スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    携帯を盗まれた話

    2011-02-22 21:25 / Category: イタリア生活☆見聞録
    お弁当を持っていかない日は、職場から近いバールに行く。

    ほとんどの場合誰か一緒に食べる人が居るのだけれど、
    今日は一人でランチを食べることになった。

    このバールは地下鉄に直結していて、1つは地下鉄への出入り口、1つは地上への出入り口の2つある。
    地下鉄出入り口側には立ってコーヒーが飲めるカウンター
    地上出入り口側には着席できるテーブル席があって、
    その間にバーのサービスカウンターがあるので
    両サイドからはそれなりに死角になり、お互いの客が見えないつくりになっている。

    1人で席に着き、携帯電話でネットを見ながらランチを食べていると、
    中学生か高校生くらいの年頃の女の子がテーブルの横に現れた。
    彼女は私が食べてるお皿の上に新聞紙をかざした。

    私は物貰いだと思い、
    「今食べてる最中だから」

    と答えると、彼女はいったん、新聞紙を自分の手もとにひいたものの、
    もう一度食べてるお皿の上にかざした。

    今度は私もちょっと語気を荒めて
    「今食べてる最中って言ってるじゃない!」

    と答えた。

    彼女は不機嫌な顔をして去って行った。


    彼女が去ったあと食事を再開しながら、なにげに他のテーブルを見てみたら、
    彼女は他のテーブルにはたかっていなかった。


    「どうして、私のところにだけ来たのかしら。1人で食べてたから?」


    と考えながらテーブルを見ると、さっきまであった携帯電話がない!!


    やられた!!


    あわててコートを着て席を立って、彼女が歩いて行った地下鉄へ出る出口方面に走り出すと
    彼女は反対サイドのカウンターで水を飲んでいた。


    「こいつだ!」


    そう思うと同時に、私は無言で彼女に近寄り、
    私の手は彼女のジャンパーのポケットに手を突っ込んでいた。


    ポケットの中には私の携帯電話!!!


    「これ、私のよ!!」

    と言うと、彼女は、「私のものよ」と答えた。

    その返答に思わず声を荒げて


    「これは私のよ!!」


    と私が答えた声を聞いてバリスタたちが、何事だと寄って来た。
    もう、びっくりして、興奮して、ちょっとパニック状態になっていたので

    「こいつ泥棒です」とか「警察を~!」とか「助けて~」

    みたいな言葉がぜんぜん、まったく浮かばず、
    バリスタたちが「どうしたの?」と聞くものだから、
    なぜだか「彼女が寄ってきてね、新聞をかざしてね、、etc...」みたいな状況を説明してしまった。
    (今思うと、なんでかねー?(笑 )
    で、説明している間に彼女は逃げていった。

    私は心臓ばくばくで、とにかく驚いた。


    正直彼女のポケットから私の携帯が出てきた一瞬、「グーかパーか」と殴る方法がよぎったのも事実。
    たぶんふてくされた態度だったらきっと殴っていただろうけど、
    彼女の顔がすごくニュートラルな顔だったというか、
    ニュートラルなのにどこかおびえた顔をしてた風に見えたので、

    そうだ、この人たちは一生こうやって人の物をとっては
    たまに捕まって、殴られたりして、ちょっとどこか怯えて生きてるんだ。
    (ヨーロッパには残念ながら子供の頃から盗みで生計を
    立てている人たちが居るのも事実)

    と頭によぎると、

    本当に、ふっと、「こんなの殴っても仕方がない」

    とか思えてきて、

    冷静に今考えると、そう考えて殴らなかったのってちょっと人種差別的な考え方なのかと思ったりして。
    「こんなの殴っても仕方がない」って思った時点で、
    なんと言うか自分が彼女より上の生き物って判断してるわけで、
    それってやっぱり差別的な気持ちからくる判断力かもしれないって考えられるよね?
    よく言えば、盗られた物も返ってきたわけだし、オトナな対応を瞬時に出来たわけですが。


    で、イタリア人はと言うと、オトナになりきれてない人の集団なんで(笑
    携帯を盗まれて、取り戻した話をランチ後に話していたら、

    バリスタはもちろん、そのバールのオーナー、
    それからうちの同僚たち、そしてアモーレに至るまで
    すべての人が


    「そういうときは今度から大声を出して、なるべく注目を集めること。
    こいつが盗んだ!と言うと必ず周りの人たちが取り押さえてぼこぼこにしてくれるから。
    っていうか、オレが居たら(私が居たら) ぼこぼこにしてたのに!!

