スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    イタリア挙式当日3 ~花嫁の到着

    2008-10-24 23:56 / Category: イタリア de ウェディング
    父親役のアモーレ弟に連れられて家を出発する。

    家の門の外には顔見知りのご近所さんも
    付き合いのないご近所さんも、
    通行人も立ち止まって、花嫁が出てくるのを待っていた。

    そして門を出たら、

    「bellissima!!きれいよ~!!」とか
    「brava!!いいぞ~!!」などの
    声援を拍手とともにプレゼントされた。

    それに、片手を振って答える。

    これって、まるで姫みたい お姫様気分を少し味わえた♪

    車に乗って教会に行く※0

    家から歩いて15分くらいの場所に教会はあって、車では3分ほど。
    その道のりを今日は早歩きくらいの速度で、クラクションを鳴らしながらゆっくり車は進む。

    クラクションを鳴らして進む車の群れを近所の人は
    ベランダに出たり、家の前に出て待っている。

    そうして、私が居る車をみつけて、手を振ってくれる。 私も手を振りかえす。
    すれ違う車もクラクションを軽くならし、お祝いしてくれる。

    ある家では、その音につられて子供が玄関に走ってきている。
    そして、大声で

    「早く、早く!!いっちゃうよ!!」と家族を呼んでいる。

    そんな光景を見ていたら、


    「きゃ~映画みたい!!


    と、とってもわくわくしてきた。そして緊張もしてきた。

    アモーレ弟は
    「緊張してしょうがないよ!でも最高の気分だよ!本当にこんな大役ありがとう!」とお礼を言ってくれた。
    お礼をいうのはこちらです。ありがとう。

    家を出る頃から鳴り出したあの教会の鐘は、
    今は頭の上でガランゴロンと鳴り響いている。
    鐘が鳴ればなるほど、気持ちが高ぶっていく。
    教会の前で待ってくれてる人も居た。カメラマンが指示をだし、挙式のミサに参列する人※1
    すべて教会に入っていった。

    11時前に私たちは着いた。
    アモーレはもう教会の中※2

    教会の前では2人目の父親役ロビが待っていた。



    ※0----
     新郎新婦が同じ町でない場合、
    通常、挙式を挙げる教会というのは新婦側の教会で挙げる。

    もちろん、2人の意見もあるし新郎側の参列人数がずっと多いなら、
    新郎側の教会になる。

    別にどっちの教会で挙げたからと言って、後々、
    「どうして、新郎(新婦)側の教会を使ったの~?」
    といった喧嘩がおきるものでもないし、恥じることでもない。ただ単にそんなものらしい。

    ところで挙式をあげる教会というのはどこでもいい。
    もちろん、教会が必要とする一定の書類は必要ではあるが、
    「ローマがいいわ~」とか「トスカーナのブドウ畑が見渡せる教会で」などということは安易に可能。

    まぁ、そうするのは少数派ですが。


    ※1
    ---
     挙式のミサは参列者でなくても参加できます。
     実際私たちが招待した人の友達たちや、マンマやパパのちょっとしたお付き合いの人たちなんかは
     「日本人を嫁にもらうらしいぞ」と文字通り「興味」で来てました(笑


    ※2
    ---
     新郎が先に教会で待っていないといけないシキタリ?があります。
     何度かに1度の割合で「新婦が先に教会到着」という珍事件が起こるらしい(マンマ談
     例えば11時ごろに新婦到着。
     教会の広場にある車の台数が少ないのを気になって、新婦側が教会を覗きに行くと
     新郎未到着。
     
     新婦があわてて新郎に携帯で連絡。

     その間、新婦側は車で待っています。決して先に教会へは足を踏み入れません。
     30分後、渋滞にまぎれて新郎側慌てて到着。
     (さっきの話のように、教会の場所を新婦の地元にしているので必然的に新郎側が遠くなる)
     
     といった話は、まぁまぁ起こることです。
     まぁ、伝統ですから。。。
     どうして新婦が先に教会に居てはいけないかというと、、、、


     理由よりも何よりも、ぜんぜんロマンチックじゃないじゃない?かっこわるいわよ(`Δ´)


     というのがマンマの理由です。。。やっぱ理由はあるのかな。。。


    イタリア・カラブリア式 ウェディング
    ----------------------------------------
    ☆★☆ 南イタリアウェディングメニューへ ☆★☆
    ----------------------------------------
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    Sette  1. たしかに・・・・・

    新郎には待ってて欲しいかも(笑) でも遅れちゃう事もあるんだね。・・・・・なんでだろうね、時間とか分かってるはずなのに・・・・・・。
    今までのも読んだよ~。どんな写真を撮ったのか見てみたいわ~。
    2008/10/25 22:31 * URL [ 編集] | TOP↑

    kimu  2. マンマ

    ロマンチックかどうかって、マンマかわいいね~。
    確かに先に行って待っててくれたらプレミア感増すよね★
    大阪帰ってきて都合ついて会えたら結婚式の写真見せてね~。(≡^∇^≡)
    2008/10/26 21:54 * URL [ 編集] | TOP↑

    Navia  3. コメントどうも☆花嫁到着

    Sette さん
    ほんまに(笑 やっぱり花嫁が待つのはちょっとさびしいよなぁ~。
    ほんまに是非見て欲しい、写真。アモーレの実家の写真とかも見てもらいたいなぁ。来年行きたくなるよ(笑


    kimu さん
    うん!大阪帰るときちらっとでもいいから是非かおみせてーな、kimuまんま!
    2008/10/28 00:55 * URL [ 編集] | TOP↑

    nyaori  4. コメントおそくなりました

    教会まで赴く過程が目に浮かぶよう・・・本当に映画のシーンの様ですね。そしてアモーレ弟さんの一言に私も感激。Che modesto !!

    ・・・コメント遅れたので、急いで次を読ませてもらいま~す。
    2008/11/04 16:17 * URL [ 編集] | TOP↑

    Navia  5. コメントどうも☆花嫁の到着

    nyaori さん
    ありがとうございます!いえいえ、どうぞゆっくりブログで遊んでいってください。字ばかりで長いから急いだら疲れるから(笑
    2008/11/12 04:42 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。