スポンサーサイト

    -------- --:-- / Category: スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    9回の裏ツーアウト満塁

    2012-09-21 21:23 / Category: イタリア生活☆見聞録
    DSCF4833.jpg
    ある日、TVでサッカー観戦。


    ドラマ「ROOKIESルーキーズ」をアモーレと見た。

    やっぱりたくさんの人がいいと言ったドラマはいい。
    ドラマを見てる最中は「あなたの夢はなんですか?」というのをアモーレとの合言葉に
    していたぐらい感化されて(笑 アニヤ君ハマリ役でステキ♪

    私は大阪出身だからなんとなく阪神ファンでやってきた。
    と言っても、背番号とか誰が誰とか言えない言えないので正確に言うとファンではないのだけれど、
    まぁ野球見に行くなら阪神戦(オリックス戦)がいいな、とか
    例えば12球団のメガホンから好きなものを持って行っていいと言われたらとりあえず阪神を選ぶとか、
    とりあえず阪神が勝てばいいネ!といったファン。

    書いていて思ったがこれは、ファンというより単に地元びいきなだけなのかもしれない。


    大阪=阪神ファンと決め付けてるあなた。
    大阪でもこういう人だって居るんですよ(笑


    まぁそんな野球オンチな私でも、高校野球は好きだし、とにかく日本には
    子供の頃から野球に親しんでやっていく土台がしっかりしているので、
    どんなに野球を見なくても、野球を見ていてさらっと分かるぐらいのルールは知っている。
    たぶん日本で生まれ育ったならほとんどの人がそうだろう。



    「9回の裏ツーアウト満塁」



    この言葉にはドラマチックな敗北なるか、起死回生なるか。
    「賭けと実力と運を合わせた場面」という意味が十二分に含まれていて、
    この言葉を聞けば私たちは自然と、背筋が伸びる「緊張の場面」を想像するだろう。

    ドラマ中、ぐっと見入って終盤の盛り上がり場面でこの言葉が出てくると
    やっぱり私もウルウルしたり、涙がこぼれてしまったりしていたが、
    その度に

    「ぜんぜんワカラナイ。どういう意味?」

    と言ってビデオを止めるアモーレ。 こら~!!(涙


    こちらでは野球というスポーツが存在していることは知っていてもやっている人は極小。
    ミラノ・コモで野球少年に会ったことは一度もない。
    野球をやっている場所は限られていてかつ、イタリア中でとても少ない。

    総合スポーツ用品店でホームセンターなみの大型店舗をいくつも抱える
    デカトロンDecathlonには、マウンテンバイク、山登り、ジム・エクササイズ用品、空手、アーチェリー用品など
    ありとあらゆる商品があり、さすがヨーロッパ、馬具用品コーナーなんて広く什器10台は軽く超える。

    そんな中、野球用具はお粗末すぎるありさまで、
    端の端の2、3列の陳列に金属バット、プラスチックバット、やる気なしなしのグローブ、ボールがぺらっとあるだけ。
    あー、誰も関心ないんだー。と一目瞭然。



    私が大阪で育って、「うどん、たこ焼きなんとなく阪神ファン」なのと同じように
    アモーレは「ピザ、パスタ、ベースボールって聞いたことがある」と育ったのだろう。



    そんな訳で、
    「なんでピッチャーがいいの、背番号は何番がいいの?」
    「アウトってなに? イエローカード?」
    「どうなったら3アウトなの?」
    「ええええ??9人が全員バッターになるの??? なんで??」
    「バットで打ったらどうするの?」
    「先に類に出た人はどうすればいいの?」
    「えええ??先の人を追い越したら駄目なの?」
    「なんで、打ったらみんな右に(1類に)走るの?」

    「どうなったら点数が入るの?」

    といったトンデモ質問に、常識すぎて説明できないというか、

    「アウトはアウト!3アウトでチェンジなの」とか
    「類に出たら死ぬ気で走るものなの」とか
    「9人がバッターだから、野球は面白いのよ、みんなが主役になる瞬間があるの」とか

    といったかんじで私の答えも説明になっていなくて、結局ルール説明については

    「ぐぐって」


    とネットに丸投げする始末。



    「甲子園って?」


    と言われて「高校野球の聖地」とこだましたくなるのが日本人の心だけれど、
    それではアモーレに伝わらない。

    「スポーツ選手がオリンピックを目指すように、高校球児が目指す野球大会の場所」

    と説明したが、言葉だけではあの湧き上がるような「甲子園」の場所が持つ感動は伝わらない。


    野球の感動とサッカーの感動は違うのよね。

    「9回の裏ツーアウト満塁 からの逆転劇」

    あの粘りと気迫のぶつかり合いは、野球の醍醐味だわ。
    今度は、春か夏の甲子園にあわせて帰省することを考えてみようかな。
    関連記事
    スポンサーサイト

    にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

    このブログのRSSはコチラ → ★

    コメント:
    Michie 
    アモーレさんの質問、きっとうちの子たちもしそうだわ。こっちの人って、野球のルールも知らないですもんね。かくいう、私もかなり野球オンチです。ルールはかろうじて知ってはいるけど、日本にいたころから、テレビで野球って、ほとんど見なかったですね。かといって、ドイツに来てから、サッカーを見るということもなく。
    スポーツは、見るよりやるほうがいいなー。
    2012/09/22 21:06 * URL [ 編集] | TOP↑

    ねーねー 
    ぜひ高校野球の時期に連れて帰って来て~。沖縄の代表が出る試合をアモーレと一緒に観に行きたいぞ。そしてアルプス席で一緒にカチャーシー踊りたいぞ。
    2012/09/24 00:24 * URL [ 編集] | TOP↑

    コメントどうも☆9回裏 
    Michieさん
    日本に居ると野球はさけて通れないですよね。駅前の中華なんかではいつも野球中継だったし、常連さんは店に入ってくると必ず「まいど~(阪神)どう?」とか挨拶になってるし(笑
    こっちはやっぱりサッカーですね。でも私も見るのは大きな試合ぐらいだからそれほど観戦しているわけではないのですが。Michieさんが、「スポーツは見るよりやるほうがいい」っていうのはすごく納得です(笑


    ねーねーさん
    そうなのよ、ブログ書きながらツトムさんに連れて行ってもらおうって考えながら書いてたぞー(笑
    沖縄戦でもりあがるぞー!
    2012/09/26 17:42 * URL [ 編集] | TOP↑


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    | ホーム |
    Page Top↑
    ▲ Page Top
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。