スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    ミラノに住んで

    2008-03-17 08:18 / Category: イタリア生活☆見聞録
    去年1年間はずっとどこかでもやもやしていた。
    イタリアに来てようやくアモーレと一緒に住んでうれしかったし安心した生活だったけれど、どこかもやもやしていた。
    それは、イタリアに居るということ。そしてミラノに居ている自分に説明がつかなかったから。

    そもそも外国で会う日本人の場合そこ何かをしているからそこに居る。

    アイルランドの時はよかった。日本人に会う確立は少なく
    「何しに来てるの?いつまで居るの?」といった会話をお互いにしていても
    「英語の勉強をしようと思ってきてるの。半年居る予定よ。」といった会話が成立していた。

    英語の留学先にメジャーでないアイルランドをわざわざ選ぶ人というのは
    熱烈なアイルランドファンがほとんど。だから自分のアイルランド好きを話し合える友達にいつしかなっていた。

    そして「英語のために留学している」という滞在理由はまっとうだった。

    私は英語圏に留学したいと決めてからの2年半、語学学校に行くことを決めるまでは
    語学学校に行くことはもったいないと思っていた。
    そもそもやりたいことがあるから言葉というのは覚えるのであって、
    言葉自体を習いにわざわざ行ったって、それを使う場所がなく日本に帰国するなら意味がないのでは?
    と思ってた。
    しかし、海外で大学に通うとか、専門学校に通うとなるとかなりの金額が必要になる。
    支払いの分を考えると、生活に余裕がなさそうだった。
    だから、「海外に住んでみたい、アイルランドで住んでみたい」という自分の一番ストレートな要求を満たす方法として語学学校という選択にした。もちろん英語を理解できるようにする。という目標は根底にあった。

    自分でも半信半疑で行った語学留学は大満足だった。

    やっぱり勝手に自分で「海外留学」のレベル分けしてあれこれ難癖つけるより、行ってみるべきだと思った。

    最初の留学では、今思うと喜劇なくらい自分の思いを伝えるのに苦労した。
    留学するという目標が出来てから日本で毎日ちょびっとずつしていた勉強していたけれど、現地の情報量の多さには遠く及ばなかった。

    実際に目で見て、体験して、感じて、失敗して、もう一度同じことをするときにはちゃんと出来て。
    それは今ではすっかり忘れている喜びだけれど、アドレナリンいっぱいで毎日を過ごしていたのは覚えている。

    そしてなにより、英語が使えるようになると、本当に世界が近くなるのかもしれない。
    行ったこともない国の人とお互いの国の話をしてるということにもアドレナリン(笑

    そうして、時期が来て帰国した。
    そして、銀行口座の残高を見て、予定していた2回目の留学に行った。

    そうして、アモーレと出会って今ここにいるのだけれど、
    イタリアは少々やっかいなところだと思った。

    ここで「何しに来てるの?」と聞かれるのがとっても嫌だと思ったから。

    だって、英語と違ってイタリア語ってあまりメジャーじゃないし、
    世界的に見ても特に、「見に付けなければ!」という語学ではないと思う。

    だから「イタリア語勉強してるの。」と言うのが苦しかった。

    イタリア語を必要としている人にはもちろん必要だけれど。
    特にミラノでは「オペラ」とか「音楽」とか「デザイン」の勉強とか。そんな学生さんが日本人含めほんとに多い。

    そういう人がまずはイタリア語の学校にというのは、自分の持論からしても正論だと思う。

    だけど、私はただ「イタリア語の勉強をしに来た」というのが正式なビザの形。

    出会う人に「で、その後は?」と聞かれると、「今年中に答えを出すの。」としか言えなかった自分がいた。


    英語留学の時は、いずれ自分が帰るであろうことも分かっていたし、パソコン関係の仕事をしていたので英語が分かることは自分のスキルにも良かった。
    実際、留学あけに仕事を探せば1日でオファーがもらえた。給料もよかった。
    今までの経験とスキルが全く無駄にならずにすぐに次の仕事に就けた。

    それは自分にとって自信でもあった。

    そんな自分が彼を追いかけてイタリアにやって来て、とりあえず語学学校に通っているのである。
    私よりずっと若いまだ、仕事もしたこともないような芸術系志望の若い学生から

