スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    トスカーナの旅 キャンティワイン

    「トスカーナ」とは、「トスカーナ州」のことである。
    トスカーナ州に、
    フィレンツェ、シエナ、サンジミアーノ、ボルテッラなどの「街」がある。
    そんなことをわざわざ言わなくても、分かるよ、ナビアちゃんって声も聞こえてきそうだけれど、
    今から「キャンティ」の話をしたいのでそこんとこの土地関係に触れてみた。

    「キャンティワイン」とは「キャンティ地方で造られるワインである」というのは
    良く知られた話である。

    フィレンツェとシエナ間は、車でいくつもの丘を超え、山を越え、小さい川を越えて
    2時間くらいである。
    この山道の名前は「222号線」
    (→地図。イタリアのgoogle地図に飛びます。)
    私が訪れた時は、ピスタチオ帽子をかぶった自転車ツーリングや、
    バイクツーリングたちと、たくさんすれ違ったり、追い越した。
    この道は、イタリアでも有数の「ツーリング道路」らしい。
    kiresa-ne-3

    景色が綺麗だもんね~。体で風を直接受けるのは気持ちいいだろう。

    キャンティ地方は、フィレンツェと、シエナの間だった。この「222号線」を走っていると
    「キャンティ」地方に入ったことがわかる。
    tizu

    この「222号線」は、キャンティにはいると「キャンティ道路」と別名を持つ。

    今回宿泊したアグリツーリズモ(B&B)も、
    フィレンツェから40分ほど走ったあたりの「キャンティ道路」から脇に入った場所だった。


    トスカーナまで行って、しかもキャンティに泊まっているなら、


    「キャンティを浴びたい衝動にかられるのはごく自然な行動でしょ

    アモーレのガイドブックに
    「レ キャンティ ディ グレヴェインキャンティla Cantine di Greve in Canti」 (クリックでサイトへ)
    というエノティカが試飲できる種類が多いと言っている。
    宿からも近い。車で10分ほど。
    「酒~、酒~」と小躍りしながら向かった

    このお店のワインたちは、
    日本でも有名なものや、海外のものもいくつかあった。
    しかし!
    もちろん主役はこの近所で造られた「キャンティワイン」たち。

    入店と同時に戦闘状態で、「飲むで~~」と、グラスをもらいにレジに並んだ。
    ここのシステムは、先に金券のようなカード式チケットを購入する。
    カードにチャージされた金額分のワインが飲める。
    チャージされた金額が足りなくなると、またチャージしなおせる。
    飲み飽きたら、お金が返金される。
    とりあえず、2人で10ユーロ(1600円くらい)のカードを買ってみることにした。

    カテゴリーごとに分けられたミニバーに行く。
    enoteca2

    飲みたいワインを見つけたらカードを差し込む。
    enoteca5

    ワインの上のボタンが点滅されたら、グラスを用意して押す。
    enoteca8
    1度に出てくるワインの量はテイスティング用の50cc

    enoteca7

    それぞれのワインには、50cc の値段と(写真では1ユーロ)
    そのボトルの値段(写真では18.5ユーロ)が記載されている
    ので、飲んで美味しかったらその場でご購入できるという。

    これだけ「キャンティ」という、名だたる「地域特産物」を見せられて、
    購入を考える頃にはヨッパライ。

    実にお金を使いすぎてしまうシステムの完璧さに脱帽。


    私達だってすっかりマジックにかかり、
    飲むだけではさびしかったのでおつまみも購入。

    しかも3.8ユーロ(550円)は安くないけれど、
    そろそろ鈍くなってきた判断力
    さらに、食べてから写真を取り出す鈍い判断力。。
    enoteca6

    このおつまみも、すべてトスカーナの食べ物。
    トスカーナの食べ物に、トスカーナのワイン。
    あ~、贅沢~~、ごくらく~~

    おつまみを食べながら「次は、隣の村のやつ飲んでみる?」
    なんて言っていると、とても最初のチャージでは足りることはなく、
    さらに課金。 課金。課金。あははは。。

    試さなかったけれど、グラッパや、オリーブオイルも同じように試飲できた。

    隣の席の人たちはワイン同好会か何かかもしれなかった。
    ゆっくりワインを試しながら、みんなで意見を交換していた。
    enoteca3

    このお店は、ワイン講習会などもやっている。

    レジで、
    「このワイナリーから直接購入できるのかしら?」
    と聞いているツーリストがいた。

    「小さいワイナリーだから直接は出来ないね
     (許可がいるのか、ただダメなのかは分からなかった)。
     フランコ(このワインの生産者)はね、ここから700m行ったところの畑でさ~」

    なんて答えていた。めちゃめちゃ、地域密着!!
    生きたワイン情報!!かっこいい
    このお店のワイン講習会、楽しそう!!

