FC2ブログ

    イタリア人と日本で結婚する方法

    2008-06-16 20:31 / Category: ニッポン de ウェディング
    ここのところVISA取得関係の質問メールを頂くことが続いて気がついた。

    たった半年前なのに、あの時のめんどくさい苦労の1つ1つを忘れかけている(涙
    忘れてしまわないうちに記録的に残して書いておこう。と思っていたのに書いてなかった。

    覚えてること、思い出したこと書いていくので、参考にしてもらえれと思います。


    +++

    まず、下記の方法は「イタリア人と日本の法律で婚姻する方法」です。
    イタリア人とイタリアで婚姻する場合は方法が違ってきます。(もうちょっと楽だと友達は言ってた)

    +++

    まず、ネットで情報を集め時にnebichanさんのブログを知りました。
    ひじょ~に分かりやすく記載されていてブックマークして何度も見ました
    (ありがとうございました!)

    以下、nebichanさんの内容とほぼ同様ですが、私の場合の条件に追記、変更しています。
    文章中のリンク先には細かい内容、エピソード等を書きました。

    Step1 婚姻要件具備証明書(詳しくはクリック)を取得する

    ■あなた(日本側の人)が用意する書類
      ●戸籍謄本
      ●住民票
      ●パスポートもしくは免許証等の写真つきの証明書を持って、
       法務局へ(法務局があなたの婚姻用件具備証明書を発行してくれる)。
       私は大阪の法務局へ手続きに行った。 
       ※無料。翌日発行。

    ■★上記書類を持って、外務省へ(法務局と近い)。これらの書類にでアポスティーユというハンコを押してもらう。
      このハンコがつくと、日本国内の書類も公的国際文書扱いされる(詳しくはここ)
       ※無料。翌日発行。

    Step2 出来上がった書類を伊訳してもらう

    ■この作業が出来るまでに、イタリア領事館の婚姻の係りの方へ作業手順をメールで聞いておいてください。
      その返信メールに、イタリア大使館(領事館)指定の翻訳者一覧の連絡先が送られてきます。

    その中から翻訳者にアポイントをとり、上記★の書類を伊訳してもらう。

    Step3 宣誓供述を行う(待つだけ)

    ■伊訳した内容に対してイタリア領事館で宣誓供述を行う。
      翻訳者さんが行ってくれるので、自分でなにかしなければいけないことはない。
      宣誓供述は1通あたり3050円(2007年末)。書類3通行うので1万円弱。
      この料金を翻訳料に盛り込んでお支払いする。
      その後、それらの書類を翻訳者さんから家に送ってもらう。もちろん送料もこちらがお支払い。
      (私は取りにうかがいました)

    Step4 委任状の作成

    ■イタリアでは婚姻前に、教会でも市役所でも
      「アモーレとナビアが結婚します。意義ないですか?」という公示pubblicazioniを12日間ほど行う。
      今集めている書類はその公示のために必要な書類たち。
       
      これらが出来上がると、これらを持って、本人達が市役所に行って公示の手続きを行う。

      が、本人が出向けない場合は代わりに出向いてくれる人を探し、委任状を作成する。
      その委任状も領事館で作成してもらう。1通5900円(2007年末)。
      私が出向けないので、私はアモーレに委任する委任状を作った。
      これも領事館から送ってもらう。これも私は取りに行きました。

    Step5 これらの書類を相方(イタリア)に送る

    ■上記全ての書類と、パスポートのコピーを、郵便局のEXPACKで送って5日程、2000円くらいだった。


    Step6 結婚の公示を行う(待つだけ)

    ■上記の書類を持って、アモーレが市役所に行った。そして公示の手続きを行った。
      アモーレの市役所に私達の名前の紙が張り出されていたんだろうなぁ。。。

    Step7 公示証明書の発行

    ■公示(CERTIFICATO DI ESEGUITE PUBBLICAZIONI)公示が終わると、市役所から完了証明書が発行される。
      つまり、結婚するに問題はない。という証明が出来る。

    Step8 婚姻用件具備証明書の発行(待つだけ)

    ■ここからは、アモーレと日本のイタリア領事館の仕事になる。
      今回は年末年始の10日ほどにアモーレは観光VISAで入国し、婚姻する。
      とあって領事館の開館日、うちの市役所の開館日とにらめっこだった。
      (イタリア領事館はクリスマスの休みがあるので)

    ■アモーレの行った手順はこう。
      Step7で出来上がった書類と、私のパスポートのコピーを
      FAXとE-mail(写真でとって)で大阪のイタリア領事館の婚姻の係りの方宛てに送る。
      (私のと担当の方は違った)
      そしてアモーレ(婚姻用件具備証明書)を日本語とイタリア語で作成してもらっておく。
      アモーレが何度か連絡し、書類が年末に必ず出来ているようにお願いした。
      (結構この作業が大事!!)

