スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コモ湖畔の町・ベラージオBellagio

    2012-05-07 03:42 / Category: コモ de オサンポ
    DSCF3935.gif   
    コモ湖遊覧船より
    今週はコモに遊びに来てくれたアモーレ弟を連れてコモ湖畔めぐりをした。
    と言っても、立ち寄った場所はベラージオ(ベラッジオ)の1つだけ。

    このベラージオという町は「コモ湖の真珠」との別名もあるほど美しい観光地で、
    さらに、
    ラスベガスのベラージオホテル(映画オーシャンズ11の舞台でもあり、噴水ショーで有名なホテル)の名前は
    この町からきている
    のだというし、
    ジョージクルーニーの別荘もコモの町よりベラージョ寄りにあるらしい。
    行くことになるまで知らなかった。。。

    コモの町からベラージオまでのは遊覧船で2時間、快速遊覧船(高速艇)で40分。
    最近のコモは少し寒いので、2時間の遊覧はキツイ。
    往復快速遊覧船を考えたが発車の時間がしっくりこず、
    往路はコモからのバス、帰りはベラーシオから快速遊覧船で帰ってきた。

    DSCF3842.gif DSCF3843.gif
    コモサンジョバンニ駅(Como San Giovanni )からベラーシオまで約1時間、3ユーロちょっと。
    DSCF3863.gif
    バスの窓からは期待どおり、美しいコモの景色が見えた。(バス、進行方向左側(運転手の列)の席を確保。)
    コモ湖ってこんなに大きいんだ。
    ツーリングやサイクリングの人がコモを訪れることが多いのはこういうことだったのか。
    私が知ってるコモの町なんて美しい風景の一片でしかなかったんだ。


    などと景色に感動していたら、運転が荒かったせいかグロッキーに。。。(涙


    DSCF3873.gif
    グロッキーながらも町の美しさに惚れ惚れ。

    DSCF3883.gif

    DSCF3869.gif DSCF3882.gif DSCF3884.gifDSCF3881.gif
    町の中心地は坂道が何本かあるほどの1,2時間で周れる小さい町。

    DSCF3905.gif
    レストランの他にシルクのお店や洋服や、お土産さんが並ぶ。
    美しい模様細工の木のトレーが美しい。
    DSCF3893.gif
    町の中心にある教会は質素で、これもまた美しい。

    DSCF3879.gif
    驚いたことにこの町でのイタリア人率の低いこと!!
    平日だったこともあるが、すれ違う9割の人が外国人観光客だった。

    町のツーリストオフィースには、ベラージオで借りれるアパートメントホテルの情報とMapが。

    こういう美しく小さな町にガッツリ滞在して休暇を過ごすなんて、なんて素敵♪
    DSCF3927.gif
    この日、雲は厚かったが、そのおかげで雲の間から挿す光が、また美しい。
    DSCF3931.gif

    DSCF3935.gif

    DSCF3932.gif DSCF3936.gif DSCF3937.gif
    帰りの快速遊覧船からの景色。
    上の写真のような、湖畔沿いに古い教会が堂々と立っている小さな町が点々としていて、
    緑の中に、薄オレンジ色の屋根が「集落」の存在を主張していて、なんとも美しい。

    こんな場所で(失礼。)、どうやって暮らしてるんだろう?

    などと考えてしまった。

    特に湖畔沿いにはボート乗り場がついたお屋敷も多くて、
    ジョージクルーニーのお屋敷も見つけることが出来て、ため息。
    (写真には小さくしか写っていないので、説明はハショリます。ネットで検索するとすぐに写真でてくるしねー )

    本当にため息が出るほど美しい景色を見ながら、

    この日、コモが「ヨーロッパの高級避暑地」と言われる理由がようやく分かった。

    太陽が降り注ぐ国イタリアで、それでいてコモあたりでは夏も程よく涼しい。
    青い青い空に、静かな湖。
    陽気な人々と美味しい料理。
    ツーリング、ボート遊び、隠れ家のような島々に点在する家で過ごす休日。
    有名な場所ではあるが、「猫も杓子も」訪れやすいような世界の観光地ではないところも
    また、セレブを惹きつけるのかも。


    ああ、美しい。。。



    ※コモに住んで、なぜここが「高級リゾートのコモ」と呼ばれているのか正直よく分からなかった、この1年。
     「高級リゾート」なエリアと、うちのエリアとはなんらかぶってないことをやっとワカッチャッタ。
     (↑今頃?みたいな(笑 )

     セレブへの道は遠いわ。

    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    yuki 
    ニースなんかより素敵な避暑地~!!いいなー。隣の芝生は青く見えるってやつですかね・・・。

