スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    家族の土・誰のものでもない廃屋

    2012-07-05 05:29 / Category: 夫の実家はカラブリア
    DSCF5236.png

    誰のものでもない廃屋。
    ノンナの家系の持ち物だった。
    この廃屋を含む周りの土地を分ける際、配分をめぐって争って、そのままになってしまった。

    マンマたちが子供の頃はカラブリア帰省の度に、水も電気も通っていないこの家に、
    みんなで水を汲みに行ったり、洗濯をしに行ったりとお手伝いをするのが子供の役目で
    一緒に帰省した従兄弟同士、久しぶりにあう従兄弟同士なんかと手伝って作業したものだから、
    全てが遊びみたいで楽しかった。

    あの頃、すでにスイスには(マンマはスイスで育っている話→クリック)
    水道も電気もあったものだから、カラブリアでの夏は全くの別世界で
    毎日がキャンプのようで楽しかった。

    この土地はそれほど超えた土地でもないけれど、思い出の詰まった土地。
    僕たちの足跡が確かにある土地なんだよ。

    それが、公平不公平をめぐって争って、結局そのまま手付かずで置いてあるし、
    その争いの長い期限ももう時期切れることだから、
    期限が切れてしまうと、この土地は競売に掛けられて僕たち祖先の土地ではなくなるんだ。

    競売では隣近所の人が優先に土地を買えるから、たぶん隣の人が買うだろうね。
    実際問い合わせも何回かあった土地だしね。

    分け合えない家族が出した結末は、家族の誰のものでもなくなるだろうという結末。
    くだらない喧嘩で、家族の歴史を失うことになるんだよね。もうじき。。。


    小さい方の叔父が語ってくれた。



    この場所はアモーレ実家からほど近く、ノンノのオリーブ畑が近くにある場所でもある。
    そういえばノンノは体調が悪くなるまで、毎日トゥクトゥクに乗って畑に通っていたっけな。

    ノンノは今年のオリーブの実の成り具合を知りたくて叔父に畑を見てきて欲しいと言うので
    叔父は私たちを誘って、午前8時30分、既に30度を超える太陽の中、畑に来た。

    DSCF5240.png DSCF5244.png
    左の車の奥にある小山のような場所がノンノの畑で、ここからは徒歩。暑い。

    DSCF5247.png
    ノンノは与えられた荒れた草茫々の土地を耕しオリーブを植えた。

    DSCF5266.png
    この急な坂の土地を畑にするのに叔父も幾分かは手伝ったが、ノンノはオリーブを1人で植えたらしい。

    DSCF5267.png
    カラブリアに引き上げてきてからの話だからノンノだってそう若くはなかったはず。
    この坂道にオリーブをどんな気持ちで植えたのだろう。

    DSCF5246.png
    オリーブが立っている土はお世辞にもとてもいい土とは言えない。
    それでもオリーブも、こんなかわいい花も力いっぱい咲いている。

    DSCF5261.png
    オリーブは一度植えると水やりはいらない。伐採の手間はあるが、後は放っておけばいい。
    オリーブの実は2年に1度収穫できるらしく(実がなる年、ならない年が交互で訪れる)
    ノンノの畑は今年が収穫の年。


    ノンノのオリーブの葉は勢い良く上を向いて

    DSCF5253.png
    どの木も実をつけはじめている。


    このオリーブたちはあと100年、もっと生きることが出来る。

    違う時代に生きてきた人。
    違う場所で生きてきた人。
    違う思いで、違う文化で生きてきた人。

    私の人生で関ることのなかったはずのこの土地で、
    文字通り、「土地に根を下ろして生きる大切さ」を計らずとも学んでいる。


    荒野にしてしまった人たち、 荒野を畑に変えた人。
    生命の営みの強さに、言葉に出来ない心を締め付ける思いを感じながら、オリーブの木をまたしっかりと見つめた。
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    yuki 
    またもや素敵なお話~。なんだか寂しいですね、そうやって家族の間でもめて、結局誰のものでもなくなってしまうなんて。。。今からでもどうにかならないものなのですか??

