スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コモの住人

    2011-05-16 07:28 / Category: イタリア生活☆見聞録
    コモの人はお互いを干渉せずに、一歩ひいたお付き合い、
    言い方を変えれば少々冷たい付き合いをする
    と思っていた。

    友人からそう聞いていたこともあるけれど、
    一般的にイタリアでは(「イタリアでも」とも言うべきか)
    南に行くほど人はオープンな人が増えるし、陽気な人も多い。
    個人的に言えば、ローマまで下ると、そこは絵に書いたような陽気なイタリア人の割合が
    格段に増えるし、茶目っ気のある笑顔も、イタリア人らしいごまかしのテクニックも上がる。
    言葉のアクセントも、飾らない日常も、
    南イタリアを旅すると、「期待していたイタリア」がそこにあって楽しい。と私は思う。

    時折ブログにちらっと書くけれど、
    イタリアは南北での文化の違いや考え方が違うので、お互いにけなしあっている習慣がある。

    乱暴に一言で言ってしまうと
    「北」の人間は「南」の人間をぼんくら扱いし、
    「南」の人間は「北」の人間を冷たい人種と考えている。
    (それについては次回詳しく。。。と以前も書いたような記憶が。。。(^▽^;))


    そんな訳で、
    コモはミラノよりさらに北上する場所だし、コモの人は冷たい可能性はあるな~。なんて
    なんとなく思ってやってきた。


    うちの家でのこと。
    小さなマンションなので、住人たちにはすぐに建物の玄関先で会うことが出来た。
    「ようこそ。分からないことがあったら聞いてね」と口々に答えてくれた。
    隣人がやさしそうでよかった♪


    市役所でのこと。
    イタリアらしからぬ丁寧な対応とすばやい作業に、アモーレと2人、脱帽。
    作業の最後に、用事がある場所への道を聞いたら、地図を出して印をつけて渡してくれた。
    ほんとイタリアではありえない、VIP対応にコモすげ~!


    スーパーでのこと。
    手にとった特売商品のパッケージの上に「1ユーロ券」がついていた。
    この「1ユーロ券」を切って持っていけば、次回同じ商品が1ユーロ引きで買えるというもの。
    驚いたのは、スーパーのレジで
    「これは1ユーロ券だから次回使えるから捨てないように注意してね!」
    とレジの人が言ってくれたこと。
    私が外国人だから気を使って教えてくれたのか、
    単にやさしい人なのか、どちらにしてもイタリアでは、いや日本でもそんなこと
    わざわざ言われたことなかったなぁー。コモすごっ。


    ビール屋さんマスターも、駐車場のおじさんも、花屋のおばさんも、
    みんな談笑好き。
    ミラノよりもっと「人懐っこいイタリア人」を感じる。


    ちょっと、コモの人にいい意味で裏切られた感じ。


    そして、郵便局でのこと。
    アモーレ宛の書留を受け取りに町の郵便局へ行った。アモーレの名前と私の身分証名称を見比べて
    私の苗字とアモーレの苗字が同じなのに係りの人が疑問を持ったらしい。
    (通常イタリア人は別姓のまま)

    「兄弟なの?」と聞いてきた。

    だいたいこの手の質問になるとややこしくなるので、ちょっとキレ気味に
    「日本の法律で結婚したから→苗字を変えてしまった話 」
    と答えておいた。これでいつものとおり、納得して作業を進めてくれるだろう。

    そう思っていると、

    「ええ~、日本で結婚したってことは、彼が日本に住んでたの?
    ちょっと差し支えない範囲でいいから説明してよ~♪」

    と言った具合で、興味で聞いてきた。
    隣の窓口のおばさんも手を止めて、「私も聞く!」と言ってこっちに歩いてきた。
    (あれ?2人とも作業中断。。。いいの?)


    そんなわけで、見ず知らずの人に、私もアモーレとの馴れ初めをついつい語ってしまった(笑
    熱くロマンスを語って10分後、おばさんは「いいわね~」と言って
    ようやく腰をあげて、郵便物を取ってきてくれた。


    そして、「コモはミラノからも近いし、住みやすくていい町よ。きっと、すぐに好きになるわよ。」


    と言いながら手紙を渡してくれた。


    コモの町は確かにいい。
    でも、私はコモの人たちを先に好きになれる気がしている。
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    Mari  1. 無題

    ミラノは大都会で、コモはいい感じに北イタリアの美しい避暑地って感じで、人もミラノより親切そうですね!! 
    その上スイスに近いし、役所や郵便局がきちんと役割を果たしてる感じで、羨ましい~。
    そういう正確さが、ここでは足りない・・・と感じます(>_<)Naviaさん、名字変えられてたんですね・・!!
    2011/05/19 15:19 * URL [ 編集] | TOP↑

    Navia  4. コメントどうも☆コモの住人

    yumi さん
    ミラノでも既に機関は機能しませんから、お気持ちお察しします(笑 そうなの、私苗字を変えてしまったんですよ、はっきりいって後悔してます。。。


    Setteさん
    そっちは基本的に別姓なの?っていうか絶対別姓大賛成だよ。ほんと後悔してるもん。そうだよ、思い出してくれた?私苗字変えた理由がまたお粗末だったし。。。ほんと後悔だわ。。


    Mari ねーさん
    ありがとうございます!そうなの、いい人が多そうだし親切な人が多い!そしていくら国境付近とは言えやっぱりイタリア、人懐っこい人柄は否めないですよ♪ミラノより人懐っこいかも。って思います。ロンドン式で結婚したなら、だんな様の苗字 + ねーさんの苗字 ってなるのかと勝手に思ってたよ!なんか英語圏の人って苗字が引っ付いてるイメージがあったから。ねーーー、私も後悔です。。。
    2011/05/21 01:00 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。