スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    スローフードレストラン crotto del sergente

    2012-05-02 20:23 / Category: コモ de オサンポ
    友人カップルが

    「明日仕事が終わったらコモまで行くから外食しようよ。レストラン決めておいて」というので

    気になっていたスローフードのレストラン、
    コモの中心から車で10分ほど走った山の中にあるクロット デル セルジェンテcrotto del sergenteに行ってみた。
     
    ristrante.gif


    「スローフード」と名前がつけば、お値段も結構するものなので
    事前に予約の電話を入れるときに、

    「申し訳ないですけど例えば(プリモピアットと呼ばれる)パスタ系だとお幾らマンエンですか?」

    と聞いてみたら、

    隣でアモーレが「よくそんな恥ずかしいこと聞けるな、お前」と小声でささやれる中(笑
    電話応対してくれた店員さんは
    「Webサイトに書いてますよ」とプロフェッショナルにスマートに返事をされたので、
    サイトを再度チェックしてもやっぱり書かれているのはメニューだけ。値段は乗っていない。


    ベラボウに高かったらどうしよう。。。


    不安になりながら友達を乗せてレストランの駐車場に着いたら、
    駐車している車が、ポルシェ、アウディ(の高いのん)、BMW(の高いのん)といった車がごっぞり。

    友達は
    「ナビア!こんな大雨なのに、ずらりと並んだ高級車!私たち今日は皿洗い?きゃ~!どうする?」

    とか言うもんだから、さらに


    た、高かったらどうしよう(><)。。。。


    とさらに不安になりながら入店。


    メニューを見て、

    ○アンティパスト(前菜)系 10ユーロちょっと
    ○プリモピアット(パスタ、大きなスープ、サラダ等)系 12,3ユーロ
    ○セコンドピアット(肉、魚等)系 17,8ユーロ
    ○ワインリストがとにかく豊富。下は16~上は、上まで

    とりあえずこれならいけそう。と胸をなでおろして(笑、
    アンティパストから2品(シェアして食べる)、ワイン、それからセコンドを人数分頼んだ。

    私は「ファラオナfaraonaの詰め物 トリュフソースとなんたらの~」

    というもので、faraona って何?と思ったが辞書がなかったのでとりあえず注文。
    とても、とても美味しかった。
       DSCF3768.gif
    帰って辞書で知ったがファラオナfaraonaとはホロホロ鳥のことらしい。
    私ほろほろ鳥って見たことあるのかな?  

    DSCF3760.gif DSCF3767.gif DSCF3765.gif DSCF3764.gif

    DSCF3763.gif

    DSCF3769.gif

    食後のデザート盛り合わせ。
    デザートの説明に来たウェーターさんが言った「盛り合わせ」という言葉に友達(←あの女(クリック))が
    それにする!と即決して出てきたデザート。

    私たちは「デザートの1口づつの盛り合わせ」ぐらいに思っていたのだが、結構な量だった。
    でもそれも美味しかった。

    その後、またさっきのウェーターさんが「お水のお代わり要る?」と聞きに来て、友達(あの女)が「お願い」と
    答えたので、彼女のダンナが「おい!そんなにぽんぽん物頼むやつがあるか(高くなるだろ。的に(笑)」
    注意していて一同爆笑(笑

    このカップル、えらいなーと思うのは本当にお金の使い方を知っていて、
    このカップル(平たく言うとだんなの実家)はお金持ってますよ絶対(やらしい話)
    だって、ニースやマントンなんかにも家があるし、トリノやミラノにも家を買ったし。
    だんなさんの仕事ももはっきり言って稼ぎが違うし。

    でも、こうやって日々のところで、豪遊しないでわきまえて大切にお金を使う姿勢がいいなと思って。
    こういう姿勢じゃないとやっぱりお金は貯まらないんだなと日々勉強になるわ。ほんと。

    不思議と貧乏人ほど豪遊しちゃうんですよね(=私)。

    つい、いいじゃん。いいじゃん。とか言って欲のままに進めちゃう。
    水なんかだったら、とりあえず最初から
    「じゃぁ、炭酸なしとありと両方よろしく」張りに言っちゃうもんな。。。反省。




    食事を満喫して、いよいよ今日のドキドキイベント、お会計の値段を見る時が!!