    実はうちのマンマ方も同じような問題が既にあって。今は配分でもめているんだとか。子供が9人もいると大変そう。

    そしてノンノのオリーブ畑の話も一人で感動~。うちのノンノはオレンジ畑を持っているんですが、これまた一緒で歩けなくなったからあたし達に実の成り具合を見てきてって。読みながら感情移入しちゃいました。
    2012/07/05 06:51 * URL [ 編集] | TOP↑

    Sette 
    なんだか寂しいね。おやじの叔母さんが家を手放した時、すごく悲しそうだったよ。思い出が詰まった土地が人のものになる時、そしてそれが年配の方の場合の心情って私達が歳を取るまでわからないんだろうね。土地を買ってくれた人が、オリーブとかそのままに使ってくれると嬉しいね。
    オリーブってたくましいんだね。他の草木や土も静かにしているから気づきにくいけど、騒がないけどある存在感。こういう部分、私達も見習うところがたくさんあるなぁ。自然ってすごい。
    お金が絡むと仲が良かったはずの家族でももめるよね。姉妹でもあるだろうけど、特に男兄弟。嫁さんが口を出すから。「旦那の実家のことには口出すな」が鉄則だよね、物事うまく運ぶには。
    2012/07/05 15:55 * URL [ 編集] | TOP↑

    Michie 
    残念な話ですね。
    義父のジョークで、(家族が仲良しだ、という人たちに対して)「遺産相続の話は、もう終わってる?」っていうのがありますが、遺産相続の問題は、どこにでもありますね…。

    今年から私、ちいさな畑を作って、野菜を育ててるんですけど、ほんの小さな土地でも、耕すのはすごく大変。Naviaさんのノンノさんは、あんな広い土地を耕されたんですね。
    2012/07/05 16:58 * URL [ 編集] | TOP↑

    わたあめ 
    家もそう。
    母親の方だけど。
    なんか、呆れてしまうくらい馬鹿な争いだったんですよ。裁判。
    結局みんな損して。


    そうそう。
    ひとつ前の話ね。
    免許、ドイツだと人によるんだろうけど上手な人だと1300ユーロくらいだって聞いた。
    私は2000ユーロくらいかかったの。(試験料込で)。私の場合、オートマ限定だから余計高かった。勿論下手なのもあったけど。
    去年の10月から始めて、今年の1月末に取れたんだ。
    イタリアの500ユーロが羨ましい!!!
    2012/07/05 17:37 * URL [ 編集] | TOP↑

    KAY 
    いいなあオリーブ畑。
    イタリアのオリーブの味はフランスのものとまったく違いますよね。
    地方によっても全然ちがうのでしょうけど。

    うちも義母側でCassinoの街中に土地があるのですが、今までマフィア関係だか、行政だか(教会に隣接してるから?)なんかで売却ができず、やっと売却できそうだったのに、今度はへそまがりの叔父(義母の妹のだんな←どうも夫婦両方の署名がいるらしい)が署名拒否して、結局まだそのまんまです。これも競売にかけられちゃうのかな?
    2012/07/05 23:39 * URL [ 編集] | TOP↑

    パナッタレ 
    なんか、きのうからコメントしようとすると、「このコメントは不正な投稿と判断されました」とか何度もなって、投稿できないよ~

    2012/07/06 11:53 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆誰のものでも~ 
    yukiさん
    やっぱり兄弟が多いとそうなるのね、喧嘩別れした兄弟も9人だって言ってたよ。ノンノのオレンジ畑はどうですか?きっと毎日大切にしていたものだからノンノ、気になるんでしょうね。yukiさんのノンノも元気で1日でも長く居てほしいね。


