スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    La cuzzupa(クツッパ)の作り方

    2009-04-15 23:15 / Category: 食べる☆イタリアン
    カラブリアでパスクワ時期に出没する「卵を抱えた甘めのパン」クツッパcuzzupa。
    ミラノには当然売ってないけれど、パスクワ気分を盛り上げるために2人で作ることにした。
    なんでもパンに卵を抱えさすのはラッキーチャームの印。
    幸せが運ばれてくるお守りらしい。
    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-cuzzupa1ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-cuzzupa2
    材料はこんな感じで。バターは弱火にかけて溶かす。小麦粉に卵、砂糖、塩を入れる。

    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-cuzzupa4ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-cuzzupa5
    イースト菌に砂糖を入れて混ぜる。しばらくすると溶けて液状になる。

    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-cuzzupa6ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-cuzzupa7
    溶かしたバターを加え混ぜる。イースト菌を加え混ぜる。
    とにかく混ぜる。混ぜる、混ぜる。混ぜることが大切な作業で大変な作業でもあるので、
    ミキサーでしばらく生地を混ぜる裏技で対処
    生地が硬く、ミキサーで混ざらなくなったらいよいよ手でこねる。
    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-cuzzupa8
    かなりこねる(10分くらい)と生地がまとまってくる。2時間50度ほどの場所に放置。
    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-cuzzupa9
    2時間後。生地が膨らんだ。

    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-cuzzupa10ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-cuzzupa11
    オーソドックな形トレチャtreccua(みつ編み)をつくるため、生地をひも状に伸ばす。
    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-cuzzupa12
    編む。

    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-cuzzupa13
    ゆで卵を抱え込ませて、生地に卵白を塗りオーブンへ。
    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-cuzzupa14
    焼き上がり

    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-cuzzupa15
    クロワッサンのような、ちょっとほのかに甘いパンの出来上がり。

    友人に写真をみせたら、
    ミラネーゼたちは「何これ?美味しそう♪」との反応。
    ナポリ近くに住む友人は「似てるのここにもあるよ!!カラブリアのも美味しそう♪」と反応。
    カラブレーセ(カラブリア人)の友人たちは

    「うぉ~~!!作ったの?クツッパ!食べたい!!一口ちょうだい~」

    と反応。

    イタリア北から南まで反応がさまざまで、本当に面白い。
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    Irie Fuko  1. わ~

    とっても美味しそうですね♪♪♪
    殻ごと入れるなんて、斬新です!!!
    2009/04/15 23:43 * URL [ 編集] | TOP↑

    とこべえ。  2. おいしそう!!

    今年はパスクアにカラブリアに帰らなかったので
    食べてないけど、うちの姑も毎年作ってくれます。
    姑が作るのは硬くてあまりおいしくないんだけど、
    Naviaちゃんが作ったのは美味しそう☆
    今度、レシピ(分量)も教えてください。
    2009/04/16 21:19 * URL [ 編集] | TOP↑

    Luna  3. 素敵♪

    とても美味しそうですね!!
    どんな味がするんでしょう?
    そのままいただくのでしょうか?
    とても美味しそうですねぇ〰♪
    2009/04/16 22:15 * URL [ 編集] | TOP↑

    Gianni  4. ををっ。手作りっ

    美味しそうですねー。
    パスクァ時期にイタリアにいたことがないので・・食べたことが無いもののうちの1つですよ、これ。
    彼さんの家では、どちらかというとナポリのパスティエラを作るので・・・・レシピを是非っ。

    2009/05/25 13:48 * URL [ 編集] | TOP↑

    Navia  6. お返事遅れました!!☆クツッパ

    Irie Fuko さん
    殻ごと入れても卵って割れないものなんですね。それにびっくりしました!


    とこべえ。さん
    やっぱりプロの人は違うね。写真みただけで柔らかそうって分かるんだ!そうなんです。実はレシピがちょっとスイス仕様入っていて(笑 完全オリジナルレシピじゃなんですよ(笑 またUPします。是非レシピみてみてください♪


    Lunaさん
    そのままいただいてもほのかに甘いパンなのでおいしいんですよ。来年もはりきってつくりたくなるくらい満足のいくパンでした♪


    えりえりさん
    彼さんの家系はナポリのほうなんですか?そっちのレシピも興味あります!是非(笑 実はレシピがちょっとスイス仕様入っていて(笑 完全オリジナルレシピじゃなんですよ(笑 またUPします。是非レシピみてみてください♪


    Gianni さん
    こんにちは!Cuzzupaでコメント残していただけるってことは、本当にカラブリアの方なんですね(笑 カラブリアの人はこの写真に、とてもうれしそうでした(笑 カタンザーロ出身なんですか?!夫もカタンザーロです。ボルジャです。また遊びにきてください!
    2009/05/26 22:07 * URL [ 編集] | TOP↑

    Gianni  7. どうも

    ありがとうございます。このブロフのリンクは夫様のブログに見つかりましたよ!
    ボルジャを知っていますが私の住まいがカタンザーロ市でした。
    「Naca」の写真も見ました嬉しかった!
    2009/05/26 23:23 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。