スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    エスプレッソマシンが安かった日

    2009-11-03 07:19 / Category: イタリア生活☆見聞録
    スーパーの特売コーナーでの写真。
    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-caffe3

    このなんともイタリアらしい光景を見たときは、外出帰りでカメラを持ってきていたことに、にんまり。

    大量に、乱雑に、商品の上にもみくちゃになって重ねて陳列されてる様子も、
    手前のエスプレッソマシンの蓋が取れて明らかに壊れてますよ~!と分かりやすく主張しているのに
    ほったらかしにされて陳列されているサマとか。

    こういうのすべてがイタリアらしくて笑えた。

    欲を言うと、表示プライスを間違えていて欲しかった。
    イタリアのスーパーでは「表示プライス前に置いてある商品は、別商品」というのが
    当たり前なので、いつも自分が欲しいものの値段を探さなければならないんだよな~。


    この2カップ用の小さいエスプレッソマシンが1ユーロ。安い。
    エスプレッソマシンはいろんなものがあって、いろんなメーカーが出しているけれど、
    ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-caffe2ただいまイタリアdeミラネーゼ ◆◇ オオサカネーゼのイタリア生活 ◇◆-caffe1
    有名どころはビアレッティBialetti。
    イタリア人にビアレッティの何がいいかと聞くと「他のものより壊れにくいのでは?」という。
    確かにこの「壊れにくい」というのはコーヒーメーカーにとっては大切な要素かもしれない。


    イタリアのコーヒーメーカーは育てるもの。
    毎朝使い、水だけで洗い洗剤で洗ってはいけない。
    水でもなぞる程度にしか洗わない人もいる。
    何度も、何度も使い込んでステンレスにコーヒーの風味をしみこませてしまう。
    そうすることでコーヒーがさらにおいしくなる。

    これはイタリア人のコーヒーに対するこだわり。
    コーヒーメーカーに対する愛情。

    ***

    エスプレッソ関連の話

    --------------------------------------------------------
    ●エスプレッソの淹れ方
    ●イタリア人にとってアメリカンコーヒーは泥水のようなものらしい
    ●エスプレッソマシーンの扱い方

    ***

    コーヒーメーカーが茶色くなっていても、キタナイとか汚れているとか思ってはイケナイ。
    彼らは茶色くしているのだから。
    そのために壊れにくいコーヒーメーカーを選び、一生懸命にコーヒーメーカーを育てる。

    事実、数年使い込んでいくとある朝「あれ?コーヒーおいしくなった?」と気づく日が来る。
    らしい。(私?まだ未経験)


    先日、(外国からイタリアに引っ越してきた)イタリア人旦那を持つ彼女と話をしていたら、こんなことを言っていた。

    「旦那の実家に帰った時に、コーヒーメーカーがないと言ったらマンマが、
     「いいのがあるわよ!」
    と言って


     きったない思いっきり使いさしの薄汚れたコーヒーメーカーをくれたのよ!

     「どういうつもりなんだ(*`∧´)」って思って自宅に帰ってからピカピカに磨いたのよ!!!
     そしたらマンマがうちに来たときに、それを見て
     「ぎゃ~!!洗ったの(((゜д゜;)))???」ってびっくりされたのよ」


    という話をしていた。


    もし、色の汚れた 味のしみこんだエスプレッソメーカーをもらったら
    汚れ 茶色を喜ぶ
    ・洗剤で洗わない
    そして、そのマシーンでイタリア流エスプレッソコーヒーの味を楽しもう。
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    eriponine  1. お久しぶりです

    私もエスプレッソマシンを洗剤で洗わない生活に慣れました。
    夫は未だにステンレス臭いって言いますが、私にはわかりません(^▽^;)
    2009/11/03 22:32 * URL [ 編集] | TOP↑

    はむ  2. タイトルで

    興味持って読ませてもらいました♪
    タンブラーはどうなんでしょうか?

    僕も少し汚れてる方が自分のモノって感じがして良いなと思います♪
    2009/11/03 23:01 * URL [ 編集] | TOP↑

    KAY(ケイ)  3. 大量の

    エスプレッソ・マシンに笑いがこみあげてきました。その場にいたら絶対大笑いします。何気にカワイイ
    エスプレッソ・マシンって洗剤で洗っちゃいけないのは知りませんでした…。
    でもフィルターのゴムは時々変えないといけないんですよね?エスプレッソ・マシンを日本に買ってかえっても、このゴムの替えが手に入らないのが結構困る。替えゴムを購入時に2、3個買っていくのが賢い方法だとこちらに来てから気づきました(笑


    2009/11/05 00:14 * URL [ 編集] | TOP↑

    Navia  4. コメントどうも☆エスプレッソマシンが~

    eriponine さん
    お久しぶりです♪私も水で洗うことになれました。が、まだまだ茶色にはなっていません。きれいに洗いすぎてるんだろうな。。。(笑


    はむさん
    タンブラーもそれほど洗わないんでしょうね。きっと。確かに自分のアジがだせてていいようにも思いますよね。


    KAY(ケイ)さん
    ね~、私もわらっちゃったもん、この大量のマシンを見て。それに壊れてるのもすまして並んでるし(笑 そうですよね替えゴムって普通に陳列されてどこのスーパーにあるのってイタリアぐらいでしょうね、確かに替えのゴム大事ですよね。
    2009/11/09 22:47 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。