スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    おばあちゃん

    2007-08-22 22:26 / Category: 夫の実家はカラブリア
    アモーレの実家は2世帯住宅で
    1階にはアモーレの祖父母が住んでいる。

    おじいちゃんはまだまだ元気で畑仕事にでかけたり近所で
    談話してたりするのを見かけたりした。

    おばあちゃんは持病があるのと、以前階段から転んで骨を折ってしまってからは
    外出が困難になったらしく、1日のほとんどを家の庭で過ごす。

    パスクワに会った時から私に一番興味深々だったのは
    おばあちゃんだったかもしれない。

    この土地で生まれ育ったけれど貧困だったため
    おじいちゃんと子供達を連れてスイスに渡り30年間生活していたおばあちゃん。

    だから外国に居ることの難しさ、
    外国語が通じないもどかしさ、
    スイスや日本に比べてのイタリアのシステムの悪さ、
    などを分かってくれるようで、

    それに加えて、子供のような好奇心で

    私の日本での暮らし、家族のこと、今のミラノでの暮らし
    「この言葉は日本語ではなんていうの?」
    などの話を聞きたくてたまらないという様子。

    言いたいことに詰まると、

    「ピアノ、ピアーノでいいからね」

    といつでも言ってくれる、優しいおばあちゃん。


    おばあちゃんとは、毎朝喋った。
    大体私の方がアモーレより起床時間が1時間くらい早かったため、
    この時間は庭に出ておばちゃんと話をして過ごしていた。

    「ジェラート食べない?」

    孫達や私に食べさせたかったらしくたくさん買ったから食べなさい。と言う。
    (ちなみに、アイスキャンディー系もジェラートと言う)

    「今、朝ごはん食べたからいいです。ありがとう」

    と答える。

    3分後に、おばあちゃんは

    「ジェラートどう?」 と進め直してくれる。

    ただでもカラブリアに来ると食べまくるので食事の時以外は食べ物を口にしたくない。
    けれど、おばあちゃんの誘い。食べておこうか。。
    いや、いや、気を使って食べずにはっきりお断りしよう。

    という葛藤で、おばあちゃんのジェラートを
    1時間で80回以上断わった頃
    アモーレが起きてくる。

    おばあちゃんは言う。
    「アモーレ、おはよう。ジェラート食べなさい。」

    アモーレは言う。
    「ええ? いらんわ。」

    おばあちゃんも言う。
    「そんなこと言わんで。おばあちゃんいっぱい買ったから」

    アモーレは言う。
    「いらんって。食べたい気分ちゃうねん」

    と言って、別棟の家に去っていく。


    おばあちゃんがちょっと寂しそうに私を見る。
    そして言う。
    「ジェラート食べない?」


    アモーレ(゚Ω゚;)
    身内って、なんであんなにひどい言い方できるのかしら?
    私が1時間かけて断わり続けてたの水の泡でしょ。

    こんなお目目で私を見るおばあちゃんを目の前にして食べたくないって
    言える勇気は私にはなく。。。いただきました。何日も。


    アモーレに、食べてあげてよ。と言っても
    「食べたい時は食べるから」
    ですって。
    ほんと、どうなんでしょ 男の子って。




    イタリアでは毎週日曜日、ローマ法王のミサがテレビで放送される。
    日曜日、いつものように庭に居ると
    おばあちゃんが、
    「ナビアちゃん、こっち、こっち」
    と手招きをした。

    一緒に居たアモーレは、ピンときたらしい。
    「ばあちゃん、何? 何でナビアを呼ぶの?」

    おばあちゃんは言った。
    「ちょっといいことがあるから、こっちおいで」

    アモーレは
    「ばあちゃん、ナビアはミサなんて分からんで。それにカソリックちゃうんやで、何もいいことあらへん」
    ときつめに言った。

    一緒にいた、アモーレの叔父さん(つまりおばあちゃんの息子)も「ばあちゃん!1人でみぃ~!」


    おばあちゃんはとぼとぼと、松葉杖を突きながら部屋に入って行った。
    この手の番組はアモーレも、叔父も、アモーレの家族も一切見ない。
    だから、おばあちゃんだけの楽しみなんだけど。。。


