ってきたじゃないの、すでに。
    イタリア人の留学への意思がそんなに強いとは知らなかったな。来たと南では差があるとは聞いていたけど・・・・・・・・。でも皆、何かを見つけて帰ってきたり、そこに住んだり。素敵なことじゃないの♪うちらも見習わなきゃだね、ほんと。
    パドヴァ、いいなあ。スクロベーニ礼拝堂(?)にジョットの絵があるでしょう?(なくなってないよな・笑)ずっと行きたいところなんだよね~。( ̄▽+ ̄*)
    2007/01/22 23:29 * URL [ 編集] | TOP↑

    hone  6. たくましく★

    なりながら人生を通っていくでしょねー。

    なにかができる・できない、って基準じゃなくて
    自分や世界をどう感じるか、っていうたくましさを、
    すでにナヴィアさんからビシバシ感じます。

    強くたくましくなりきれない自分も愛したいね、
    それも自分のひとつなんだーって。
    2007/01/23 02:33 * URL [ 編集] | TOP↑

    ナビア  7. コメントどうも☆再会

    桃毛さん
    いえいえ。外国で妻であり、子供も育ててる桃毛さんなんかにそんなん言ってもらってめっそうもない(、、)だってただいまアモーレにパラサイト中です。。みんなとはまだ英語です。3ヶ月後にはイタリア語で!と勝手に計画中です(笑


    Kazuちゃん さん
    とてもありがたく言葉いただきます!
    だけど、私の立場はお金を出せば作れる立場なので(そんなん言ったら金持ちみたい♪ まっ、ありえないですけど(笑 )やっぱりたくましくなりたいなぁー。
    Kazuちゃんさん、一緒に一花咲かせましょう!!!


    violettaさん
    うははは。私もどえらい年齢が。。。(笑
    それに、そんなん言ってもらったらお恥ずかしいです。ありがとうございます。見合えるようにたくましく成長しますから末永くよろしくお願いします!
    ほーー!3回も行くってことはよっぽど惹かれたんですね!私も南イタリア旅行に行ける日を楽しみにしています!!


    Sette さん
    へー、その絵を知らない(笑 多分絵を見たら、見たことあるやろ!ってつっこまれそうやけど(笑
    私もね、向こうで会った人で、他の国の人は割りと私と近い感覚か、もう少し強い「就職のためには英語が必要なの」って人が多かったけど、南イタリアの人はほんとに「人生かえるんや」って意気込みがある人がおおかった。イタリアって先進国だと思ってたから、そんな彼らが特に心に残ったの覚えてる。


    hone さん
    そうやって言ってもらってありがたいです。
    自分の弱さも含めて愛せるようになれるように、
    強く、たくましく、経験つんでいきたいなー。
    おっしゃるとおり、強くなれない自分も愛したいです!そうやって言えるのは、
    hone さんがきっとたくましいからだと思います!
    私もそうやってゆとりを持って言えるようになりたい!!
    2007/01/23 18:16 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。