    Setteさん
    相手の実家にはクチ出すな。か。なるほどね、それは理にかなってるわ(笑 そうだよね、私たちまだ無くすものが少ないというか、土地とかまでこだわって生きてないじゃない?そこにこだわって生きてたらここに居ないだろうし(笑
    これからそういう思いいれのある物がどんどん増えていくんだろうね。それは失うと悲しいけれど、持っていると人生がもっと豊かになるんだろうね。


    Michieさん
    こわいこわ、おとうさまのジョークが大阪人並みにきついなー(笑 私なんて鉢植えを枯らすぐらいだから、土地を耕すなんて想像が出来ないくらいのレベルなんです。家庭菜園、いいですね!もっと生き物や食べ物を愛でる心がわいてくるのではないですか?いいなー♪


    わたあめさん
    欲を出すと結局は損をするということ、たぶんみんな分かっているだろうに、それでも欲を出して損をしてしまうものなんですね、人って。。。結構みなさんそういう損話があるんですね、コメントをいただいて「とほほな親族」って結構多いものだなーと感じています。
    免許、私も実習の追加料金を足したらかなりいくだろうけど。。。(笑 それでも安いですよね、イタリア。やっぱりイタリアだからか(笑


    KAYさん
    特に南イタリアはオリーブ畑になっている広大な土地がたくさんあります!南仏とは違った感じだと思いますがこちらも素敵です♪ やっぱりそういう家族が賛成得られなくて宙ぶらりんのことって結構あるんですね、そうして自分たちの誰のものでない時がくるかもしれないのに。。。もったいないなぁ。。


    パナッタレさん
    なんかブログゆる~くサーバーの調子悪いよね?私もFC2にアクセス出来なくて何度もトライしてできたとか、さっきもこのページまで来るの時間かかったよ。隠れて調子悪いってどう?アメブロのように毎月無意味に「メンテ」って言われたほうがいい?どっちがましかな?(笑

    2012/07/07 05:03 * URL [ 編集] | TOP↑

    パナッタレ 
    なんかね、何度やってもコメントできなくて「不正投稿」って言われちゃったのは、もしかしたら、禁止語句とかが入ってたのかもしれない。

    といっても、ぜんぜん黒い内容でもなかったし、黒い言葉も使ってなかったんだけど・・。でも、「しぬ(漢字で)」って言葉を3回くらい書いたのよ。

    とくに暴言吐いたわけじゃないんだけど、内容的に「亡くなった」ではなく、「しんだ」とかいう言葉を使いたい気がした内容だったのよ:笑。

    もしそうだとしたら、ずいぶん厳しいフィルターよねぇー(だって、人間みんなしぬのよ!)と思ったけど、ほんとうにそういう理由でFC2から拒否られたのかも。

    内容は、ま、どうでもいい内容だったのでいいわ。うちのフグの実家でも、とても醜い争いがあんのよ!って内容だっただけっす。

    いま、時間ないのー。次の記事のコメント書きたかったんんだけど、週明けにでも書くわー。
    2012/07/07 19:09 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆ぱなやん 
    そうなの?フィルターだったらかなり厳しいフィルターよね、でも確かにあの日結構私自身のアカウントにもアクセスできなかったからそれもあるかも?フグ実家さんでも醜い争いあるの?自分たちもそういうことしちゃうのかな、いずれ?でもそんなことで無駄な時間やお金が流れるのってもったいないよね、年をとるといろんなしがらみが出てきて、喧嘩してでも手放したくなくなるのかな。。。
    2012/07/16 04:36 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック:
    [トラバURL]http://iosononavia.blog.fc2.com/tb.php/736-6e98caee
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    まとめtyaiました【家族の土・誰のものでもない廃屋】
    誰のものでもない廃屋。ノンナの家系の持ち物だった。この廃屋を含む周りの土地を分ける際、配分をめぐって争って、そのままになってしまった。マンマたちが子供の頃はカラ まとめwoネタ速neo[2012/07/06 07:47]
    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。