    4人で150ユーロでした。1人35ユーロ。



    高い?安い?
    この量で(おなかぱんぱん)、この雰囲気で、この味で35ユーロならオオアリだよ!と私たちは判断。
    つまり大満足。

    帰りの車で友達のダンナが「あのデザートの値段いくら?」とレシートを見ると、
    デザートが一皿30ユーロ。 1人頭8ユーロほどでしょ。

    そこからはみんなで帰宅の車の中では大笑い。
    なぜなら、友達のダンナが

    「皿洗いとか言っておきながらお前が値段吊り上げたんじゃん!お前のせいだよ、マヌ。」

    と言い、マヌは

    「こんなところに連れてきたあんたのせいだよ、ナビア」

    と言い、私は

    「外食にピザ屋しか思いつかなかったアモーレのせいだよ」

    と言い、アモーレは

    「マヌを留められないお前が悪かったな、ミキ」

    と言った具合にグルグル、30ユーロの犯人をなすりあいをして帰ってきた(笑
    貧乏って楽しい(笑


    ***

    日本では1回5000円以上の外食って結構するけれど、
    (例えば1軒目が3000円、2件目が2000円とかそういうのも含めて)
    月収1000ユーロ(約10万)平均のイタリアでは、そういう値段を出せることはほとんどない。
    1回1人20ユーロ(約2000円)~30ユーロ(約3000円)までが予算の目安で30ユーロを超えると
    お手ごろ感は薄くなり、40~50ユーロの範囲を超えてくると、単純に高い感が。
    まぁもちろん料理にもよりますがね。

    ***

    イタリアで生まれたスローフードというのは、すごく簡単に言ってしまうと
    「地元のものが一番体にも自然にも文化にも環境にもいい食べ方なんだよ」という考え方ですよね?確か。

    「スローフード会員」と名乗っているレストランの多くは北イタリアにあって、
    イタリアに来た時は「なんでかなー?」と思っていたけれど、南に行って納得。
    南ではまだまだ多くの人が、一般レベルで「スローフード」をしていて地元にあるもので賄っていることが多いので、
    「スローフード」とわざわざ箔をつけなくても生活スタイルがとても「スローフード」。



    味のことをたいして書けなかったけど(笑、このレストランまた行きたいなー。
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    passerottino 
    ココ、去年のパスクワに初めて行って
    友達の誕生日もココでしたので印象的でした。
    全体的に美味しかったです。
    ただ私の周りは大食漢が多いので(笑)
    1人2品は最低頼むしワインとか入れちゃうと
    結構値段が張っちゃうので個人的には特別な時に行くレストランかな~。
    スローフードってNaviaさんが言うとおり!なのに
    実際は商業的に使われちゃって高く値段を吊上げるレストランも多いので注意が必要だったりして。でもたまには雰囲気の良い外食もイイですよね♪
    2012/05/03 00:13 * URL [ 編集] | TOP↑

    Sette 
    「おしゃれ」を意識したレストランで、お腹一杯になって、ディナーで35ユーロはありだね~。デザートって結構お腹にたまってくるよね(汗)
    皆で擦り合いをしながら帰るのも楽しそう(笑)だけど、値段書いてなかったら私も確認したくなるわ。怖いじゃんね~。
    やっぱり前菜はシェアとかになるよね。私、この間おやじと話してたんだけど、ドイツのレストランでも、前菜&メイン頼むと「お腹いっぱいで」って残すドイツ人、多いんだよね。その国の人でも残すのに、レストランの一人分の量って誰を基準に決めてるんだろう?と思ってさ。おやじ曰く、戦後の、皆が恐ろしいくらいの量を食べていたのが基準じゃね?っていうんだけどさ・・・・。
    2012/05/03 02:27 * URL [ 編集] | TOP↑

     管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    2012/05/03 04:06 * [ 編集] | TOP↑

