スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    乳がん検査

    2009-08-12 07:58 / Category: イタリア生活☆見聞録
    以前から行こう。と思っていた乳がん検査に行ってきた。
    イタリアでマンモグラフィー検査の話をしていた知人の話を聞いた時から
    行かなきゃ。と思ってはいた。

    こちらでは通常かかりつけ医の元へ行き

    乳がん検査を受けたいと言えば

    乳がん検査をしてくれる病院を教えてくれる

    紹介された病院に、自分でアポイントをとり

    病院で検査をして、検査結果をかかりつけ医に持って行き

    検査結果はOKでしたね。問題なかったですね。といった談笑をする

    というのが今回の流れだった。
    私はこちらのシステムをよく理解できてないのだろうか。
    かかりつけ医の存在意味がいまいち良くわからない(笑

    かかりつけ医に紹介状を書いてもらったからと言って診察料が安くなるわけでもないし、
    (イタリアは手術・入院費等は無料だが、チェックやメンテナンスは有料)
    かかりつけ医の診療所は医学辞典が数冊あるだけで、看護師さんがいるわけでもない。

    具体的には、診療所には大きな待合室があって、
    その壁際にいすが並んでいる。
    待合室に入った患者は、まず、
    「こんには!buon giorno」と他の見ず知らずの患者に挨拶する。
    そして「最後の順番の人はどなたですか?」と聞いて自分の順番を把握する。

    診察室に入室するには、先ほど順番を教えてくれた前の人が出てきたら、
    空いた扉に勝手に入室する。
    そして、自分の症状の説明をはじめる。

    その部屋には器具はなにもなく、私の印象は「ここは?学校?」と思ってしまったほど。

    先生はすごくやさしそうな初老の紳士で好感が持てるけれど、
    この紹介状がなくても病院に直接いくことも可能なので、
    やっぱり「なぜ、こういうシステムが必要なんだろう?」と思ってしまった(°∀°)b
    多分、別の病気の時はきっといいシステムなんだ!と実感するんだろう。


    通常検査の場合、イタリアではアポイントをとるのは連絡してから公共の病院なら
    早くて1ヶ月前後~2,3ヵ月後だったりする。(プライベートな医者は早いが高い)

    だから、10月頃に検査だろう。と思っていたら、

    な、なんと、

    2日後に来て下さい。

    と言われた。

    イタリアに居住歴がある人なら、この話は「ええ~~!!」と驚くべき話で、
    私なんて耳疑ったもの。
    予約が2日後なんて、日本では普通もしくは遅いけれど、イタリアではソデノシタシタ?というくらい早い(笑
    2日後と言われて、こんなに喜ぶなんて私もイタリア人化してるのかしら。

    多分予約のキャンセルが出たか、もしくは夏のミラノはゴーストタウンなので、
    (今週末が祝日になるので、今週が一番ゴーストタウンのピーク。
     みんなヴァカンス、ミラノ脱出した。)
    予約がとりやすかったのかと思っている。

    だから、メディカルチェックを受けるなら夏やクリスマス前の人がバタバタしてるときだなと
    学習をした。


    今回はエコグラフィーの検査だけだった。
    マンモグラフィーは40才からでOKだよ、とかかりつけ医に言われたから。
    どんな手段でもチェックできるならいいと思ってエコグラフィーにした。

    そのチェックだけで、36ユーロ(5000弱)。

    日本に比べると高いな。

    まぁ、このブログ見て、私も行っておこうと思ってくれる人が1人でも居てくれたらうれしい。
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    sato  1. はーいっ!

    私はもうすぐ39歳。
    そろそろマンモグラフィー受けないとと思っていはいるけれど、まだ予約もナシ。
    イタリアにいると、何もかも面倒だから・・・(笑
    かといって、日本でも何かとすることがあって・・・(苦笑

    やっぱりやっておいた方がいいよね。
    よしっ!
    盆明けにでも・・・。
    2009/08/12 08:41 * URL [ 編集] | TOP↑

    はむ  2. 無題

    ナースがいないのにびっくりです(゜∇゜)
    結果はどうでしたか?お疲れ様でした。
    2009/08/12 12:48 * URL [ 編集] | TOP↑

    mahaloba  3. 日本も

    毎年健診システム変わります。社会保険での健診だけど面倒なステップ。けれどクリニックに何度か出向く必要はない。国民健康保険加入者の健診ステップはわからないな。日本だと婦人科だけなら診察で婦人科クリニックへ行けば直ぐ検査してくれます。今回の料金は特に国がサポートしてないのでしょうか?けれど手術、入院が無料…ってどんな場合でもなのかなぁ。凄く興味あります。
    2009/08/12 13:16 * URL [ 編集] | TOP↑

    Mari  4. 婦人科検診

    同じヨーロッパといえども、各国によって医療や保険制度が異なるのですね。 スイスは個人でプライベートの健康保険に入るよう義務付けられているのですが、保険料の高いこと高いこと・・・(涙)。診察までの待ち時間が長くないのであれば、イタリアの公立病院はすべて無料というのはとてもよいですね。夫がローマで手術・入院したときに本当に全部無料だったのには驚きました。看護士さんたちも親切で有能だったなぁ~。
    私も1年に1回は子宮がんと乳がんの検診を受けています。マンモグラフィーは35歳を過ぎてからでよいと言われ、思いっきり触診です。日本の病院のようにカーテンなどはなく、婦人科検診のときは全裸です (ノ゚ο゚)ノ 初めての時はビックリしました。
    2009/08/12 16:33 * URL [ 編集] | TOP↑

    JUNITALIA  5. 無題

    婦人科検診、随分と行ってないわ~。面倒なのと、お医者さん嫌いなのと・・・・・・(汗)でもね、歯医者さんは年に2回くらいチェックに行くようにしてるよ。怖いから。こちらでも、婦人科デビューしなくちゃかな~。
    2009/08/14 03:01 * URL [ 編集] | TOP↑

    Navia  7. なるほど~。

    予想はしていましたが、イタリアは予約したら数ヵ月後なんですね。それなら2日は驚異の早さです。時期も良かったのでしょうが、ま、ま、ナビアさんの普段の心掛けが良かったということで。(笑)

    私も春に受けました。(40前までならマンモよりエコーの方が良いと言われ、エコーにしました)

    でも私、ナビアさんが受けられたところの額は高くはないと思いましたよ。日本も結構高いと思います。私は6000円かかりました。これでも安い方で。自治体の助成を受けられるのならもっと安いんでしょうけどね。

    過去記事ですが、大阪の空中庭園、機会があれば行ってみようと思いましたよ。(^^)
    2009/08/14 23:29 * URL [ 編集] | TOP↑

    KAY(ケイ)  9. フランスでは

    婦人科で処方箋を書いてもらって、自分でLABOに予約を入れるというシステムです。
    今は社会保険とミチュエルという個人で入っている保険で全額戻ってくるのですが、前に社会保険のみで受けたときもそんなに高くなかった…。
    胸のない私にはあの挟む機械でホントにわかるのか?って疑問ですが(笑)私はいつも胸に脂肪の塊がいっぱいあるので、エコもついでさせられます。
    私もソロソロ婦人科に予約をいれなくては。
    2009/08/25 19:09 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。