スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    源光庵へ

    2009-07-20 17:20 / Category: ニッポン帰国 to 旅行
    実家から大阪に行くのも京都に行くのも、実は大差はない。
    だけど、「京都の日」となると、私も、親も、もちろんアモーレもすこしうれしい。
    少し旅気分がになるのかしら?

    毎回アモーレが日本に行くたびに
    親と私たちで京都散策をするのが小さな恒例になっている。

    今回は夏に美しさを増す貴船エリアも行き先候補になったけれど、
    写真集で見た窓が、禅の世界に一瞬でトリップ出来きそうな空気がただよっていた、
    源光庵に行き先が決まった。

    私たちは電車からバスに乗りバスターミナルまで行き、
    そこでバスを乗り換えてさらに北に上がった。
    その時点で、おかんは

    「え~~?まだ行くの?遠いわ。あとどれくらい?そんなに遠くまで行かないとだめなの?
     アモーレしんどくない?しんどいでしょ?お寺なんてどれでも一緒よね~。」

    と、アモーレに巻き込みをかけつつ、遠いことに文句を言っている。
    普段おかんとネットで会話していても腹がたつこともあるが、
    久しぶりに沸いた殺意に「あ~私、ただいま帰省中」であることを実感(笑


    そうして訪れた源光庵は平日の午前中ということもあっては貸切状態。

    お寺の美しさと、静寂さに私たちはすっかり押し黙って感動した。
    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-genkoan3
    悟りの窓
    「禅と円通の心」 を表しているこの丸い窓。
    「禅と円通の心」という言葉自体さえサトレナイ私。。。
    アモーレが英語のパンフレットもらえてよかった。。。

    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-genkoan2
    迷いの窓
    四角さで人間の生涯の苦悩を表しているのだとか。

    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-genkoan1
    ただの丸、ただの四角、ただの窓が
    こんなに意味と迫力を持つのにしばし思考停止。
    そうそう。こうして思考停止して無になることも禅では必要なんだよね~(笑

    人が居ないので時折、風の通る音が聞こえる。
    背筋の伸びる空気感が漂う場所。
    すばらしい場所です。

    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-genkoan5
    ここは「血天井」があることも有名なお寺。

    1600年の「伏見城の戦い」(=徳川側 Vs 石田三成)にて、
    石田三成側を食い止めるため、立てこもった徳川側の家臣たちだが
    やがて城は陥落する。(石田三成が勝った)
    その際、家臣は自刀した。

    その家臣たちの亡骸は数ヶ月の間、伏見城に放置された。
    これらのシミはその時のシミで、洗ってもとれないことから、
    伏見城の床を、お寺の天井へと移築して供養することになった。

    それが「血天井」

    「血天井」があるお寺は京都に5つあるようで、
    三千院の近くの「宝泉院」に立ち寄ったことがあるのを思い出した。

    ちなみに、
    この伏見城の戦いの約1ヵ月後に「関が原の戦い」が起こる。
    この戦いで徳川側の家臣が死守して石田三成側の足止めをしたことが
    石田三成側の、攻略に遅れをとる原因となった。

    「関が原の戦い」は徳川家康が勝利する。

    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-genkoan4
    あ、舞妓さん?

    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-130906kikoku
    どうやら、舞妓さんの姿でロケーション撮影のフォトプランで来ていた方だそう。
    とても美しかった。お願いして写真を撮らせてもらった。
    せっかくなので、アモーレやパパも一緒に写真を撮らせてもらいました♪
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    しましま  1. ♪

    京都は好きで何度か訪れてましたが
    こちらのお寺さんは未だ行ったことがありません。
    (遠いからでしょうか?・・・)
    悟りと迷いの窓も有名なのに、何故一度も訪れたことがないのか不思議なくらいです。
    とても厳かな場所ですね。
    天井にも歴史が刻まれているなんて。

    舞子さん。
    密かにNaviaさんかと思っていました♪
    他人でしたね・・・残念!!(笑)


    2009/07/20 18:22 * URL [ 編集] | TOP↑

    Mari  2. 窓

    不思議なもんだね~、形が変わるだけで随分と印象が変わるもんだね。丸いのが好きだなぁ(好きとか嫌いとかの問題じゃないけどさ・笑)。
    素敵なお散歩よね。
    2009/07/23 22:24 * URL [ 編集] | TOP↑

    Navia  4. 素敵

    京都は素敵な場所で何回か行っている筈なのに、ここ(源光庵)行ったことないです。
    由緒ある場所なのにこの窓のデザインとか現代でもインパクトあるというか、モダンにも感じるのは私だけでしょうか・・・いや本当素敵。

    日本に戻って来てあったんですね。プチ鬱(笑)になっても仕方ないですよ。故郷から戻って来た後なんてなおさら。私なんて休み明けなんてしょっちゅうですもん。(笑)
    弟さんの挙式やイタリアのお友達さんを連れての旅行など盛り沢山だったんですね。また戻って来て下さいね~。
    2009/07/25 01:22 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。