スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    京都どすえ・縁切り神社~

    2006-05-06 13:36 / Category: ニッポン帰国 to 旅行
    「春の京都」よろしゅうおすな。
    うち、すんでるの大阪よってに、京都まで行くの
    手間じゃありまへんねん。

    あれ?

    大阪弁にもどってしまってる?

    というわけで、天気のいいGWのど真ん中にさわやかに京都探索。


    ではず、縁切り神社

    「・・・・・さわやかちゃうやん。。」って思ってくださった方、正解や思います。

    友達に
    「縁切り神社知ってる?」と聞いたら、
    「知らんわ。」言うから、
    「怖いで」ゆうたら、

    「行きたい!!!!!」





    そんなことで行くことになりました。
    ここの願掛け、絵馬は他では見れない願いごとがたっぷり。


    「○○さんと奥さんが別れますように。」 ← 実名

    「○○▲▲が、俺らの前から消えてくれ。頼むから死んでくれ」 ← フルネーム実名

    「息子があの女と別れますように」 ← もっとこまごま、おかんは注文していた。が、割愛。

    「うちらを苦しめるおじいちゃんが死んでくれますように」 ← 身内からの願い

    など、など。



    いわゆる「縁切り」に来るのだ。

    関わりたくない人への、怨念まがいの切なる願いを、絵馬に託している。
    その、人の暗い部分をさらけ出せる「神社」は、めずらしいと思う。

    「人の不幸を願ってはいけません。」と、道徳的なことは、子供の頃から習った。
    もちろん、それが「正しいこと」だと、今でも信じている。
    だけど、これは、本来人間が生まれながらにもっている、
    「嫉妬、ねたみ、怨念」
    を増加させないために、「刷り込まれた」ものなのかもしれない。
    などとも思えた。


    「そんなん言わんと、幸せなってください」 そう思った。



    なにも、こんな「怖い」絵馬だけではない。
    いわゆる「悪縁」を断ち切りにきているのだ。


    「借金地獄から縁が切れますように」

    「彼の浮気癖が消えますように」


    「おかあさんのガンがなおりますように」


    「子供と家族を、悪縁から守ってください」



    と、「悪鬼」を祓いに来ている絵馬が大半をしめる。

    「みんなの願いが通じて、幸せになってください」そう思った。



    そんな人生の岐路にたたされた、真剣な「怨念」や正当に「悪縁祓い」の絵馬にまじり、
    他の種類の願掛けをする絵馬もいくつか存在する。

    「たばこやめれますように」

    「寝坊するクセから縁がきれますように」


    「お金使いの悪いクセから縁がきれますように」


    「彼女ができなかった人生から縁がきれますように」



    。。。もちろん彼らの願いも真剣やけど、
    「まず自分でなんとかしぃ。」 そう思った。




    ・・・・なんか、貴重な時間を怖い話読んでくださったお詫びです。
    京都堪能ください。

    湯葉御膳・・・おいしゅういただきました。
    Yuba1Yuba2


    清水さん
        KomainuKiyomizu2
        Kiyomizu1


    縁切り神社 公式HP
    縁切り神社 ポイントをついた説明をされている方のHP
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    アンク☆  1. 絵馬には

    何も書いたことがないですね・・・(^^;)
    というか縁切り神社!
    わたしも行ってみたいです(笑)
    といっても離婚しちゃったからもう縁は切れちゃってるけど(;^_^A
    2006/05/07 01:04 * URL [ 編集] | TOP↑

    waku  2. はぢめまして!

    はじめまして!ワタクシ、waku と 申します!どうぞ、宜しくデス!
    縁切り神社ちゅ~モンが あるんスね~!
    「悪縁」を断ち切るのか~!なるほどっス~!!
    また 遊びに来マス~!
    これからも、宜しく お願い致しマ~スっ!!
    2006/05/07 06:12 * URL [ 編集] | TOP↑

    ジェニ  3. なつかしいーーー

    清水さんやねぇーーー!みやげ物屋さんとか覗いてみーたいわーーー!鍵善のくずきり食べたいわーーーーー!!
    しかし、縁切神社怖いやないですか。家帰ってきたら、塩でお清めしといた方がええんとちゃう?なんかガクブルなんですけどーーー
    2006/05/07 09:42 * URL [ 編集] | TOP↑

    Miyuki  4. いや、これがね、

    アンク☆さん
    もう一度結婚希望-----一人身から縁切り
    もう結婚はいや-------へんな男から縁切り
    と願うみたいです。結構つかえるでしょ?


    waku さん
    はじめまして。こちらこそよろしくです。京都はさすがに奥が深いどすな。
    んーーーな神社があるんどす。


    ジェニさん
    くずきり凄い列でしたよーー!
    いやいや、悪縁切りの神様しんじます。塩まかんかったし(;;)
    2006/05/07 13:40 * URL [ 編集] | TOP↑

    tomoecantik  5. 神奈川県の

    鎌倉にも縁切り寺ありますよ。
    名を東慶寺といいます。

    でもここまで生々しい絵馬は見かけなかったような・・・(汗)

    新緑の京都素敵ですね。
    京都行きた~~い!
    2006/05/07 17:44 * URL [ 編集] | TOP↑

    アンク☆  6. 納得!

    へんな男から縁切り!
    これがいいですね(笑)
    2006/05/07 18:53 * URL [ 編集] | TOP↑

    Miyuki  7. 初めて知りました!

    tomoecantik さん
    今、東慶寺で検索しました。昔は本当に縁を切りたい人が出家する場所で使われてたんですね。勉強なりました!
    今彼とtomoecantikさんのブログの写真見てます。ベネツィアの写真いっぱいあるなーと沸かせてもらってます!


    アンク☆ さん
    でしょ?でしょ?考えようみたい!京都に行ったら是非!(笑)tomoecantikさん情報の鎌倉のほうが近いようですねー。
    2006/05/07 21:25 * URL [ 編集] | TOP↑

    tomoecantik  8. ありがとうございます♪

    でも、イタリア人に見て頂くのってちょっと恥ずかしいかも・・・

    動くダヴィデ氏によろしくお伝え下さい♪
    2006/05/10 23:34 * URL [ 編集] | TOP↑

    Miyuki  9. たくさんの写真に

    イタリア人も素直に感動しております!しかしたくさんの量の、綺麗な写真とってはりますね。うらやましい。
    2006/05/11 01:51 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。