スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    断われないなら教会で?

    2007-09-15 00:09 / Category: ニッポン de ウェディング
    昨日のブログで
    テスティモニオtestimonio、テスティモニオと言いきっていましたが、
    正しくはテスティモーネtestimòneの間違いでした。 アモーレが教えてくれました。
    堂々と言い切っていてすみません(・∀・)


    テスティモーネを頼みすぎて(多すぎたテスティモーネtestimonio(クリックで別の話))、
    市役所で結婚式をするには
    誰かに断わって解消してもらわないといけないということに気がついた私達。


    他人に迷惑をかけてしまうという重大な失敗に、笑ってしまった。
    人間、やばいときは笑ってしまうものですね~(えっ?お前だけだよって?)


    笑うことは大事です!笑って落ち着いたら冷静になれま~す。
    そうして、私は冷静になってアモーレに言った。



    じゃぁ~教会なら 教会で結婚式したらみんなで入れるじゃない?



    アモーレ家族はみんな「教会では結婚できない」と一様に突っぱねるけれど、
    そもそも私の友達は教会で挙げた人多いぞ。
    日本にはホテルの中にも教会がるよ。
    私だって教会でっていうのに興味があるのよ。だってやっぱりロマンチックよ~。

    それに海外の教会であげる結婚式プランだって日本にはたくさんあって、
    そこで挙げる時は「花嫁学校」みたいなものを受けると言ってたよ。
    なんでイタリアだけだめなの?


    とアモーレに冷静に説明した。

    アモーレは、

    そんなのイタリアでは難しいよ。うちの田舎では特にね。
    それにね、僕地区の神父さんはパパ家の人なんだ。つまり叔父さんになるの。
    あの叔父さんが、うちの家庭とは比べ物にならないくらい頭が固い(またか(・∀・)カラブリア男児)。
    そういうことを説明してもOKしてくれないよ。
    ところで花嫁学校とはなんぞや。



    と聞くので、

    「アナタハカミヲ シンジマスカ?」とか聞かれて結婚に対する心構えを説教されるものじゃないの?

    と答えておいた。

    そうして、遊びに行かせてもらっているメーちゃんさんのブログ(サトウとメーちゃんがゆく!!)の話を詳しくした。
    彼女がスペイン人のだんな様と結婚してバルセロナに住んでいること。
    彼らは役2年前に結婚式を市役所でしたけれど、教会での結婚式を行いたい!との意思で
    結婚式を試みたこと。
    神父さんは、彼女が宗教に入っていないけれど、もう2年も結婚している事実があるのだから
    執り行ってあげましょう。と承諾してくれたこと。

    ※そんなメーちゃんは妊娠されたそうです。おめでとう♪


    そんな前例もあるので、
    国は違えど(遠く極東のアジアの小国からすればイタリアもスペインも似たようなもの)
    出来るはずよ。
    と付け足した。


    アモーレはネットで調べて、この方式で結婚できること確信した。
    さらに経験者は身近にいた。

    友達のお父さんがそうだった。
    このお友達の妹さんも私は知っている。

    そう。エバちゃんのパパが同じ方式でカトリックのマンマと結婚したらしい。
    (エバちゃん?こちらをクリック)


    知っている人の経験談は心づよい。
    アモーレは1夜にして
    「教会で出来ない説」から、


    「教会で出来るに決まってるだろう説」を唱える人になった。
    (すごい自信だったよ。)



    法律的には教会で式を挙げれることは分かった。
    ただ、これは担当の神父さんの判断によるところが大きいと言う。
    神父さんがダメだと言えばダメなのである。


    結婚を決意しているのは今年の12月。
    あと4ヶ月。この短い期間で、家族も説得できていないのに、あの石頭の叔父を説得できる自身がアモーレにはない。

    アモーレは
    「伝統として教会で結婚できるというのは、うまく家族に説得すればいい案になるかもしれない。
     家族の意見も、もしかしたら柔軟になるかもしれない。