    「で、なにやってるんですか?どうするんですか?」と聞かれるのが嫌だった。

    日本人からも外国人からも聞かれる質問だった。
    どうってことはない。当然の質問だろうけれど嫌だった。

    「何か芸術系のことしてなかったら、イタリア(ミラノ)に居たらダメですか?」
    と言って会話を終わらせたいくらい嫌だった。
    誤解のないように書くけれど、何も芸術系の学生に腹をたたせているわけではない。ジェラシーでもない。
    自分でもここに居ることに不自然を感じていたから、直球指摘されてるような居心地の悪さ。
    ここに1年居たとして、この先は帰国となった場合きちんと復帰できるかという不安。
    そんな気持ちが「どうしてミラノに?」の質問をされることに嫌悪感を持った。
    日本で持っていたスキルや自信はここでは何の役にも立たない。

    中には

    30過ぎて(あ~言っちゃった(・∀・)、忘れてねん。)、海外で恋に落ち、
    イタリア男を信じて来たバカ女に見えてたかもしれない。

    被害妄想入ってるけど、たまに意地の悪い人はそう思っていたと思えるフシもあった。

    「ナビアちゃんには悪いけど、彼、別にナビアちゃんと結婚とかは考えてないと思うよ。」

    と言う人もいた。こう言った人たちが意地悪だったとは思わないけれど、
    大きなお世話さま。放って置いて欲しい。


    とにかく今の状況は真実。
    ここでは私の居場所はない。仕事がない。友達も家族もここにはない。


    結婚して、ここに戻ってきて今はどうか。
    ここに何もなく、居場所もないとどこかで漠然と思っていた私にとって、正直楽になった。
    それは、アモーレと家族になって、アモーレの妻になったということ。
    新しい家族はここにある。妻はやっぱり立派な居場所だと思う。

    実は今まで自分では結構強いタイプだろうと思っていたけれど、
    結婚していろんなことが書類上変化して、イタリアでの権利が付いてくるのを見て
    (例えば学生visaと家族visaではいろんな意味で許可される範囲が違います)
    あ~、すごい。とか、あ~、こんなことも大丈夫なの?よかった。と素直に思うことがあったり。

    日本では自分で全部出来たことも、ここではずんずん前に進めなかったり。
    それより、進もうとしなかったかも。

    そんなことを思うと、自分は実は弱いタイプの人間だったのかと思ったり。

    こう言うと結婚に対して結構しがみついていたと感じるかもしれないけれど、それは全くなかった。
    もちろん、いつかは結婚して~という気持ちを持って今まで来たけれど、
    今までそう思って付き合っててダメだった人もいるし(笑

    アモーレにも結婚の話をすることはあったけれど、
    「あなたと結婚しないなら私の未来はどうなるの?」といった気持ちはミジンもなかった。
    私が日本での再就職のために早めにやっていけそうか、NGか伝えてねとは言っていたけれど(笑


    とにかく今は、家の中では居場所が出来た。


    次は世間との繋がりで居場所が欲しい。ずっと仕事をしてきたのでやっぱり仕事がしたい。


    こっちに帰ってきてから、人づたいでバイトをしている。悪くないのだけれど、自分にはしっくりきていない。

    もう少し楽しめる仕事をやってみたい。
    今までやってたような仕事?もしくは全く違ってイタリアらしくピザ屋さんとか(笑


    --- 心のもやが引きつつある私です。


    ずっとブログに遊びに来てくださって気にかけてくださってる方へ。
    去年はそんなこと言わなかったやん。なんて怒らないで下さいね。
    正直あの「もや」の原因がここにあったことが、最近分かったし(笑、
    それに、どちらにしてもはじめてのイタリア生活だったので、当てのない「もや」を書くより、
    見聞きしたことを書くほうが自分も楽しかったし、書きたかったし、こんなん見たで~って自慢したかったし。

    私は結構要領よく見られるんですけどね、そうでもないし、どんくさいとこたくさんあるんです。
    まぁ、それはブログ読んでたらバレてるやろうけど(・∀・)


    あ、今日はセントパトリックデーですね~。
    緑のもの身につけて過ごすといいんですよ。 
    皆様よい1日を~ HAPPY ST.PATRICK'S DAY
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    makikissima  1. 私が

    今思っていることを、ナビアさんが代弁してくれた気分です。
    私はミラノに留学していた、とかしているとかいった日本人とは関われない、と今から自信0です。
    聞かれたら困るし関われないと思うのです。イヤですもの。日本人の友達はいらないと頑なになっている私。。はぁ。嫉妬ではなくほうっておいてほしい。。
    おまけに職歴0の私ですから…。
    それでもイタリアーニの友達は、「とにかく彼のためだけでいいからミラノに来い。それから出来ることはいくらでもあるし、勉強だって出来る。makikoなら大丈夫!!」と皆言ってくれます。
    私たちは結婚を第一目標にしているからそこはクリアなのですが…(結婚が一番互いの人生を安定させて一緒にいる方法だからと考えるからです)。
    あー、でも本当にわかります。
    ナビアさんが頑張られているのを見て、勇気がでました。
    よりよい明日を目指して頑張ります。
    2008/03/17 11:00 * URL [ 編集] | TOP↑

