スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    ペルージャ3 学生の町Perugia

    ペルージャという町は、こんなに田舎でそんなに大きくないのに有名な理由の1つが、
    ちょっとした国際都市だということ。

    大学があるので学生が多い町ですが、
    ここには外国人大学があって、イタリア語の授業も英語で行われている。
    そんなこともあって、小さい町なのに外国人の割合が多い。というので有名なのだとか。

    私達が旅行に行った期間はGW。旅行期間だったのでさらに外国人が増えてたでしょうね。
    そういえばホテルのフロントの人は3人居たけれど、3人とも外国人でした。
    なぜ分かるかというと、顔や喋り方で外国人というのが分かるもんです。
    そんな私もここではバリバリ外国人で~す。

    古くはエトルリア人の影もある(ローマ時代より前)この町は、
    古いけれど若い町という、学生の町ならではの活気がある町です。
    古い家、古い伝統、古い町と自慢げに住んでいるのは、土地を愛す住人や若い学生達。
    まるで京都が魅力があるのと同じですね。

    per31

    広場Piazzaでくつろぐ人。
    per32
    per36

    ついた日はメーデーだったので、広場にはやぐらが組まれてライブをしていました。
    イタリアではメーデーの日にはコンサートやライブがあります。
    この広場でもみんなビール片手に盛り上がってました。

    +++

    ペルージャで見つけたドルチェ屋さん。
    per39

    イタリアでは、なんでもねずみのモチーフを使います。
    お菓子屋さんのドルチェもねずみが使われていました。
    食べ物にねずみ?!と矛盾を感じる私がおかしいのでしょうか?(笑
    per38

    チョコレート!
    per37

    イタリアでお土産チョコといえば必ず最初に目につくバーチチョコレート。
    このチョコの会社ペルジーナがあるのがペルージャです。

    イタリアには美味しいチョコを作る会社や風土がありますが、
    ここはチョコ産業でも大事な町。

    この町では毎年チョコレートフェスティバルがあり、
    道いっぱいにチョコレートのプロモーションをするらしいです。。

    昔はさ、道いっぱいに出したチョコレート屋さんが、配ったり、味見させたりで
    ショーやってたりで歩いてるだけでも楽しかったのに、最近はダメだね。
    どこも売ることばっかりで、ケチになってさ、もっと商売丸出しになってるから面白くないよ。

    とアモーレが言ってます(笑

    だけど、機会があれば是非そのフェスティバルに来て見たい。

    私も、ペルージャ産のチョコを買って食べました。

    大きい金塊のような形のチョコレートを、チョコレート屋さんに欲しい分だけ切ってもらいました。
    5cm弱のスライスにしてもらったかな、食パンの半分くらいの大きさで。
    8ユーロ(1400円)だった。
    払った瞬間は「本場で買っても高いな」と思ったけれど、
    食べたら納得!!
    本当に口の中で溶けちゃうのよ~。そしてほのかな甘さと誘惑のかおりが口の中に残ります。
    これは贅沢!!

    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    いちご  1. わ~

    みんな本当にぼ~としてますね。。。

    ドルチェ本当においしそー!!
    でもネズミのモチーフってすごいですね。結構リアルに作ってあるし。。。ギョギョっとしてしまいそう。。。かわいいけど。。。(^▽^;)
    2008/05/10 02:10 * URL [ 編集] | TOP↑

    Sette  2. 美味しいよね~

    私も一度、チョコをお土産に買ったことがあります。美味しかった~。あの、階段のところで皆が座っている景色、なんだか懐かしい感じがしました。
    大学へ行くほうの道かな~、に小さな教会があるんだけどさ。目の前に小さな芝生の場所があって。そこにちら~り入ったら、ミサ後(?)の神父さんが奥につれてってくれて、絵を見せてくれたよ、自慢げに(笑) 結構キレイだったんだけど、イタリア語できないからさ~、一生懸命テレビを思い出してみ、み ぴあ~ちぇ・・・・・・って言ったのを覚えてる。赤んぼじゃねぇんだから(笑)
    2008/05/10 04:56 * URL [ 編集] | TOP↑

    aicoms  3. 無題

    この写真のパスティチェリアはもしかしてヴィアコンドッティにあるティラミスの名店では!?
    私もかつてはあの階段に座ってぼーっとしながら友達と過ごしていた学生のひとりでした( ´艸`)
    2008/05/10 07:52 * URL [ 編集] | TOP↑

    nyaon2  4. こんにちは!

