スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    よくあるイタリアのカップル

    2007-09-24 23:00 / Category: イタリア生活☆見聞録
    土曜の夜、友人宅に呼ばれて晩御飯を食べに行った。

    私はこの日なんともうれしかった。

    このカップル、実は少し崩壊の危機にあった。
    彼がアモーレの同僚と言うこともあって、彼とはたびたび会っていた。
    けれど私が彼女と会ったのは私がミラノに来た直後の1回だけだった。

    7年以上付き合っているこのカップル。
    もうそろそろ家を買って一緒に暮らそうか。ということでマンションを購入した。
    彼らに会ったとき「明日マンションの契約に行くんだよ!」と言っていた。

    「家が落ち着いたら必ず呼んでね!」と約束したけれど
    その後、マンションの内装や工事、意見の相違が相次いで
    7年分の「今まで言ってこなかったけれど。。。」と相手への怒りがが膨らんである日爆発した。

    そしてその後、
    一緒に居ても喧嘩するだけ ---> 距離を置こう ---> もう一緒には暮らせない ---> 別れることを考えよう。

    となっていたらしい。
    このカップルがとてもお似合いなだけに

    「家とか大きい買い物したらどんなカップルでも喧嘩するのあたりまえよ」
    とアモーレに何度も言った。そして彼に伝えるように言ってもらっていた。


    そんな私のアドバイスが効いたか?(・∀・)彼らは復活することを決めた。


    ゆっくりだけれど、また一緒に過ごすことを決めたらしい。
    そして、この日彼らの家に招待された。

    長い間喧嘩していたので家の中は完成とは程遠い。
    むき出しの蛍光灯や電気が設置されてなかったり、換気扇もまだ動かなかったり、
    バクテンが出来そうなくらいガランとした部屋だったり。

    それでもすごくうれしかった。
    これが、このカップルのこれから過ごす家。

    また一緒に居ることを決めて、友達を招待することが出来る家。

    家とは、人が住んで、火があって、料理があって、笑いがあるのが家なんだなぁとつくづく思った。
    彼らの新しい家は、今は家の赤ちゃん。
    これからどんどん成長して「大きい家」になるだよなぁ。

    その過程をこれからもまた覗かせてもらって、幸せのおすそ分けしてもらいたいなぁ。



    ********
    ところで、ある意味彼らは典型的なイタリアのカップル。
    現在イタリアは結婚率が低い。
    これは長年法律で離婚ができなかったことが関係しているらしい。(詳しい話はまた今度♪)

    結婚率は低くてもカップルの滞在年数は長い。
    このカップルが結婚の意志があるないはともかくとして、
    長年連れ添ったカップルが共同で家を買う話は他にも聞く。

    そしてこちらで家を買うということは、家の箱を買うということも多い。
    うちの家よ~、まだ出来てないの~と言って招待されることもある。
    家に入ると作りかけ。
    もう住んでるの。でもまだ電気が着てないから寝るだけなの~。水がやっと週末に通ったわ。なんてことも普通。
    ガス器を購入したり、キッチンセットを購入したり、便器やゆぶねを購入したり。
    そうしてゆっくり、ゆっくり家を作っていく。

    初めはただの箱のような家でも、
    数年たつと、そこはイタリア人。

    どの家もみんなオシャレでびっくりする。
    どの家も、雑誌にしてしまいたいくらいおしゃれな家ばかりで驚く。

    ああいうセンスっていうのは生まれたてなんですかね~?

    ie~i
    作りかけのカップルの家。
    クリスマス頃に入居できるかな?と言っていた。
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    aishitewantyou  1. 無題

    おうち、全然できてないって感じだね。
    やっぱり結婚しないで何年も付き合うのって
    難しいと思うなぁ。
    結婚は付き合ってて一番盛り上がってるときに
    した方が楽しいし 断然オススメでございます。
    2007/09/24 23:44 * URL [ 編集] | TOP↑

    Sette  2. ほんとだ~

    まだ何となく人の気配がしないね(笑)でもこれから雰囲気もカップル色になっていくんだろうね。素敵。今日、オクトーバーフェストでとてもいい感じのイタリア人に会ったよ。たまにいい加減で驚くイタリア人だけど、私、とても彼らに好感を持ちました。ちょっとショックな事があったんだけど(彼らが原因ではないけど)良い出会いでした。
    2007/09/25 05:36 * URL [ 編集] | TOP↑

    niconicolo  3. そうですね

    部屋作りには妥協しませんよね。家の夫もそうです。だから、賃貸だと出るときが恐ろしい。それはもう壁中に穴をあけるし、壁紙の色も変えたりするので。(ひえー)一度大変なことになりかねました。イタリアではそういう細かいことは何も問題にならないそうなのでうらやましいです。

    私もどちらかといえば、毎日住む家だし高い家賃払ってるわけだし、自分勝手に操りたいという気持ちは私も同じ。

    ナビアさんたちもいい家づくり、がんばってくださいねー!

    2007/09/25 11:07 * URL [ 編集] | TOP↑

    lip-cream  4. 7年間、

    長いですよ!!
    やっぱり1番理解しあえているからこそ長い間一緒にいれたんだと思いますよ。
    これからはお互いの意見を大事にしながら家を完成させていくんじゃないでしょうか。
    元に戻って良かったですね!
    2007/09/25 14:37 * URL [ 編集] | TOP↑

    Michie  5. ドイツもそうです。

    イタリアと同じく、ドイツも結婚はしないけど、同棲をしているカップル、多いですよ。
    ドイツの場合、離婚時の慰謝料が高いらしいからなんですけどね。
    完成していない家に、住みながら少しずつ作っていく、というのもドイツでよくあることです。
    私も最初、ちょっとびっくりしました…というか、目からウロコでした。そうですよね、何も完璧にできてから引っ越さなくても、人それぞれですよねぇ。

    写真の部屋はキッチンですね。イタリアもきっとシステムキッチンが主流なのでしょう。
    どんな風にデコレーションするのか、楽しみですよね。
    2007/09/25 21:53 * URL [ 編集] | TOP↑

    ナビア  6. コメントどうも☆よくあるイタリアの~

    桃毛さん
    私も7,8年付き合って、家を共同で購入したりするんだったら結婚したほうが楽じゃないのかななんて素直に考えてしまいます(^∇^)


    Sette さん
    ショックなことって?大丈夫でしたか?いい出会いがあってよかったですね~♪そういうイタリア人に会ったらなんだか憎めないですよね~♪


    niconicolo さん
    あははは。大丈夫だったんですか?穴?(笑
    今住んでるところは珍しく新しい建物だったんです。アモーレがはじめての入居者なんです。だから綺麗につかいたいわ~とか言って、穴を開けたがらないんですが、私からしたら十分穴開けてます(笑 国民性の違いですね(笑


    lip-creamさん
    ほんと。やっぱり7年の歳月はだてに過ぎてませんよね。今回は大きな買い物をしたので大きな喧嘩になってしまいましたが、結局お互いが一番って分かって、家を買ってみるものですね(笑


    Michie さん
    へぇ~、慰謝料の問題なんですね?ちなみに男性がやっぱり払うのが多いのでしょうか?
    ドイツも作りながら住むんですね!このあたりの人たちってそういう感覚なんですかね(笑 私も目からうろこでした。ね~せめてライフライン周りが落ち着いてから住もうよって(笑 でも、こういう住み方も愛着わくかな~って今は思います。日本に戻ったらちょっとみじめったらしい感じがするのでやっぱり避けますけど(笑
    2007/09/27 06:35 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。