スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    南イタリアへようこそ~ Benvenuti al Sud

    2011-09-19 23:29 / Category: イタリア生活☆見聞録

    Benvenuti al Sud

      
    イタリアのコメディ映画はかなり皮肉屋で風刺あり笑いありで面白い。
    もともと国民的に個人個人がオーバーリアクションなうえに声もでかいし、
    言葉を選んでドラマティックに良いも悪いも語り上げる気質なので、
    コメディ映画で、

    「これは、おらんわ~」
    と思えるようなうさんくさい人や
    「ありえない」くらいテキトーすぎるオヤジとか
    「ええ~~!」としか言い様のないミラクルな展開だとか

    全部が「イタリアだし、こんな人いるかもな。イタリア人だし、こんな結果もありかもな。」

    という、理由のないものすごい説得力が作用して、笑える。


    去年公開されたイタリア映画「南イタリアへようこそ~Benvenuti al Sud」


    一言で言うと、北イタリアの人が南イタリアの人をさげすむ様子を描いた映画で、
    ブログ内でもたびたび折にふれて書いているが、
    イタリアでは南北の人の意識の違い、そして北イタリアの人からの差別的発言は多い。

    ざっくり言うと、

    イタリアの経済を支えているのは北イタリアであって、北イタリアの人たちが払った税金で
    南イタリアの人が生活している。そんな状況にもかかわらず南イタリアでは仕事をしない(=仕事がない、経済をささえられるほどの強い会社がない)ずっと、北イタリアの腰巾着でいるつもりなら、いっそ南北を別の国にしてしまえばいい。それがなければイタリアはもっと成長できるはず。

    という政治家やそういう思想の人が多い。

    *************

    この話の主人公はミラノ郊外に住み、子供1人と妻と暮らす郵便局の支店長。
    ミラノ市内出身の妻は、便利な都会のミラノ市内に帰りたく彼に転勤をお願いしていた。
    いよいよミラノ市内に転勤が決まりかけたとき、大変なことをしでかし上司に呼び出されることになった。
    ミラノ市内転勤はもちろんボツ、

    彼は「僕はクビですか?」と聞くと、
    上司は、「もっとひどいことに。。。。。南イタリアに移動になった」と答える。
      ※つまり、クビよりひどい南イタリアへの移動
    彼は「南って、、、ボローニャ?」と答えると、
    ※生粋な北イタリアの人はボローニャ(イタリア中部よりやや上部側)から下が南イタリアという認識です。
      

    上司は「いや。。。ナポリの近く。2年間は帰ってこれない」と言い放つ。

    初めて住むナポリ、防弾チョッキを身につけ、貴金属を北イタリアに置いて
    泣きながら車を運転してナポリに出発することになった。


    そうして、イヤイヤ来た北イタリアの人間が南イタリアで暮らすことに。


    映画の中で彼の同僚が言うセリフ。

    「北から来る人間は2度泣くんだよ。最初に南に来たとき。そして南から帰るとき。」



    彼は家族を置いて転勤、しかも南イタリアなんかに来たくなくて泣いたが、
    2年たってみれば町中が友達で、みな暖かく、今となっては彼の家族も南イタリアに移住を決めて
    土地になじんで暮らしている。2年後、北イタリアへの転勤通知が届いた彼の目には涙が溢れていたのだった。。。

    ***************

    というストーリー。
    さりげない箇所まで全て偏見の嵐と南イタリアの真実のコメディーで見終わったらナポリに行きたくなっちゃった(笑



    イタリアの風習という予備知識がないと面白さが伝わりにくい「こてこてイタリア」な映画だけれど
    もし日本語でやることがあれば、なんとなくこのブログでああ言ってたなぁと思い出してもらえれば
    楽しめると思います。


    この映画はイタリアでもとても話題になって
    来年にはこの映画の続編「北イタリアへようこそ~Benvenuti al Nord」
    が公開される予定です。ナポリの同僚が北イタリアへ来る話だそうです。
    楽しみです。
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    わたあめ。  1. 楽しそう♪

    これ、英語字幕とかでやってくれたらいいのに。
    なんか楽しそう。

    イタリア映画って私観た事がない。
    だけど楽しそう!!!

    何気にドイツ語の単語とイタリア語の単語は似ているのもあるのかもしれませんね。「北」は同じ綴りですし、「南」はウムラウトがついていたら同じです。なんか嬉しいです。
    似ている単語なのに、イタリアの方が絶対面白そうなのはなぜだろう???
    2011/09/20 14:18 * URL [ 編集] | TOP↑

    結  2. 観たい~!

