スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    ヤング・モンタルバーノ Il giovane Montalbano 3

    2012-04-10 18:54 / Category: イタリア生活☆見聞録
    モンタルバーノの世界 Il commissario Montalbano
    モンタルバーノ ソノ Il commissario Montalbano2

    イタリアの刑事モノドラマの話のつづき


    先日シリーズ初の試みでモンタルバーノ署長が、署長になりたての頃の話(今のシリーズより約20年の設定)
    ヤング・モンタルバーノシリーズ Il giovane Montalbanoが6話放送された。
    montalbano12.png


    。。。やっぱり「ヤング」って言葉今は死後? ヤングって言っても彼は推定アラサー。
    ぜんぜんヤングじゃない?でも「署長」としては若いでしょ?

    推定アラサーの彼が活躍する物語。
    ( 第1話の31分過ぎごろに「13年ほど前、20歳だった頃にあなたに会ったことがある」と語っていることから
      ドラマ推定年齢は33歳。ところがWikiで見ると彼の誕生年月日は1950年だから、
      この1990年の設定ではアラフォーのはず。ナゾ。。。)


    彼は昔っから出来る男だったようで、どのエピソードも今のモンタルバーノに繋がる鋭さがあって、
    かっこいい。私としては若いからこその失敗とか、至らなさとかそういうのがないのが惜しいが
    アラサー版もオモシロイ。
    モンタルバーノシリーズの今後に繋がる人たちとの出会いが描かれているのも興味深い。
    あの人の若い頃はこんなのだったのか!といった感じ。


    興味深いと言えばモンタルバーノシリーズで毎度写る彼の家。
    海好きにはたまらない海辺の家。
    アラサーモンタルバーノでは、その家との出会いも描かれていた。
    montalbano13.png
    by google
    montalbano14.png 
    ラグーサに実際にあるこの建物はB&Bとして開業している。
    前回話した大のモンタルバーノファンの友人はこの家を訪れた写真を見せてくれた。私たちもいつか行きたい!



    ところでなぜ "ドラマ話をブログに書いているか。しかも数回に分けてまで" というと、
    何気に「モンタルバーノ」とカタカナで検索してみたら、
    いくつかのブログで書かれていて、
    ○PREZZAMOLOさんのアランチーニとモンタルバーノの話とか
    ○arinko-sさんは、セリフのやりとりの面白さを書かれていたり

    そして、モンタルバーノシリーズが、
    がっちゃんさんのブログによって日本語訳で出版されていることを発見
    (随分上手なモンタルバーノの要約が!ここで書かずにリンクを貼らせてもらえばよかったかも(笑  )

    ○モンタルバーノ警部 悲しきバイオリン(原題 La voce del violino)
    ○モンタルバーノ警部 おやつ泥棒(原題 Il Ladro Di Merendine)

    たった2作といえど、是非読んでみたい。早速オーダーしたので本が到着する日を楽しみに今は待っている。


    「原本読めばいいんじゃないの?」


    と思われる方も居るかもしれないが、そこまでの語学力は残念ながら。。。
    それと、シチリア弁が多数使われている分さらに難解なのである。


    長いブログになってしまったが、一番言いたかったことは、


    この物語が日本語で日本でも読めるンですよ!
    興味が沸いた方はこの本と出合う機会が訪れるまで名前を覚えていてくださいね!


    と、いうことが言いたかった。だけ(笑


    随分遠回りになったがようやく言えて今日はすっきり寝れそう。
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    Navia 
    ********************************
    以下、前ブログよりコメントを移動しました。
    ********************************
    1. フランスでも
    短期間で放映されていたような?
    多分ワンシーズン分くらい?私は観てなかったけど…なぜかこのスキンヘッドに見覚えが(笑。
    次に放映されたら見てみます。特にヤング・シリーズの方、俳優さん好きなタイプかも(笑
    KAY(ケイ) 2012-04-05 18:13:31


    2. KAYさん☆モンタルバーノ
    この役者さんモンタルバーノのイメージが濃すぎて、他の役でもモンタルバーノに見えてしまう(笑 ヤングのほうの俳優さんもかっこよかったです♪ 早く放送してくれないかなー♪
    Navia 2012-04-14 01:09:07
    2012/04/19 00:19 * URL [ 編集] | TOP↑

    Tomoko 
    私も時々見てました!日本語訳の本が出てるんですねー!オーダーしようかな、私も・・・。
    そうそう、Luca Zingaretti、どのドラマに出ててもMontalbanoに見えてしまいますよね〜(笑)
    2012/05/08 22:30 * URL [ 編集] | TOP↑

    昴 Non posso vedere(TдT)
    昨夜ヤングモンタルバーノの第六話を見逃して、こちらのHPに辿り着き、例のサイトへ飛びましたが、残念ながら見れませんでした(TдT)悲しい。でも本国のサイトのご紹介ありがとうございました!最近は日本でもモンタルバーノやネロ・ウルフ、REXなどイタリアのドラマが見れて嬉しいです。

    昨年コモ湖に行きましたよ!Vareseに友人が居るので二週間ステイして、その間に、コモ湖クルーズやらモンテ・ローザ登山やら、スイスにもちょこっと行ったりしてイタリアを満喫しました。友人は英語が喋れるのでずっと英会話で過ごしたのですが、やっぱりイタリア語が話せないと色々不便ですね。
    コモやVareseでは日本人をまったく見かけませんでした。あまり観光地として日本人に知られていないのでしょうかね?(Vareseのショッピングセンターには時々観光バスで買い物ツアーに来るみたいですけど。)

    来年も行く予定なので今一生懸命イタリア語を勉強中です。
    これからブログをゆっくり読ませていただきます(^O^)よろしくお願いします。
    2014/09/01 10:27 * URL [ 編集] | TOP↑

    昴 クルーズはマッジョーレ湖
    間違えました。クルーズはマッジョレー湖でした。
    コモ湖はカヌーみたいなのをしに行ったんでした(・・; 引退した高齢者の方々がビキニで日光浴してて軽くカルチャーショック(笑)でも楽しそうでした。
    そして私が滞在してたのはVarese湖のほとりのガヴィラーテって住宅街でした。
    2014/09/01 10:56 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆昴さん Re: Non posso vedere(TдT)
    随分お返事が遅くなりました。すみません。
    私もモンタルバーノシリーズ大好きでいつかあの家に行ってみたいと思っています♪

    コモはどうでしたか?ヴィラバルビアネッロBalbianelloは行かれましたか?
    スターウォーズの撮影でも使ったこところで、とても綺麗でした。去年行って感動しましたよ!
    また今年も戻られるとのここと、是非計画されてみてください♪

    コモはあまり日本人には知られていない町だと思います。
    やっぱり世界遺産とかショッピングとかそういうのがないとなかなか日本人集客には結びつかないかもしれませんが、でもシーズンになるとちらほら観光客の方いらっしゃいますよ、日本語を聞くととてもうれしくなります!

    今年の旅もステキなたびになりますように!
    コモの情報もまたゆっくりUPしますね!
    2015/03/04 00:58 * URL [ 編集] | TOP↑

    昴さん☆クルーズ Re: クルーズはマッジョーレ湖
    そうでしたか!でしたら次回は是非コモクルーズしてみてください。
    Balbianelloもそうですし、いくつかステキなヴィラがあってセレブな気分になれますよ0!
    Vareseもお買い物とかしやすくていい町ですよねー♪
    2015/03/04 01:02 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。