     だけど、神父さんである叔父さんを説得するにはまず、家族の後押しが必要。
     家族を説得してから。。。それには4ヶ月じゃ短すぎる。」

    と考えていた。

    結婚の予定をずらそうか?と聞いてみると
    快諾の見当もつかないのに予定をずらしていたら、自分たちの将来の予定がたたなくなる。
    12月は12月だ。

    と答えていた。

    私よりきっちりしてるなぁと感じた。


    2007年 夏のバカンスCalabria(クリックで別の話)
    カラブリアCalabriaについて
    おばあちゃん
    ナウシカの居た場所~Parco Archeologico di Scolacium
    サボテンの実 アーモンドの木
    ポモドーリからトマトソースの作り方1
    ポモドーリからトマトソースの作り方2
    スオラなおばさん

    結婚の報告1
    結婚の報告2
    結婚の報告3
    結婚の報告4
    結婚の報告5
    結婚の報告6
    結婚の報告7
    結婚の報告8
    結婚の報告9
    多すぎたテスティモーネtestimone
    断われないなら教会で?
    結婚する場所
    アモーレの決断
    パパとマンマの決断
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    aishitewantyou  1. 無題

    教会ってやっぱりロマンティックだよね。
    うっとり・・・(想像中。
    さてどうしたでしょうと振られても困ります。
    早く教えて。
    2007/09/15 00:56 * URL [ 編集] | TOP↑

    きらり  2. こんばんは。

    花嫁学校というか、牧師さんと結婚や宗教について話すという感じです。そんなにたいしたものではないと思います。私の場合、小さな町に住んでいることもあって、牧師さんのほうから、教会で結婚できるよ~と電話をいただきました。
    やっぱり、教会でするほうが、感動的ですよ♪
    あと、教会で挙げる場合は、生まれてきた子供はキリスト教の洗礼を受けさせるという約束をしないといけません。
    法律?キリスト教の中で、そういう結婚ができるというのは確かですので、(どこかに書いてあります)、牧師さんがおじさんであれ、できる事実にはかわりないですので、一度お話してみてはどうでしょうか?
    がんばってくださいね*
    2007/09/15 03:31 * URL [ 編集] | TOP↑

    mechan0623  3. そうそう!

    100%絶対駄目!っていうことは無いですよ!!
    そーんなに権威のあるような立派な教会を望まなければ、神父様も人間、普通のおじさんだから、話を聞いてくれます。
    私の場合は改宗したわけでもなく、花嫁クラスもほんと3回くらい、世間話をして終わったし、子供をクリスチャンにする約束なども全くなしです。
    日本から来て、異国の地で頑張っていること。お互いの両親に晴れ姿を見せたいこと、そんなことを話したら快く快諾していただけました。
    道は絶対あると思います!
    市役所での結婚よりも、やっぱり教会での結婚式の方が10000倍感動的でしたし、一生に一度のことですから、とことん諦めずに頑張ってくださいね!
    2007/09/15 04:18 * URL [ 編集] | TOP↑

    Michie  4. うちもそうでした。

    私たちのときも、みなさんと同じ感じです。
    主人と知り合う前に、職場の隣のかた(クリスチャン)と話す機会があり、興味がわいて教会に行きだしたころ、主人と知り合ったんです。
    教会婚のときは、まだ洗礼(聖体拝領)も受けておらず、書類上は仏教徒で式を挙げた記憶があります。でもすぐあとで、改宗したんですけどね。
    宗教は個人的なことですし、信じていれば入ればよいですし、そうでなければ入るものでもないですしねぇ。そういう意味では、日本では「何でもアリ感」が否めません。
    お宮参りと結婚式とお葬式、全部別の宗教でも大丈夫ですもんね。

    ところで、「花嫁学校」ではなかったのですが、主人も同席して、打ち合わせみたいに神父様と、会いましたね。
    一応、結婚とは、みたいな話もあったような気がしますが、式で歌う賛美歌は、どれがいいですか、とか、上にも書かれていますが、生まれてくる子供はカトリックに、とかそんな話でした。
    2007/09/15 05:49 * URL [ 編集] | TOP↑

    ako  5. はじめまして。

    私は、イタリア人夫とイタリアの教会で結婚式をしましたよ。私はもちろんキリスト教徒ではありませんが・・・。キリスト教は、他の宗教を持つ人との結婚を認めていますので、教会での結婚は出来ることになっていますと、神父さんは説明してくれました。どちらにしても素晴らしい結婚式になれば、いいですね。
    2007/09/15 19:33 * URL [ 編集] | TOP↑

    Sette  6. どうなんのよ~(汗)

    溜めるね、溜めるね~♪
    でも、アモーレさんめちゃくちゃ頼りになるで~。
    2007/09/15 20:04 * URL [ 編集] | TOP↑

    ナビア  7. コメントどうも☆断われないなら?