    近い将来、ぜひぜひアモーレと訪れたいです♪
    2012/05/07 04:34 * URL [ 編集] | TOP↑

    Sette 
    コモに行った時に寄ったような寄らなかったような(どっちだ!)。私達が行った時も寒くて、ストール買った覚えがあるよ・・・。寒くてもとても良かったので、暖かかったらもっと素敵に見えるに違いない!
    2012/05/07 05:47 * URL [ 編集] | TOP↑

    はむ 
    建物の建築様式が凄いし歴史があるというか、深いなぁって思いました。質素な教会もいいですね。雲の写真、鹿か日本列島(九州、四国除く)に似てると思ったのは僕だけでしょうか??
    2012/05/08 02:11 * URL [ 編集] | TOP↑

    Michie 
    小ぢんまりした観光地っていいですよね。
    高級リゾートなのに、やたら人が多くないみたいですし。Naviaさんの仰るように、スイスやイタリアの山に行くと、キャンプ場にしろ、レストランにしろ、イタリア人率すごく低いですよね。ドイツ人率、高いでしょう?オーストリアやら北イタリアへ行くと、ドイツ人だらけ…。
    2012/05/08 19:50 * URL [ 編集] | TOP↑

    ようこ 
    こんにちは、初めまして、訪問ありがとうごさいます。素敵な人生ですね。羨ましいです。世界を観て回れるのっていいですね。頑張って下さい。
    2012/05/09 19:18 * URL [ 編集] | TOP↑

    Navia 
    yukiさん
    そうだよー、ニースやモンテカルロですよ、あなた(笑 思いっきり隣の芝生ですよー。シャルムシェイクとかイビサとか、美しい海と青い空と直行便で行けるけど、ドンちゃん騒ぎ場所みたいなところ結構あるでしょ、ヨーロッパ(笑 それに比べたらほんと隠れ家的な場所だと思います。


    Setteさん
    そうだよね、温かかったらゼッタイ景色も違ってみえるよね。私も温かいときにまた行きたいわ。で、行ったの?行かなかったの?(笑


    はむさん
    そうですよね、建築物がなんだか古くて情緒があってとても素敵だと私も思います!ほんと九州とかで見れそうなちょっと神々しい雰囲気ですよね。自然があるところにはやっぱり神様が居るのかなー♪


    Michieさん
    あはははは!コメント見てにやけてしまいました(笑 ほんとドイツ人って多い!(笑 ドイツ人ってイタリア観光好きですよね? 私、ドイツ人ってとても旅行が上手だと思うんですよ、名もなきところとかでもサンドイッチがあれば楽しく旅行できる感じの人多くないですか?(笑 それにしてもドイツ人は世界中を観光してますよね。


    ようこさん
    コメントありがとうございます。そうですね。人との出会いも場所との出会いも、本当に周りにラッキーを与えていただいているなと感謝です。頑張ります。
    2012/05/09 22:30 * URL [ 編集] | TOP↑

    Sette 
    確認したら、写真があった。だから行ったみたいよ(笑)そうそう、湖の目の前のホテルにあるレストランで食事したんだったわ。
    2012/05/10 04:55 * URL [ 編集] | TOP↑

    Michie 
    でしょう?主人なんかうんざりしたように「あっちもドイツ人、こっちもドイツ人…」って。今まで「どこにでも出没する日本人」って思ってたけど、大きな観光地くらいなもので、辺鄙なとこにはドイツ人…っていう感じがします。しかも、荷物がすごくないですか?
    2012/05/10 18:44 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆ベラーシオ2 
    Setteさん
    今よみがえる鮮明な記憶。みたいな(笑


    Michieさん
    私は逆に世界遺産の土地しかあまり見かけない日本人の旅行スタイルが残念に思えるようになりました。やはり安全第一の国民性だから仕方がないけれど、世界遺産はないけれど素晴らしい外国でしか味わえない場所なんてごろごろしているじゃないですか、中国人とか居たりするんですよ、なんか少し旅行の楽しみ方を負けた気がして残念です(笑 ドイツ人は本当に世界中に居ますね。それに大した町でも立ち寄って観光している荷物のすごいドイツ人を見ると、フロンティア精神があるんだなぁーと歓心しますよ、私は。なんか、日本のような旅の王道スタイルっていうのがドイツにはないんですかね、旅を楽しんでいていいですね。服のスタイルはちょっと笑える。ふぶいていても太陽さえ出ていれば基本半そで半ズボンですよね(笑 だから思うんです、ドイツってどれだけ太陽が出ないんだ。って(笑
    2012/05/11 23:48 * URL [ 編集] | TOP↑

    伝わる職務経歴書を書きましょう 
    とても魅力的な記事でした。
    また遊びに来ます!!
    2013/11/23 11:28 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。