スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    Bagni Vecchi Bormio バーニヴェッキ

    2009-01-28 00:25 / Category: 旅 ☆ ミラノ近郊
    ボルミオ・スパリゾートBagni Di Bormio Spa Risort

    宿泊したバーニ・ヌオヴィBagni Nuoviホテルとホテル内外にあるテルメ。
    そして、このホテルから車で山道を10分程上がった場所にある
    3つ星のバーニ・ヴェッキBagni Vecchiホテルとそのテルメを含めた施設のことを指すようで、

    宿泊すると、2つのホテル間はホテルの車で自由に行き来出来き、テルメも使える。


    実は有名なのがバーニ・ヴェッキのテルメ。
    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-bvecchi4

    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-bvecchi1
    まさに絶景。
    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-bvecchi2
    その他にも20~30のサウナやテルメの施設があり、
    この洞窟テルメもすばらしい。
    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-bvecchi3
    ローマ風呂と名づけられたこの湯船は別館。

    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-bvecchi5
    左がローマ風呂の建物。右が絶景風呂の湯船。

    この土地にテルメ(温泉)があることは、紀元前5世紀となんとも気の遠くなる時代からはじまる。
    古代ローマの政治家プリニウスPlinioはボルミオ温泉の水温の熱さに驚いた記録があり、
    カッシオドルスCassiodo(同じくローマ政治家)が6世紀(535-6年)に書いた手紙に
    ”ボルミオの水aquae Burmiae”との記述がある。

    レオナルドダヴィンチLeonardo da Vinciは1439年ここを訪れ、
    “渓谷の中にボルミオあり。ボルミオに温泉あり In cima alla Valtellina c’è Burmi. A Burmi sono i Bagni”
    (古語もあるため?訳ぼろぼろです。。。)

    アトランティコ手稿に記述。
    (↑ダヴィンチの覚書メモで、彼のアイディアがぎっしり詰まった手帳。
      彼の脳はまるで今のコンピューターやインターネットのように
      1つのキーワードから枝葉をつけて思いつくままメモをしていたらしい。
      本で出版あり、この手帳を3Dで再現したDVDあり)


    歴史についての詳細はこちらを参照→


    と、格別に華やかな歴史を持っていて、温泉入っただけでえらくなった気分に(笑


    こちらのバーニ・ヴェッキ館内テルメは全て14歳以下使用不可。

    この歴史とこの眺めをテルメに降る雪をつかみながら、
    ほっこりと銀世界のパノラマを静かに眺め、
    温泉水の落ちる音と風の音をしばし楽しむ。


    しかもこんな騒がしい民族の国イタリアで、ですよ?!


    あ~大人の贅沢



    -------------------------
    Bormio旅行
    ボルミオ温泉の話
    5つ星Bangi Nuovi Hotelホテルの話

    ボルミオ名物 pizzoccheriピツォッケリ
    Bangi Vecchiホテルの話
    レストラン アルフィーノ ristorante al fino bormio
    -------------------------
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    Sette  1. すごいね

    そんな昔からあるんだ。すごい景色がいいねぇ。ローマ風呂も興味ある♪
    私なんか、サンペレグリーノの水を飲んだだけで、ダ・ビンチ?とか思っちゃうし(笑) あはははは~♪
    2009/01/28 05:44 * URL [ 編集] | TOP↑

    とこべえ。  2. すばらしい。

    ヾ(@^(∞)^@)ノ
    こんな素敵なところに連れて行ってほしいわぁ・・・。
    2009/01/28 08:02 * URL [ 編集] | TOP↑

    はむ  3. 無題

    本当に絶景ですね☆☆
    僕もいってみたぃです☆
    2009/01/28 18:57 * URL [ 編集] | TOP↑

    KAORIDIMO  4. なんて

    美しいのでしょう・・・・
    美しすぎる~っっ(>_<)
    行ってみたいですぅぅぅぅ(TωT)
    2009/01/28 19:08 * URL [ 編集] | TOP↑

    PICCOLA  5. 見てるだけで癒されます(^o^)/

    見ているだけで癒されて、冷たくておいしい空気が想像できます(*・.・)ノ

    クリスマスにボローニャに行ってきたのですが、
    きっともっと寒いんでしょうね???r(・x・。)

    昨日読んでいた本に、”イタリアのテルメは家族やカップルがリラックスのために行く”って書いてありました!私もたまにはカップルらしいことしてみたいとしみじみ思ってしまいました。。。。。
    (´_`。)グスン
    2009/01/29 12:56 * URL [ 編集] | TOP↑

    Leo  6. なるほど~

    なるほど~、二つの施設を自由に行き来できるなんていいですね!上のほうの3ッ星ホテルはどんな感じでしたか?雪の中の温泉ってまさしく日本人の心をくすぐりますよね。でもこれだけ大自然に囲まれていれば雪の季節以外に行ってもよさそうですね!ますます行ってみたくなりました☆
    2009/01/30 06:57 * URL [ 編集] | TOP↑

    Navia  7. コメントどうも☆bagni vecchi

    Sette さん
    そんな昔からあるって思うと、この景色ダヴィンチも見た?一緒の見てるとか思っちゃう(笑


    とこべえ。さん
    ほんと素敵でした。ローマの近くもテルメありますよね、是非行きたい!


    はむさん
    空気も美味しいし、温泉だし。絶景でした。


    KAORIDIMOさん
    美しいって言葉がぴったりの場所でした!私もまた行きたい!


    PICCOLAさん
    空気が冷たくて美味しくて、絶景で。最高でした!ボローニャどうでしたか?あっちも寒いんですよね?!
    イタリアのカップルや家族で楽しめるお風呂っていうのはまねしたいテルメのかたちですよね~♪


    Leoさん
    こっちのホテルの施設は古い建物を利用しているので、ヌオヴィとは赴きは違いますが素敵でしたよ!そうそう、夏もひんやりしているだろうし、若葉が生える時期も鳥の鳴き声の中温泉につかれそうで素敵ですよね!
    2009/01/30 22:16 * URL [ 編集] | TOP↑

    ぼん  8. はじめまして 

    ミラノ近郊で調べていてNAVIAさんのブログに出会いました。 温泉などもいろいろいってみたいです。

    突然ですがNAVIAさんにイタリアのことをお伺いしたく思いメールさせていただきました。

    これから 過去ログよまさせていただきます!

    2011/06/20 02:42 * URL [ 編集] | TOP↑

    Navia  9. コメントどうも☆ぼんさん

    こんにちは、メールお返事させていただきました。楽しい旅になりますように!
    2011/06/23 01:03 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。