スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    雪の結婚式 in  トリノ

    2012-01-31 00:39 / Category: イタリア de パーティー
    この週末ぐっと下がった気温に、車で片道3時間の道のりを行くため雪が降らないことを願いながら、
    結婚式に参加するために早朝トリノへ向かった。

    イタリアに来て何度か結婚式に参加させてもらったが、彼女は私の友達というところが少し違った。

    今まで出席したイタリア人の結婚式では、新郎新婦はもちろん大切な友達だけれど、
    知り合ったきっかけは「アモーレの友達」ということだった。
    だから?と言えばそうだけれど、

    日本を離れて留学中だとかそういう共通の話題等のない、普通の生活の中で
    知り合うネイティブで、親友とまではいかなくても大切な友達が出来た。
    私も適応したなぁ~

    という手前味噌的な自己満足感があったりする。


    午前10時過ぎ、花嫁宅に到着
    コマスカ!コマスカ!
    「うちに来て、うちから親戚たちと一緒に移動しようよ!」と誘われてお邪魔した。
    隣の部屋から出てきた花嫁。ほんとに綺麗。
    彼女はいつもちょっとオリジナルなアイディアを持ってる人だから、
    このドレスもすごく変わっていた。60、70年代風を意識した感じ。人形みたい。素敵。

    午前11時前 教会へ出発
    コマスカ!
    車もアンティークな車を探してきたのね。かっこいい。

    予定時刻の午前11時より少し遅れて教会に到着
    コマスカ!

    コマスカ!
    テスティモーネ(証人)役の人たちと入場前の1枚

    コマスカ!
    田舎の教会だと思って結構ナメテました私。すみません。すごい立派!

    コマスカ!コマスカ!
    式が終わって晴れて夫婦に。
    この教会、ミラノの「最後の晩餐」がある教会のような中庭になっていてこれまた立派。

    コマスカ!
    美しいドレスでしょ。
    幸せそうな新郎新婦のキス。おめでとう!!

    午後1時30前後、降り始めた雪の中、レストラン到着
    コマスカ!

    コマスカ!
    古い修道院をホテル&レストランに改築したレストランでパーティーが始まる。
    古い建物はそのままで、ちょっとした演出がされているだけ。
    でもロマンチック。

    午後2時過ぎ~新郎新婦が写真撮影で別の場所を訪れてる間、参加者にはアペリティボが振舞われる。
    コマスカ!


    午後3時前 新郎新婦がレストランに到着したので、テーブルに移動
    コマスカ!
    新郎新婦のテーマカラーでグリーンでまとめられていた。

    コマスカ!
    修道院だったため建物が特徴的で、パーティーテーブルは縦2列でいっぱいになってしまう。
    それでもそれが欠点というより、配置すらエレガントに見えるのはなぜ?


    午後3時前、お食事開始
    コマスカ!

    コマスカ!コマスカ!
    このあたりは美味しいワインの産地でもあるからか、
    食事がすすむにつれてワインも変わっていき、合計4種類のワインを飲むことに。
    どれも美味しゅうございました。

    もちろん食事時間が長いので、次のお皿が出てくるまでうろうろしたり、写真撮影したり。
    コマスカ!コマスカ!
    今回は前菜が3皿、プリモピアットが2皿、セコンドピアットが1皿、
    ソルベット(シャーベット)が1グラス、そしてケーキとコーヒーという内容だった。
    全部美味しかったし、何より気に入ったのがそれぞれの皿の量が多すぎなかったこと。
    多少残しはしたが全部食べることが出来た。
    (多くの結婚式の場合、お皿が運ばれてくる時点ですでにお腹がいっぱいで
    「このお皿は飛ばします」と断ることが多い。
    断るとごみになると思うと、本当に申し訳ない、「もったいない」気分になってしまう。)