    おもしろそう~!
    Naviaちゃん、解説めっちゃうまい~!

    2011/09/21 10:54 * URL [ 編集] | TOP↑

    ちりやん  3. 無題

    まったく同じ話のフランス映画をつい先日見たよ!!トレーラーを見て更に確信した。車椅子で立っちゃう場面まで同じだ。どっちがリメイクなんだろう。

    フランスのは、南フランスの郵便局の男が、訛りが強くてめちゃくちゃな北フランスの僻地に転勤になってたよ。Bienvenue chez les Ch'tis とかいうやつ。
    2011/09/21 13:04 * URL [ 編集] | TOP↑

    Navia  4. コメントどうも☆南イタリア

    わたあめ。さん
    ほんと英語でやったらいいのにー。同じつづりの単語があったら、結構イタリア語分かっちゃうかも!うらやましい!イタリア語からドイツ語は無理だと思います。だってそっちのほうが難しいからー(涙
    下にちりやんさんがコメントをくれてるのですが、どうやらオリジナルはフランス映画みたいです。もしかしたらフランス映画なら英語字幕あるかも!でも、フランスだから、南フランスって言ってもマルセイユやニースでしょ?オシャレさが違う!なんか100倍はセレブな感じがしますよね、南仏(笑


    結ねーねー
    おもしろいのよ、これが。解説うまい?おお~ぱちぱちぱち(自画自賛 そんなことないよ、映画が起承転結はっきりしてるのよん。


    ちりやん さん
    「そうなの?そりゃオリジナルはおフランスやろ。」って思ったらやっぱりそうみたい!でもさ、おフランスって、南って言ってもマルセイユ、コートダジュール、ニース、カンヌ。。。って言う言葉の響きだけでセレブだから逆に行きたいよね。っていうか、ケイさんのブログだったかな、パリあたりで中国人に商店物件売る人多いらしいよ。中国人は現生でお店を買いにくるんだって。で、多くのフランス人は老後は南仏で過ごしたいって思ってるから、大金持ってこられたら、はいそうですかって
    売り渡しちゃうらしいよ。
    あ、そっか、そっちの話は南から北だもんね。
    こっちも今度南から北に行くのやるんだって。
    で、どうだった?面白かった?
    2011/09/23 01:27 * URL [ 編集] | TOP↑

    Navia  5. 観ました~これ!

    こてこての南イタリアに住んで、ここの映画館で観ました!純粋に面白かったけど、観終わったとき友達に、「この南を見下す内容で、笑えるの?」と不思議でしたー。けど、豚の血の入ったチョコレートや、南の人も笑える内容でしたよね!
    こてこてイタリア映画、みんなで追いかけっこするの、とってもイタリア映画って感じがします!場内大笑いだったし★
    2011/09/27 14:52 * URL [ 編集] | TOP↑

    KAY(ケイ)  7. こんにちわ

    お久しぶりです。
    そうです、これはフランス映画のリメイク。
    イタリアのこの作品も公開されましたが、あっという間に終わってしまいました。(フランス人はフランスにしか興味ない)
    フランスでは金持ちは皆モチロン南に住みたがるので、パリより北側(ノルマンディより東側のベルギー寄り)の方がバカにされる舞台。
    ストーリーはほとんど同じだと思います。
    イタリア版も最初、言葉訛りを怪我してアゴがまわらない人っていうシチュエーションなんでしょうか?
    英語字幕でみるとちょっとニュアンスかわるかもしれませんネ。日本のフランス映画祭で上映されているから日本語字幕版もあるかも?
    ちなみにこれ、アメリカ版でもリメイクするそうですよ。
    2011/09/30 18:44 * URL [ 編集] | TOP↑

    Navia  8. KAYさん☆遅くなりました!

    アメリカ版もリメイクされるんですか?見てみたい!フランス版日本帰ったらレンタルしてみようかなー。イタリアは逆です。北が南をバカにしている国ですね、北の人が南の人の言葉が分からない&文法を注意するというシーンがいくつかありましたが、これは何も南が悪いというわけではなく、イタリアでは●●弁が主流なんです。
    だから、例えば大阪弁を聞くと大阪を思い出すように、●●弁だらけの国なんです。ミラノ弁も使う人が少なくなってますが、あります。そして私たちには理解できません。南は方言の衰退速度が遅いです。まだよく使います。そしてそれで通されるので意外と分かったりします(笑
    2011/10/30 07:16 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。