スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    イタリア・ウェディング ~宴はシンデレラタイムまで

    2008-11-12 12:08 / Category: イタリアーノな彼
    ウェディングパーティーからのつづき

    レストランから私達が出たのは、
    全てのゲストを送り出し、レストランに挨拶し、カメラマンに挨拶し、最後にテーブルの忘れ物のチェックをし終わった午後8時だった。

    ここでは特に2次会といったものはないようで、
    出席者に「この後行くよね?」と声をかけることはなかった。

    それでも数人の友達は、「後でアモーレ家に行くね」と言ってくれたので、
    家でしっとりと飲むのがこちらのスタイルらしい。

    私は日本からの友達のことがとても気がかりだった。
    この日、英語が喋れるカップルに「日本からの友達のこともよろしく♪」とお願いしていたけれど、
    このカップルは今晩の夜行列車で帰るずだから、今は彼らと一緒に居るはずがない。
    誰と、いったい何処に行ったんだろう。
    携帯電話が手元にないので連絡も出来ない。


    少し不安な気持ちを抱えながら家に到着した。


    家に到着すると。。。



    matri61
    な、なんでこんなに人が居るの?
    matri62
    だって皆「来る」とか何も言わなかったよね?!!
    matri63
    っていうか、すごい盛り上がってますけど(・∀・)


    と、いうわけで少し面食らったけれど、イタリア・カラブリア式の2次会は始まった。

    いや、始まっていた。
    正確に言うと、新郎新婦不在で、とっくに始まっていた(笑
     (すごい、二次会だ。。)
    レストランから送り出したゲストは、いったん家に帰り、服を普段着に着替えて新郎の家に集まっていた。


    そうか。ここでは二次会なんてわざわざ設けないのか。。
    友達はとにかく「勝手二次会」をするために集まるのか。
    皆で喋り、踊り、笑っている。

    その輪の中に日本からの友達もすっかり混じっている。楽しんでる♪よかった。
    私もすばやくドレスから普段着に着替えて、輪の中に入った。


    この踊りの音楽はタランテッラtarantella(と呼ばれるダンス音楽 → クリックで詳しい話)で、
    この滑らかなアコーディオンさばきは、パパが奏でるもの。
    パパはアコーディオンが趣味なので、時々演奏してくれる。
    matri65

    matir67
    つまむものはアルコールとジュースとドルチェ。
    matri66
    それと、叔父の友人が作る本場のパルミジャーノを砕きながら。旨い(≧▽≦)
    matri64
    こんなダンスもタランテッラ

    matri68
    こうして輪になるのもタランテッラの踊り
    matri69
    足のステップがちょっと難しいけれど、タランテッラは楽しい。

    タランテッラというのは南イタリアの踊りなので、
    ミラノから来た人たちは知らないだろうと思っていたら、1人を除いてそうだった。
    ただ、カラブリアだからと言ってみんなが踊れるものでもない。

    タランテッラの基本ステップの踊りや曲はイタリア人みんなが知ってるみたいで
    パパの曲にあわせてみんなで歌い踊っていた。
    そしてちょっと地元色の濃い、1曲が終わると
    「あれ~?ミラネーゼたちも知ってたの?(o^-')b」といった具合でカラブレーセたちが声を掛けていた。

    ミラネーゼと言っても、みんながミラノ出身ではないので、
    「私達の地方では、こんな曲あるわよ」と口ずさみ、
    そこに居るみんながその曲を口ずさみ、
    たまには曲が一緒でも地方により歌詞が違ったり、歌詞のうる覚えだったりして
    笑いと驚き、それぞれの人が好奇心いっぱいで生演奏と歌とダンスを楽しんでいた。


    何の曲でもすぐに演奏できるパパには、1曲ごとに惜しみない拍手だった。



    ここでの2次会というのは、若い友達世代が集まって来てくれた。
    新郎新婦の両親も親戚も一緒に2次会に参加。

    友達たちは勝手の効く時間に現れて、帰る時間も自由。
    だけどほとんどの友達は最後までたっぷり遊んで帰った。


    最後の時間。
    それは、夜中の12時。
    夜中の12時まではイタリアでは騒音を出しても許される。
    シンデレラの鐘がなる頃、朝5時から始まった私達の「とても長くて素晴らしい1日」は終わった。


    あ~、本当に楽しかった。最高!!


    12時30分。ようやくベットに入った。


    イタリア・カラブリア式 ウェディング
    ----------------------------------------
    ☆★☆ 南イタリアウェディングメニューへ ☆★☆
    ----------------------------------------
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    hone  1. 濃ゆ~い♪

    結婚式レポというよりも
    カラブリア民俗学講座でした~
    楽しかった!おもしろかった!
    それにホッカホカな気分になった!ありがとう。
    しあわせな日々に、おめでとうございま~す!
    2008/11/12 13:47 * URL [ 編集] | TOP↑

    Sette  2. シンデレラ

    素敵な1日だったね~♪
    イタリアは12時まではOKなんだ~。ドイツは(ミュンヘンは?)10時らしくて、一度レストランの屋外ライブに行った時、10時近くになると警官がいた(笑)
    2008/11/12 18:54 * URL [ 編集] | TOP↑

    Luna  3. 楽しそう♪

    タランテッラの輪に加わりたいです≧(´▽`)≦
    すごい楽しそう!!!
    パパのアコーディオンも聞いてみたいです♪
    2008/11/17 21:11 * URL [ 編集] | TOP↑

    Navia  4. コメントどうも☆シンデレラタイムまで

    hone さん
    あははは、そうです、カラブリア民族学でした(笑
    私もハワイ民俗学楽しみにしてます♪


    Sette さん
    そうなのよ、ライブとかも12時までやるのよ、日本は9時でしょ、ドイツは10時なのね、やっぱりドイツのほうが国民性理解できるよね(笑


    Lunaさん
    私も見よう見真似でダンスちょっと覚えました!まぁ、あの日だけだったんですが(笑 でも楽しかったです!
    2008/11/22 17:23 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。