    コマスカ! コマスカ!
    デザートまでようやくたどり着いた後、豪華な内装の写真を撮りたくて席を立った。

    コマスカ!
    それにしても最小限に手を加えてるっぽいが、素敵だな。
    と思って窓の外を見ると

    コマスカ!
    雪が積もってる。そしてまだ降り続いている。

    彼女たちは今回日本のように2部構成でパーティーを企画していた。
    結婚式&食事の部、 そして2次会の部。
    2次会出席の人が少しづつ集まりだした。2次会は生バンドを呼んで彼女が歌うらしい。

    結婚式に出席したご年配、親戚者はこのあたりでコートを取りに行っていた。


    このままでは私たちも帰りが心配なので帰宅することに。

    この写真はカメラの設定をセピアにしたのではなく、この場所の設備のランプの色でとったらこんな写真になって
    ちょっと気に入ってる。

    帰宅すると挨拶に行ったら、花嫁が

    「雪がこんなに降っちゃった!Naviaの言う通りになってしまった!」

    と言ってちょっとテレながら反省した顔をつくった。
    実はこの寒い日に挙げる結婚式、もう1年以上前から「私は賛成しない」と言っていた。
    (以前雪の結婚式に出席して寒い&帰りのアシがひどかった経験から)←過去記事

    私たちは雪道の経験がないので、3時間以上も雪道を車で走るのは怖い。
    だから冗談めかして、「雪が降ったら私たち挙式には行かないから」とも言っていた。

    そしたら、この雪(笑

    ホワイトウェディング!を待ちわびた新郎新婦には本当にロマンチックな空からのプレゼントになった。
    私たちは無事帰れるのか~?

    午後7時すぎ。2次会に集まりつつある人たちを横目に、
    ふかふかに降る雪の中、私たちはコモへ車を走らせた。

    ***

    この日、いつもにもまして輝いていた新婦。
    私にとって彼女はとても「笑えるくらいめんどくさい女、笑えるぐらいイタリア人」だったりする。
    なんだかドラマに出て着そうなとてもステレオタイプなイタリア人的な部分を持ち合わせてる彼女。

    1日5回以上は親や新郎と電話連絡をするし、
    やきもち焼きで、怒りっぽくて、美的センスがあって、人の悪口が絶品。ウケル(笑
    休日は教会に行くものだと信じているし、新しいものを正面から受け入れる自分をちょっと「先鋭的」と
    自覚しているところもかわいいし、それを正直に表現する。
    人を振り回すところもには、申し訳ないと自覚しながら、やっぱり今日も人を振り回す(笑
    それでいて結構情に厚く、根は心温かく、なつっこいので、典型的な憎めないタイプだったりする。
    (↑これ、ほんとにいい意味でイタリア人の特徴だと私は思っている。)


    彼女はそれを全部持っている。
    ほんとめずらしいくらい、めんどくさいイタリア人女子なところがかわいい。


    今朝彼女の家に行った時、お母さんから

    「ナビアちゃんね!はじめまして!いつもマヌから聞いてたのよ。いつもあなたの話をしてるのよ。
     会いたかったわ。」

    と私が名乗る前に、お母さんから挨拶された。


    家の中に入ると、ご婦人とそのダンナ様らしき人が私を見てぼそぼそと言って近づいてきた。

    「あなた。。。マヌの同僚だった人よね? 去年の夏にプーリアに行ったのよね。
     えっと、ダンナ様はカラブリアの人よね。 マヌがよくあなたの話をしてるのよ。
     あ、私たちはプーリアに住んでるマヌの叔父叔母家族よ。よろしくね。」

    と挨拶してもらった。


    アモーレがよく、友達とは恋人みたいなもの と言っている。

    特別な友人になる人とは、一緒に過ごす時間より
    恋愛みたいに「あ、好きかも」っていうひらめきがあって一緒に居ることのほうが多いから。

    だという。


    私も、「ウケルくらいめんどくさい女」という枕詞をつけながら、おかんや友達にマヌの話をよくしている。
    お互いビビビときたのかもしれない。


    結婚おめでとう!

