スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    多すぎたテスティモーネtestimone

    2007-09-13 21:10 / Category: ニッポン de ウェディング
    テスティモーネtestimòneとは結婚式の際に証人となってくれる人のこと。(英語のウィットネスwitnessと同じ)

    イタリアで結婚するには2通りあって
    ○市役所(市長さんが取り計らって行われる。人前式)
    ○教会(イタリアの場合、教会の圧倒的多数はカトリックの教会。)
    結婚する方法があるけれど、

    いずれの場合もテスティモーネを立てなければならない。
    逆に言えばテスティモーネがいなければ結婚は出来ない。

    テスティモーネは大切な役目の人。

    私達をアイルランドの頃から知っている共通の知り合いにお願いしたい。
    そう思ってたくさんの人の名前を紙に書き出していた



    ナビア。。。(°∀°)
    テスティモーネは2人から4人までしか頼めへんよ。
    それにね、仲がいいからって簡単に頼めるものでもないんだよ。

    とアモーレは言う。

    なんでもこの仕事は
    頼むべき人に頼んだなら、ある意味、運命共同体を形にしたようなものだから
    「ほんとうにありがとう!」とこのうえなく喜んでもらえるものだし、
    頼むべき人でない人に頼んでしまったら、「なんでオレ(私)やねん?」と強くつっこまれるものだという。
    また、頼むべき人に頼まなかった場合も「なんでオレ(私)にこない?」と強く不信感があるものだともいう。

    テスティモーネからの結婚祝いはまるで家族なみの高価なものをプレゼントする。
    通常は新郎新婦になにが欲しいか聞いてそれをプレゼントする。
    DVDだったり、テレビだったり、PCだったり、ビデオカメラだったり、ベットだったりする。

    新郎新婦が現金を希望するのも、もちろんOKで、
    その場合テスティモーネは500ユーロ(85000円くらい?)が大体の相場だと友達から聞いた!!と
    アモーレに言ったら「そんなもんやろな~」と驚きなく答えていた。


    ということで、
    自分達のために喜んで骨を折ってくれ、喜んで大金のプレゼントを差し出してくれる仲の人に頼まないとあとあとの人間関係に支障が出てくることと思われる。


    そんな仲の人。
    そうして3人にお願いすることにした。
    (もう1人。アモーレの幼馴染にも頼む予定)

    バカンス中にそれぞれの人たちに会った。
    そしてテスティモーネをお願いした。
    電話でも伝えていたけれど、面と向かってお願いした。
    「選んでくれてありがとう」とほんとに喜んでくれた。


    なんだか、私達カップルをずっと見守ってくれた友達が重要な役目になって、彼らと一緒に結婚式を挙げられるということはものすごくロマンチックですね。



    とミラノに帰宅してから結婚に関してのルールを細かくチェックしだした私達。

    アモーレが市役所での結婚手続きの方法を読んでいる。
    そしたら、奇声を上げてだした(クリックで別の話)


    そして


    (・∀・)いや~、市役所で挙げる場合はテスティモーネは2人までやって。

    教会で挙げる場合は4人まで頼める
    んやって。

    教会方式しか見てなかったなぁ。

    どうする?2人しか頼めなかったみたいやわ。3人は無理だって。
    だけどいまさら「ごめんやで。やっぱり止めてくれる?」とは絶対に言えないでしょ?


    あ~、先にルールをちゃんと読めばよかった。
    どないしょう。。。
    あほなことしてもうた。。。


    確かに。私もそんなこと言えない


    さて、どうしたでしょう?
    つづく~


    2007年 夏のバカンスCalabria(クリックで別の話)
    カラブリアCalabriaについて
    おばあちゃん
    ナウシカの居た場所~Parco Archeologico di Scolacium
    サボテンの実 アーモンドの木
    ポモドーリからトマトソースの作り方1
    ポモドーリからトマトソースの作り方2
    スオラなおばさん