    アモーレは
    「ナビアをここに絶対連れてきたくて、この町の宿に決めた」
    と言った。
    でかした。アモーレ!!最高!!アイシテル~~!!

    お店を出る頃は、閉店時間で追い出されるころだった。
    明日も来たい!!と強くアモーレに懇願したけれど、
    「朝から飲んだら運転できないでしょ。。」
    と、強く却下された。
    理由は正しい。
    必ず、必ず、近いうちに戻ってくる約束だけはこぎつけた。


    クリックで別の場所へ~
    2007春 トスカーナの旅 フィレンツェ
    2007春 トスカーナの旅 シエナ1
    2007春 トスカーナの旅 シエナ2
    2007春 トスカーナの旅 サン・ジミアーノ
    2007春 トスカーナの旅 ボルテッラ1
    2007春 トスカーナの旅 ボルテッラ クラッシックカーがいっぱい
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    hone  1. トスカーナにおいて

    最高に熱のこもった出来事だったみたいですね。
    その気持ち、わかります。
    歯型がついたトスカーナつまみに、垂涎。

    「キャンティ」ってリストランテによく行った(東京)ので、そこのトレードマークの、
    下膨れで藁?が巻いてあるボトルしか知らなかった。
    あったらいいな、おうちに一台。試飲自販機♪
    2007/05/17 20:41 * URL [ 編集] | TOP↑

    りん  2. わぁ★

    私もぜひ行ってみたいです!!
    あんなにずらりとワインが並んでいたら
    つい全部試してみたくなっちゃいますね^^

    ナビアさん何かおすすめのワインが
    ありましたら、ぜひ教えてください☆
    2007/05/17 20:43 * URL [ 編集] | TOP↑

    aishitewantyou  3. 無題

    んもう サイコーぢゃーん!
    私だったら 気を失うまで飲むわよ。
    おつまみもすごーくおいしそう。
    シンプルなところがまたいいよね。
    2007/05/18 11:04 * URL [ 編集] | TOP↑

    Sette  4. お、いいねぇ♪

    相方がワイン好きなので、是非連れて行きたいわ。でも、私が運転しなくちゃだけど(泣)旅行中の課金はいいんじゃないの、楽しみ代も込みだもの。楽しく過ごした方がいいもん♪判断がしにくくなっても(笑)
    2007/05/20 03:38 * URL [ 編集] | TOP↑

    ナビア  5. コメントどうも☆キャンティワイン

    hone さん
    そうなんです。トスカーナすごくよかったんです(*^▽^*)
    でも理由は他にもあって、ネットで検索しても少ない場所が多いのでうちのブログも参考になればなぁと思ってなるべく写真つきでUPしてるんです。まだ、あと2都市と雑談の話もUPしたいです。お付き合いください(笑
    そうそう、あの藁のやつが一番有名ですよね。現地にもたくさん売ってました。めっちゃ小さいのから大きいのまで(笑


    りんさん
    そうですよね~。試したくなりますよね~。判断にぶっても(笑
    お勧めは。。。全部です(笑
    酔っ払うと特に全部になりました。近くまで行くことがあれば是非、是非!お勧めの場所です!


    桃毛さん!
    やっぱり??気を失っちゃうまで(笑
    おつまみもうまかったんです。トスカーナのパンってお塩使わないんだって。それがまた美味しいの(ヨダレ


    Sette さん
    うん、判断できなくなってね(笑
    ネットで調べていたら、日本語のページもあって、フィレンツェから?どっか行きのバスに乗ったらここに行けるらしいです。機会があればほんとうにお勧めです。私も戻りたい(笑
    2007/05/20 17:36 * URL [ 編集] | TOP↑

    From Yokohama  6. 連れてって!!

    ずっとずっと、イタリアは怖いからって言ってたけど、このお話読んだら絶対絶対行きたくなった。
    連れてって!!!う~~~、ナビア&アモーレと一緒に飲みた~~い!
    2007/05/21 23:46 * URL [ 編集] | TOP↑

    ナビア  7. コメントどうも☆トスカーナ Yokohama

    Yokohamaちゃん
    イタリア来るときはフィレンツェ着で到着して、合流してアモーレに運転してもらってワイナリーとかも行こうよ~。ワインもだけど食べ物も美味しいのよ。食い倒れツアーしよう!!
    2007/05/23 18:51 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。