スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    私がここに居る理由

    2008-01-17 19:32 / Category: ブログ
    こんにちは!ナビアです。

    ようこそ!ブログへ!
    ようこそ!プロフィールへ!

    遊びに来てくださってありがとうございます。
    イタリアで来た見た勝った!な日常のことを書いてます。

    この先どれくらいここにいるか未定なので、とにかくここでの生活を楽しみたい!と
    思いながら、腹立つことも多かったり(・∀・)



    私はnavia +++ +++ +++ +++
    「結婚するまでに、大好きな国で海外生活してみたい」と
    大好きな音楽の国アイルランドへ、有り金はたいてご留学。
    一度目の留学は首都ダブリンへ。
    留学が終わる前に旅行で訪れたコークにもう一度行きたくなって、2度目の留学。
    2度目の留学も慣れてる場所、ダブリンから始まり、
    それからコークへ都市を移した。そこでアモーレと出会う。
    大阪話や沖縄話が出てくるのは
    私の出身地(大阪) & 母親が沖縄離島出身 & 私が琉球三味線教室に通っていた頃の友人と
    今も仲良くしているため。

    イタリアへ来て大阪弁で話さないようになった。(もちろん、大阪弁で話す人とはばりばり大阪弁♪)

    ●大阪弁で話していると、関東の人に「きつい」とか「大阪弁って~」ってと
     大阪弁論議になることに、大阪人のノリとサービスで返事するのにあきた(笑

    ●アモーレに大阪弁で「なんでなん?」って言われてびっくりしたから(笑
     キャラの濃い外国人の大阪弁は楽しいけど、
     キャラの濃くない、おとなしいアモーレがこの先、
     大阪弁を話す →
     「外国人が大阪弁」というギャップに周りの日本人が爆笑 →
     本人びっくりで、日本語を話すことが恐怖症になりかねないので。
     それでも大阪らしい単語は習得してもらうけれど。



    夫はアモーレ +++ +++ +++ +++
    1週間だけ語学学校が重なった。
    同じアパートに住んでいたご近所さんだった。
    アイルランドで就職の後、イタリアに戻り働く。
    2011年春より転職で職場はスイス。
    いわゆるイタリア人っぽい感じのにおいがしない人。シャイ。
    カラブレーセ(イタリア半島のつま先あたり、カラブリアの出身)、なので私の知っている南イタリアの田舎の風景は
    カラブリア。


    2人のこと +++ +++ +++ +++
    付き合ってしばらくして遠距離に。
    その間アモーレ2回日本へ、私1回イタリアへ行く。
    遠距離の期間は1年2ヶ月、2人はもうだめ!だと示唆されているように感じたこともありました。
    私がイタリアへ来ることに1
    私がイタリアへ来ることに2
    半年後プロポーズで、結婚の意志をお互い固めて
    ○アモーレのご両親が賛成ではなくいろいろありましたが(なが~い話になります)
     ☆結婚の報告1
     ☆結婚の報告2
     ☆結婚の報告3
     ☆結婚の報告4
     ☆結婚の報告5
     ☆結婚の報告6
     ☆結婚の報告7
     ☆結婚の報告8
     ☆結婚の報告9
     ☆多すぎたテスティモーネtestimone
     ☆断われないなら教会で?
     ☆結婚する場所
     ☆アモーレの決断
     ☆パパとマンマの決断

    約半年後、2007年末日本で結婚。
     ☆その後のアモーレ家との話はこのあたりから~(笑

    ○マンマと自分で勝手な和解をしてから(笑、
     2008年9月にイタリア・カラブリアの教会で結婚式をすることに。
    ☆★☆ 南イタリアウェディングメニューへ ☆★☆


    ○そうしてアモーレとミラノで暮らして4年程たった2011年、
      家の賃貸契約が満期を迎えるにあたり、私たちは引越しすることに。
      ミラノから小一時間のスイスとの国境の町、コモに引越し。
     ☆ミラノからお引越し1
     ☆ミラノからお引越し2
     ☆ミラノからお引越し3
     ☆ミラノからお引越し4


    ○ 現在ミラノから北へ1時間、イタリアとスイスの国境の町コモ在住です。



    どうぞよろしく~
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
     管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2013/04/17 02:24 * [ 編集] | TOP↑

    ○井さん☆ご質問のお返事です。 Re: 質問
    イタリアの国鉄でそのままスイスに入れます。
    イタリア国鉄駅の名前はコモ・サンジョバンニComo S. Givanni駅です。1時間に1、2本出ています。
    コモ・サンジョバンニからメンドゥリーシオは15分ほどです。
    時間等詳しくはご覧になられたページから、Trenitaliaのページ、もしくはガイドブック等を参照ください。
    素敵なご旅行を!
    2013/04/24 23:57 * URL [ 編集] | TOP↑

    綾 ラバ 
    こんにちは。はじめまして。
    スイスのチューリッヒに去年10月引っ越してきたものです。
    習字を習いたくて検索したら偶然見つけました。
    過去の日記を拝見させていただくうちに、なんだか元気をいただきました!!偶然に感謝です。
    これからも愛読させていただきます!!
    2014/01/03 17:06 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆綾 ラバさん 
    はじめまして。
    コメントありがとうございます!
    チューリッヒ暮らしはだいぶなれられましたか?私はこちらの生活に慣れたと思って安心していると、がツンとイタリアのシステムにやられる日々です(涙 でも、それなりに楽しんでいます!
    お習字のこと探されていたんですね!すごく偶然!じつは年末からお習字について聞かれることが重なってるんですよ。何か不思議な縁を感じます。
    近々お習字教室の様子をUPしますね、こちらに通われている生徒さんはとてもお習字を楽しんでらっしゃいます。
    綾さんも楽しめるお習字教室がご近所でみつかることを願っています!
    過去の日記も読んでいただいてほんとうれしい!新年からいい出会いをありがとう!どうぞよろしくです♪
    2014/01/11 07:28 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。