    Michie 
    おいしそう~。それに、おしゃれなレストランですね。メニュー見るまで不安になるお気持ち、よくわかるわぁ。
    ドイツからみると、イタリアは、理想的なリゾート地です。ロケーションは最高だし、ドイツのレストランより(一般的に)リーズナブルでおいしい。でもでも、そのドイツより、日本はもっと高いです。私たち家族が日本に滞在中、朝はマンスリーマンションで、適当に食べますが、お昼と晩は外食です。それが、大したもの食べてないのに(まぁ、量はすごいんですけど)ドイツの感覚では、結構なレストラン価格になってしまい、それが毎日なので大変です。
    日本人の普通の一人前セットでは、うちの家族、誰一人満足しないので、結局、単品で数種類追加したり、そのあとくるくる寿司にいったり、ラーメン食べたり…ってなっちゃうんですよね。

    ところで、貯蓄のことは、お金持ちに聞け、っていいますよね。お金持ちの方は、やっぱり締めるとこは締め、遣うところは遣う、というのがうまいんでしょうね。私のALDIで倹約とは、レベルが違うんでしょうねぇ…。
    2012/05/03 16:41 * URL [ 編集] | TOP↑

    yumi 
    わかります!行く前に大体どれくらい?って知りたいですよね~。私も住んでいる町に一軒、ミシュランやガンベロロッソに紹介されているレストランがあるんです。
    ずーっと行きたくて、でも大体どれくらい?って知りたいんですけど、友達や親戚に聞いてもみんな大体を知らなくって。
    Naviaさんが行かれたレストランも、アンティパスト・プリモ・セコンド・デザートと頼んでいたらきっと60~70ユーロ/一人当たりなんでしょうね。でもとっても美味しそうだし、雰囲気もいいですね!!
    日本に比べると外食代が安いですよね。だからお水くらいならガンガン頼んじゃいますよ、回りに聞かずに。
    使うところは使う、締めるところは締めていける人になりたいです(*^_^*)
    2012/05/03 17:45 * URL [ 編集] | TOP↑

    yuki 
    安い。夜ご飯で一人38ユーロは安いです!ていうか、ニースとかモナコが高いんですかね・・・。デザート食べなかったら30ユーロだったのに~。

    前の記事の話ですみませんが、そういえば家のマンマもニンニクみじん切りにしません。ていうか、みじん切りできないです。なぜならまな板を使わずに切るから。そして基本あまりニンニクを使わないです。特にパスタには入れることほとんどないかも。ちなみにコショウも使いません~。

    貧乏人ほど豪遊・・・耳が痛い・・・。気をつけます。
    2012/05/04 00:25 * URL [ 編集] | TOP↑

    KAY 
    この雰囲気でお腹いっぱい食べて1人あたり38€なら、ありでしょう。
    イタリアってあんまりセット・メニュー(前菜+メイン+デザート)を見かけない気がするのですが気のせいでしょうか?
    日本だと食事に限らず、一日1万円なんてすぐ使っちゃうのに、こちらで1日100€出費するとものすごい買い物した気になります(汗
    2012/05/04 17:13 * URL [ 編集] | TOP↑

    Masami 
    お店の雰囲気は良いし、
    お料理もしっかり拘っていそうだし、
    これで一人35ユーロはとてもリーズナブルな気がしました♪
    (確かにイタリア人の平均月収を考えるとお得感はありませんが!)

    実はスローフードのレストランは訪れたことがなくて、北イタリアが主なら我が町の近くにもあるんだろうな~。今度チェックしてみようっと^^!
    2012/05/05 22:39 * URL [ 編集] | TOP↑

    schnappy 
    お久し振りです。
    FC2にお引っ越しされたのですね。(他にもお引越しされた方々が周りに居て…っ越しシーズン?/笑)

    美味しそうですね〜。35ユーロなら高くはないのでは?(寧ろ日本の同格?レストランに比べお得かも)
    ああ私も美味しいもの食べたーい。
    2012/05/06 14:21 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆スローフードレストラン 
    passerottinoさん
    うわ~♪ もう既に2回行かれてるんですね♪ メニューは違ったりするんでしょうか?どれも手が込んで美味しいそうですが、大食漢と腹をくくって食べに行ってもお会計的には涙が出そうです、私(笑 でもpasserottinoさん的にもありってことなんですよね、ここ♪ 雰囲気いいし、ワインも美味しいし家から近いし、ごみごみしてないし、こういうレストランがこんな近場にあるのってすごくコモっていいなって思いました。ミラノだとそんなレストランはなかなかなくはなかったですか?美味しいものなら料金UP、静かに食べたいなら料金UPみたいな。結局このクラスのレストランなら2~3割増しくらいのお会計って感じで。はっ!私、またお金の話だけしてしまいました(涙


