スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    キッチン

    2012-09-10 21:28 / Category: 食べる☆イタリアン
    あの有名小説のタイトルをまんまぱくったタイトルがいやらしいかしら?
    でも今日の話は「キッチン」だから仕方がない。

    先日大阪に住む友人と朝からLINE(SKYPEのスマホ版のようなもの)をしていて、
    話しながら、こっちの朝っぽい写真を送ってみた。

    DSC_0809.jpg

    奥にもろもろ雑に空瓶が写っているけれど、友人だしそこはいいか。とそのまま起きぬけのキッチン。

    イタリアの朝ね~。カフェね~。といった返事を予想していたら、


    「キッチン綺麗に使ってるなー、物もないしー」


    という返事が来て、

    「きゃー!!やだー!カフェを火にかけている部分なんて真っ黒なのに~!!」

    と思ったが、あ、でもそういうとこあるかもな?とも思えた。


    イタリアのキッチンの清潔水準は私の中では世界一! 根拠はない(笑
    それでも、こんなにマンマたちがキッチンを磨き上げる国はそんなにあるとも思えない。

    こちらのコンロは基本3~5つのコンロぐち。
    朝はカフェだけコンロを使う場合が多いが、昼夜は必ずコンロを使い、毎度シンクと共に丁寧に磨き上げる。
    だからオーバーではなく、どの家庭でも毎日が大掃除後のような輝きがコンロとシンクにはある。


    年配の家庭でも、同世代の家庭でも、キッチンのデザインの流行こそあれ、
    この清潔感は同じ。輝いている。
    マンマのコンロだって35歳だが、まだまだ新婚家庭のよう輝いている。
    イタリア人にはコンロを磨くDNAがあるのだろう。

    例えばコンロを覆い隠す蓋がついているタイプのコンロがあるが、
    コンロをぴかぴかに磨いたあと蓋をして、その上にテーブルクロスと造花を乗せる家庭もいくつも見た。
    イタリア人にはコンロを飾るDNAもあるのかも。


    ここにはシンクに三角コーナーという発想はないし、
    コンロに敷く、アルミやフィルムのマットはない。
    毎度きちんと洗うだけ。


    ただ、台所にたつ身ならそれが面倒なことは誰でもわかること。

    それでも、

    綺麗な台所では、また料理に創作意欲が沸くってものが人の気持ち。
    イタリアのマンマたちはそうしてテンションを上げて、また美味しいものを作り出すのだろう。

    DSC_0838.jpg

    私もイタリア女たちに感化されてキッチンの掃除はサボらないが、ズボラな掃除をしていたために
    ヨゴレ模様が出来てしまった、あの部分のヨゴレをとった。

    ヨゴレをとることはやっぱり気持ちがいい。
    そして、この状態をキープしていく「ズボラでない掃除」を身につけるチャンスだと思った。

    友達がなにげに褒めてくれたことで、キッチンがもっと綺麗になった。

    私も、次、誰かの家にお邪魔したらキッチンを褒めよう。
    私が「綺麗だね」と言ったキッチンが今より綺麗になり、少しだけ今よりわくわくする食事になるかもしれない。

    これはきっと幸せの連鎖。
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    Masami 
    確かにイタリア人のキッチン、とくにコンロとシンクはピカピカですよね~♪

    我が家の場合は夫のこだわりが私に伝染し今では私も毎回キレイにするようにしていますが、
    掃除は面倒だし厄介なので時には愚痴ったりも(苦笑)
    でも、キッチンがピカピカだと次の料理に向かう時は気持ちが良いのは確かだし、
    創作意欲も沸くのかな?(^^)

    幸せの連鎖とはいいですね~(*^^*)
    2012/09/10 23:13 * URL [ 編集] | TOP↑

    KAY 
    昔、タカコ・H・メロジーさんのエッセイを読んだときに「イタリアマンマはいつもどこか拭いているっって書いてあったのを思い出します(この方最近ブログはじめたみたい…だんなさんはフランス人ですが)
    そういえば、イタリアの田舎の家のキッチンには蓋ついてます(テーブルクロスは飾ってませんが…)
    私も使った後使った後はキレイにしないと気が済まないタイプ。使った食器はその日に洗わないと気持ち悪いしねえ。
    最近パリ近郊はほとんど電気調理台なので、ガスのコンロ憧れますわー。
    2012/09/11 01:47 * URL [ 編集] | TOP↑

    yumi 
    Naviaさんのキッチン本当に綺麗!!
    マンマは毎度料理をするたびに洗うけれど、私のキッチンは色が着いているので、汚れが目立たなく(それを好んで選んだのですが)、それを理由に、3日に1度しっかり洗う、毎度布巾がけする感じです~。
    キッチンに限らず、美には惜しまないですよね、イタリアのマンマ。
    2012/09/11 02:09 * URL [ 編集] | TOP↑

