スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    食べ物と文化はひとつ

    2006-07-05 19:00 / Category: アイルランド
    イギリスに留学されていたcardiffwalesさんにコメントを書こうにも、
    書こうにもUPできなかったので、
    こちらで、詳しく話をしたいと思います。


    話題は、
    外国の人と話をするときに語りあったり、学校なら勉強の話題にしたりするのが、

    「私の国は何を食べるのか」

    という議論です。

    以前留学中にも感じたのですが(←ここクリックしたら別の話。ぜひ読んでもらえたらと思います。)

    他文化の方と話になると必ずここは衝突があります。

    私が感じたのは、アジア圏の方が食べ物の幅は広い。

    アジア圏の人たちが、犬や猫や鯨を食べる話の時はヨーロピアンは引きまくってました。。。

    それ以前に、マルタ共和国へ留学したときも、

    「鯨を食べるなんて!!!!」という話題がでました。

    今よりもひどい英語だったので、本当に必死のパッチだったのですが、

    まぁ、予想出来た反応だったので、以外と予習して海外に行きました。



    なぜ、日本では鯨を食べるのか。
    なぜ、日本では、鯨を取りたがるのか。
    なぜ、日本にとって鯨が必要なのか。
    なぜ、日本では、鯨は文化なのか。


    ここは、力をいれて答えました。
    捕鯨し、日本人の知恵と、余すとこなく使い切る美学、工夫力。
    これは、誇れることなのに、今では悪にしかとらえられないような報道になっている。

    今は、昔と違い鯨以外にも食べるものがたくさんあるので、
    食料の足しに捕獲。などという考えはもうとうありません。
    ただ、わずかな鯨は食す手段というより、芸能、文化として必要だと思っています。

    ほとんど多くの日本人はそう思ってるのではないでしょうか。





    野蛮と文化は紙一重なんですよね。

    そしてところ変われば、野蛮と文化は逆転する。

    ヨーロッパの常識がわれわれアジア圏には野蛮となることもたくさんありますよね。





    相手に理解を求めなくても、議論時でここは引いちゃだめですね。

    大事な問題ですものね。

    事実を伝えることそれが一番大事ですよね。

    私は、その殺生が無駄になっていない食べ物は全て文化、生きる道と考えています。

    たとえ、どんな生き物であれ。




    議論があると、終わりに私が必ず言うのが、


    ところ変われば価値観も変わるから地球は面白いんです。

    だから、旅行が面白いし、自分を、日本を、世界を知りたくなる。

    人を尊重するということは、
    自分を、
    自分の環境を、
    相手を、
    相手の環境を
    正しく知るということだと思います。 理解できなくていいんです。 
    異文化でそだってるんだから理解は難しい。

    ということです。





    この話題は自分のHPでも取り上げていたので、
    チカラ入ってしまいました。





    そりゃ、こんな長いとコメントUPできひんって?
    コメントはもっと短かったんやけど、書いてたらヒートアップしてまいました☆


    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    ジェニ  1. この件では

    私もアメリカ人と議論になりますけど、英語が下手でも絶対一歩も引きません。
    だいたい、傲慢やちゅうねん。よその国の人間が、あれ食べたらあかん、これ食べい、って言うなんて。その国の文化背景もなんも知らんとえらそうにぬかすなっちゅうねん!
    Miyukiさんみたいな日本人がもっともっと増えてほしい!
    特に鯨食べたいとは思わんけど、外人に鯨食うなって言われたら、意地でも食ってやるって思ってしまう(笑)
    2006/07/06 01:50 * URL [ 編集] | TOP↑

    mimo  2. コメントUPについて、、、失礼しました

    コメントはこちらで承認しないとupされないようになってます。まずメールで届くので、ひらいてはすぐにUPしたんですが、、、、。こちらのブログに書きますとあったので、すぐこちらも見たのですが、その文章がまだupされていなくて、、、なんか時間差みたいなものがあるのでしょうかね~。これに懲りず、また遊びに来てくださいね!
    2006/07/06 17:30 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。