スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    Umbriaの旅 マルモレの滝Cascata delle Marmore

    ペルージャを朝早く出てマルモレの滝に向かう。
    宿のおじさんに道を尋ねると、
    「幹線のって、(滝のある)町の看板通りにまっすぐ行けばいいよ、小1時間だね。」
    と、とても的確でない答えが返ってきた(笑

    幹線を走っていると、カヤックを積んだ車を見かけるようになった。
    どうやらここからそう遠くはないらしい。

    少し道に迷ったけれど、突然近くに(本当は遠いけれどあまりに大きかった)滝が見えた。
    一気に2人ともテンションがあがった。

    と、道が分かれていた。

    滝の上流部に行くのと下流部に行くのと駐車場が分かれているらしい。
    私は即答で「上流部!」と言ったけれど、アモーレは下流部に行く道を選択してしまっていた。
    「これだけの観光地にたったこれだけの駐車場?」と思えるスペースだったけれど、なんとか車を置けた。

    さぁ、マルモレの滝へ!!
    滝のしぶきが遠くからでも見える!
    ma1

    この橋を渡ればマルモレ下流部の散策コースが始まる。ma3
    散策コースは3つある。
    +++
    ●コース1・・・1周1時間~くらいのコース。滝の上流部の方へ行けるコース。
    滝の内部(?)から見える。
    だけど、それを見れるのはコース中盤のポイントで、
    それ以外はずっとトンネルのような場所を歩く。
    ●コース2・・・1周40分~くらいのコース。滝の中流部のコース。
    滝をマジカで見える場所もあり、緑も見えて散策にはお勧め。
    ●コース3・・・1週30分~くらいのコース。滝の中流部~下降部のコース。
    穏やかな滝を見ながら、森林散策をする人にお勧め。

    なお、コース2とコース3は交わるポイントがあるので、コース2を行くのがお勧め。
    +++
    と、現地職員が言っていた。
    ので、彼を信じてコース2を歩くことにした。


    ごぉ~!という音とがすごい。服も湿気るよ~。
    ma2

    滝の音は大きいけれど、心地いい音で。こんな間近できける。
    ma4

    中流部といっても、こんなに高い。たった1枚だけ虹のかかった写真♪
    ma5

    大きな大きな水。
    ma8

    中流部を歩いているときは、服も濡れるし気温も低い。ジャケットを羽織る。
    少し滝から離れると5月だけれど強い光で体を刺す。
    そしてジャケットを脱ぐ。散歩中そのくりかえし。

    このあたりまで降りてくるとやや下流部。
    このあたりの流れになるとカヤックとかが出来るみたい。
    今朝会った人たちかしら?カヤックで通りぬけた。
    ma6

    さて、この滝になぜ来たかというと、実はとても有名な滝だから。

    この滝は高さ165mで、それはなんとヨーロッパ1。
    というので有名。

    それもすごいが、

    この滝は人口滝!というのがもっとすごい。
    この自然に囲まれた滝が人口?!というのがただびっくり。

    さらに、

    これはローマ人が造ったって。
    BC290年、川の氾濫からの土地を変えるために着工したと。


    いろんなことでスケールがでかい!!


    長い時を越えて、今もそのまま使われ、憩いの場にもなっている。
    昔もやっぱり、こんなに木が生えていたのかしら、
    人々はピクニックに来たのかしらなんて、
    また、歴史ロマンに浸ってしまった。
    いや~、行ったら浸らずにはいられないよな~。


    さて、最後のびっくり。


    この滝の水は水門で調節されている。


    近くの湖から水を引いているこの滝は
    朝9時から午後1時まで全開開門。
    午後3時から夕方まで全開開門。
    それ以外は全開ではない。
    つまり、滝の水の量が減る。

    つまり、つまり、本当に人口の滝。
    滝が大きなうねりになるのは「人の為」

    そこまでコントロールされているのに、
    造られた自然の侘しさがない。
    豪快な滝。

    こういうこと出来たローマ人って本当に偉大だなぁ。


    下の写真は午後1時すぎ。水門が少ししまっている状態。
    1枚目の写真は同じ箇所を写してるの(思いっきりアングル違うけど)
    写真にちらっと、この場所が写っていて、おおきなしぶきを上げて水が流れてるの、
    この写真は水もしぶきも激減してる。
    それでも、大きな音をたてて滝は流れていた。
    ma7

    rikmauさんkasumiさんのところにもマルモレの滝の話があります♪
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    さりすけ  1. 無題

    わ~!!滝、すごいです!!滝大好き~。見ると感動するし、マイナスイオン大噴出って感じで癒されますよね~。いつかここに絶対行ってみたい。それにしてもこれで人工か!?
    2008/05/16 23:58 * URL [ 編集] | TOP↑

    Sette  2. た・・・・・高いね

    結構・・・・・怖いわ、ちょっと(汗) 眺めは素晴らしいね。人工ってのがすごいよ。全然見えない!これを作った人はすごいね♪
    2008/05/17 02:55 * URL [ 編集] | TOP↑

    nyaon2  3. こんにちは♪

    大自然の偉大さ!って思ったら人工なのですねヽ(*'0'*)ツ
    古代人はすごいことやってのけますよね、ほんと。
    滝の近くは寒いですよね、確かに。
    虹がかかってキレイですね♪
    マイナスイオンたっぷり、ありがとうございます(。-人-。)
    2008/05/17 12:43 * URL [ 編集] | TOP↑

    シュナP  4. 初めまして

    すごい滝ですね~。行ってみたい!
    2008/05/17 19:31 * URL [ 編集] | TOP↑

    Michie  5. こんばんわ

    リンクとコメントをありがとうございました^^

    私は滝の中間地点の散策はしなかったのですが、どこか神秘的な雰囲気の漂うこの地点ステキですね~ヽ(゚◇゚ )ノ

    写真と楽しいお話がいっぱい詰まったステキなブログ♡また、ちょくちょく遊びに来させていただきます。こちらこそどうぞよろしくお願いしますね。Baci
    2008/05/18 18:49 * URL [ 編集] | TOP↑

    ナビア  7. コメントどうも☆滝

    さりすけ さん
    さりすけ さんとこの地元もすんごいマイナスイオンでまくりですよね~、いつも写真から伝わってきます♪この滝、人口ってとこがすごいでしょ。びびった!


    Sette さん
    うん、長い年月かけて森みたいになってたよ~!って最初からそういう風につくってたかもしれないね~


    nyaon2さん
    ほんと、ストレス社会だからマイナスイオンたっぷり浴びてください(笑


    シュナP さん
    はじめまして!ほんとうに大きな自然の中の滝でびっくりしました!機会があれば是非!おすすめです!


    Kasumiさん
    早速の訪問ありがとうございます!
    Kasumiさんのブログ、HPともども、ものすごく詳しいし、かっこいいですよね!また遊びにいかせてもらいます!


    Michie さん
    楽しかったです♪今本当に気温が良くて、濡れてもすぐ乾くし(笑 私もカヤックしたい!今度は挑戦します!!(笑
    2008/05/19 06:16 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。