スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    カラブリア婚~結婚のエトセトラ~結婚するまで守るもの

    2008-06-10 20:00 / Category: イタリア de ウェディング

    一般的に2人が結婚を決めたらまず、両家に報告し、晴れて了解が得られたら
    1年後~1年半後をめやすとして、住む場所を決めたり、挙式について考えだしたり。
    順序手順は日本とほぼ日本と一緒。


    少し日本と違うのは、「婚約後、結婚するまでのほぼ1年~は2人きりで会うことはできない」ということ。


    これは宗教からの意識で貞淑を守るため。
    結婚を決めた2人が会いたいときは、必ず2人の友達か肉親が一緒に居るということが大事になる。
    だから、しばしば若いカップルにマンマが3人で行動している姿を見かける。
    これは結婚前にありがちな光景ということになる。

    この光景もセレナータ同様今では少数派。

    2人のデートに親が必ず付いてくるというのはロマンチックでもないし、
    少々めんどうくさいことでもあるので、今では当人達も、親たちも必要ないと思っている
    行為だけれど、それでも行う人はいる。


    イタリア人というのは意外と貞淑で結婚まで童貞です、処女です。という人たちが結構いる。


    イタリアのテレビなんて、ぎらぎらの美人が胸元あきあきのドレスで登場したり、
    下着のような服を着て踊っていたりする。
    視覚的にエロエロな国と思う(笑

    町のベンチでは高校生、いや中学生ほどのカップルがちゅっ、ちゅっしている。
    こんなに若い時から、かなりカップルっぽい貫禄がある。つまりういういしさはない。そしてちゅっ、ちゅっしている。
    大人だって道端でちゅっ、レストランでちゅっする。
    大人も子供もスキンシップバンザイな、アモーレな国。


    そんな環境なのに、SEXに関しては明らかに一線置いている。
    もちろんそうでない人も山ほどいる、だけど守ってる人の割合は低くない。
    南に行くほどその率は挙がる。
    これは信仰からくる文化背景が大きいと思う。(南にいくほど信仰心が増すというイタリアの認識がある。)
    そして、南にいくほどなにもSEX観だけではなく、
    一般的に閉鎖的でもあり、古い考え方がまだまだ残っている。


    カトリックを含む多くの宗教は、結婚する人=初めてSEXする人 というのが多い。


    そこで、先ほどの「結婚するまで2人きりで会えない」という話になる。


    結婚を決めた相手と、万が一結婚前に間違いが起きてはいけない。
    そこで友人、家族が2人と行動を共にするという行為が行われる。


    これも1つの文化。私はちょっとこれは好きではないけれど(笑


    イタリアでも性の崩壊は著しい。
    カトリックとしては中絶やコンドームの使用は認めていない。
    もちろん法律としては合法。
    学校でコンドームの使用方法を教えるか?という話題にカソリックが否定した。時代の進歩と開く宗教観!といった内容の報道がされたのは今年に入ってから。
    また、
    イタリアの中学生が学校の教室で仲間の前でSEXをした。
    その様子をYOUTUBEにUPして大問題になったというニュースも今年だった。


    やはり、この先、この婚前3人トリオ(勝手に命名)風習もなくなっていくのかもしれない。
    そう思うとさびしい気がする。自分はしたくないけれど(笑


    ところで貞淑なことと、教会でのドレスの色は固く関係している。
    貞淑=白 なわけで、もう初夜を迎えてしまった人は白をまとってくれるな。というのが
    熱心なカトリック信者のノンナ(ばあちゃん)の考え。

    「ナビアちゃんドレスは決まったの?白だけは辞めておくれよ。白の意味は分かるでしょ」

    と念を押されている。つまりもう、アモーレと一緒に暮らしているのだから
    神や夫に貞淑ではないのだからと言っている。

    そんなノンナにマンマは

    「何言ってるの!色つきドレスを着たら、みんなが(再婚と)勘違いするでしょ、
    それに今は再婚者も白を着る人もいるじゃない。 ウェディングドレスは白よ。それ以外ありえないわ。」

    と強い口調で答えていた。

    こういう会話になったら、イタリア語がワカラナイふりをして切り抜けようと
    気をつかっているカラブリアでの新妻な日々(・∀・)


    イタリア・カラブリア式 ウェディング
    ----------------------------------------
    ☆★☆ 南イタリアウェディングメニューへ ☆★☆
    ----------------------------------------
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    Sette  1. 確かに・・・・・

    色つきを着ると、いかにも「既に私達は~」って感じはするよね(笑) お婆ちゃんの気持ちもわからなくはないけれど(彼女の時代はそれが当たり前だったんだろうし)ちょっとねぇ。イタリア人だって皆白着てるでしょ。ういういしくなくたってさ(汗)
    若い子は早く大人と同じことをしようとする。そんなにいきいそがなくても逃げないんだけどね~。
    2008/06/10 23:31 * URL [ 編集] | TOP↑

    Navia  2. コメントどうも☆結婚するまで守るもの

    Sette さん
    やっぱり白を選択しちゃうよね。自分から選んで色つき選ばないよね~笑
    写真ありがとう!今日見ました!!さらに!!ごめんね、写真をPCにつなぐケーブルが行方不明だったからPCに取り込めなかったんだけどミラノの写真送るね~!!遅くなったけどまっててね!
    2008/06/16 02:40 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。