スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    ナカNaka1 カラブリアのパスクワの行事

    2008-04-01 23:40 / Category: 夫の実家はカラブリア
    2日前の金曜日には(詳しくはここをクリック)、イタリアの各地でビアクルチスvia crucisが行われる。

    これはキリストが十字架を背負って歩かされた受難の14の場面を再現したり、語ったりして祈りを捧げる。
    といったもの。

    ローマではローマ法王が行ったミサがニュースで流れていた。

    カラブリアでもビアクルチスは盛んに行われる。
    町によって始まる時間が異なる。
    車で15分くらいの町では、夕方6時ごろから、アモーレの町では夜9時を回ってから。といった具合。

    去年見たから、今年はナカを見に行こうとアモーレが言うのでそうすることにした。

    ナカNakaとは、ビアクルチスの絵巻物(パレード)と言ったら話がはやいかもしれない。

    ビアクルチスはキリストを先頭に人々が後へ続いて長い列になっていく。
    途中町を徘徊し、祈りの度に(14回)、みんなが立ち止まり祈りを捧げていく。

    ナカはミサの後、さまざまな衣装の人達が列をなして教会を出発する。
    この列にはそれぞれグループがある。参加教会ごとにグループに分かれる。
    ここでは4つの教会が参加していたので、大きく分けて4つのグループがあり、そのグループごとに
    キリスト役の人が裸足で十字架を抱えて歩いてく。
    長い列のためか祈りのための立ち止まりはない。


    ナカはもともとスペイン語で「ゆりかご」の意味。
    キリストが死んでから復活するまでの「棺」を指している。
    南イタリアがかつてスペイン領だった時、ナカのような形式のミサを教会内ですることを禁止されてから、
    路上に出るようになったのがナカの始まりらしい。


    予断ですが、カラブリアあたりの方言はスペイン語と同じ言葉っていうのもあるんですよ。
    おもしろいですね。また、ぼちぼち書いていきますね。




    さて、広場の人数が増えてきました。そろそろですね。
    naka2

    ナカが通る道沿いのバルコニーでは、綺麗な布を飾って歓迎の用意。
    naka1

    白バイの先導でパレードは始まりました。
    naka3
    旗を担いだ人たちがやってきました。
    写真上の方にバルコニーに綺麗な布をかけてるのが見えますか?
    ナカが通る道ではこんな風にベランダが飾られていました。

    写真が多くなるので次へ~


    2008年 パスクワでの話(クリックでとびます)
    パスクワ
    パスクワ明け
    クンフルンタcunfrunta カラブリアのパスクワの行事
    パスクワのお昼ご飯 カラブレーセ
    2回目のパスクワで
    ナカNaka1 カラブリアのパスクワの行事
    ナカNaka2 カラブリアのパスクワの行事
    ナカNaka3 カラブリアのパスクワの行事
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。