スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    料理の記憶

    2011-12-11 01:01 / Category: ニッポン帰国 to 旅行
    決して繊細なお料理が出来るわけではないけれど、私は料理好き。

    よく女子トークで「いつ頃から料理をしてた?」と話題になるけれど、
    この話になる度に20代にはすでにお料理は好きだったしほんといつからだろう。と思いう多かった。

    帰国中、懐かしい本を出してみた。
    $コマスカ!

    コマスカ!コマスカ!
    料理研究家の小林カツ代さんの「じゃがいも」レシピががっつりついたこの雑誌。
    「ジャガイモのコロッケ」レシピを立ち読みして買ったのだけれど、
    彼女の紹介する「肉じゃが」や「豚じゃが」。すでに使っているレシピよりの簡単で
    しかも美味しそうだったので、このレシピで何回も料理して文字通り、作り方を体に叩き込んだ。
    もう、20弱前の話。


    $コマスカ!
    オシャレDNAが発達していている美食めぐり友人の1人、ぺこちゃんが薦めてくれた本。
    「本格的なイタリア料理のレシピだから絶対気に入るはず!お勧め!」
    と太鼓判を押され、買いに走った記憶がある。
    この本の出版は約15年前、「イタめし」という言葉が出来てしばらく経った頃の本で、
    月間雑誌のいち特集としての 「イタリア料理(レシピ)」 は珍しかった。

    $コマスカ!
    さすがに、初期のイタリアンレシピ。
    生ハムには、「パルマ地方産のものが有名で、最近日本でも手に入るようになりました」とか
    ズッキーニには、「一見きゅうりのようですが、かぼちゃの一種を早どりしたもの」などの
    説明がきちんとついていて、今では、普通のスーパーでもあったりする食材が丁寧に紹介されている。
    あの頃の「イタリアン」への敷居の高さが伺える。


    それから、こんなのも見つけた。
    コマスカ!コマスカ!
    雑誌やスーパーにあるレシピを切り取ったオリジナルのレシピ集。
    なんてマメ(だった(・∀・))な私。 これも、もう前十年前の話?!



    そのレシピ集にまざって、手書きのケーキレシピが。
    $コマスカ!

    先のペコちゃんが書いてくれた。

    あの頃ってまだ、パソコンが駆け出しで、コピー機も高かったの(これまた20年ほど前の話だから)。
    だから、ペコちゃんがバイト先に持ってきてくれた手作りケーキが美味しかったからと
    おねだりしたケーキレシピ。手書き。彼女丁寧な人だよねー、ほんと。

    今は大阪から離れて暮らしている彼女に、この雑誌とケーキレシピの写真をメールで送ったら、
    こんなメールがきた。

    ***
    それにしても、懐かしいことをよく覚えているよね!!!
    あの雑誌は上京する時に、お気に入りのレシピだけ切り抜いて、ファイルにして持ってきたよ♪
    写真をみて、「わぁ!!!」と声をあげてしまうほど、懐かしくてときめいてしまったわ。
    ケーキのレシピも大事に持っていてくれてありがとう~^^

    ~~~~

    つくづく思うんだけど、ナビアはすごく人との思い出や思い出の品を大切にするよね。
    ホント感心したし、私もみならわなきゃな~と思いました!
    あのメンバーとの出会いは、今でも大切な宝物だよ☆

    ※ぺこちゃん、勝手にメール拝借ごめんな~でもOKしてくれるよなー、って言ったら脅迫になるか?(笑

    ***

    ありがとー!私の方こそぺこちゃんしかり、
    見習いたくなる、自慢したくなるような友達ばかりでラッキーだよ。
    だから出会いも思い出も大切にしたくなるんだよー!!