    って言うものなんで、
    あーイタリア人はそういう対応するんだな。と学んだ(笑


    たぶん日本人だったら
    「その場にオレが居たら(私が居たら)取り押さえて警察に突き出してやったのに!!」

    って表現が一般的かと。

    日本だと、スリ → ナイフを持ってるかもしれない って考えがあって、
    物がなくなっても、とにかくあなたが無事ならよかった!くらいの気持ちが根底にあるな。と思う。

    なんというか盗人は憎いけれど、仕打ちをしてやれ!感覚は
    日本人にはない(少ない)と思う。
    それに、日本では

    盗人=ナイフを持っていない =安全

    って考え方は少ないですよね。

    もちろんこちらでも、ナイフや銃を持った犯罪もあるけれど、
    少なくともこっちでは盗人がナイフを持つ確立がかなーり低いから、
    盗人を「殴ってやる」という発想が出てくるのかなと思った。


    あと、みんなに言われたのが、イタリア人ならまず盗人に

    「盗っただろ!返せ!」と責め寄るのに、

    ナビアはいきなり、彼女のポケットに手を突っ込んだの?
    すごーいー。勇気あるなー。

    と言われる度、
    「パニックでイタリア語も日本語もふっとんでしまったので、何も言えなくて
    自然に手をつっこんじゃった」

    と説明した(笑

    パニックに弱いナビアです。
    でも携帯が戻ってきてよかった。
    彼女が普通の客のふりして、水を飲んでいてよかった。
    そのまま地下鉄に消えて居たら今頃本当に携帯はなかったから。


    ってことで、イタリアに来る際は、
    新聞や雑誌で隠してスリをする人たちには十分気をつけてください。
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    カンポ  1. 無題

    いきなりポケットに手を入れられて驚いただろうね(笑)まさか、と思ったんじゃない?
    だけど、殴らなかったナビアちゃんは素晴らしいと思うわ。後になってそこまでやらなくて良かった、って思ったろうし♪それにしても・・・・のんびりしてられないね、お昼すら。
    2011/02/24 07:36 * URL [ 編集] | TOP↑

    schnappy  3. 無題

    Naviaさん、すごい!!その日本ではありえない状況で、すぐに携帯ないのに気づいて犯人見つけて、ポケットから取り返す、なんてとっさに動けないと無理ですよね・・。でも良かった、携帯取り返せて!
    その子にとっては日常的な事なんでしょうね。
    顔がニュートラルって分かる気がします。
    確かにボコボコにはなかなか、出来ませんよね・・
    2011/02/27 01:46 * URL [ 編集] | TOP↑

    Navia  5. コメントどうも☆携帯

    Setteさん
    いやきっとSetteさんも殴らなかったと思うよ。私たち日本で生まれ育った人ってやっぱり温厚なんだよ(笑 お昼さ、いつもいくところなんだよ。なのにそんな人が入ってきたのもびっくり、ミラノってなんて治安がいいのかしら(笑


    カンポ さん
    ほんと盗人扱いされてた可能性はなきもあらず(涙 スリが仕事の人たちが結構いい車にのってるの素朴に疑問です。いいのか世の中!みたいな(笑
    それよりお久しぶりです!お互い瀕死状態の更新回数なんでお会いできてうれしいです(笑 


    yumiさん
    なんか私もスリで食っていけるかな~みたいな(笑 こういうときに言葉が不自由なのが助かったみたいです(笑 しゃべれてたら罵倒してから返せ!みたいなやりあいしてる間にうまくかわされそうだから。


    schnappyさん
    そうですよね。日本は忘れ物をしてもそこに戻ったらまだあったっていうのがすばらしいところなんですがね。残念です。海外ですられない最高の方法はやっぱり貴重品は腹巻ですかね~。。
    2011/03/03 20:19 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。