    わたあめ 
    すごーい!!
    わたし、お皿も洗わないから(手が荒れるの、夫わたあめの仕事)キッチンは常に汚い。
    いや、写真なんてアップできない。
    しかも超簡易キッチン。
    料理なんてしないだろ?的な。(しますします)


    イタリアのマンマのDNA、ぺるふぁぼーれ。
    2012/09/11 05:22 * URL [ 編集] | TOP↑

    Michie 
    ぴかぴかですね!とっても気持いいです、こんな清潔なキッチン。
    キッチンを磨き上げるのはドイツ人の専売特許かと思っていましたが、考えを新たにしました。
    イタリア人のマンマも、きれいに磨き上げているんですね。美しいキッチンだと、料理するのも楽しいし、いただくほうも、気持ちがいいですよね。
    2012/09/12 03:38 * URL [ 編集] | TOP↑

    パナッタレ 
    日本ってさ、全体的には確かにキレイ好きな国民だけど、キッチンはけっこう世界的に見ても雑然としてる系だよね。

    インドもね、信じられないだろうけど、キッチンはいつも整然としてる派なんだよ。ま、やるのはサーバントだったりするけどさ。でも、貧乏なら貧乏なりに、お金持ちなら掃除はサーバントの仕事だけどお金持ちなりに、とにかく、キッチンは毎回、最後まできれいにする(若者の家とかは例外)。

    あれはね、わたし思うに、気候から来てるね、インドのあれは。インドはね、ちょっとでも家の中に食べ物のカスでもありゃ、あっ!という間にアリの大群が来ちゃうの。キッチンなんて、常に油染みまでなくしておかない限り、ゴキの巣窟となっちゃう。だから、毎回、どっこにもカスすら落ちてない状態にしなきゃ、実質、やってらんないんだよね。そこから来た習慣だと思う。

    インド人の家に泊めてもらったときに、なにげにビスケットをベッド横の机におきっぱなしで寝たら、次の日にアリの大群が来ててね!!!しかもそこは、高級マンションの類で、バブリーな内装でね、高層マンションだからその家も15階くらいにあったんだけど、そんな場所にまでアリが。

    2012/09/12 10:41 * URL [ 編集] | TOP↑

    erieri 
    街中では平気でポイ捨てするくせに、家の中はぴっかぴかですよね、イタリア。
    でも、水まわりが清潔なのはやっぱり気持ちがいいので・・ワタシも頑張ってますw

    それにしても・・ぴっかぴかの秘訣はなんざんしょ?
    2012/09/12 16:36 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆キッチン1 
    Masamiさん
    どの家庭もいつもピカピカ新品みたいなキッチンには本当に驚かされます。そういえばこっちの人は洗い終わったらシンクの中も布巾で拭きません?水をためるとこなのに拭くなんて!と感心したものです(笑 そうそうこの綺麗になる幸せの連鎖で次にお邪魔した家庭では綺麗ね!と言って帰ってくるのが当面の楽しみです♪


    KAYさん
    早速タカコさんのブログを探して見たのですが、昔のブログ?らしいものは見つけた?のですが最近のものは見つけられませんでした。また教えてください♪ KAYさんはいろんなジャンルの本や映画を見るんですね、ほんといつも感心します。またいろんな情報を教えてください♪ ところでパリが電気というのは家事を恐れて?それとも電気代が安いから?イタリアはスイスやフランスから電気を買っているので電気代が高いので電気コンロの家は少ないなという印象です。


    yumiさん
    違うの。綺麗にしたから写真とったの(笑 いつでもこの状態を保つように掃除をちゃんとクセにします!!(笑
    yumiさんのところはとてもオリジナルな素敵なキッチンを作ってましたよねー。うらやましい限りです!そしてそういう作業の裏技のことも考えて作ったんですね!スバラシイです♪


    わたあめさん
    あははは!旦那様がやってくださるんですか?その旦那様をペるふぁヴぉーれですよ!!(笑
    なんかこっちのキッチンは思いっきり使って、汚して、掃除する。という動作がワンセットな気がします。毎度マンマたちには頭がさがりますよ。うちも、綺麗にしたから写真とったんですってば(笑
    2012/09/13 01:46 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆キッチン2 
    Michieさん
    そうなんです、いやね、ほんと磨いたから「どや!」的に写真のせたんですよ。こんなに普段から綺麗なら自分でも気づきません(笑 これを維持するようにがんばります!
    ドイツのキッチンもそんなに綺麗なんですか!私もそれは考えを改めなくては。ドイツのマンマもイタリアのマンマも、そしてどうやらパナッタレさんの話ではインドのマンマも綺麗にするんですね!(理由違えど)


