スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    婚姻条件具備証明書をとりに~手続き書類編

    2007-10-10 23:14 / Category: ニッポン de ウェディング
    大阪は暑くてもミラノは寒かった。

    出発前にひいた風邪は、少しだけは気合でもったけれど、
    2日目以降は、ぶり返して熱が出てしまいました。
    まるで夏風邪のように鼻をかんでいますが、これは秋風邪やわ。と理解しています。

    熱の出てない日は、これまた気合で(笑、暑い中、鼻声で10分おきに鼻をかみながら
    京都に出向いてピックアップしていた挙式場所、お食事会場所(披露宴はしないため)などを見に行っています。



    そんな用事もありますが、


    結婚することの準備でもうひとつ大事なことがあります。
    外国人と結婚するためには少し骨が折れる手続きです。

    今日は「婚姻条件具備証明書」という証明書を申請しに行ってきました。

    この証明書とは、「この人は結婚することが可能な人です」ということを、
    国が証明してくれる証書です。
    通常、外国人と結婚するときに相手側(つまり外国人側)が用意するものです。

    今回私たちは日本で結婚するので、
    私たちの場合、アモーレが外国人側となるので、アモーレが準備しなくてはいけない書類です。


    ということで、アモーレはイタリアで「婚姻条件具備証明書」をとって日本にくることになります。


    このアモーレの「婚姻条件具備証明書」を取得するための必要書類として
    私の「婚姻条件具備証明書」が必要なようです。


    ややこしな。。。


    ただ、これは結婚する相手国によって変わってきます。
    ほとんどの国では、相手の「婚姻条件具備証明書」を取得するために日本人側の同書類を必要とはしないようです。


    今日、法務省の戸籍課に行って初めて知りました。
    どうやら、ほんとに、ほとんどの国ではそんなことしなくていいらしいです。


    係りの方に私が日本で結婚するけれど、必要なんです~と説明すると、
    最初は戸惑って、「必要ありませんよ?」と言ってくれましたが、

    相手がイタリア人なんですが、イタリア領事館の方から必要書類を聞いたら~と答えると


    「あ~、まれにそういう国があるんですよ。こちらからも確認しておきますね。」

    と親切に言ってくれました。

    書類は明日できるそうです。


    書類の簡略化や、ハイテクで、多くの国にとって必要ないものが必要だと言われると、
    あちらに行くようになってから「イタリアって先進国?よね?」と思うことだらけですが、
    今日もまた、それを感じてしまった。はははは。


    明日書類ができたら、今度はそれを持って外務省に行くんです。

    という話はまたあした。


    ※すこし更新してなかった間も、遊びにきてくれてありがとうございます。
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    makikissima  1. お疲れ様です!

    私も風邪引いたりしてまだ頭がガンガンします。大阪は暑いですか?
    こちらもなんだか暑い日もあります。
    いわゆる重婚を防ぐためですよね。
    『婚姻要件具備証明書』。相手国によって違うというのも、なんだか不思議です。
    イタリアは、カソリックの国で離婚に対して厳しいから、あいまいになると困るからでしょうか(推測)。
    スムーズにいきますように!
    2007/10/10 23:35 * URL [ 編集] | TOP↑

    Michie  2. 無題

    日本で結婚するには、色々あるんですね。
    私たちはドイツで結婚したのですが(日本では披露宴だけ)、結婚をします、ということを、役所の入り口の掲示板に張り出し、異議申し立てがないようであれば、結婚できるということでした。

    まぁ、重婚していたり、恋愛のもつれなんかで揉め事が起きないように、とのことだそうです。
    国によって、色々違うのは興味深いですやんね。
    2007/10/11 02:13 * URL [ 編集] | TOP↑

    sakurano  3. 結婚

    うちも昨年は書類集めにあたふたしていたのを思い出します。私はフランスで結婚したので、日本大使館とフランスの市役所にお世話になって、無事結婚したんですが、ビザの更新で結構こんがらがった!
    国際結婚、色々こんがらがりますが国境も超え、困難も超えなきゃだからこそ素敵なカップルになっていくんだなって思います。がんばって♪
    2007/10/11 02:17 * URL [ 編集] | TOP↑

    Burts  4. そうそう!

