スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    BASSANO DEL GRAPPA バッサーノのアルピーニ

    2008-05-02 17:40 / Category: 旅 ☆ ミラノ近郊
    ミラノから車で2時間程走ると、ヴェネト州というところに入る。
    (ミラノはロンバルディーヤ州)
    ここヴェネツィアやヴェローナがあるところで、北イタリア観光するにははずせない州のよう。


    私達が行ったバッサーノの町というのもまた有名な場所。


    町の名前にも付いているグラッパというワインを蒸留してつくる強いお酒(アルコール度40度くらい)が
    作られることで有名だったり、
    アルピーニALPINIというイタリアの山岳専門の軍隊にとって大事な土地の1つだったり。
    小さい町なのに有名なことが多い。
    alpi1

    なんでも今年は毎年アルピーニが大きな集会をする場所が
    60年ぶりにこの町に帰ってきたとかで、町には国旗を飾って大歓迎ムード一色だった。
    alpi2
    alpi3

    そこまでしてつるさんでも。。。
    alpi4
    アルピーニは特殊な部隊で、山岳に限ってというのも変わっているけれど、
    この部隊に入れるのも、家族の誰かがアルピーニだった人とか、そういった血筋?がないと入隊できないらしい。

    アルピーニは国民に好意を持たれる職業だという。
    だからどこに行っても大事にされる。
    そして、とりわけこの町では重宝されるのかもしれない。
    (詳しい話はまた今度~)


    だから、アルピーニはアルピーニであること、アルピーニであったことに誇りを持つ。

    元アルピーニの人というのは、どこに居ても良く分かる。
    ちょっとした形式ばった時なんかは、アルピーニの象徴である帽子をかぶる。
    alpi8

    白髪の叔父さんがジャケットにこの帽子をかぶっているのを見かけることがある。
    そしてイタリア人はみんな分かる。あの人はアルピーニだったんだと。


    この町のイタリア国旗の多さに驚いて「すごいな、まるで、がちがちの右派な町に見える~」と言ったら
    アモーレは、
    「あ、南北イタリアを分裂したがってる政党あったでしょ、
     こないだの選挙であの政党の支持が一番多いエリアやで」
    と言った。

    そうして走っていると、その党の旗が立ってる、立ってる(笑
    もっと言うと、南北イタリアだけでなく、ヴェネト州だけ独立させようよ。という思考もあるらしい。
    ちなみに、イタリアの納税率はヴェネト州が1番とのこと。
    まっ、良く分かってないので、このへんで。


    ランチにしました。


    今はホワイトアスパラガスの収穫の真っ最中。
    そしてこのあたりのホワイトアスパラガスも名物です。
    パスタの中にそっと見えるのがアスパラガス。甘いの!
    パスタ、んまい!!
    alpi7

    お店の雰囲気はこんな感じ。
    alpi6

    La Cuccinaという名前のお店でした。
    ガイドブックにも載ってるみたいで、本を持って旅してた人が数組いました。
    alpi5
    白ワインを飲みながら、パスタとお魚を食べて気分もここちよく。
    さて~、本日のメイン、グラッパに行きますか~!!
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    nyaori  1. コネは大事

    アルピーニになるにも,コネが必要なんですね.
    イタリアのコネ社会は強烈ですよね?!
    私の友達の元彼(イタリア人)が「世の中で一番大切なのは,コネだ!」と言っていたのを,思い出しました.
    イタリアのそこは好きになれないな・・・.
    2008/05/07 15:01 * URL [ 編集] | TOP↑

    ナビア  2. コメントどうも☆nyaori さん

    ですね~、コネまくりですよね~(笑
    本当に「コネがあれば生きていける」って社会で、この時代でそれで周ってるのがすごいなっていつも思います。わたし、コネとかつくるの上手くないんですよね、ってことはいい生活が送れないってこと?(笑
    2008/05/09 19:46 * URL [ 編集] | TOP↑

    Monika  3. はじめまして

    Naviaさんはじめまして。元イタリア在住、現在はイタリアの隣の国に住んでいるMonikaと申します。
    このアルピーニの大集会のバッサーノに
    何も知らずに旅行で出かけて遭遇しました。(一昨日です)
    私はこの町に来るのは3度目で、今回も純粋に
    白アスパラとグラッパ、美しい景観を楽しみに旅程に組んだのですが・・・
    いやあ~~びっくりしました~
    バッサーノの手前20キロくらいの町からもう国旗、ポスターがズラリ。近づくにしたがって増殖するアルピーニ。(もどきもですが)
    中心街はブロックされていて車がとめられず、ようやく探し当てた駐車スペースから2キロ歩いてアルピーニのお橋に着きましたが、一方通行になっていて
    中心街に入って橋から出るためだけに1時間以上
    かかって迂回をしました。
    中心街は完全にアルピーニ一色で、みんなとっても楽しそうでしたが
    ただの観光客の私達はヒジョーに場違いな感じで・・・
    あと、とても右派な雰囲気も感じ(小さな子供がすれ違いざまに私達に"中国へ帰れ!”とか言うし、その他色々な東洋人への侮蔑の言葉が大人たちからもorz)あまり居心地がよくなかったのは残念でした。
    でもまあ貴重な経験ではありましたね・・・
    旅から戻って”アルピーニ”を詳しく知りたいと思い
    検索していたらNaviaさんのサイトにたどり着きました。イタリアの懐かしい風景、美味しいもの、暮らしていた時に自分も考えてた事など思い出しました。これからも時々お邪魔させていただければと思います。よろしくお願いします。
    あ、ちなみに白アスパラはバッサーノの山の上の
    レストランでアスパラづくしのコースが食べられました。美味しかったです。


    2008/05/11 15:12 * URL [ 編集] | TOP↑

    ナビア  4. コメントどうも☆アルピーニ

    Monika さん
    はじめまして!そりゃ~貴重な体験でしたね、なんせ60年ぶりのことらしいですよ。しかし、やっぱりか「中国へ帰れ」発言(苦 正直私も祭り前でしたがちょっと「大丈夫かね?」という気持ちにかられました。幸い、観光週だったし、外国人や観光客がいたので心配はなかったのですが、「当日来たらえらいめあうやろな~」とかアモーレと言ってたくらいです。帰りに別の村を通って帰ったのですが、そこでは町の小ささと似合わないくらい旗さしまくりでしたよ、1家につき30期くらい出してる?って思うくらい(笑
    私もあの町に行ってアルピーニに興味を覚えたのでもうちょっと調べてみたいなぁって思っています。そのうちひょこっとブログに書いてるかもしれません(笑
    アスパラずくし?!行きたい!どこ?(笑 アスパラ本当に美味しいですよね、私もかっちゃった。そして湯がいて食べました。美味しかった!アスパラ食べたらぴぴが臭くなるって知ってました?アモーレが毎回言うのですが、どなたかのブログでも同じこと言ってました。だから本当みたい。また遊びにきてください♪
    2008/05/14 04:10 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。