スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    甘辛ドレスが到着

    2008-09-03 23:04 / Category: OKAN
    日本のサイトから注文したおかんが買ってくれたドレスがぎりぎりで今日ようやく届いた。
    到着までは、おかんもマンマもアモーレも私もかなりヤキモキした。

    +++

    去年日本で式を挙げる前から、「イタリアでの挙式には参加しない」という暗黙の空気が
    親と私の間に流れていた。
    そこには何も不満はなかった。1度参列してくれればそれで十分だと思っていたから。

    イタリアに戻ってきて、こちらでの挙式の日取りを決めてから、
    親や友達に連絡した。もちろん1度参列してくれた友達だから出席をお願いするわけではなくて、
    近況報告としてメールした。
    4月のことだった。

    5月になって友達からメールが届いた。
    「ナビア~!なんとか休み調節するで~!また挙式行くで~!!めっちゃ楽しみ♪」

    から、
    「休みとったで~今からチケット探すで~、どこ行き買えばいいん?」

    というメールが来た。なんてありがたいんだろう。
    2度も自分のために時間を割いてくれて、しかも彼女達は初イタリア。
    「残りの日程はイタリア観光行くことにしたで~自分達でやるから私達のことは気にせんとってな。
     あくまでも今回のイタリアは挙式がメインなんやから。」


    と、心強いメッセージもついていた。


    それがうれしくて、おかんにすぐ伝えた。

    おかんも、
    「まぁ、なんてありがたい人たちなの。よかったわね~
     日本から参列者が居てくれた方がいいものね~。感謝、感謝ね~。」
    とすごく喜んでくれた。

    そして、おかんは言った。
    「お友達が行って両親が行かないのもなんだし、イタリアの挙式に興味もあるし。
     私達も安いチケットがあったら行こうかしら(°∀°)b 」

    そんな風にイタリア行きを検討しだしたものだから
    それから私の格安チケット探しが始まった。

    旅慣れしていない両親には、絶対に直行便。
    ミラノまでの直行便がないので、日本からローマまでの便として、ローマまで迎えに行こう。
    アモーレの実家までの往復、それにせっかくイタリアに来るなら私達のミラノの住まいにも寄ってもらおうと
    思うと9月上旬出発で往復飛行機賃30万弱。

    さらにおかんは、
    「イタリア行くならヴェネツィアに絶対行きたいо(ж>▽<)y ☆」
    と言う。

    そんな要望を取り入れると、とても高くて、タイトなスケジュールになった。
    おかんも「たかっ!」とは言ったものの、
    「だけど一生に一度のことだし、向こうのご両親と顔を合わせるチャンスがこの先ないかもしれないし、
    無理していく甲斐はあるわよね。ちょっと考えるわね。」
    と返事した。

    それから2ヶ月弱、
    電話の度にプランを練ったり、もっと安いチケットを探したり。
    「行けるかしら?」という姿勢だったけれど、
    「行く」と言ったり、「無理かも」と言ったり。そんな日が続いた。

    6月の末になって、明日中に決断してね。と言った日
    「やっぱり。。。休み取れるかしら。。。
     休み取れたとしても、すごくタイトなスケジュールよね。
     このスケジュールだったらせっかくのヴェネツィア楽しめないし。
     それに、、、航空券だけでこんなにかかるならおこずかいが少なくなるし旅行を楽しめない。
     せっかくイタリアに行くんだから、挙式だけっていうのはね。。。
     
     そりゃ~、あんたの一生に一度の大事なことよ。見たいわよ。
     ご両親にもご挨拶したいし。
     でもね~ほら、よくよく考えたら、こっちでお式した時に 「日本は日本で、イタリアはイタリアで」って
     考えてたしね。」

    と言い出したので、

    「挙式を目的に友達来てくれるって言ってるんだけど。」

    とやりかえした。

    おかんは「あんた、来てほしい?ナビアがどうしても来て欲しいなら行くわよ。」

    と言った。


    その言葉を聞いて、




    泣いた。
    私が泣いたのは親が来れなくて悲しくて泣いたのではない。
    悔しくて怒りで泣いた。


    イタリア・カラブリア式 ウェディング
    ----------------------------------------
    ☆★☆ イタリアウェディングメニューへ ☆★☆
    ----------------------------------------
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。