スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    ムーラン・ルージュMoulin Rouge4

    2012-06-15 18:49 / Category: ヨーロッパ ni 旅行
    ムーラン・ルージュMoulin Rouge1
    ムーラン・ルージュMoulin Rouge2
    ムーラン・ルージュMoulin Rouge3 の続き

    DSCF4627.jpg

    ムーランルージュの赤い風車の下、1時間ほど入場を待つ人たち。
    それより遅れること30~40分、「開演前の時間帯に訪れる」タクシーでムーランルージュ入り口に乗りつける裕福層たち。

    そんな彼らに「並んでください」と説明する黒服たち。
    それを聞いて裕福層がしぶしぶ列に加わろうと歩き出そうとする時、
    黒服たちは彼らの肩にそっと手を置いて声をかけるんです。


    「何かお手伝いできることはありますか?」


    と言ったかは知らないが裕福さんと黒服の目と目のやりとり、
    黒服が出すウィンクのサイン。


    その後、黒服と裕福さんは入り口の少しだけ奥まったところに身を寄せる。
    さらっと自分の服をなでる裕福さん。
    そして、その後黒服とにこやかに握手する裕福さん。
    先ほどとは全く違う笑顔で対応する黒服。


    そして交渉成立が成立する。



    私たちの目の前のロープが開けられ、裕福さんたちは優先的に入場を許可された。





    その一部始終を見ていた私たち。


    「アモーレ、見た?」
    「みた、みた。あの一瞬で裕福さん、お札出してたね」
    「それを握手と見せかけて手のひらに入れて渡すなんて、すごいチップのやりとりね」
    「オレ、ライブで見たの初めてだわ~、こわ~い! マフィアちっく!」
    「私もはじめて~、お札、何色だった?」
    「緑(100ユーロ)に見えた」
    「私も緑だと思った。」


    この方法で気がつけば私たちのロープの前には裕福さんで埋まっていた。
    この日私たちが見たのは6回!
    黒服は数人居たので全部の現場を見れてないと思われる。
    アモーレは

    「うわ~、汚いもの見てしまった~!
     俺たちだって1人100ユーロ払ってるのに1時間待たされて、ロープの外。
     なんだこの動物的扱いは?
     Ferrie(私たちの立ち位置上の看板)ってフランス語で「夢とかマジック」って意味みたいだけど、
     夢ないわ~これ。
     大人の世界すぎるわ。ナビア、俺たち100ユーロ払って貧乏って感じるって悲しくない?」


    と言ってショックを受けている。


    さらにお札には黄色もあった(200ユーロ)ので、
    そういうことから50ユーロ(パリでのうちのディナー予算額)ぽっちのチップじゃ、優遇してくれなさそう。

    さらにさらに、イタリアから来た小学生程の子供2人を連れた4人家族。
    こちらも黄色いお札を渡して私たちの前に入ってきた。


    アモーレは


    「ナビア、オレはショックだよ。俺が親ならちゃんと並ぶことを教えるのに、
     
    親がこういうアンフェアなことしちゃうんだよ!
     こういう裕福層の子供が親を見て育つんだよ!
     だからこういう子供は何でもお金で解決できるって覚えるんだよ。
     世の中もっとアンフェアになっていくし、そんな教育間違ってるよ」


    と言っている。

    「と言ってもヨーロッパはすでに階級があってフェアじゃないし。
     こういう子たちは親から、スマートに便宜を図ってもらう方法を習うんだよ、こうやって。
     例えばチップの渡し方とかお願いするときに何かをちらつかせるとかさ」

    と答えたら

    「うわ~見たくなかったわ~」

    と、アモーレ。





    ムーランルージュは妖艶な大人の世界だわ~。


    つづく~

    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    yuki 
    そうそう、よくあるんですよこういこと~。

    特にニースのお隣の公国とか。。。あたしも働いていた時、お客さんを断らなければならない状況になったんですが、すすっと100ユーロ札数枚を投げてきた(投げてきたんです!)ロシア人やら、すすっと隠すように渡してきたロシア人やら(またもやロシア人)、沢山の裕福層に出会いました。。。ま、もちろん受け取りもせず断りましたけど。何でも金で解決できると思いやがって!!

    二人で200ユーロも払っているのに、こうやって差別を目の当たりにしたら・・・アモーレさんの気持ち、ものすごく分かります。
    2012/06/16 02:44 * URL [ 編集] | TOP↑

    わたあめ 
    100ユーロ!!
    私一度、何故か500ユーロ札を持っていて(多分両替の時にそれが来たんだと思う)かーなーり、緊張して持っていたのを覚えている。
    100ユーロ札がお財布に入っていても、多分そうなる。

    そしてアモーレの気持ちがよーく分かる。
    親はそういう「汚い手」を見せるべきじゃないんですよ。子供には。
    並んでまつっていう事を教えてこその教養だと思ったりします。


    そう、夏休みパリ計画。
    断念しそう。たっかいんだもん。チケット!!

    2012/06/16 06:24 * URL [ 編集] | TOP↑

    Michie 
    世知辛いものを見てしまった感じですね。
    どんな世界でも、こういうこと多いんだろうな。日本でももちろん、見えてないところで、あるんだろうし。それにしても黒服、まる儲けですねぇ…。
    2012/06/18 16:04 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆ムーラン・ルージュ4 
    yukiさん
    えええ~~!!さすが金持ちの国モナコは違うなー。便宜用のチップっでもやっぱりそんなに出せるんですね、ロシア系の人は。チップってなんでチップって言うんでしょうね。本国アメリカでも最低でも紙幣でチップではないのに(笑


    わたあめさん
    私もですよ!100ユーロ札なんてだいたい使いどころないし。使えるまで何店か周らなければいけないことも多いし(笑 夏のパリは保留になりそうですか。分かります。べらぼうに高いと思います、夏。。。


    Michieさん
    そうなんですよ!それを見るまでは黒服大変だなーとか雨でも風でもここに居なきゃな~とか言ってたんですが、こんなうはうは商売あったもんじゃないですよね。月給にするとそら恐ろしい儲けになると思います。しかも非課税(笑 やっぱり特別な世界ですね(笑
    2012/06/18 22:15 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック:
    [トラバURL]http://iosononavia.blog.fc2.com/tb.php/727-81c3a65c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    まとめtyaiました【ムーラン・ルージュMoulin Rouge4】
    ムーラン・ルージュMoulin Rouge1ムーラン・ルージュMoulin Rouge2ムーラン・ルージュMoulin Rouge3 の続きムーランルージュの赤い風車の下、1時間ほど入場を待つ人た まとめwoネタ速neo[2012/06/19 17:07]
    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。