スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    今、自分にできること

    2011-03-16 09:10 / Category: ブログ

    今、たくさんの人がいち個人であることを無力に感じていると思います。
    私もその1人です。
    今はただ、ただ被害が広がらないように祈るばかりです。
    ニュースを見てはため息をつき、また気になってニュースを見てます。

    今、自分に出来ること。

    非力ですが、わずかですが義援金を送ることだけです。
    そうした1人1人の気持ちがお金になって、それが被災地に必要なものになって
    1日でも1時間でも早く届くと信じています。

    私も、きっとたくさんの人が考えたと同じ
    「被災地近くまで行って何かを直接手助けしたい」
    とこの3日間頭によぎっては消え、よぎっては考えてました。

    自分が出来ること。。
    わずかでも、英語やイタリア語が伝えられる人が必要なのではないか、
    震えてる人の背中をさすることくらいは出来ないか。
    そんなことしても意味がない。とは分かっていても、
    いろんなことを考えました。

    ネットで「ボランティア」を探しているうちに
    「ボランティア難民にならないために」というページを見つけました。

    内容は、****
    ※被災地ボランティアの経験や医療やカウンセリングなどの技能もなく被災地に行っても、かえって現場を混乱させてしまいます。
    ※「うちに余っているものを送れば役に立つかも!」と思う人たちもいるでしょう。
    でも、少し立ち止まって想像してください。何が入っているのかわからない段ボールが山のように届いたら、箱を開けて中身を分類するだけでも大変な作業になってしまいます。
    ※必要なときに必要なものに使えるお金は、被災地にとってとても重要な支援のかたち。
    ※支援が必要なのは今だけでないことを忘れないことは、おそらく何よりも大切なことです。被災地から遠く離れて、無力感にさいなまれるよりも、一か月後、一年後にも被災地への支援を続けていきましょう。
    *************

    といったもので、私が助け合いたい一心で考えていたのは、まさしくボランティア難民。


    私は非力です。何のスペシャリストでもありません。
    だから、助けに行きたい気持ちを抑えて、
    必要な時に必要な物に変えることができる「お金」を送るのが一番いいと納得しました。


    自分1人では非力です。でもわずかでもたくさんあつまれば小さくても力になると思います。
    義援金は立派なボランティアです。
    私と一緒に「遠隔ボランティア」しませんか!!

    1日も早い沈静化を願って。
    1日も早く被災された方々に笑顔が戻りますように。

    日本赤十字
    国境なき医師団
    Save the children


    大丈夫。きっと、きっと食い止められる。そして復興できる。
    そう祈っているし、そうイメージしてる。


    ***

    今朝のNHKのニュースで紹介されていました。
    放射線と健康に関わる国内で唯一の研究機関のホームページより。
    原子力発電所被害に関する放射能分野の基礎知識

    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    yuki  1. 無題

    大丈夫だよ、日本は。買占めをする余裕がある人が出るくらい。絶望してたらそんな自分勝手なこと考える人なんていないと思うので。その人たちがその場所で、生き残ろうって思える状態なんだから、こういう行動も、ある意味元気のバロメーターかも。と勝手にいい方向に考えています。
    私は日本を信じているので、あまり心配していません。全てのことにおいて。
    無関心とは違うけど。直後だけ大げさに気にするのではなくて、後々まで無関心じゃないままでいたい思う。ちょっと時間が経っちゃうと、当事者じゃないと忘れてしまうことも多いし。政府からの援助とかが少なくなってくる頃も、お金や人手は必要だからね。
    2011/03/16 23:47 * URL [ 編集] | TOP↑

    Navia  3. 無題

    Naviaさん
    私もずっと考えていました。
    日本のニュースを毎日見て、ネットのニュースもつかさず目を通して、何をすべきか、と。
    カラブリアのこの街では、今目の前の自分の状況しか考えられない人が多いけれど、それでもやってみた方がいいですよね。
    募金箱設置して、義援金集めて、日本赤十字に送りたいと思います!
    少なくても。。。頑張ってみる価値はあるはずですよね。
    2011/03/23 19:52 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。