    Setteさん
    ごめん。吹いてもうた。おやじさんの
    「戦後の、皆が恐ろしいくらいの量を食べていたのが基準じゃね?」はウケタ(笑 お二人さんはかなり外食してるから、その2人が言うなら、おやじさんの言うこと信じるわ(笑
    そっちに行ったら一押しレストラン行こうね。でも予算は35ユーロぐらいでよろしく(笑


    頭巾さん
    はじめまして、コメントありがとうございました!
    ドイツにいらっしゃったんですね。ドイツにいらっしゃった方はみんなドイツは住みやすいとおっしゃるので、是非旅行にだけでも行きたいなーと思っています。
    ここからだと車でも行けるはずなので、頭巾さんがコモ経由でドイツに戻られたであろうルートでいつか行ってみたいです♪ また遊びにきてください!


    Michieさん
    ALDIってなんだ?と思って検索したらディスカウントスーパーなんですね、アモーレに聞くとスイスにはあるようですよ、残念ながらイタリアにはないです。気づいたんですがコモの大きいスーパーでは弱小とまではいかなくても小さい地元企業の製品もあって、がんばれ!的によく購入しますよ♪ ところで日本に帰国中は昼と夜は外食ですか?!それは、ほんとに大したもの食べなくても湯水のごとくですよね。お察しします。。。だからってバカンス中に毎日ご飯を作るのもなんですしね。。ほんと、楽しい帰国のために日々こつこつと節約しないとだめなんですよね、人生って(笑
    2012/05/07 06:06 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆スローフードレストラン2 
    yumiさん
    そうですよ、行く前に情報を仕入れていかないと月末までの死活問題に発展してしまいます!(笑 たぶん全部頼むとyumiさんの予想ぐらいの金額はいくと思います。まぁほんとにフェスタの時じゃないとおなかに入らない量ですけど(笑 パンだけでも3種類(全てオーガニック)あってそれも美味しくてそれを食べたらおなかが膨れたのかも。あ~、私って貧乏人だわ(笑 yumiさんの町のガンベロロッソのお店に行くときは、是非ブログで詳細教えてください♪ 興味ある!


    yukiさん
    ニースやモナコはいいお値段しそうですよね。でもやっぱり場所がニースやモナコですから。コートダジュールですからねー。なんか高くても絶対納得しちゃうわ(笑
    あ、マンマもにんにくはまな板なしですか。それはカラブリア流?ニース流?それともマンマ流?うそうそ冗談です(笑でもフランスでもあんまりみじん切りしませんか?


    KAYさん
    ねー!ほんと日本で1日1万の外食費ってそれほど珍しいことではないのに、こちらだと1万の価値が大きいですよね。確かにこちらではセットメニューは、ランチなんかにはありますけど、夜のレストランでは(もちろんあるところもありますが)少ないですね。そういうセットみたいなのは、デグスタチオーネメニューとして用意されていることもありますね、でも好きなものをチョイスして、好きなものだけでお腹をみたすほうがこちらにはあってるのかもしれませんね(笑


    Masamiさん
    実はミラノなんかにもいくつかあるのですが、予約が2~4週間先まで埋まってるとか、Naviglioらへんにあるとか、まぁ、一言で言ってしまえばちょっとスノッブなイメージが否めないです。もちろんそうでないお店もあるのですが、縁がなくて今までいったことなかったんで、初体験でうれしかったです。35ユーロOKでしょ?(笑 こんどはデザートを減らしてみます(笑


    schnappyさん
    わー!おかえりなさい!!本当にお久しぶりですね!
    そうなんですよ、ブログ引越ししたんです。お手数ですがリンクの張替え、お時間がある時にお願いします。
    そうそう、私も日本での同等のレストランのことを考えると絶対に安い!と言い切れます。お店の雰囲気といいテーブルセットといい、サービスに来る定員さんのフランクさといい、この値段で日本はないですね。言い切れます。なんと言っても味がいい。話してるうちにまた行きたくなってきました。まぁ行けるのは1年後だろうけど(涙
    2012/05/07 06:26 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。