スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    ボンボニエラ物語2~引き出物がカタログ?

    2008-01-24 21:16 / Category: ニッポン de ウェディング
    昨日のブログのコメントに

    「(引き出物は)カタログから選ぶのを、何度か遭遇しました。」

    nyaon2さんが書き込んでくれてるのを見て、言いたいことを1つ思い出した。
    (nyaon2さんありがとう)

    この大変便利なカタログのシステムは日本だけなのかしら?、
    イタリアには存在せず、アモーレに説明しても理解してもらえなかった。

    今回結婚の準備をしていて、やっぱり国が違うというのは感覚が違うなぁということがいっぱいあった。
    こんなこともそんな中の小さな1つだったなぁ。


    アモーレが理解してくれたのは、私が何度も同じことを繰り返し言って
    私が半ギレ状態になってからだった。(ごめんなさい)

    結婚式にカタログを持ってかえってもらって、
    ゲスト達が家で欲しいものを選び、添付されてるハガキに欲しいものを書き込みポストへ。
    そうするとその商品が送られてくる。

    というシステムを説明するのにも彼は???がいっぱいだった。

    システムを理解してくれた後は、
    一生の記念をカタログから選んでいいのか?
    新郎新婦のこだわりはそこにないのか?
    引き出物なんてそもそも実用性がなくてもいい。単なる記念のものでいいのではないか?
    どうしてそこまで「実用性」にこだわる必要があるのか?
    などなど。


    同じものをもらったらちょっと困るでしょ、
    日本はイタリアと違って1軒のスペースが小さいんだから。とか
    ゲストの必要なものをお返ししたい究極の方法よ。とか。


    そんな回答した。
    ところが私もどちらかというと自分の引き出物に関してはアンチカタログ派。
    いくら説明のためだからと言っても、カタログの肩をもちすぎると
    自分の気持ちと違いすぎて、イライラして半ギレになった。
    (ほんまごめんな)


    こんな話になったのは、おかんが


    「イタリアから引き出物ぶら下げて帰ってくるって?あほや~。
     そんなんしたって、誰も喜こばへんよ。
     イタリアのものなんて、誰がわかるのよ、皆そんなの気づかんわ~
     日本で買ったほうが安いし、いいのがあるに決まってるじゃない。
     カタログにしたらいいじゃない。 そうよ、カタログがいいに決まってるわ!!」


    と、言ってのけた。何度も電話する度に言ってきた。
    そしてアモーレがカタログシステムの詳細を知りたがって、うちらがあんなことになった。


    いうなれば、あのイラツキはおかんのせいです。


    さて、カタログ派のおかんにもついにキレ口調で説得する日を迎えることとなった。


    ボンボニエラ(引き出物)にはアモーレの国、
    イタリアにちなんだ物を持って帰ってもらって、縁を感じてもらいたいのよ。
    もし、これからテレビや雑誌でイタリアを見たらうれしくなると思う。
    友達が住んでる国なのよ!姪が住んでる国なのよ!って思ってくれたら私だって、相手だって
    お互いうれしいじゃない。

    それに今回は、日本式の挙式に京料理の会席コースで全てを日本ずくしに仕上げるつもりだから、
    ボンボニエラぐらいは、イタリアの風を感じて欲しいわ。

    イタリアで挙式を挙げる時は逆よ。引き出物は日本の物にしたいの。
    それは、今回と全く同じ理由。みんなに日本を感じてもらいたいの。

    だからカタログにはしません。どんなに重たくても自分達でここから持って帰るから!


    そう言ってもおかんは「だって、皆さんが喜ぶものなんてあるのぉ?」と言う。


    そんなものはない!!
    数十人に同じものをプレゼントするのに、みんなが100%満足するものなんてありえない。
    人の好み、欲しいものなんて十人十色。
    「いい引き出物だったね!」って喜んでくれたとしても使うかどうかは別の話だし。
    だから、こういうのは自分がプレゼントしたいものでいいんじゃない?
    2人がゲストの為を考えて選んだものだったらそれでいいのよ、
    引き出物を貰うときに「家庭の必須アイテムが入ってるはず」と思って包みを開ける人いる?
    頻繁に使えるものじゃないものってみんな頭のどこかにあるはずよ。
    それに頻繁に使えるものが最高の引き出物って訳でもないじゃない。
    特別な時に使ってもらうものをプレゼントするのだって素敵な贈り物だし。
    感覚なんて人それぞれよ!!


    ほんでなにより、

    おかんの引き出物ちゃうんやで。私達の引き出物やで(`・ω・´)!!


    と言った。
    「出席するのうちの親戚がほとんどやのに。。」とか、ぶつくさ言っていたけれど
    これでようやくおかんは引いてくれた。


    どうして、キレんと引かんのやろうか。


    自分で気に入ったものを買うのも揉めないと決断できない
    「結婚式」というものは怖い行事やなぁ(・∀・)
    やっぱりみんなが通る路なのかしら。
    クワバラクワバラ。


    PS:ボンボニエラ物語まだ続きま~す


    引き出物の話(クリックで別の話)
    ボンボニエラ物語1~結婚の準備
    ボンボニエラ物語2~引き出物がカタログ?
    ボンボニエラ物語3~レースのコンフェッティ
    ボンボニエラ物語4~レースのコンフェッティ2
    ボンボニエラ物語5~サータアンダギー
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    おかよ  1. おかよです

    もめるよ、もめる(‐^▽^‐)
    あたしも 親の来て欲しい人とあたしの来て欲しいひとが違うから けんかしたな~
    あたしのこと ちゃんと知らんような(親戚?会社関係?)おっさんにきてもらいたくない!!いうて…
    引き出物に関しては ま、落ち着いてたかな