    ビリー  2. 初めまして。

    こんにちは。
    私も以前イタリア語を習いにいっていたことがありました。モデル志望のロシア人や芸術系の方などに挟まれつつ、一人、彼がイタリア人だからと習ってました。そのこれからどうするの?だめになったらどうするの?っていう質問。あまり聞きたくないものだったのでNaviaさんの気持ちが少しわかる気がします。
    遠距離だったため、同じ町に住むようになる前、だめもとで・・・と自分に言い聞かせながらいきがっていたかもしれません、私。
    言葉だって、知っていればいつかはプラスになると私は信じてます。
    あとは楽しいと思える仕事が見つかればいいですね!!
    私はその彼と結婚して海外転勤をしながら、専業主婦です。子育てに追われながら毎日を過ごしてます。
    2008/03/17 11:59 * URL [ 編集] | TOP↑

    結婚できる女・結婚できない女  3. 無題

    私は旅行と少しだけのホームステイだけでの海外生活しかなかったので正直ナビアさんが外国に住んでるってだけでスゴイって思ってたんですけどそこにはいろんな思いや葛藤があっての今なんですね。
    なんか軽率なコメントばかりしてたような・・・
    ごめんなさい。
    でもほんとに純粋に日本で見られないような写真がすごく素敵で吸い寄せられるようにここにたどりついたんですよね。
    またいろんな写真楽しみにしてます☆
    いろんなお話もきかせてください☆
    2008/03/17 12:43 * URL [ 編集] | TOP↑

    いちご  4. 私も☆

    最初元彼を追いかけての語学留学はちょっとその先が全然見えなくて不安でいっぱいでした。大学院に進学できて、奨学金もおりて、いろんな事が楽になりました。なんでアメリカにいるのか聞かれても、自分の夢をちゃんと話せるようになったから。だからナビアさんの思ってた事、感じてた事よくわかります。

    結婚したらもっと楽になるんだろうな~=3
    2008/03/17 12:58 * URL [ 編集] | TOP↑

    みなと町のカフェ食堂屋  5. 全然良いじゃん

    最高じゃないですか!!
    私馬鹿だからこんな気の利いたコメントできないけれど、心から応援したくなりましたよ。
    2008/03/18 01:30 * URL [ 編集] | TOP↑

    Burts  6. 海外で住んだ経験はありませんが

    私は思いますけど、何も“大志”を抱いて海外に住み、語学勉強しなくても良いとは思うのです。

    愛する人が生まれた国だから、それではいけないのでしょうか?

    確かに夢というか仕事のため、将来のためと言った目標があれば勉強に励み易くはなるかも知れません。でも、それはどんな動機であれ、理由に甲乙は無く、あくまでも語学を学ぶという点では“一理由”に過ぎません。

    今はあもーれさんと法律でも“婚姻”という形を取られたため世間からでも理解され易くなったのは良かったことだと思います。
    でも結婚前を恥じることも悔やむことも全くないと思います。
    私は結婚する・しないに関わらず、ナビアさんのような“愛する人のために海外に移り住む”人達を尊敬しますよ。
    海外での生活は日本以上に大変で、でも日本では経験出来ないことを沢山経験し、“人生勉強”出来ると思いますから。(^^)


    (済みません、真面目なコメント残して置いて何ですが…私、URL変えました。お手数ですが、お時間のあるときにリンク張り替えお願います(_ _))
    2008/03/18 16:22 * URL [ 編集] | TOP↑

    とこべえ。  8. 安心。

    ナビアさんのブログ読んでチョット安心。
    私も同じような悩みを抱えていたことだありました。
    妻になってそれだけで、「イタリアにいる理由」ができたような気がして今はとっても幸せです。
    他の人から見れば、たわいもない、モヤモヤなんでしょうが、
    このモヤモヤが原因でアモーレに八つ当たりしたりしてました。



    2008/03/19 20:49 * URL [ 編集] | TOP↑

    rakuen  9. たった一人で

    イタリアに行ったことは、すごいと思うよ。
    ほんと事実上、そちらの国では一人だもんね。
    でも、そのときのナビアさんは、とても強かったんじゃないかな。自分やアモーレさんとの絆、そういう信念があったから行動できたんだと思う。
    理由なんてホント人それぞれだから、他人が納得してくれる理由じゃなくたっていいやん、と思う。
    自分がそこに居たい、それを手にいれたい、そう思うことを素直に行動に移せることが大事なんだと思う。それが出来ない日本人は山ほどいるよ。
    (私も含めて)大事なのは行動することだと思う。
    ナビアさんは今、心安らぐ自分の居場所が出来て、心のもやも晴れて、すっきりしたところで、次のステップに向かってるんですね。
    これからも試行錯誤でがんばってください。応援しています。
    2008/03/21 12:47 * URL [ 編集] | TOP↑

    niconicolo  10. 楽しんで!

