スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    ジェラシー

    2007-02-26 20:13 / Category: イタリア語解体新書
    アモーレと初めて出会った日、
    (語学学校で会いました。クリックで過去のお話)


    先生が、4つのグループをつくった。
    アモーレと、もう1人のイタリア人の女の子と、私の3人。
    先生は、各グループにプリントを渡し作業をするように言った。
    そこに記載されている形容詞をポジティブか、そうでないかを話合いながら別けなさい。といった内容だった。

    たとえば
    "きれい"だったら、ポジティブな形容詞
    "汚い" だったら、ネガティブな形容詞
    といった具合。

    「ジェラシー」という言葉が出てきた。
    イタリア人の彼女は、「これはポジティブよね。必要だもの
    と言って、アモーレを見た。
    アモーレは
    うん、あんまり大き過ぎるのはだめ。だけど必要やから、ポジティブでいいと思う。

    世間様では、この言葉は否定的に使われることが多い。
    なので、こんなにきっぱりと、しかも2人も肯定的に言ってくれる彼らを一気に気にいった。

    グループワークの終了は先生と他のグループと答え合わせ。

    「ジェラシー」は?と先生が聞いた。

    「ポジティブ」と、あの彼女が速攻答えた。

    先生はなぜだと聞いた。

    「多いのはだめだけど、少ないのは必要よ。ないのは変よ。」
    彼女が当たり前のように答えた。
    アモーレもうなずいた。

    先生は「ナビアもOkなの?」と聞いた。
    私は、「賛成です」と答えた。

    先生は他のグループにも尋ねた。

    他のグループの生徒のほとんどが賛成した。

    先生は言った。

    「そうだったわ。あなたたちはラティーノだったわね。
     (教室12人中8人ラティーノ) 
     分かったわ、、、「ジェラシー」はポジティブでOKよ」

    いい先生である。この先生もすぐに好きになった。

    -------------------------------------------------

    今はイタリア語の学校に通っている。
    先日、「ジェラシー」のイタリア語版が学習中に出てきた。
    1人の生徒が意味が理解できなかった。

    先生は
    「ジェラシーっていうのは、、、、
     多いのはだめだけど、少ないのは必要な感情でね、、、」
    と答えた。

    やはり、ラティーノだからなのかもしれない。
    このあたりでは「ジェラシー」は少し肩身がひろい。
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    violetta  1. おもしろいですね♪

    日本だったら「ジェラシー」は、ネガティブって気がするけど、
    ポジティブって、なんかいいですね♪
    たしかに少しのジェラシーは必要かも~(^∇^)
    いろんな国のヒトがいて、みんないろんな考え方を持ってる。
    そんな風に沢山のヒトと出会って触れ合えるって最高ですね!
    はぁ~、いいなぁ~(*^▽^*)
    2007/02/26 22:30 * URL [ 編集] | TOP↑

    Sette  2. ものの見方

    角度ひとつで全く別のものに見えるね。「ジェラシー」って聞くとなんかドロドロしたものを連想してしまう私は(ドラマとかの見すぎじゃねぇか( ´艸`))ネガティブな感じかと思ってたけど、そうね、なかったら変ね。程度問題だけど、あって当然の感情。良かったわね、ジェラシー君♪(≡^∇^≡)
    ところで、「ジェラシー」のイタリア語版ってどんなの?聞いても使う機会はないと思うけど(笑)、好奇心好奇心♪(^▽^;)
    2007/02/26 23:25 * URL [ 編集] | TOP↑

    aishitewantyou  3. 無題

    えぇ・・そっか。
    ジェラシーってネガティブなものかと勝手に思ってたけど。確かに必要なものではあるよね。
    2007/02/27 07:06 * URL [ 編集] | TOP↑

    hone  4. ジェラシーって

    言葉の音感が、好き。

    それにジェラシーは持つ者が、恋愛のオカズにしたり、時にはヒドーク苦しんだり。
    自分への波風としては、おもしろいですね。

    誰かを好きになった証 ★
    2007/02/27 18:02 * URL [ 編集] | TOP↑

    ナビア  5. お久し振りです

    お久し振りです。
    イタリアであもーれさんと楽しい生活を過ごされてあるみたいで何よりです(^^)

    私もその考え方賛成!ある程度のジェラシーは相手が好きな故に生じるもの。ポジティブだと思います。

    日本で印象が悪いのは、過度な場合が多いからと「嫉妬」の漢字のイメージが悪いかも、ですね(^^;)

    ヴェネツィアのカーニバル羨ましいです!行ったことはないですが、何故か仮面を持っているワタシ(笑)
    2007/03/03 05:36 * URL [ 編集] | TOP↑

    Sette  7. ドイツ語

    全然はじめてないからわからない(;´▽`A``
    薄い辞書を見てみたら、嫉妬はEifersuchtとかってあったよ。・・・・・・・ドイツ語は似てないのぅ。( ̄ー ̄;
    2007/03/03 22:42 * URL [ 編集] | TOP↑

    ナビア  8. Setteさん

    ほんまや~。見た目も似てない(笑
    発音も難しそう(ノ_・。) こっちは英語と良く似てる単語が多いです。そのままじゃん!っていうのもいっぱいあるからけっこーラッキーです。って英語の単語も知らんのばっかりだけど(笑 調べてくれありがとう!
    2007/03/05 19:32 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。