    結婚の報告1
    結婚の報告2
    結婚の報告3
    結婚の報告4
    結婚の報告5
    結婚の報告6
    結婚の報告7
    結婚の報告8
    結婚の報告9
    多すぎたテスティモーネtestimone
    断われないなら教会で?
    結婚する場所
    アモーレの決断
    パパとマンマの決断
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    Michie  1. 無題

    そうそう、結婚式には証人が必要なんですよね。
    市役所婚のときは、ドイツ人+日本人のカップルに来ていただいたんですけど、そのとき、ドイツ人の彼もほうが、通訳代わりにもなると言ってくれました。(そうしないと、別に通訳をつけるとか、ややこしい話になっていたので…。通訳は要らないって言ったんですけど、カタチだけいるって言うんですね。)打ち合わせのとき、もうその通訳が面白いんですよ。「結婚の意志に間違いはありませんね?」「はい」とか宣誓がありますよね。そこを「ジャガイモ5キロ、予約でいいですよね?」で、「はい」とか言って。お役所の方が、日本語がわからないのをいいことに、変なことばっかり話してました。本番では結局、ほとんど通訳はナシになっちゃったんですけどね。

    市役所婚と教会婚で、証人の人数制限が違うなんて、知らなかったです。頼んだ後では、中々断りにくいですよね…。うまくいきますように。

    2007/09/13 22:30 * URL [ 編集] | TOP↑

    rintosakurano  2. 結婚

    国際結婚、文化の違いから色々問題が生じてしまいますよね。我が家の場合は、うちの母が大反対でした。お見合い話もってこられたりしましたもん。
    我が家も結構いばらの道をがんばって2人で進み、結婚。
    ナビアさんのところも二人でがんばってきりぬけて!!応援してるよ-
    2007/09/13 23:26 * URL [ 編集] | TOP↑

    yudi  3. 結婚の準備

    ほんまに大変なんだな~って改めて思います。

    まだ四人目に打診してなかったのが不幸中の幸い(?)(ノω・、)

    特例で三人で!!ってワケにはいかないですかね~?
    2007/09/13 23:34 * URL [ 編集] | TOP↑

    aishitewantyou  4. 無題

    「どうしたでしょう~」ときたか!
    しっかり頭を下げてお断り?
    しかし85000円ってすごいよね。
    イタリアとかって素朴だからそういうのないかと
    思ってた。で、どうしたの?
    2007/09/14 02:57 * URL [ 編集] | TOP↑

    きらり  5. はじめまして。

    ナビアさんはじめまして。
    少し前から読ませてもらっています。
    キリスト教徒じゃないかナビアさんでも教会で式を挙げることができますよ。
    マトリモニオ・ミストといって、片方がキリスト教徒であれば教会で式をあげることができます。
    私も実際に挙げました。
    教会であげることができれば、いくつかの問題を解決することができるのではないでしょうか?
    がんばってくださいね*
    2007/09/14 07:56 * URL [ 編集] | TOP↑

    niconicolo  6. 大丈夫大丈夫

    もっとひどい例がここにあります。
    私達は日本のイタリア大使館で同じようなセレモニーをしましたが、なんと当日式が始まる直前にtestimonioが2人に減らされたんですよ。

    私側の友人はそこまで深く意味がわからないこともあり「本当にごめん」で「ああ、残念だったな」で大丈夫でしたが、夫のほうははるばるローマから駆けつけて、それに確かに素敵なプレゼントももってきてくれた(そのことに関してはナビアさんブログで初耳)ので、なんとも場の悪い空気が。。。もちろん親友なのでわかってくれましたけど、まあまあ、適当な領事ですな、といった感じでした。

    2007/09/14 10:24 * URL [ 編集] | TOP↑

    Sette  7. ちょっと

    ナビアちゃん、笑っちゃいけないけど、面白すぎる。どぉすんのよ~?せっかく喜んで受けていただいたのに、お断りできないし。
    市役所のは2人で境界は4人、人数も違うんだねぇ。
    ↑きらりさんのおっしゃってるようにできればいいんだもんね。日本人の人でイタリアの境界で結婚した人全員がクリスチャンだった、とも思えないし……。アモーレさんとナビアちゃんは一体どう解決したのか?続きが早く読みたいです。
    2007/09/14 14:59 * URL [ 編集] | TOP↑