    すべては運命ですよ!
    これからは結婚生活を十分に楽しんで、味わって、また次の運に身を任せていれば、ナビアさんのような人徳のあるお方(ってよく存じ上げていないのにスミマセン)は、きっとステキな自分だけの仕事なり環境を手に入れられると思いますよ~。



    2008/03/23 21:01 * URL [ 編集] | TOP↑

    ナビア  11. コメントどうも☆ミラノに住んで

    makikissimaさん
    もしかしたら私達と同じうような思いで来てる人多いのかもしれませんね。特にミラノがちょっと特別な空気があるのかしら、多分他の場所だったらもうちょっと気分が変わっていたかもしれないです。でも大丈夫。こっちに来て寂しい時は呼んでください。お茶しましょう。来られる際は是非!!


    ビリーさん
    はじめまして。初コメントで励みを下さってありがとうございます!!
    さらに今、その恋が実って家族を持って、ビリーさん自身が子育てで毎日忙しくされてるっていう素敵な人生の歩み方のお手本を知って、なんか、同じような思いをした人が大きな幸せ掴んでるって思うとうれしい限りです!ありがとうございます!私も霧が晴れそうです!


    結婚できる女・結婚できない女 さん
    軽率なコメントだなんてとんでもない!!
    いただけたコメントとってもうれしいですよ!!
    私はたまたま縁があってここに居るんで、スゴイことはまったくないんですが(笑、でも写真やブログで楽しんでもらえてるって言ってもらえることがすごくうれしいです!ありがとうございます!


    いちごさん
    いちごさんはスゴク努力されてるんですね!素敵です!やっぱりどこかで努力したことって絶対あとでついてくるんですよね~、ほんまえらいですね!がんばってる人みたら私も!って思えます!ありがとうございます!!


    みなと町のカフェ食堂屋さん
    ありがとうございます!
    そんな元気をくれるみなと町のカフェ食堂屋さんのテラス席を私も応援しています!!


    schnappyさん
    ありがとうございます。
    おっしゃるとおり大志を抱く必要はないとなんとなく思っていたのですが、多分住んでいる場所がら、のんびりしてなくて、私もちょっと何もしてない自分にあせりがあったんだろうと思います。他のイタリアの都市だったらもっと別なこと感じただろうなって思います。
    そうやって「愛する人のために移り住むことはいいことだ」強く言ってくれるschnappyさんのコメントとその理由にschnappyさんのやさしさと、凛とした強さ感じました。ありがとう!URL変えます!
    2008/03/26 02:09 * URL [ 編集] | TOP↑

    ナビア  12. コメントどうも☆ミラノに住んで2

    Burts さん
    そうですよね。自分を信じて、自分の居る場所を信じて。ありがとうございます!!


    とこべえ。さん
    ただいま。カラブリアから帰ってきました~!
    とこべえ。さんのコメント読んで、私もさらにちょっと安心してしまいました(笑
    同じような時期があったんだ~って。うん、もやもやが原因でしょうもない喧嘩だってすることも、同じだって安心しました(笑
    ありがとうございます!!


    rakuenさん
    rakuenさんはとっても強い方ですね。いただいたコメントに芯の強い、しっかりとした信念を感じます。そしてそうやって言ってくれてありがとうござます。大切なのは行動すること。っていうことは分かっていても、ちょっと臆病になってかも。そしてこの言葉は去年1年は自分のものではなかったかも。久しぶりにそう思えました。今年は徐々にスイッチONしていきます。本当にありがとうございます♪


    niconicolo さん
    こんにちは!niconicoloかっこいい~!!そうよね、運命ですよね!なんだかミラノの雰囲気に流されていたんですが、帰国したり、結婚して環境が変わったりしてようやく自分らしいペースが取り戻せそうです。しかも私を人徳があるだなんて、、、そんな褒め言葉までいただいてしまいました。本当にありがとうございます!!ゆっくりゆっくりですが、ちゃんと人生楽しめるように自分のペースつかみます!!
    2008/03/26 02:18 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。