    私もペルージャと言えば「ナカタ」です。
    チョコレートが有名なんですね!
    食パン1枚の半分で1,400円ヽ(*'0'*)ツ
    でも納得いけたならいいですよね!
    ナビアさんのブログを見ていると、写真もいっぱいでまるで自分も行ったような気になってしまいますよ~。
    2008/05/10 13:53 * URL [ 編集] | TOP↑

    rakuen  5. 食べてみたいなー

    ちょっと高いけど、とろけてしまうんですね!
    あ~、食べてみたい!
    ほんとチョコレートは幸せな気分にしてくれますよね♪
    2008/05/11 19:03 * URL [ 編集] | TOP↑

    positive0thinking  6. ドルチェって

    サイゼリヤで食べたことありますo(^-^)o結構好きです☆

    日本で外人サンが多いのって大阪府の枚方とか京都外大の周辺っていう感じがします。どうなんでしょうか?

    大学とかで一時ぼーとするのも何だか幸せですよね。当たり前なことだけど、出来ない人だっているし。
    2008/05/12 01:03 * URL [ 編集] | TOP↑

    hone  7. バッチ♪

    大好き~、4個入りしか、それもお財布に根性入ってる時しか買えないけど。
    おいしい!
    これ、一個ずつに「詩」「格言」「お言葉」?みたい紙片が包み込まれてた…と思います。
    読めなかったけど。ロマン感じた(お説教だったらガッカリです)
    2008/05/12 19:30 * URL [ 編集] | TOP↑

    ナビア  8. コメントどうも☆ペルージャ3

    いちご さん
    ほんと、私も「ねずみって。。」っていっつも思うんだけど、こっちの人好きですね~。


    Sette さん
    いいな~、私その教会覗いてないよ~!やっぱりチョコ買った?やっぱり美味しいよね、ここに座って食べた?(笑 こうやってただぼーっとしてる場所があるっていいよね、日本だとなかなか街中でぼーっと座れないもの。


    aicoms さん
    ええ~!!そんな場所があったんですか?!!ううん。メイン通りのBarなんですよ。そうなの、そうなの、そのティラミスの名店の情報、先に知ってればめっちゃ行ったのに!惜しい!次の時のために教えてください~!!


    nyaon2さん
    でしょ、ナカタでしょ(笑
    ありがとございます~私も写真UPしてるともう1回行ってる気分になってます(笑 それにブログ書くと、どこ行ったか思い出せるので自分の脳みその整理にも一役かってます(笑


    rakuenさん
    ほんと。悩んでるときはチョコレート。
    これ、結構利きますよ、今度やってみて。
    美味しいチョコ食べると幸せになれるから不思議です。ほんとに利きますよ~♪


    positive0thinkingさん
    おお~、サイゼリアって大阪ではそれほどないんだけど見たことありますよ~!
    ドルチェってことはイタリア料理のお店ってことなんですね♪
    確かにあのあたりは外人さんが多いですね、やっぱり外国人科があると集まるんですね~。そういう町は楽しいですよね!


    hone さん
    そうそう。甘い言葉が書かれてますよね。
    以前マイミクのステの助があの格言を書いてました。私も今度チョコ買ったらブログに書きますね。
    (あれがお説教だったら、金払ったのに説教かい!って甘い気分もとんでしまいます(笑)
    2008/05/14 03:57 * URL [ 編集] | TOP↑

    nyaori  9. 私もBaci大好きです

    でっかいチョコ・・・羨ましいです.
    Baciも食べたいな・・・.
    ところで,ペルージャの外国人大学って,イタリア語を英語で教えてるんですかね?
    以前見た資料には日本人(又は日本語が話せる)スタッフが居るとも書かれていた様な気がします.
    私はシエナの外国人大学に通っていたのですが,授業はイタリア語で行っていましたよ.
    入門レベルの時の担任の先生は,英語は絶対使わない/使わせない方針でした.先生のおかげで,初めは名前・出身・年齢位しか言えなかった私もへっぽこながらもイタリア語風の言葉がはなせる様になりました.
    ペルージャに行っていたら駄目だったかも・・・.
    2008/05/14 11:14 * URL [ 編集] | TOP↑

    ナビア  10. コメントどうも☆nyaori さん

    こんにちは、ペルージャの大学の話ですが、実はきちんと調べてなくてブログに書いてしまってすみません、そういわれるとそうですよね、英語はダメって言われないといつまでも使ってしまいますよね。ちなみにイタリア語学科だけではなくて、大学の授業全部が英語って話を前に聞いたことがあります。これも含めて近いうちに調べてブログをこっそり書き直しますので(さりげなく(笑、またチェックしてもらえたらうれしいです♪
    2008/05/16 22:29 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。