    料理も友人も思い出も。
    「ローマは1日して成らず」 「柔の道は1日してならずじゃ」
    ということかしら。


    なぜか猪熊滋悟郎の名言を思い出したので、書いてみた。
    あのおじいちゃんキャラが濃くてマンガっぽくて好きだったから(笑
    でもなまじ嘘じゃないのよ、あの文句。良くぱくってるわ出来てるわ。→いちを柔道経験者。
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    KAY(ケイ)  1. なかなか

    年代物ですね(笑
    嫁入り道具としてイタリアには持って来られなかったのでしょうか?
    オリジナル・レシピ集すごいわ。私なんて雑誌そのままちぎったのをまとめて取ってあるだけですモン(汗 
    そのちぎったもんはこちらに持ってきてやっぱりそのまま保管してます。しかし、たま~に見て「今度これ作ろう」と思うだけで終わってますが…
    ところでYAWARAの最終回ってどうなったのかな?
    2011/12/11 03:35 * URL [ 編集] | TOP↑

    Michie  2. レシピ

    私も、料理が大好きです。(下手の横好きという感じですが)Maririnさんのように、雑誌の切り抜きで、Myレシピも作っていますよー。作ったときの思い出なんかも詰まってて、たまに取り出してみると、懐かしいですよね。
    私の亡くなった親友が、手書きでくれたレシピもとってあります。私は作らない料理なんだけど、彼女の思い出だから。もう紙が黄ばんできてるんですけどね…。
    2011/12/11 21:20 * URL [ 編集] | TOP↑

    わたあめ  3. 素敵♪

    わたあめ、あれは何歳の時だっただろう?
    姉が結婚してすぐだから、まだ22とか23の頃だったかな?
    義兄に「この本買っちゃった」とみせたの。料理本だったんだけど。
    「お前に一番いらない本だろ?」と言われたのを覚えている。

    そう、そのくらいわたあめは料理をしなかった。
    いつから料理をするようになったんだろう?
    多分子わたが生まれて、離乳食を始める頃だったと思う。

    今は勿論作ってますが、子供がいなかったらもしかしたらまだ料理なんてできなかったかもしれない。恐ろしい。。。

    そしてお友達、字がとても綺麗。
    優しいお友達ですね。

    2011/12/12 01:51 * URL [ 編集] | TOP↑

    yuki  4. へ~!

    Naviaちゃんてお料理好きだったんですね(ちょっと意外。いつもアモーレさんがお料理しているイメージが勝手に・・・)。

    それにしても、本当に物を大事に、思い出を大事にしますね・・・あたしなんて過去を捨て過ぎて記憶喪失(笑)出会いは大事にしていますけどね。これからは過去も大事にしていきたいなーって思いました。
    2011/12/12 03:21 * URL [ 編集] | TOP↑

    Navia  5. コメントどうも☆料理の記憶

    KAY(ケイ)さん
    年代モノですよね(笑 これらの本は処分してきました、だって使っていた時期はあっとはいえ、本棚に20年居たし(笑 オリジナルレシピ集、すごいでしょ、今の私には真似できません、人間簡素化してきています(笑 ところでYawaraって、結婚してするとかそんな結末だったような?「柔ちゃん」と呼ばれた谷亮子も引退して政治やってるし、時代がすごいすすんでますよね~。


    Michie さん
    今もMyレシピしてる&持ってるってMichie さんのイメージらしい!なんか丁寧なイメージが。(やっぱり洗濯の話が衝撃だったからか(笑 )私の戴いたレシピもちょっと紙の色が変わってきてました。お互い素敵な思い出が手元にあって幸せですね! お友達の大切な形見、紙がもっと黄ばんでもMichie さんは大切にされるのが分かります。たまにはそのレシピ作ってみる?(笑


    わたあめ さん
    切羽詰まってというか、子供のために料理を始めるお母さんってほんと尊敬します。そうして料理を始める方結構いますよね、それって、自分より人、子供が優先だから、自分を変えたってことですよ。人として確実にステップアップしている証拠だと思うんです♪
    そうなの、友達って字も姿も美しい人なんです。


    yukiさん
    もし次のポスト見たら、「やっぱりアモーレの料理かよ」ってつっこみがきそうだけど(笑 料理は好きなのよん。ってほんとかい?(笑
    Yukiさんも絶対大切なもの実家にあるよ、私もほんとたまたまだもん、見つけたの。温かい気持ちになれました♪
    2011/12/12 20:19 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。