    桃毛さん
    またまたふってしまいました。フリクセもついてきました(笑


    きらり さん
    ありがとうございます!すごいですね。電話をかけてきてくれたんですか~。あ~、私もそういうオファーが欲しい(笑
    確かアモーレも言ってました、子供が生まれたら~という話。私はイタリアにいるなら子供は洗礼してもいいかなと思っています。こっちの暦も文化も全部宗教色が濃いのでそれもいいかなと思っています。いろんな方の理解を求めてがんばります!どうもありがとうございます♪


    めーちゃんさん
    このたびはベビーちゃん、おめでとうございます!そうやって教会で花嫁クラスを受けてたときにはおなかの中にいたんですね~♪そんながんばりやのお母さんだからベビーちゃんも強い子になりますよね~♪日本滞在を楽しんでくださいね。


    Michie さん
    ほんとに、日本では全部MIX大丈夫よ~なので、宗教ごとの壁があるんだなぁと、初めて「よその国」感を感じました。
    花嫁学校が、基本的な宗教の林や、打ち合わせって聞いて、安心しています。だって知らない世界なので少しこわばっていました(笑
    ありがとうございます!


    ako さん
    はじめまして!イタリアの教会であげられたんですね!そういうことを聞けて、ますます「出来るぞ♪」とうれしくなってます。前例があるんだよ~というのが何より心強いです。貴重なお話ありがとうございます!また遊びに来てください~♪


    Sette さん
    溜めるよ~、溜めるよ~
    あれ?いつから大阪弁マスターしました?(笑 ばっちりです!(笑

    2007/09/17 20:06 * URL [ 編集] | TOP↑

    たみお  8. 教会でするとしたら・・・・・

     こんちはです。
     カトリックは昔はすごーく頭硬かったようです。
    僕が生まれた頃?(すごくあいまいな知識ですいません)は日本でもラテン語でミサをやっていたとか??
    そんなカトリックでも大革命といってもいいかもしれませんが、当時のパパ様(教皇)の英断があって、現在のようになっているようです。
     つまり各国の習慣とか文化に合わせて柔軟に対応するようになったらしいです。
     日本はカトリック人口少ないですよね? なのに硬いこと言ってられないじゃないですか。
     だから、日本では日本にあわせて柔軟にやってるようです。他の国でもいっしょ。
     たとえば、2000年にローマに行ったとき、アフリカから来た神父様がたぶん一緒に来た信者さんのためにミサをたてたんだと思いますが、ちょっとしんじられない異国風のミサに参加したことあります。
     (信者の黒人の人が、フルーツ一杯入ってるカゴを頭にのせてささげものしてました。ローマでですよ!)
     一番良いと思われる方法は、日本に行ったことのある神父さまを探して、事情を話して協力してもらうことですね。日本に来るくらいの神父さまなら、エリートでしょうし(^_^; 叔父さんの神父さまにも話てもらえると思いますよ。
     僕自身、教会にはもう行ってないのでなんともしがたいですが・・・・叔母さんのシスターにそんな神父さまいないか聞いてみるとか・・・日本の文化を知っている神父さまに相談してみたいとか理由つけて・・・・

    ちなみに、外国に行くような神父さまは××宣教会みたいな組織に属してると思います。
    2007/09/17 20:53 * URL [ 編集] | TOP↑

    ナビア  9. コメントどうも☆断われないなら~☆たみおさん

    日本での教会での結婚式は主にプロテスタント方式だと結婚サイトで見ました。カトリック式だとやはり花嫁学校を受けなければいけないらしいです。それでもイタリアに比べるとずいぶん柔軟ではないでしょうか?たみおさんがおっしゃるように宗教も土地や文化で柔軟に対応することが出来るからより多くの人が集うんでしょうね。
    2007/09/19 23:58 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。