スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    トスカーナの旅 シエナ2

    2007春 トスカーナの旅 フィレンツェ
    2007春 トスカーナの旅 シエナ1

    から続いてる旅です。

    トスカーナの広大な大地を見渡しながら着いた場所はシエナ。
    こんな山の奥にどうやって町を築くことを思いついたのだろう。
    と、こういう場所を訪ねたらいつも思う。

    シエナの町を散策してみる。
    細い路地から一気に視界が広がると、そこはカンポ広場。
    canpo

    campo3

    円形の広場。
    ものすごく綺麗に広場が丸い。

    よく見てみると建物が広場に沿って建っている。
    つまり、マンジャの塔《Torre del Mangia》を正面として、
    広場の円形と合わせてビル自体も少し歪んで立てられている。

    なんと表現したらいいのか、ビルに斜頚がかけて建てられている。
    (煙突などが正方形ではなく、平行四辺形になっててね。)

    この広場が綺麗に見えるように広場のビルまで斜めに設計する徹底さ。
    これが何世紀も前に設計されて建設されたことがすばらしい。
    と、建築になんの精通もない私にまで講釈を垂れさせた
    カンポ広場はやはり、すばらしい。キラキラ

    目を足元に向けてみる。
    地面に埋め込まれた赤いレンガのパートに分けるように、8本の白い大理石がはめ込まれている。
    ガイド・アモーレが、貝殻の形を意識していると教えてくれた。
    私は帆立貝がモデルだと思った(真偽はナゾ)。

    そして、これまたマンジャの塔を中心として今度は、地面がすり鉢状の傾斜になっている。

    すり鉢状なのと白いラインが見えますか~
    suribachi

    よく地面を見てみると、レンガの配置が一直線ではなく、
    ジグザグと組まれていて、レンガの向きがそれぞれの一番近い白い大理石に向かっている。
    その白いラインともども、すり鉢状に傾斜がかかっている。
    その先には、少し大きめの穴があった。
    排水溝と思われる。

    「アモーレ!これさ、雨水を全部集中させて貯水するためにこうなってるのよ。
     ほら、このレンガも、この筋も。
     1滴の水も無駄にならないようにすり鉢上に設計されたに決まってるわ!!」

    私はなんて天才なんだと思いながらアモーレに言った。
    残念ながら、ガイドブックには何も書かれていなかったので、
    真偽のほどは分からないけれど、、、

    町中にある排水溝については書かれていたらしい。
    何百年も昔に使った排水溝の出来はすばらしく、今も使っているという。

    川から離れたところに古都がある町を訪れるといつも不思議に思う。

    現代文明でも一番大切なライフラインは水。
    新しい家になって、一番初めに引かれるのは水。
    一番最後に止められるのも水だと聞いたことがある。

    昔ではなおさらのことのはず。
    こんな変わった土地で水の確保は大変だっただろうと考えてみた。

    カンポ広場の設計がそのためかどうか(勝手なナビア論)はどうでもよくなった。

    旅の途中でちょっと真剣に昔の人のことを考えてみたことが日常離れしていていい。

    カンポ広場は「世界でもっとも美しい広場」とも言われるのだという。


    今回見学した場所
    +++++
    Duomo
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    aishitewantyou  1. 無題

    みんな地面に座ってるんだね。
    私も聞いたことあるよ、一番最後に止められるのは水だって。理由は「生きるために絶対必要だから」って。ナビアちゃん、小さくて顔が見えない!
    もっとアップぷりーずぅ。
    2007/05/05 12:46 * URL [ 編集] | TOP↑

    hone  2. 街の中に・・・

    丘陵が広がっていたら・・・

    そりゃあ座るね、集うね、ホワホワするね。

    広場文化、すばらしい!欲しい!
    2007/05/05 12:51 * URL [ 編集] | TOP↑

    きの  3. トスカーナ~

    イタリアの小さい街っていいですよねぇ!!シエナはまだ行った事がないけれども(トスカーナ自体が未踏なので)、ベルガモなんかもかわいらしいですよねぇ。ベルガモで見たピンクの夕日を思い出すなぁ...。

    と、思わず自分の世界に入っちゃいました(笑)。ごめんなさい。

    私はフィレンツェ広場でやるケンカサッカー(名前忘れちゃいました)を一度見に行きたいです!