    お昼ごはんの時、この話を私がパパとママに話した。
    アモーレも、叔父はそのときの情景とおばあちゃんの表情を
    詳しく追加説明していた。
    パパとママは大笑いした。
    そして私達も大笑いした。

    おばあちゃんって、万国共通で大きくて暖かい存在だなぁ。
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    niconicolo  1. うんうん

    呪文のようにジェラートジェラートいい続けるおばあちゃんのかわいらしさ、それを煩わしそうにはねのける身内間に立たされたナビアさんの心境、とってもよくつたわります。私もきっとジェラートだべる羽目になるタイプですね。笑。

    うちもミサじゃないですけど、うちの母親が夫の友人たちが結婚式に数人東京まで遊びに来たときのこと。皆を家に招待したんですけど、酔っ払いすぎて、しまいには、父の仏壇の前にみんなを連れてなにやら説教を開始。私は恥ずかしくてその場にいられなかったんですが、なぜかその友人たちはそろって号泣。その後「マンマを大切にしろよ」と口々に言われ、よくわからずですが母の圧勝でした。笑
    2007/08/23 10:29 * URL [ 編集] | TOP↑

    aishitewantyou  2. 無題

    お年寄りっていいよね。
    おばあちゃん、暖かくていいわ~。
    しかし一時間で80回も聞かれるって・・・
    8回だって多いと思っちゃうのに。
    2007/08/23 12:57 * URL [ 編集] | TOP↑

    Sette  3. かわいらしい♪

    って年上の人には使わないって聞いたことあるけど、でも使わずにはいられないほどかわいいおばあちゃんだね♪食べ物どっさり用意しとくの、わかるわ~。トトロの叔母さんもそうだもの。いいって言うのにまた買ってきたり(汗)断るの大変。特にナビアちゃんのあの状況!断れないわよね(汗)
    愛されているおばあちゃんだね。もっと北だけど、サレルノ(?)で会った友人のおばあちゃんを思い出しました。喘息もちだった彼女。今どうしてるかな。
    2007/08/23 16:24 * URL [ 編集] | TOP↑

    hone  4. なつかしいなあー

    「おじいちゃん、おばあちゃん」って言葉を口にするだけで。
    あーなつかしい。
    ジェラート、食べるよ~(よろこんで!)
    2007/08/23 18:10 * URL [ 編集] | TOP↑

    おもしろいおばあちゃん。  5. kimu

    やさしそうなおばあちゃん。
    私もスキになりそう。
    この前実家に帰ったときうちのお父さんも
    アイスを80個も買ってきてて
    食べろと何回も言うから1個だけ食べたよ。

    2007/08/23 23:35 * URL [ 編集] | TOP↑

    ナビア  6. コメントどうも☆おばあちゃん

    niconicolo さん
    ですよね、ですよね。おばあちゃんに言われ続けたら食べてしまいますよね、やっぱり日本の心はすばらしい(笑
    ところで、おかあさますばらしい!仏壇の前で説教って(笑 豪快なお母さんですね。そのエピソード詳しく聞きたくなっちゃった(笑


    桃毛さん
    ほんまに多いっちゅうねん(笑
    おばあちゃんって万国共通で丸めて持ち歩きたい存在ですよね♪


    Sette さん
    ですよね、ですよね。やっぱりSette さんも叔母さんに断われないでしょ??これはやっぱり日本人のいいところですよ。太るけど(笑
    サレルノのおばあちゃんに絵葉書でも書いてあげたくなりました?(笑 絶対よろこぶよ~♪


    hone さん
    ほんと~、うちもおばあちゃんが1人残ってるだけなのでご夫婦で一緒に暮らしている老夫婦を見るとほのぼのします。
    ジェラート届けます(笑


    kimuさん
    とうちゃん、早くもおじい化か?~(笑
    そういうのって親心なんだよね。やさしいお父さんやね~。って、あれ?そんなに頻繁に実家帰ってないの??近いと思ってたよ~
    2007/08/24 22:36 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。