    Step9 書類をとりに行く

    ■アモーレが関空に到着して直行でStep8の書類をイタリア領事館に取りにいったなぁ。
      オリジナルのパスポートとIDと婚姻用件具備証明書を見せる。 
      内容確認して領事官庁がサインして渡してくれた。



    上記でようやく、日本の法律で結婚するための書類が出来上がりました!!
    ここまでで、かかった時間は約3ヶ月弱。
    翻訳者探しとpubblicazioniあたりに時間がかかったと思う。


    Step10 日本の法律で婚姻する。

    ■日本の婚姻届、アモーレのパスポートと結婚要件具備証明書をもって、市役所へ。
      疑問だった空白欄を市役所の人に教えてもらいながら埋めていくと、 婚姻届は受理された。
      晴れて夫婦になりました♪


    Step11 結婚受理証明書をもらう 


    ■これは、イタリアの法律でもこの婚姻が有効である手続きをしてもらうためです。
     婚姻届が受理されたら、その場で結婚受理証明書を発行してもらう。
     ※無料、すぐ発行。


    Step12 イタリア領事館に提出する書類を集める

    ■日本の法律では婚姻が完了したので、そのことをイタリア領事館に報告する。
     これでイタリアでも婚姻した扱いになる。

    ■提出書類は、新しい戸籍謄本(年末年始だったので1週間くらい待った)と、Step11の書類を
      Step1に書いた★に持って行ってアポスティーユをもらう。
      上記書類とパスポートをイタリア領事館に持っていく。


    そして、2週間ほど待ては、イタリア側の婚姻も完了となる。


    私の場合、その後にイタリアで住むことになっていたので、この手続きの後に、
    VISAの取得手続きに入った。


    イタリア人と婚姻までの話はここまで。これから先の処理は、次の話で。。。

    あ~、長いですね(汗。
    これが覚えている全てです。正直書類集めしている最中は疲れました。
    ネット検索でこのページにたどり着いた皆様!!大変だけれど頑張ってくださいね!

    イタリア相手だと、なんでもなかなかスムーズには行きませんが、
    落ち込まないで!!
    私も何度も「めんどくせ~」って落ち込んだけど、なんとか出来ました♪
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    シュナP  1. く~~~~~((+_+))

    めんどくさい~~。愛がなければできませんな!
    2008/06/16 21:19 * URL [ 編集] | TOP↑

    ビリー  2. 無題

    私のときはもう7年ほど前で両方が日本にいてイタリアで式を挙げようとして奮闘したのを読んでいて思い出しました。
    アポスティーユなどそれまで聞いた事もなかった単語が出て「???」だったのを覚えています。
    2008/06/16 23:00 * URL [ 編集] | TOP↑

    Sette  3. 思わず・・・・・

    書類関係の所はちょっと飛ばしちゃったよ(笑)
    すんげぇ色々やる事が多いね~。
    めんどくさいけど、やらないわけには行かないしねぇ(汗)
    2008/06/17 02:14 * URL [ 編集] | TOP↑

    まみこんぶ  4. 無題

    ほんと、「おめでとう」というよりは、「お疲れさま」って感じですよねー。
    私は在伊日本人との結婚だったので、結婚は普通に簡単だったけど、
    そのあと私の家族呼び寄せビザの取得に2年半費やしました。
    面倒くさかったぶん、お互いの絆が強まりますよね。
    夫婦喧嘩しても「いや、でもあんな面倒なことを乗り越えたんだし、
    と思えばなんてことなかったりするし(笑)
    結果オーライ?ですよね。


    2008/06/17 10:12 * URL [ 編集] | TOP↑

    Michie  6. こんにちは♪

    こんにちは♪
    sanaeことnebichanです。リンク&私のブログへのコメント、どうもありがとうございます。
    私は手続きしてから、もうすぐ2年が経つので、さらに記憶が・・・・(^^;)。この記事を読みながら、そうそうこんな手続きだったなぁと過去がよみがえってきました(笑)。
    ホント、イタリア相手だとこちらが思うようになかなか進まないですが、だけどそれを乗り越えて一緒になれたときは、本当に嬉しいですよね。
    2008/06/17 15:06 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top