    パナやん
    なんかセレブっぽいオタクでもキッチンだけはあれ?ってとこ多いよね?TVとか見ていても。生活臭いというか?
    インドのキッチンが綺麗だというのはその理由を聞いてすごく納得。だって、夏場とか上の黒タンクがお湯になっちゃうぐらいなんでしょ?そりゃほおっておいたら大変だわ。
    こっちも夏場は2日たてばゴミが臭くなるもの。夏40度ぐらいの日とかね。
    それにしてもアリ?そんなとこにも住んでるの?怖い。。。ゴキ。。。確かに居そう。それもあーーーだめだ。私。。。
    ミラノの夏ってインドほどじゃないだろうけどやっぱり暑いの。ある熱帯夜、飲みに行って帰って門の鍵を開けようとカバンをごそごそしていたら、マンホールに動くものを発見して目を凝らすと。
    熱帯夜が暑すぎて夜涼みするためにぞろぞろ這い出てくる何匹ものゴキ。
    もう、泣きたくなっちゃたよ。。。


    erieri
    それすごく思います!!しかも公共のトイレとかすごく汚く使うのに自宅はチリひとつ落ちてないですよね?
    どんだけ自分だけが好きなんだ!って思いますよ(笑

    ところで秘訣というのはこの掃除の秘訣ですか?(ちがうって?)これはVIAKALという製品です。洗剤コーナーにありますがほんとぴかぴかになります!鍋とか汚れてきたらこれで磨き上げると新品みたいになるんですよ!
    コンロのヨゴレは紙をよってコンロ口の上に乗せVIAKALをかけて、5時間以上放置しました。乾いてきたら水を少しかけて湿った状態を保ちました。その後擦ると落ちます。お勧めです!
    2012/09/13 01:59 * URL [ 編集] | TOP↑

    Michie 
    イタリアにはゴキがいるんですか??
    ドイツにはもともといなかったらしいんですけど、年中暖かい都会とか、キッチンを汚したままにしているおうちには、いるらしいです。でも、まだ私はドイツでゴキは見たことないんですよ。
    では、イタリアには、ゴキブリホイホイみたいなものが売られているんでしょうか?
    2012/09/13 04:11 * URL [ 編集] | TOP↑

    sajico キッチン
    ドイツのキッチンもピカピカだけど、、イタリアと違うのは
    ドイツは冷たい食事が基本だから。油汚れなどお料理あまりしない。イタリアのお料理量は朝から凄い使うと思います。
    と言う事でイタリアに軍配、、いやNaviaさんの勝ち(^o^)

    Michieさん、ちなみにドイツの古い1軒家だと、、ねずみが地下の配管から上がってきたりしました。(過去に体験)
    2012/09/13 21:04 * URL [ 編集] | TOP↑

    Michieさん、sajicoさん 
    居ますよ!います!!日本のと種類が違って、黒いやつなんです。ちなみに日本の方が悪質です。飛ぶし襲ってくるし、茶色だし。こちらのはもっと、「俺、昆虫だから」と言った感じで堂々と歩くんですよ。色も黒くてもう少し丸みがあります(涙 あります、ほいほいみたいなの。私はほいほいをあとで触るのが嫌なので買ったことがないですが、ミラノの時地面とかで見かけましたよ。こっちは夏でも朝夕が涼しいので道端でもまだ見かけたことはありません。


    sajicoさん
    ええええええええええええ!!!配管からねずみ。。。だめ、私気絶します。。。それほんと駄目です。。。(涙
    確かに北ヨーロッパへ行くほどお料理方法が簡素化されるような気がします(笑 イタリア内でもそうですよ、たぶん料理のレパートリーとか手間時間とか南イタリアのほうが長い気がしますし、料理の色が色づいてますね。お互いぴかぴかキッチンをまねしてこれからも続けたいですね♪
    2012/09/21 21:59 * URL [ 編集] | TOP↑

    Michie 
    いますよ、ネズミ。
    家に住みつくネズミ(ラットかな)は今のとこお目にかかっていませんが、外に住んでるネズミが、冬の前なんかに、餌を求めて地下に入ってくることもあるようで。でもそういうネズミは、キホン人間が怖いので、餌だけとって、逃げるんですって。前に住んでたおうちで(sajicoさん、そのおうちは結構新しかったんですよ!)、そうやって地下に入ったネズミが、箱に落ちちゃってでられずミイラ化していた、ということがあり、とても気の毒でした。
    ちなみに、夜車に乗ってると、ネズミやハリネズミに遭遇します。ええ、イナカですから…。
    2012/09/22 21:16 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆Michieさん☆キッチン 
    ミイラのねずみを見て気の毒って思えるのはやさしい!私なら飛び上がりそう。。。(涙
    でも、Michieさんの住んでるとこってかなり自然に囲まれてるんですよね、そういうところで見かけるねずみ(野ねずみ)って、なんか小動物として見れるというかちょっと怖さが減ります。都会のねずみはすごく怖いです。たとえばハチは外で見ると、ハチだ~と思うのだけれど、家の中だとさされそうで怖いです。そういう感覚と一緒?です。
    どちらのねずみにしても家に侵入されたらやっぱり怖いですが(涙
    2012/09/26 17:47 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。