    国際結婚って必要なものが多いですよねぇ。
    仕方ないとは思うけど、たまに
    『人を見て善人か悪人か判断してくれたらいいのに!』と、思います。
    長く待たされた場合、ですよ!
    2007/10/12 11:33 * URL [ 編集] | TOP↑

    すみ  5. どんどん

    結婚が現実化してきてるっ!!
    出産や子育てで、ゆっくりブログを見る余裕もなくなっちゃってたけど・・日本に帰って来てるんだね!風邪は大丈夫??
    私、今月末には神戸に戻るから、是非遊びに来てねん♪
    2007/10/12 17:42 * URL [ 編集] | TOP↑

    mashalendar  6. 婚姻要件具備証明書~

    へー、イタリアンが海外で婚姻するときはまず相手側の婚姻要件具備証明書が必要なんですか?
    それはややこしそうな…f(^^;)
    でも一般的に相手の国より日本で婚姻の方がまだ大変じゃないと良く聞きますよね。

    実は私はナビアさんと逆で、お互い日本に居ながら婚姻をドイツ(市役所婚)ですることになりました。(Michieさんと同じですね)
    …ハハハ、お互い頑張りましょー。
    2007/10/19 14:14 * URL [ 編集] | TOP↑

    ナビア  8. お久しぶりです。コメントどうも☆婚姻条件~

    makikissima さん
    お久しぶりです!お返事遅くなってしまってすみませんでした!
    今のところ問題なくすすんでいます、先日彼が地元で宣誓?を行ってきました♪


    Michie さん
    お久しぶりです!お返事遅くなってしまってすみませんでした!イタリアもです!ドイツと同じシステムなんです!どのあたりまで同じようなシステムなんだろう(笑


    sakurano さん
    お久しぶりです!お返事遅くなってしまってすみませんでした!ビザの更新ですか。。ブロ友の方が7ヶ月かかったと言ってました。。。イタリアだから?!


    Burts さん
    お久しぶりです!お返事遅くなってしまってすみませんでした!ほんとですよね!悪いことする人に見えるか!!ってね(笑


    すみ さん
    お久しぶりです!お返事遅くなってしまってすみませんでした!ジュニアちゃんはどうなの???ミクシーのブログにお邪魔しに行くね!!会えるかしら?!


    schnappy さん
    お久しぶりです!お返事遅くなってしまってすみませんでした!結婚の準備は進んでいますか?春ごろをめどっておっしゃってましたよね?!ブログにも遊びに行かせていただきます!!


    mashalendar さん
    お久しぶりです!お返事遅くなってしまってすみませんでした!ママ業はどう??ずっと家にいてるの?実家に帰ることないの?また連絡ください!会えたら会いたいわ!!
    2007/11/22 14:53 * URL [ 編集] | TOP↑

    luce  9. はじめまして。

    初めてコメントさせてもらいます。
    というか、質問なのですが・・。
    結婚に際して提出する書類に、出生地(?)を書くようなことがあると思います。出生地と本籍地が別(例えば本籍地が北海道で出生地が東京)の場合、なんかややこしいことになると聞いたことがあるんですけど、ナビアさんはその辺はスムーズだったんですか?
    2008/04/02 16:36 * URL [ 編集] | TOP↑

    ナビア  10. コメントどうも☆luceさん

    はじめまして、こんにちは!
    出生地の件ですね。ちょっとややこしいですよね。
    結果的に言えば全く問題なかったですよ。
    まず、日本語で書く書類の場合、出生地を書けば大丈夫です。公的な文書であれば、戸籍謄本の提出も一緒に求められると思います。そこに出生地が記載されていますので問題ないです。理解してもらえます。
    外国語で書く書類の場合ですが、上記日本語で記載された出生地を記載した書類もしくは、英語に訳された公的書類の提出が必要だと思われます。その場合出生地が記載されていますので、それを出生国が大切な国の人は重要視します。
    なので、大丈夫ですよ。
    2008/04/04 01:32 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。