    へぇ~  8. 無題

    イタリアの結婚式って、そんなんなんだぁ。
    テスティモニオ・・・親族とかから選ぶんじゃないんだ。すっごい大役や。

    しかし、結婚祝いもゴージャスやなぁ。
    結果、どうなったか教えてねん♪
    2007/09/14 20:57 * URL [ 編集] | TOP↑

    あのぉ  9. 無題

    学校は終了されたとのことですが現在は何のVISAでイタリアに滞在されてるのですか?
    2007/09/14 23:41 * URL [ 編集] | TOP↑

    ナビア  10. Michie さん

    あははは、その通訳さん面白い~。すっごく茶目っ気ありますね。そんな人が通訳だったらとびきりの笑顔で式挙げれますよね!ドイツでももしかしたら市役所と教会で人数違うかもしれませんよね。多ければ多いほどよさそうなものですのにね~(笑


    rintosakuranoさん
    お見合い話ですか!!おかあさまの反対具合がうかがえます。でも今の幸せを見たら一番よかったって言ってくれるのもきっとお母様ですよね♪私達もきりぬけます!!


    yudi さん
    ほんと。不幸中の幸い。5人に言ってなくてよかったです(笑


    桃毛さん
    はい。「そんまへ~ん」ってお断り(笑
    いやいや、やっぱりそれは言えないです(涙
    8万以上ってやっぱり親族クラスですよね~


    きらり さん
    はじめまして。きらり さんの経験談ありがとうございます。実は周りの友人なんかもハワイやオーストラリアで式を挙げてるんですが教会だったよな~ってずっと疑問に思ってたんです。やっぱり花嫁学校?みたいなの受けたんですか?またコメントくださいね!どうもアドバイスありがとうございます!!またコメントくださいね~♪


    niconicolo さん
    コメントを見て思わず、え~!!って声を上げてしまいました。それはそれは、なんともバツが悪い経験でしたね。。でも、それさえも笑顔で分かってくれて歓迎してくれるのがテスティモニオですよね?(笑 やっぱり素敵なプレゼントでしたか。すごい豪勢ですよね~。びっくりです。私だって、テスティモニオの相場にびっくり初耳でした(笑
    2007/09/15 00:22 * URL [ 編集] | TOP↑

    ナビア  11. コメントどうも☆多すぎたテスティモニオ☆2

    Sette さん
    いや~、私だって笑ってしまいました。やばいなぁ~って。そうなんですよね。こんなに快く受けてくれてるのに「そんまへ~ん」ではいけないでしょ。。。(涙
    そうなんですよ、きらりさん案がここで浮上してきたわけです!


    へぇ~ さん
    そうなんです。大役だけど友達から選ぶんです。結婚祝いもゴージャスでしょ。私も欲しいもの考えておこう♪(笑


    あのぉさん
    こんにちは。学校が終わったので来月には帰らないと行けないんですよ。今はばりばりきちんと学生VISA有効期限内です。警察に捕まっても大丈夫。ご心配ありがとうございます。
    2007/09/15 00:29 * URL [ 編集] | TOP↑

    たみお  12. たしか・・・・

    「花嫁学校」じゃなくって、「結婚講座」って言ってましたよ。 笑
     それに、2人で受けないといけなかったハズです。家は、当時嫁さんが東京で僕は大阪だったので、大阪に来て一緒に受けてました。4回も!

    2007/09/17 22:06 * URL [ 編集] | TOP↑

    ナビア  13. コメントどうも☆多すぎた~☆たみおさん

    そっかご結婚前は遠距離だったんですね。花嫁講座を受けに東京から来てくれるっていうのは愛されてる証拠ですよ!(笑
    2007/09/20 00:00 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。