スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    スネガ~ライゼー~フィンデルン~ツェルマット(ツェルマット3)

    2010-11-15 00:28 / Category: ヨーロッパ ni 旅行
    ツェルマット1 と ツェルマット2 からの続きです。


    「ツェルマット」というのはアルプス山脈のふもとの山の1つで
    マッターホルンが見える町でスイスに行く日本人観光客にとっても有名な町である。
    そんな町まで、ミラノから車で日帰りで行った。

    朝7時すぎミラノを出発して、ツェルマットに着いたのは12時半ごろ。
    (ツェルマットはガソリン車が禁止なので、近くの村から電車で入ることになる。
     その電車を待つ時間、到着する時間も込みでこれくらいかかった)


    片道4時間弱かかったのと、運転するのはアモーレ1人だけだったし、往復運転は悪く感じた。
    多分今回の様な強行スケジュールはもうないな。と思った。。。


    ツェルマットに着いてかる~くメインストリートを歩いて、
    店先の屋台に出ていた白いソーセージを記念に食べて、みんなでハイジの気分になったら
    早速マッターホルンを拝めるハイキングコースに向かった。

    この村のハイキングコースがいくつもあって、
    ネットで見れば見るほど、どれも行きたくなった。

    だけど
    コースは大変じゃないかしら?
    「初級」って書いていても、それは山が好きな人にとっての「初級」じゃないかしら?
    私たち午後に到着しそうだけれどマッターホルンやモンブランは見えるのかしら?
    (午後から雲がかかる場合が多いらしい)

    と分からないことだらけで、
    この村でのハイキングコース選びが、実はこの旅で一番気合を入れて調べたことだった。

    いろんなサイトを見て


    スネガ展望台~ライゼー湖~フィンデルン村~ツェルマット


    というコースに決めた。(お約束のコースの1つです)
    ポイントは2つ。
    ●初心者で2時間のコースで、途中休憩できるレストランを通過する。
    (疲れたときにゆっくり休める)
    ●マッターホルンを眺めながら下っていくコースなので、目の前に常にマッターホルンがある。

    ちょっとハイキングの最後は疲れたけれど、
    このハイキングはこれから先の人生も「特上の贅沢」だったと言える1つだと思う。

    ただいまイタリアdeミラネーゼ
    スネガ展望台から約2時間のハイキングがスタート

    ただいまイタリアdeミラネーゼ
    展望台から左下側に(ちいさいため池のような)ライゼー湖が見える。
    その湖から「逆さマッターホルン」を見れることができた。

    ただいまイタリアdeミラネーゼただいまイタリアdeミラネーゼ
    湖をすぎてからのハイキングコース。
    マッターホルンを見ながら歩く。
    ただいまイタリアdeミラネーゼ
    しばらくするとフィンデルン村が見えてくる。
    天気が良く、暖かい日だったので防寒しすぎた私たちはダウンジャケットを抱えながら
    歩いていたから、この村にあるカフェで一服に期待していた。

    ただいまイタリアdeミラネーゼただいまイタリアdeミラネーゼ
    この村あたりにくると羊がはむはむしながら歩いていた。
    アルプスの山と山小屋と羊たち。
    ハイジの世界だ~!と一同感動♪
    人見知りするわけでもない羊の写真をじっくりとりたいのに、
    はむはむしている割に歩くのが早い。
    だから羊の写真の大半が羊の顔ではなく、おしりになってしまった(´0ノ`*)

    ただいまイタリアdeミラネーゼただいまイタリアdeミラネーゼ
    まだ高山植物も咲いていて最高!!
    あやめかな?花の名前を検索中。。。

    ただいまイタリアdeミラネーゼ
    ここがお目当てのカフェ。[CHEZ VRONY]
    ただいまイタリアdeミラネーゼただいまイタリアdeミラネーゼ
    とってもオシャレなカフェでマッターホルンを眺めながら
    長居するカフェみたい。
    冬にスキーの時期に来ても最高だなぁ~
    おかんは、日焼けしたくないので、太陽を背にして、
    つまりマッターホルンを背にして座る。
    なるほど。美白は1日にしてならず。

    しかし。この眺めを蹴るとはもったいない。

    ヨーロッパ生活が進むにつれて、
    すっかり美白道から遠ざかってる私はそう思った。

    ただいまイタリアdeミラネーゼ
    のんびりお茶をして体力も回復したら、ねずみ返しの小屋を眺めながら
    ツェルマットの町へ降りる道を下る。

    ただいまイタリアdeミラネーゼただいまイタリアdeミラネーゼ
    今思うと、結構楽勝なのはここまで。
    ここからは、日の当たる道を下っていくと、そのうち林になってくる。ひたすら歩く。

    ただいまイタリアdeミラネーゼ
    歩く。
    ただいまイタリアdeミラネーゼ
    歩く。
    たまに見えるマッターホルンに励まされる。

    ただいまイタリアdeミラネーゼ
    林を歩いてる間からツェルマットの町は見えていた。
    みんな疲れてきた。ちょっと無口で歩く。
    かなり林を歩いたら、線路をまたぐ。
    線路をまたぐころこのハイキングコースは終わる。
    ただいまイタリアdeミラネーゼ
    線路をまたいで、わーい。町中に到着!
    と思って歩いていたけれど、ここから町の中心地までは結局20分ほどかかった。

    林のハイキングが終わって足が疲れていたのと、
    町に出た安心感で、どっと気持ちが緩んだため
    この中心地まで行く20分は遠く感じた。

    結局そんなこんなで山の頂上から町の中心地に戻るまで4時間弱かかった。
    道を間違ったり、ランチをしたり、お茶してまったりしていたので、
    ハイキングで歩いた時間はやっぱり2時間くらいか。

    今度は泊まりで来よう!!

    みんなで誓ってツェルマットを後にした。
    参考にさせてもらったサイト
    Yassanの徒然日記
    スイスアルプス・ハイキングの旅(6日目)
    Zermatt.jp
    スイス観光局より

    MORGEN ROTE
    POCO POCO. + Mar

    -------------------------

    2010年 親とイタリア旅行日程

    初めての両親同士が会える旅(旅行記プロローグ)
    旅行を終了して(旅行記プロローグ)
    ♪旅行1日目 大阪からローマ経由、乗り継ぎでミラノ到着(ミラノ滞在)
    ♪旅行2日目 ミラノ観光(ミラノ滞在)
    ♪旅行3日目 ヴェネツィア観光,(ミラノ滞在)
    ♪旅行4日目 ミラノでOFFの日(朝市とかお土産買出しと体力温存の日、ミラノ滞在)
    ♪旅行5日目 あ~ツェルマット!!
              世界のツェルマットで喧嘩
              ツェルマット~スネガ(ハイキングルート) (ミラノ滞在)

    ♪旅行6日目 カラブリアへ(カラブリア滞在)
    ♪旅行7日目 カラブリアからローマへ(ローマ滞在)
    ♪旅行8日目 ローマ観光(ローマ滞在)
    ♪旅行9日目 ローマ観光(ローマ滞在)
    ♪旅行10日目 最終日 ローマから帰路へ
    ♪旅行11日目 アリタリアの午前便にて大阪に到着。お疲れ様でした。

    ---------------------------
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。