    しかし、正装が見られたのはラッキーですね!!(その日に合わせてアモーレさんが日程組んだのかな?)
    2007/05/05 15:13 * URL [ 編集] | TOP↑

    violetta  4. ナビアちゃ~んヘ(゚∀゚*)ノ

    お久しぶりです~
    トスカーナの旅、楽しそうですねぇ♪
    お空がとってもキレイ!
    シエナって言われて、サッカーのチームしか
    思いつくことが見つからない私ってば…。ちょっと悲しいよ( ´艸`)
    カンポ広場ってすごいんだねぇヘ(゚∀゚*)ノ
    キレイに見えるようにいろいろと考えて設計されてるんだねっ!
    さすがイタリア~!!
    ナビアちゃんの写真まで見られてうれしかったよ♪
    ナビアちゃんのブログを読んでると、
    ますますイタリアに憧れますゥ☆
    私も早くイタリアへ遊びに行きたいよ(^∇^)♪
    2007/05/05 19:18 * URL [ 編集] | TOP↑

    きの  5. ↑のコメント

    フィレンツェ広場じゃなくて、フィレンツェの広場の間違いです!(>_<)

    よく見てから投稿ボタンを押さないとですね...(汗
    2007/05/05 22:54 * URL [ 編集] | TOP↑

    Sette  6. きれいだ~

    広場、私が行った時は土だったし、客席あったし……(ノ_-。)
    イタリア、水道とかすんごい前から整備されてたみたいだもんね。すごいよね。
    2007/05/06 02:17 * URL [ 編集] | TOP↑

    ナビア  7. コメントどうも☆シエナ2

    桃毛さん
    えへっ。微妙にモザイク入れてみました(ウソ


    hone さん
    そういわれてみれば、広場の文化って日本にないかも??公共の広場って公園くらいで、単なる広場って??って今頭をかしげております(笑


    きの さん
    へぇ~、喧嘩サッカーですか??初めて知りました!私も見てみたい!!フィレンツェの広場ですね、了解です(笑
    ベルガモ!可能なら住んでみたいなぁと思う町ですね~小さいけれど、ほんとに綺麗。


    violetta さん
    テレビで見たことあったんだけれど、想像以上にほんとに綺麗な設計された町でした。感動したよ!今回行った町で一番感動したかもしれない。今度寄れるなら、フィレンツェはもちろんだけれど、シエナも寄りたいねってアモーレと言ってました。まだ旅は続きます。お付き合いくださいね!


    Sette さん
    お~~!!それはまさしくパリオの前後ってことですよね?っていうかパリオを見に行かれたんですか??めちゃめちゃ貴重なタイミングですね。うらやましい~!!
    2007/05/06 08:55 * URL [ 編集] | TOP↑

    Sette  8. 実はね……

    日程決めて、シエナに行った日が丁度パリオだったのよ~!知らなかったの、パリオのこと。レースは見られなかったけど、街頭のとこが色別になってたり、馬を囲んで地域の人が自分のエリアのスカーフとかしてるのは見たよ。生き生きしてたよ、皆。(=⌒▽⌒=) 多分1レースじゃないんだと思う。何回か広場に入るゲートが閉まってたから。それとも1レースなのに、私が勘違いしたか(笑)
    2007/05/06 23:46 * URL [ 編集] | TOP↑

    ナビア  9. コメントどうも☆Setteさん

    え~すごい!!行った日が丁度パリオって、どんだけ贅沢な話ですか!!!あの町がもっとも、活力がある日に行けたわけですね~。うらやましい。私は訪れてみて、是非パリオの日に来てみたい!って思いましたよ!!
    2007/05/10 21:48 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。