    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    passerottino  1. 素敵な結婚式ですね

    ロマンチック!
    ミラノから引越する時にトリノも検討してたんですよ。トリノは街が綺麗だし、主人側家族の出身がピエモンテなのでなじみもあるし。
    会場も本当に綺麗♪もう一回結婚式するならこんな所でしたいくらい素敵。
    Naviaさんはいいイタリア人のお友達が出来て幸せですね♪イタリア人女子の面倒臭いの分かりますけど、それもさっぱりした日本人同士の関係から離れて見ると結構良いもんだなって思ったりもします。お幸せに~!! そしてNaviaさんとマヌさんの良い関係がずっと続きますように。
    2012/01/31 20:23 * URL [ 編集] | TOP↑

    Navia  2. 無題

    素敵な結婚式ですね~(*^ー^)ノ
    寒そうですけど、テーブルが所狭しと並んでいて、逆に寒さをしのげそうで、いいアイデア!
    雪の結婚式はやっぱり参加するほうとしても困りますよね~。足元が特に困ります。
    無事に帰れて何よりでしたぁ。
    めんどくさいほど愛らしいイタリア人、私も友達にいます!というか、ほとんど南イタリアの女性は、めんどくさいイタリア人ばかり?でも憎めないからそこがいい所ですね!
    2012/02/03 02:01 * URL [ 編集] | TOP↑

    Navia  5. コメントどうも☆雪の結婚式Setteさん

    知ってる~。Setteちゃんの結婚式もすごくグリーンだったよね~!何度写真見てもいいコーディネートしたな!って歓心するよ!!それと、彼女たちSetteちゃんたちみたいに2部構成にしてたのよ!!ウィットネスまでが緑で、私たちは緑の通達がなかったことが違いかしら。もっかいやりなよ、結婚式。今度はよべ、車で行くべ(笑
    そうそう、分かってくれる?現地で日本人ではない自分のお友達ってそうそう機会がなくて、私もアモーレ経由の友達だから、自分経由の友達が出来たことはほんとにありがたい。以前の職場で副店長に嫌がらせされたから、嫌なことひとつと引き換えにいいことひとつってことかしら(笑 でもSetteちゃんが友達って思ってないだけで向こうは友達って思ってるかもよ。っていうかその可能性が大だわ(笑
    2012/02/03 02:01 * URL [ 編集] | TOP↑

    Stellina  6. 無題

    素敵な結婚式にうっとりしてしまいました。
    それにしても綺麗な花嫁さん。南の方ってやっぱり美人さんが多いですねーー!!

    イタリア人のご親友がいらっしゃるなんて、とっても羨ましいです♪きっとNAVIAさんの人徳の賜物!! 誰からも愛されるお人柄だからこそだと思います!

    私もトリノの町とっても好きです♪
    フランスからの影響を受けますから、素敵な建造物やお洒落なカフェが多いですよね。

    ナビアさんはトリノ名物、ビチェリンは試しましたか?
    こんな寒い日に飲みたくなるドリンクです!
    2012/02/06 23:41 * URL [ 編集] | TOP↑

    Navia  7. コメントどうも☆Stellinaさん

    ほんとに素敵な結婚式でした。私もあんなのもう1回やりたい(笑
    ヨーロッパの人っていろんな血が混ざってるのでダイナミックな美形多いですよね。彼女は南のほうらしい黒髪、黒い瞳の美人さんです。
    たぶんStellinaさんもそうだと思いますが、こちらではパートナーが基盤という形で物事がはじまったので、自分でつくった「イタリア人の」友達というのはちょっとうれしいです。例えば学校だとか共通の場所があれば話は別ですが、そういうのではないので、自己陶酔的にうれしいです(笑 トリノの町、あまり見れてないんです。次回は是非いってみたいです!!!ほんとさっと通っただけですがとても美しく、そして整備された街ですよね!たぶんミラノより建築物が綺麗?!と思いましたよ!ビチェリン?是非飲みたい!!
    エリちゃんの写真、載せてくれるとすごく心がなごみます!!べっぴんさん♪
    2012/02/08 01:34 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。