    カタログもクセモノで 案外欲しいものってないのよね
    誰にもらったって思い出もないし 味気ない…
    2008/01/24 22:44 * URL [ 編集] | TOP↑

    Sette  2. もめごと

    私はまだ経験してないから、どんなものかはわからないけれど、やっぱりもめるんじゃないかと思うわぁ(笑) ナビアちゃんの場合はお母さんだけだったのかな?これでさ、両方とも日本の家族とかで、相手の親御さんとかも入ってきてみ~、恐ろしいで~(汗)
    日本って、プレゼントとか、やっぱり必要なものとか欲しいものじゃないとだめなのかね~。確かに皆が電車で帰らなきゃならないのに、えらいがさばる引き出物っていうのはちょっと考えようよ、とは思うし、カタログも自分で選べるから楽しいけど、欲しいものは自分で買うし、その人たちが選んでくれるから嬉しいもんなんじゃないかと思うんだよね。
    その人たちの誕生日プレゼントだったら、欲しいものの方がいいけど、結婚式の場合は、結婚する2人の好きなものでしかるべき、と思う。
    2008/01/25 00:27 * URL [ 編集] | TOP↑

    Michie  3. 結婚式

    maririnさん、あなたの選択でいいと思いますよ。引き出物をカタログにするのも利点があるけれど、イタリアの風を感じて、イタリアとの縁を感じて欲しいというの、すごくすごく分かります。

    私たちのときは、日本では普通にホテルの披露宴をしたんですが、親は口出しせずにいてくれたので、身内でもめることはなかったんですが、ホテルの進行係の人の意見と少し食い違いました。もちろん、もめてないんですけど(相手は接客業のプロですもんね)、スピーチして欲しいのは、この人数だけ、等々、希望を言うと、「それでは時間がもちません。カラオケを歌ってもらっては?」と勧められて。カラオケはいやだから、時間が余ったら、歓談の時間にします、って言ったんですけど、進行係としては、時間が空いちゃうのが、怖かったようなんです。実際は、スピーチがみな長すぎて、時間がおしちゃったくらいでした。
    2008/01/25 17:06 * URL [ 編集] | TOP↑

    nyaon2  4. びっくりしました!

    いきなり自分の名前が目に入ったもので・・。
    いやぁ、人様のブログに自分の名前が載ると嬉しいものですね!
    こちらこそありがとうございます(●´ω`●)ゞ

    私も引き出物はカタログにはしたくない派です。
    でも、ナビアさんのお母様の気持ちもわからないでもないです。でもアモーレさんの、引き出物は実用品じゃなくていい、と言うのもわかります。
    仕舞われててもいいから「ふたりだけの記念品」がいいです。
    なんていっちょ前なこと言ってますが、説得するって大変なことですよね('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)
    2008/01/25 18:38 * URL [ 編集] | TOP↑

    kimu  5. 引き出物

    おかあちゃんめっちゃ面白い。
    私ナビアちゃんのお母さん面白いし楽しいから好きよ。(=⌒▽⌒=)

    私の結婚式のときは、先に義母が親族にはカタログにしてくれっていうから言い返せずカタログにした・・・。だんなの友達もカタログ→つながりのある私の友達もカタログに。。唯一私の親族側だけ引き出物を選んだよ。
    いろいろ考えてたんだけどね~。負けたわ。(笑)
    2008/01/26 11:17 * URL [ 編集] | TOP↑

    ナビア  6. カタログ。

    あたしも、なぜかカタログ、という選択肢は
    なかったなぁ。
    海外からのお客様もいたし、
    やっぱりせっかく二人のために来てくれるんだから、
    後から見てアァ、これ。って思い出して欲しかったし・・・><
    ただ、めちゃくちゃ新郎新婦、というのをアピールしないようには心がけました。

    家族とはもめなかったけど、
    親族と友達とで分けてもよかったなぁーと今になってちょっと思ったりもする。。

    ナビアちゃんたちのボンボニエラ、とっても
    素敵よ!!
    おしゃれだし、何にでもつかえそう!こんなの欲しい^^

    2008/01/26 17:29 * URL [ 編集] | TOP↑

    rakuen  8. 遅いコメントですが

    ナビアさんのお母さんって、すごく面白そうですね~(笑)
    半キレになってたナビアさんには申し訳ないけど、笑っちゃいましたよ。
    私、まだ結婚はいつになることか?っていう人ですけど、それでも友人の結婚式のたびに、この件は考えさせられていました。
    やっぱり引き出物は気持ち!だと思います。
    カタログは今の日本を象徴していて、とても画期的なシステムだと思うけど、せっかくの記念なのに、な~んにも残らないですよ。
    イタリアの風、素敵です。絶対感じてもらえますよ♪
    2008/02/03 17:28 * URL [ 編集] | TOP↑

    ナビア  9. コメントどうも☆rakuenさん~カタログ

    うちの母はね~、めちゃめちゃ強い人です(笑
    挙式の件でも、もう、キレまくりましたよ(笑
    ある地方の挙式に出席した友人が、引き出物はバカ重かったらしいです。なんでもご両親の畑でとれたお野菜だったとか。すばらしくないですか?!私感動しちゃった!!これなんか確かに残るものではないけれど、愛の重さは残るというか。実際ただ聞いた私にまで幸せのおすそ分けを頂きました!こういうのって私にとって最高の引き出物と感じちゃって。子供が出来たらそういう引き出物が出来るように畑でも耕しますか!!(笑
    2008/02/05 00:40 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。